So-net無料ブログ作成

雨の日の釣り師-2836

 

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA - Taylor State Park(ストリートビュー)イタリア- イスキア島, チェーザ通り -2(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2836

紫たなびく荒野、なんだかあたりは薄暗く、淡青色の靄が立ちこめているようだった。  朦朧としているのに鋭い、あの、正体の知れない不安や焦燥に、侵食されている気配。  飄々と、堂々たる、構造体が出現、壮大で澄明で精妙な光景である。  軽々と、優雅に波打って跳んでいく。  緩やかに盛り上がりなだらかに落ちる草原、誰かが鳴らす、……ッ、…*。  河面を渡る気嵐、全世界を飲み込み、全てにひそやかだが全身的な悦びがこめられている。  

♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 1 2 3 4/ The Visibility Of Thought   :     チャールズ・アイヴィスアーノルト・シェーンベルグなどの現代音楽を想わせる、ゆっくりと進行する静かな、厳かさもある作品。  フリージャズの珠玉、これ聴かずして何がFreeJazzなん!?。  何時しかドップリと吹き抜けるそよぎの、まっただ中の己を発見し嬉しくなる。  幾度となく聴く度に、新鮮さでもなく、懐かしさでもない、魅惑がある。  何時も新しい感動があり、カタルシスが分泌されるようであり、Darjeeling)のような芳香を想わせる。  Duet For Contrabass And Piano(6:02)、コントラバスとピアノのデュオ、大きくうねり振りかざすボーイングは伸び伸びしてて快活、実に気持ちがいい。  Joseph Kubera(P)は、深い思慮を湛えヒラヒラと飛翔するように軽やかな打弦、双者は干渉せず全く無頓着な風であり、そして提出されるサウンドはメロディーがとても美しい、心地良い余韻に包まれる。  Duet For Violin And Piano(10:03)、Mark Feldman(Vln)が先ず軽やかに屈託無く歌い出す、Joseph Kubera(P)が底弦で呼応、しだいに魅力的なメロディーを奏でる、ちっとも重苦しくない荘厳に包まれる。  Mark Feldman(Vln)は実に流麗且つ堂々と悠々と大きな建造物を構築する。  明快な溌溂とした心地良い達成感に似た余韻がある。  Baritone Voice And String Quartet(10:40)、Thomas Buckner(Brt)は歌詞無しのヴォイスを歌う、弦楽四重奏とは独立したメロディーに聞こえる。  揺るぎない構築美、自由闊達な奔放の魅力があり、ずっと聴いていたい欲望に襲われる。  Piano Duet #1(10:49)、Phillip Bush(P)と、Joseph Kubera(P)が目まぐるしくインプロヴィゼーションを繰り広げる、自由闊達であり、淀みなく提出されるメロディー・音列は些かも油断が無く、自然な甘美に覆われており、鬱屈感は皆無である。  The Visibilty Of Thought(5:15)、Muhal Richard Abrams(Syth)の演奏、想いも付かない散歩の楽しみ、突拍子もない遊びの発明が、積極的に唐突に提出される。  エジソンが音楽家ならさもありなんと想わせる、驚きの連続である。  サウンドは”おもちゃ箱をひっくり返した!”態の如く微笑ましく、油断も隙もないのです。  Piano Improvisation(29:22)、Muhal Richard Abrams(P)の演奏、淀みなく止めどなく、一瞬たりとも静止・息吐くことが無い。  流麗闊達にして深山幽谷の雫を掌で感じ、渓風を首筋で楽しむ如し。  他に類を見ない個性・サウンド・音楽である、これは意図的ものであるだろう。  提出形態は、インプロヴィゼーションではあるのだが、スコアーは既に存在すると想われる、隠され容易には発見できぬ、メロディーラインを第一に、点描のように音像を完成させ、一瞬にして消え新たに制作される。  そしてふいに”魂の置き所を奪われる”Muhal宇宙に囚われるんだ。  まったくとんでもない荒野の凸点からしずしずと始まり、あれよあれよと言うまもなく、屹立した情念のさざ波・思惑のうねりが押し寄せ、たちまち目眩くメロディーの自在さ・柔軟さに瞠目する。  第一、Warp先は常に響き渡り眠らず、些細なメロディー生成・制作・提供の滞ることがない。  どうやら、サウンドよりもメロディーラインに重大感心が払われておる、散々に発明品を撒き散らし流れる旋律絵巻は、弛まず・倦まず歩む。  天上的な広がり・展開・躍動・跳躍・Warp宇宙に捕らわれてしまう、その形容・言語での発表はひどく困難。  強いて申せば、音と音の間の休憩空間の猶予のみであり、それは進行中の旋律の中にある。  3次元の休止、とでも!?。  この旋律の螺旋構造、DNA構造のように長大。  構築される情景は宇宙の形をしており、目に見える形で表わし難い。  そして誰もがなしえなかった音楽美は流麗な流れの停止とともに、跡形もなく時空に霧散してしまう。  Muhal Richard Abrams(P,Syth)、Phillip Bush、Joseph Kubera(P)、Dorothy Lawson(Cll)、Jon Deak(DblB)、Mary Rowell、Mark Feldman(Vln)、Thomas Buckner(Brt)、Release Date:Mar 1, 2001。

