So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雨の日の釣り師-2599

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -25(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Pranargia (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2599

 あぁ……、還ってきた。  [[ =(・。.・)= ]]   インターラックの最上段からのゲートイン、プルプルした肢体・ムッチリ!充電・野生の跳躍・存分の疾走を満喫、満ち足りた風情で侵入していらっしゃる。  でも、いくら丸顔を見てもこれらの形跡は微塵もない。  ちっとも変わらない・いささか拍子抜けする平常心で・躊躇なく真っ直ぐに突進してくる。  『ヒラリッ!、…*』と音もなく机に着艦する。  毛に覆われた華奢な手を、胸に掛けたり、顔を人物の顔に異常に接近させてくる。  

♯♭♪ (*^.^*) : Thelonious Monk 1 2 3 4/ Blue Monk Vol.2 :     ジャケットは、白いシャツ姿、ピアノの上にメモ書きの楽譜を拡げ、演奏中。  独得のストライド奏法にルーツを発する点描的・狂乱的な間の挿入・強靱なタッチを備えた独自のスタイル、足下にマグマの迫る様式が未だ稀薄な初期の傑作、Art Blakey(Ds)の大理石の切り出しは痛快!。  T. Monk(P)のこんなに軽快なサラリとした明るいプレイは珍しい。  Wee See(5:15)、ユニゾンで軽快なワク!~*、ワク!~*、するテーマが提出される、T. Monk(P)のタッチは軽やかで後の独得の間合いを取っていない。  F.Foster(Ts)のブローイングはのびのびしておりあか抜けておる。  Smoke Gets In Your Eyes(4:29)、T. Monk(P)が華麗にテーマを提出、実に含蓄のある、すばらしい!演奏、2管のアンサンブルも黄昏れておりいい味わい。  Locomotive(6:20)、スリリングで刻のあるテーマが合奏で提出される。  T. Monk(P)の的確な展開は、自信に満ちた新鮮みのある、すばらしいもの!。  Ray Copeland(Tp)の胸の好くような明快な放射、F.Foster(Ts)の魅惑の音色のブローイングは、すばらしい!。  Hackensack(5:08)、スリリングなテーマが合奏で提出される。  T. Monk(P)の見事な演奏にF.Foster(Ts)が続く。  Ray Copeland(Tp)のソロに続きArt Blakey(Ds)のソロ、すばらしい!アンサンブルで完。  Blue Monk*(7:35)、T. Monk(P)のゆったりした開始でサラリと開始、後の演奏のような抑え込む緊迫感は見あたらぬ。  飄々とした・吹っ切れたこんなT. Monk(P)は珍しい。  Art Blakey(Ds)のソロがあり、合奏に移り完。  Just A Gigolo*(2:59)、T. Monk(P)のソロでテーマが提出され、噛みしめるように丁寧な展開部に入る。  Work *(5:17)、T. Monk(P)の軽快なコロコロしたタッチで弾むように始まる。  Art Blakey(Ds)のヨロコビを隠しきれぬプレイ、Percy Heath(B)の軽快な推進。  Nutty*(5:14)、T. Monk(P)の軽快なサラリとした明るいプレイは、何処か天上的な泰平につつまれたもの。  T. Monk(P)、Ray Copeland(Tp)、F.Foster(Ts)、Curly Russell,Percy Heath*(B)、Art Blakey(Ds)、Release Date: May 11, 1954,Sep 22, 1954*。

♯♭♪ (*^.^*) : Mady Mesplé 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Mady Mesplé O zittre nicht   Ferdinando Paer/ Le maître de chapelle   Maurice Ohana/ Syllabaire pour Phèdre   André Messager/ Madame Chrysanthème : Le jour sous le soleil béni   Thomas/ Mognon : Je suis Titania la blonde   Delibe/ Lakme : Flower Duet L'air des clochettes Où va la jeune hindoue 1 C'est le dieu de la jeunesse Les filles de Cadix : Nous venions de voir le taureau...   Lehar/ Das Land des Lächelns : first aria   Massé/ Les Noces de Jeannette :    Poulenc/ La Dame de Monte-Carlo   Offenbach/ La vie Parisienne :  Je suis veuve d'un colonel Tales of Hoffmann' : Griserie Ariette : Ah! Quel diner Monsieur Choufleuri : Italia la bella   Erik Satie/ Geneviève de Brabant -1 -2 Socrate -1 -2 -1 -2 -3   Vivaldi/ In Furore Giustissimae Irae 1   Ravel/ Tripatos, greek folksong   Debussy/ Nuit d'étoiles   Bizet/ Don Procopio : Sulle piume dell'amore Sérénade   Rossini/ Ariadne auf Naxos : Ah! non giunge La Pie voleuse : scène、Di piacer mi balza il cor Il Barbiere di Siviglia : Una voce poco fa   Donizetti/ LuciE dE Lammermoor : Mad scene Spargi d'amaro pianto Scène de la foli La Fille du Regiment : Lesson Scene    Mozart/ Popoli di Tessaglia Die Zauberflöte : O zittre nicht   Mahler/ Symphony no. 5 : IV. Adagietto   J.Strauss/ Aimer, boire et chanter Walses de Vienne   R.Strauss/ Ariadne auf Naxos : Grossmächtige Prinzessin 

