So-net無料ブログ作成

雨の日の釣り師-3041

 

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -フォート・オード・デューンズ州立公園 (ストリートビュー)マルタ - コミボ島 -Ta' Marija Cave (ストリートビュー) 

雨の日の釣り師-3041

ついこの間までは、左右にふらふら、足の裏に付いてもいない砂を落とすように、おぼつかない歩みを見せていたのだが。  濃密にして明快、新しい発明の語が散りばめられ、鋳型のように精緻に埋め込まれたている。  憂愁を探ろうとすると、活字がめりめり・ザワザワ音を立て、立ち上がり倦むことなく新鮮な感慨・祝祭をもらえる本を、押しやる。  揺れる細い枝の下、ヒンヤリとした快感を白い毛がそよぐ腹に押し当てる地表を覗き込む。  たちまち午睡をむさぼっていた親子が、組んず解れつ軽やかに走り出す。   

♭♪ (*^.^*) : Archie Shepp 0 1 2 3 4 5/ Attica Blues Big Band Live At The Palais Des Glaces      オーケストラ、パリでのライヴ。  火の出るようなA. Sheppのフリー・フォームブローイングは、作品が古酒や極上モルトのように歳月を経て、ヒューマンな滋味・寛大な優しさを浸みだし、提供されるカタルシスにより心地良い英知・思惟のそよぎ、自分の内面の新発見をくれる。  Antes De Adios(2:50)、Brandon Ross(G)の爪弾き、Terry Jenoure(Vo)のフリーフォームで幽玄の静けさに包まれ開始。  Star Love(3:34)、Terry Jenoure(Vln)とSteve Turre(ホラ貝)が月夜、幽玄の尾根を辿る。  銀色の燦たる御盆・サウンドの満ち潮がグングン這い上がり終わる。  Moon Bees(5:54)、M. Brown(As)のライムグリーンのリリック叙情が滔々と曳き渡る、Malachi Thompson(Tp)の明快な放射、Charles Stephens(Tb)、Marvin Blackman(Ts)、C. Greenlee(Tb)、のソロ、ヴォーカルの助奏。  Attica Blues, Pt.1(4:54)、電気弦の弾きで開始、Irene Datcher(Vo)のソロでメロディーを提出、フリー・フォームヴォーカルのよろこびの叫び、A. Shepp(Ss)の助奏から主題の圧倒的展開、ヴォーカルと対位法的な美の模索。  Steam(7:37)、ストリングス・アンサンブルの助奏、Joe Lee Wilson(Vo)のソロ『……サムワン、ウィルビー……』で悲嘆・諦観の吐露、絶叫、A. Shepp(Ss)の萌え立ち・湧き上がり・たなびくスィート・コーンの黄緑憂愁が朝露に泣いている。  C. Greenlee(Tb)の鷹揚な和平の地平の広大がグングン伸びる。  Quiet Dawn(5:48)、ベースの推進でIrene Datcher(Vo)の溌剌とした華麗な発表、ストリングスの助奏、颯爽としたテンポに移行、A. Shepp(Ts)の豪放な押し出しのキッパリした助奏。  Hi-Fly(7:27)、揺れ動くクンビア風リズム、Marvin Blackman(Ts)の短いソロ、Eddie Preston(Tp)の手放しの歓喜、A. Shepp(Ts)の滑らかな・吹っ切れたブローイング、ブラスアンサンブルの助奏、フルートの助奏。  U-Jaama(7:45)、颯爽と駆け出すユニゾン、速いテンポ、A. Shepp(Ts)のとても長いフリー・フォームソロ、C. Greenlee(Tb)の行間の雄弁な何とも爛漫なソロ。  Strollin(6:10)、管弦の華麗な助奏、Joe Lee Wilson(Vo)の饒舌な詠唱、A. Shepp(Ts)の淡々・のびのびしたブローイング、Charles McGhee(Tp)の場違いな速いハイトーンのソロ。  Ballad For A Child(5:40)、A. Shepp(P)の既に様式を確立済みの不協和音・フリーフォーム、Irene Datcher(Vo)のストイックなとても好感を懐かせるヴォイスの詠唱。  Simone(7:40)、颯爽としたメロディー唸るベース、A. Shepp(Ss)のスティーブ・レイシー風・躊躇い風な始まり、Kamal Abdul Alim(Tp)の悪びれぬ堂々とした流麗な放射、シェップの低音放射が絶妙、Art Matthews(P)の『カン・カン・カラカラ・ラララ……』はさらりと跡形もなく霧散する。  Crusificado(6:30)、スリリングな思わせぶりな開始、C. Greenlee(Tb)とA. Shepp(Ts)の対位法風なメロディーの展開、ベースの唸り、Joe Lee Wilson(Vo)の入念な詠唱『……クリシフィカード』、シェップの流麗・卓抜な説得・論調。  A Change Has Come Over Me(5:40)、Akua Dixon(P,Vo)の何とも浄潔なストイックな発声、流麗なブルース、エモーションはち切れる聴き応えがあり、優しい・懐かしいカタルシスがどんどん提供される。  Goodbye Sweet Pops(6:00)、どっこいしょと起きあがり、身震いをひとつ、大きな伸び、颯爽と「駆け出す、A. Shepp(Ss)の奮い立ち・沸き立ち・萌え立ち・目眩く・項垂れもするスィート・コーンの黄緑憂愁が緑風にどんどん吹き飛ばされる、勿体ぶったコーダ。  Skippin'(4:30)、メンバー紹介、ブラスアンサンブルのユーモアのあるダンス風助奏、Art Matthews(P)、A. Shepp(Ss)の寛いだソロ、管弦の全操で終わる。  Attica Blues, Pt.2(8:40)、Irene Datcher(Vo)のゴスペル風よろこびの発表、バックコーラスの威勢は絶好調、唸るベース、A. Shepp(Ts)の助奏、圧倒的な高揚の坩堝で終える。  A. Shepp(Ts,Ss,P)、Kamal Abdul Alim(Tp)、Eddie Preston(Tp)、Charles McGhee(Tp)、Steve Turre(Tb)、C. Greenlee(Tb)、Charles Stephens(Tb)、M. Brown(As)、Candice Green(Vln)、Carl Ector(Vla)、Malachi Thompson(Tp)、Art Matthews(P)、Clyde Criner(Syn)、Brandon Ross(G)、Hakim Jami(B)、Clifford Jarvis(Ds)、Kevin Jones(Prc)、Terry Jenoure(Vln,Vo)、Irene Datcher(Vo)、Joe Lee Wilson(Vo)、Ray Copeland(Cond,Dir)、live in Palais Des Glaces, Paris, France, October 24, 1979。