♭♪ (*^.^*) : Darina Takova 1/ ☆□You Tube Search :      Play List -Darina Takova Donizetti/ Anna Bolena : Giudici ! Ad Anna?! Piangete voi... Al dolce guidami Al dolce guidami castel natio... Dio,che mi vedi in core...Sul suo capo aggravi Come innocente giovane... Non v'ha sguardo Lucrezia Borgia : Com'è bello Era desso il figlio mio Duet Finale Trio Lucia di Lammermoor : Il dolce Suono Quando rapito in Estasi Spargi d'amaro Pianto ! Regnava nel silenzio   Rossini/ Tancredi  : -f -1~ -2 Act I finale  Le Siège de Corinthe  : -f     Semiramide : Bel raggio lusinghier Se la vita ancor t'è cara Serba mi ognor Alle piu calde immagini 1 2 Arsace duet Serba mi ognor Pamira preghiera L'ora   Gounod/ Faust : Il se fait tard Love Duet Final 1   Verdi/ Luisa Miller :   A brani, a brani, o perfido La Traviata  : -f Addio del passato 1 Sempre libera !   Bellini/ Amina : Ah!Se una volta... Ah non credea mirarti... Ah non giunge I Puritani : Qui la voce... Vien diletto   Puccini/ La Rondine : Finale scene Chi il bel sogno di Doretta   Delibe/ Lakmé : Où va la jeune Indoue Air des clochettes   Mozart/ Don Giovanni : In quali eccessi, o Numi !... Mi tradi quell'alma ingrata Die Zauberflöte : Der Hölle Rache kocht Meyerbeer : L'Étoile du Nord, I acte Duo de Prascovia & Georges   Offenbach/ La Vie Pariesienne : Le siège de Corinthe exc Talk

♭♪ (*^.^*) : Guy Lombardo 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Guy Lombardo ♫ Top Tracks for Guy Lombardo * 0 1 2 Sweet Sounds of the 1930's Guy Lombardo Coquette BECAUSE OF YOU Red Sails in the Sunset Fascination Waltz Auld Lang Syne Sweet and Lovely Lawd, You Made The Night Too Long Dancing in the Dark Ev'rything's Been Done Before September in the Rain Seein' is Believin' LOVE ME OR LEAVE ME  Too Late The Anniversary Song Please Let Me Dream in Your Arms When Did You Leave Heaven? Sleep Baby Sleep In Your Jeep Now Is The Hour Heartaches The Nearness of You Peg O' My Heart COQUETT September in the Rain That Old Feeling The St.Louis Blues Without That Gal THAT'S HOW I FEEL ABOUT YOU Good Night, Sweetheart Little Coquette RIVER STAY 'WAY FROM MY DOOR Harbor Lights 1 Under the moon Darktown Strutters Ball Dearie Live -1 -2 -3 LOVE ME OR LEAVE ME Auld Lang Syne On A Slow Boat to China Bell Bottom Trousers Moonlight Saving Time Swingin' in a Hammock and His Royal Canadians The Blue Skirt Waltz Together When My Deamboat Comes Home

♯♭♪ (*^.^*) : Richard Bona 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Richard Bona * ♫ Best Songs for Richard Bona * New Bell Eyala Kalabancoro 1 2 O sen sen sen 1 Muto Buy Buy 1 Laka M'ba Djam Compilation Martinique Jazz Festival 2010(56:25) Na Mala Nde Bisso Baba 1 Ekwa Mwato Muntula Moto Souwedi NA Wenge Balemba Na Bwemba Te Misea 2 Dina Lam 1 Bébé Lovely walk Illusions sensorielles For Lolo M'Bemba Mama Samaouma Balakatun 1 Laisser Parler Dipama O Beta O Siba 1 Sweet Mary Sona Moyo Esukudu MO BOP El Negro Englinglaye 1 Suninga 1 Dina lam Lisbon Help me Djombwe/I Wish/Trains Solo de Slap Live - The Paris Concert -1 -2 On Her Way & Bobby Mcferrin improvisation live Montreal -1 -2  & Bobby McFerrin at Montreal -1 -2 -3 -4 -5 -6  Bass Solo 2 Vocal London Eyando Rio das Ostras 2006 At Seventeen Marc Berthoumieux avec Improvisación Liberty City 1 2 Bright Size Life 1 Patriots Richard Bona 1 at Colours of Ostrava & Dave Liebman 3 & Baptista at NSJ '08 Bobby Mcferrin y Omar Hakim Express To Queens 風がくれたメロディ | Laka M'ba


nice!(159) 
共通テーマ:音楽