♯♭♪ (*^.^*) : John Coltrane 0 1 2 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -John Coltrane ♫ Top Tracks for John Coltrane * 0 1 2 3 Bessie's Blues Mr. Pc Nature Boy Things Ain't What They Used To Be Robbins' Nest Stellar Regions Love Don't Explain Take The Coltrane Angelica Sweet Sapphire Blues Lonnie's Lament While My Lady Sleeps Bahia Kulu Sé Mama Om Africa Spiritual Autumn in New York The Feeling Of Jazz It's Easy To Remember Compositions Acknowledgement Resolution Pursuance Psalm Time After Time India The Believer Little Melonae Lazy Bird Equinox On Green Dolphin street In A Sentimental Mood 1 Song Of The Underground Railroad A Love Supreme Live My Favourite Things -1 -2 1 2  3 4 While my lady sleeps Mr. Syms Mr. P.C. Love Trane's Slo Blues Offering out of this world -1 -2 Smoke Stack v v India  My Shining Hour My Shining Hour Seraphic Light  Too Young to Go Steady Dedicated To You Afro Blue Bakai My Little Brown Book Teo Wise One 1 Lonnie's Lament -1 -2 Naima 1 2 3 Africa -1 -2 Just Friends Invitation  A Love Supreme -1 -2 Body and Soul -1 -2 1 Crescent, Live in Japan 1/6~  Dear Lord Om Ascension Alabama Every Time We Say Goodbye Selflessness -1 -2 Peace on Earth -1 -2 -3 Giant Steps 1 Lazy Bird A Love Supreme 1 India Tunji I Want To Talk About You Ascension -1 -2 -3 -4 Impressions -1 -2 -3 -4 -Anthony Braxton 1 Afro Blues -1 -2 -3 -4 Wynton Kelly Trio On Green Dolphin Street Afro Biue My one and only love Hackensack The World According to John Coltrane full album* :  Live at the Village Vanguard Again-f -f Interstellar space-f Meditations-f Ballads-f 。

♯♭♪ (*^.^*) : AC/DC/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for AC/DC *  C.O.D. Evil Walks  Inject the Venom I Put the Finger on You   Show Business Love Song Cold Hearted Man  Who Made Who shake a leg Touch Too Much Overdose Rock N Roll Dreams Walk All Over You Fly On The Wall Stiff Upper Lip Heatseeker Hells Bells Moneytalks Rock the Blues Away For Those About To Rock 1 The Jack You Shook Me All Night Long 1 Big Gun Hells Bells Anything Goes Rock N Roll Train Dirty Deeds Done Dirt Cheap Thunderstruck 1 2 Riff Raff Back in Black 1 Rock or Bust T.N.T. Play Ball Let There Be Rock Bad Boy Boogie  full album* :


nice!(163) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2598

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -24(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Partendo dal Camping (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2598

 目が醒めたときの、朦朧とした頭で”今が何曜日で、何時なのか?!”懸命に考え時刻を獲得するまでの半覚醒の”狂気の状況トンネルの疾走と時空からの剥離、帰還”は、魂が奪われそうな危険や未知の万象、ゾーンが実感出来てハッピーエンドの着艦が約束されててすばらしい。  夕食後の散歩にふらっと出かけてしもうた =(・。.・)= を探したが、見つけられなかった。  どこでなにしてるんねん、……?!。  夜更け、南の高窓の外で 『……ャッ!!』 声がする。  