♯♭♪ (*^.^*) : Victoria de Los Angeles 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Victoria de Los Angeles L'altra Notte In Fondo Al Mare Chants d'Auvergne Muntanyes del Canigó El rossinyol La dama d`Aragó La filadora Muntanyes regalades La filla del marxant La presó de Lleida El bon cacador El Cant Dels Ocells   Federico García Lorca./ Anda jaleo   Canteloube/ Chants d'Auvergne : Baïlèro Jayme Ovalle/ Azulão   Granados/ Goyescas : La maja y el ruisenor   Arrigo Boito/ Mefistofele : L'altra Notte In Fondo Al Mare   J. Turina/ Triptico : Farrucca Nr. 1   Manuel de Falla/ La vida breve  : -f La Vida breve : Allí está! Riyendo Asturiana Vivan los que rien Siete canciones populares españolas   Villa-Lobos/ Bachiana Brasileira nº 5 1   J.P. Martini/ Plaisir d´amour   Copeland/ El Amor Brujo : Song of the Will O' the Wisp   Joaquín Turina/ Saeta en forma de Salve   Catalani/ La Wally : Ebben? Ne andro lontana   Chausson/ Poème de l"amour et de la mer   Berlioz/ Les nuits d'ete, Op. 7   Fauré/ Requiem : Pie Jesu Clair de lune   Massenet/ Manon : Je suis encore tout étourdie   Franck/ La Procession   Ravel/ L'enigme eternelle   Verdi/ Otello : Dio ti giocondi Simon Boccanegra :  Ernani : Sorta E La Notte / Ernani! Ernani, Involami   Rossini/ La Cenerentola : Nacqui all’affanno Il Barbiere di Siviglia : Una voce poco fa 1  Bizet/ Habanera   Puccini/ Gianni Schicchi :  O mio babbino caro Suor Angelica : Senza mamma, o bimbo, tu sei morto Ah! Son dannata! madama butterfly : duet -1 -2   Haendel/ Dixit Dominus (Psalm 109)   Bach/ Mein gläubiges Herze, Cantata BWV 68    Mozart/ Exultate, jubilate   Brahms/ Dein blaues Auge   Wagner/ Lohengrin -f Tannhäuser -f

♯♭♪ (*^.^*) : Byard Lancaster 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Byard Lancaster ♫ Byard Lancaster - Topic John's Children 1  Satan Virginia Live Recording Session @ .., CA Barbara McPherson drumming byard lancaster 1 Voices Metamorphosis Laura Cheadle Band doug hammond - dat'n Pharaohs Den 09 & Dr. Mary Ann Lancaster Tyler Free Mumia MEETS BRIAN ELLIS AND FRIENDS Backdrop for Urban Revolution Companie LA Loving Kindness Us Dogtown Work and Pray Just Test Geno Marzette Watts and Company Something's Cookin' Fever It's Okay to Love The Lament of Breaking The Funk Last Summer mother africa Invisible Blues An Even Breack Giblets Part 12 Complete Affection Theme~Mustache. Rib Crib -1 -2 Charred Earth Black Wate World Cafe Live Flight To Sanity Amenta Kitab Way back home Jazzonia sidecar allstars MARZETTE WATTS Sounds of Liberation Philly Jazz episode 28 World Cafe Live Blues Messengers Old Man Blues Make My Home Where I Hang My Hat St. Louis Blues Graffiti Survival Plan While You're Away Black Awareness Black Awareness Yadibox Archives 2006 1 New Horizons -1 -2 Rufus Harley Pipes Of Peace

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestre National de Barbes 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Orchestre National de Barbes * Ghbeyna Dor biha Madame Chkoun? 1 La Rose Alaoui zawiya Yahli Le Poison Gamra Zamrn Right Here Méditerranée 1 Alok Sidi Yahia-Bnet Paris Laafou Soudani No No No Nabina Wawa Sawye TOUBA Meli Ana Jarahtini-Marhba-Jibouhali Alaoui - Melynga Jabario - Poulina Hagda Jarahtini - Marhba - Jibouhali Mimouna~Sawya~Hagda Ma Ychali Sympathy For The Devil Dor Biha Poulina Jabario Lalaoui lawah lawah @ Sziget 2012 Alaoui original Version 1999


nice!(167)