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Sun Ra & HIS OMNIVERSE ARKESTRA/ Destination Unknown/ ENJA 7071-2    :     ライブ版、ジャケットはモノトーン、サン・ラーは両翼を拡げ、メッセージを宣告するシーン。  Carefree(10:18)、ゴツゴツした骨太のサウンドに歓迎される。  圧倒的なホーン、リードの放つパワーが眼前に拡がり、どっしり感が心地良いポリリズムのゆったりした進行辺りを包む。  Sun Ra(P)の打弦は研ぎ澄まされており、叡智に輝いている。  Bruce Edwards(G)は素早い弾きをモノトーンで繰り出す、すこぶるしなやか・耽美的なそれには危ういものは何も無い、明快でありとてもインテリジェンスを感じさせる。  Untitled (Echoes of the Future)(6:24)、Sun Ra(P)が夢見るように・いそいそと・いい感じでテーマを提出、やがてホーンの舌を巻く旨さのインプロヴィゼーション。  Sun Ra(P)の打弦は屈託なく溌溂として、淀みなく流麗ですらある。  Prelude to a Kiss(6:50)、D.Ellingtonの曲、のっそりした進行であり、沸き立つ希望・英気・奔流が迸る。  詩の発表があり、Sun Ra(P)の叙情的な演奏、やがてフリー・フォームの合奏。  Hocus Pocus(2:55)、挑戦的な・戦闘的な進行の意欲に満たされひたすら、直進する。  Theme of the Stargazers(6:07)、めいめいが叫ぶ、誰もかも自信とヨロコビに満ちている。  さまざまな楽器・リトゥルインストゥルメントが繰り出され分厚い充実した響きの空間を構築。  Interstellar Low Ways(4:39)、シンプルな愉快なテーマが繰りかえし演じられる。  先ずホーンのソロがあり、次いでリードへ、そしてピアノと変わり合奏となり完。  Calling Planet Earth(5:41)、めいめいのボイスはたちまちポリリズムの絵巻にとって代わる。  シンセサーザーの助奏で沈静化に向かい、再びめいめいのボイス、リードのフリー・フォーム・ブローイングで盛り上がりまとまる。  The Satellites Are Spinning(3:31)、シンプルなメロディーに乗せて自発的なボイス。  'S Wonderful(4:56)、G.Gershwinの曲、自発的・集団的美の構築を目指し自由な演奏。  Tyrone Hill(Tb)のソロがすばらしい!、次いでBruce Edwards(G)のあっけらかんとした解放感のあるプレイもいい。  グルーブ感がズンズン押し寄せてくるのを浴びる楽しさがある。  We Travel the Spaceways(4:44)、Marshall Allen(As)の渾身のフリー・フォーム・ブローイングとコーラス、なんと希望の満ちたものだろう。  キラ…*キラ…*したパーカッション、呼びかけるヴォーカル、打ち解けた解放感に包まれた現場が拍手に包まれる。  Sun Ra(P,Syth)、Michael Ray,Ahmed Abdullah(Tp,Vo)、Tyrone Hill(Tb)、Marshall Allen(As,Vo)、James "Ham" Jackson(Bss,afrds)、Bruce Edwards(G)、Jothan Callins(B)、Stanley Morgan(Cng)、D.S.Nascimento(Prc)、Earl "Buster" Smith(Ds)、Release Date: Jan 1, 1992。

♯♭♪ (*^.^*) : Lucia Popp 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Lucia Popp  Laudate Dominum Ruhe Sanft, Mein Holdes Leben   Flotow/ Martha : Latzte Rose   Lehar/ The Merry Widow : Vilja Song Vilja-Lied : Die Lustige Witwe Paganini : Liebe, du Himmel auf Erden   Grieg/ Peer Gynt : Solveig's Song   Faure/ Pie Jesu   Rossini/ Il barbiere di Siviglia : Una voce poco fa   Dvorak/ Song to the Moon Za stihlou gazelou   Puccini/ Gianni Schicchi : mio babbino caro La Boheme : Quando m'en vo   Verdi/ Rigoletto : Caro nome   Charpentier/ Louise : Depuis le jour   Mozart/ Laudate Dominum 1 Zaide : Ruhe Sanft, Mein Holdes Leben motet. : Tu Virginum Corona -1 -2 -1 -2 Exsultate Jubilate : -1 -2 Exsultate Jubilate & Fulget amica die Tu Virginum & Alleluia Missa c-Moll : Et Incarnatus Est Le Nozze di Figaro : Ach, ich Fühl's Venite Porgi Amor O Zittre Nicht 1 2 Ach, ich fühl’s Deh vieni non tardar Voi che sapete Susanna, or via sortite Porgi Amor E Susanna non vien.. Non so più Janowitz Bacquier Via resti Servita Se a caso Madama Crudel, perchè fin'ora Sull' aria La Clemenza di Tito : Non Piu di Fiori Non Piu di Fiori 1 Die Zauberflöte  : Der Hölle Rache Kocht In Meinem Herzen O Zittre Nicht Don Giovanni : Vedrai Carino Il Re Pastore : L'amero, saro costante Così fan tutte : Una donna a quindici anni   Handel/ Xerxes : Ombra mai fu Giulio Cesare : Da tempeste il legno infranto V'Adoro Pupille   Caro/Bella più amabile beltà   Schubert/ Auf Dem Wasser Zu Singen Gretchen am Spinnrade An Die Musik Seligkeit   Brahms/ German Requiem   Carl Orff/ Carmina Burana : Canciones de Beuern In Trutina   Carl Zeller/ Der Vogelhändler : Ich bin die Christel Bescheiden mit verschämten   Tchaikovsky/ Eugen Onegin : Pooskai pogibnoo ya Queen of Spades : act III Pique Dame : Uzh polnoch blitzitsya   J.Strauss/ Frühlingsstimenwaltzer   R.Strauss/ Im abendrot Beim Schlafengehen Presentation of the rose Beim Schlafengehen September Capriccio - Final scene -1 -2 Der Rosenkavalier-Final Scene   Wagner/ Dich teure Halle (Tannhäuser) José van Dam - Die Meistersinger von Nurnberg

♯♭♪ (*^.^*) : Joe Henderson 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Joe Henderson ♫ Top Tracks for Joe Henderson * 0 1 Tokyo Blues Lives! Granted (avec Monica & Marcello)  Out of the Night  Caribbean Fire Dance  Blue Bossa Passarim Dreamer  Recorda Me Brown's Town Teeter Totter Night and Day Mode For Joe  Mamacita Days of Wine and Roses Four Tetragon  Black Narcissus At the Lighthouse Out 'n' In Canyon Lady Tress-Cun-Deo-La  Water Mirror,Mirror Crimson Lake  Edda  Miles Ahead Jazz Jamboree 1995 Mind Over Matter  Double Rainbow Afro-Centric Eternally Recordame Blood Count  Serenity  Wide stereo Beatrice Black Narcissus  Old Slipper's  Terra Firma Invitation Punjab  Isfahan Black Narcissus Lazy Afternoon  Beatrice, Marciac Black Narcissus  Fire Step Lightly  Can't Take My Eyes Off You Recorda me Four!

♯♭♪ (*^.^*) : ZOUK 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -ZOUK À demi-mot 1 2 Tu n'as pas su 1 2 3 Peu importe le lieu 1 2  il faudra Bien Un Jour 1 REGARDE MOI CLIP  Je ne suis pas celle là 1 Je Suis Seule On S'aimera in London zouk exclu 2008* Dahrel/ Je ne dors plus la nuit Tu peux me trahir Por Amor SILENCE LOVE Always in my heart 1 Je T'aime Quand Meme Mon ami Si tu n'étais plus là  Avec Toi Toujour toi Konte Si Mwen On a changé A tes coté ft. Richard Cavé of Carimi Rendez moi Soif de t'aimer Je t'enmenerai Moon Laissons tomber Avec des si Je t'aime encore I lOve yOu Des Histoires comme ça Lettre ouverte Vini Sans Tricher Mon Soleil Dis le moi  Tenho Medo Kizomba ta jalousie C'est tOi Emm?ne moi Vous les hommes Pourquoi les hommes? de Vitaa Exclu Plus de mensonge C'est tOi Nha Luz Notre amour sonne faux 1 Kizomba Angolana Nta amabo Kizomba Reste avec moi rudy antonin Dann Junior Lovely Reviens-moi Apres La Tempete Enm? Mwen An Kreyol Entre Toi & Moi Akwarel La Sé Taw La derniere danse Zouk love Talina Ai Amor Chercher Ailleurs Elozio si tu veux de moi zouk love 1 tit zouck VIDEO ZOUK MIX 2007 -1 -2 Faze amor ma bo 1 Ne reviens jamais A Jamais Mes doutes Soufrans Fo Ou Cheche J'ai mis du temps Avec Ou Sans tOi Z. LOVE SEXY ZOUK LOVE* Rêve absolu Princess nemanus   mix de d'jl 2012 part -1  -5 Love Mix by JaBig SOUVENIR DE D'JL PROD' Zouk Mix Video -1 -2 zouk mix 2013 nostalgie mix 2012 2009-2012 mixé Kompa love mix 2012 zouk love 2006

 


nice!(145) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2597

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -23(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Orri' Spiaggia Capolinea (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2597

すっぽりと汚れちまった喧噪に吸い込まれる。  ○井の地下に降下して、黒い服のほっそりした人物がカウンターで何かやっている、”Vergin”の広いフロアーを歩く。  ”PAUL SIMON”/Rhythm of the Saints/ WB 9 26098-2と Eric Clapton1のPilgrim(ピルグリム)/ r 9362-46577-2 、BRIAN ENO-DAVID BYRNE/MY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTS/ SIRE WPCR-1182を獲得する。  還ってこれらを聴きながら眠ってしまった。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Lanquidity    :     研ぎ澄まされた清冽、大河の流れはいつしか第七銀河へ向かっている。  Lanquidity(8:21)、ゆっくりとシッカリしたテンポを打ち出すリズム部門、泡立つような付帯サウンドを伴い開始。  睡るような牧歌的リードや、さまざまな楽器の魅力的な響きが顔を覗かせ、ワク!~*、ワク!~*、期待がグングン膨らむ。  Where Pathways Meet(6:32)、挑戦的なな意気込みの隠った曲。  積極的なホーンの発散と内省部の動機の躍進・活動が良く調和しておるようだ。  San Ra (P)の明快な演奏にリードのブローイングが呼応、エモーションが飛び散り、充足・満ち足りた気分。   That's How I Feel(8:05)、明快なリズム・拍、解放感溢れる曲、やや寂寥感のある尾がなんともニクイ。  スイートコーンの朝露のリードがなんとも心地良い。  Sun Ra(EP)の卓抜な演奏、スコアーの緻密さ・洒脱・完成度の高さに驚嘆。  Twin Stars of Thence(9:34)、ゴリ!ゴリ!した感触のサウンドのリズム、自由に飛翔・滑空するSan Ra(EP)に想わず聞き惚れる。  J.Gilmore(Ts)のサウンドもビリリッ…*と感電する刺激が提供されるから、言うことなし。  バリトン・サックスの音色にも魂を奪われそうになる、あぁ~*なんと魅惑のサンド!。  There Are Other Worlds (They Have Not Told You of)(10:57)、ゆっくりした葬列風のテンポ、コーラスを伴い開始。  SanRa(P)のキリリとした発想の新鮮なプレイが聴き所。  何時しかたゆたうシンセサイザーの渦流・奔流に押し流され、陸地がスッカリ見えなくなっているわぁ!。  Sun Ra(Kyb)、M.Ray,E.Gale(Tp)、J.Jackson(Flt,..)、 J.Gilmore(Ts)、M.Allen(As)、E.Omoe(Bcl)、D.Thompson,J.Pressley(Bs)、D.Wolliams,D.Kid(G)、R.Williams(B)、L.All,M.Anderson(Prc)、Artaukatune(Ds)、Release Date: Jan 1, 1978。

♯♭♪ (*^.^*) : Luciano Pavarotti 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Luciano Pavarotti À vucchella O Sole Mio Torna a Surriento Mamma Caro mio ben Caruso 1 2 4 Come Back To Sorrento Marechiare Volare Granada 1 Hyde Parck -f The Greatest Hits -f 3 StändchenTenors 1998 -f en Bilbao 1998 -f Forever 2007 Concert -f Legends In Concert -f The Essential -f   Mascagni/ Ed anche Beppe amo Cherry Duet Massenet/ Manon Pourquoi me reveiller 1 Leoncavallo/ Mattinata i pagliacci subtitulado   Boito/ Mefistofele : Giunto sul passo estremo   Donizetti/ Un'aura amorosa 2 3 Una Furtiva Lagrima Venti scudi Caro elisir Pour Mon Ame Fille Aria from Lucia di Lammermoor   Bellini/ A Te, O Cara   Verdi/ Ah inseparabile Questa O Quella Bella figlia La Donna È Mobile Questa o quella....Partite? Crudele Ingemisco Libiamo Celeste Aida Ah si ben mio 1 Cilea/ Il lamento di Federico 1   Mozart/ La Ci Darem La Mano   Rossini/ La danza 1 Ah.. non mi lasciar, o speme di vendetta   Puccini/ Sí Giorgio O soave fanciulla E lucevan le stelle 1 Che gelida manina Nessun Dorma 1 2 | and friends best -f were singing for Liberia

♯♭♪ (*^.^*) : Joanie Sommers 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Joanie Sommers ♫ Top Tracks for Joanie Sommers * 0 1 One Boy Once (Ils S'Aimaient) 1 It Might as Well be Spring Autumn in Rome What's New Heart and Soul  Mean To Me  My Ship Why Try To Change Me Now I Concentrate on You I'll Close My Eyes Winter in New England Passing Strangers  April in Paris For All We Know  Just Squeeze Me (But Please Don't Tease Me)  When the Sun Comes Out  I Could Have Dance All Night Watching The World Go By  That's All Serenade of the Bells Since Randy Moved Away Softly  Little Girl Blue  A Summer Place  Wishing Well Theme From A SUMMER PLACE Watching The World Go By As I Leave You  You Can't Go Home Again Dear Heart Meditation Autumn Serenade Manha de Carnival Carnival  Daddy Quiet Nights | Corcovado Since Randy Moved Away  Goodbye Summer I Don't Want To Walk Without You   A Summer Place  Johnny Get Angry Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars)  If You Love Him  When The Boys Get Together Never Throw Your Dreams Away  My Heart Belongs to Daddy

♯♭♪ (*^.^*) : Violeta Parra 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Violeta Parra * ♫ Violeta Parra ♫ Violeta Parra Playlist Lo que mas quiero  Gracias a la Vida Verso por la niña muerta Ausencia Lo mejor de El Albertío Décimas y centésimas El Gavilán  La Carta El Palomo Paloma Ausente Run run se fue pal norte El Guillatún arauco tiene una pena Cantores que Reflexionan Volver a los Diecisiete Rin del Angelito Que he sacado con quererte Chile Gracias a la vida YO CANTO A LA DIFERENCIA La Jardinera Chile Gracias a la vida Las últimas composiciones de Violeta Parra Volver A Los 17 Arriba quemando el sol Miren como sonríen El folklore y la pasión (1994) La Jardinera que pena siente el alma  Tonadas Imposible que la Luna Run run se fue pal norte Maldigo del alto cielo 1 La cueca presentada Gracias a la vida Yo canto a la diferencia Ausencia  El amor Violeta Parra Segun el favor del viento Rin del Angelito Volver a los Diecisiete Con Letra Ojos Azules Hace falta un guerrillero   Composiciones para guitarra -f Las Ultimas composiciones -f Cantos a lo divino y a lo humano -f VIOLETA PARRA 100 MINUTOS -f Violeta Parra: Antología -f Canciones reencontradas en París -f El folklore de Chile. Canto y Guitarra. -f


nice!(150) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2596

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -22(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Abstieg zum Ufer Torre di San Gemiliano (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2596

んが、けっして傘に入らず・道の真ん中を進まず、建物とかコンクリート塀、石の壁面や構造物に沿って進む。  全く足音がしないので不安になり、丸顔の行いを確かめる。  心配する喜びをくれることに感謝、(;。;)。  雨で背が濡れ、毛が強ばっている、タオルで拭いてやる。  ちょっぴり嫌がるので、力が入る。  机に跳び乗ってるので、白い板に並んだボタンが押さえづらい、いつも以上にゆっくり推敲しながらになってまう。    少し湿った風を切って西方に馳せ参じる、夕闇を縫って汚れた光輝の点滅するなかに浸透する。

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / The Heliocentric Worlds of Sun Ra Vol. 2   :     絢爛たる・予想外の洒脱の擽り、魅惑に包まれた、希有な個性的なサウンド、Jazzのエモーションがたっぷり詰まっている。  全体は交響詩に似た一貫性があり、長大な絵巻を見るような気分で立ち向かえる。  寛いだグルーヴ感に支えられておるサウンドと曲は、新しさと懐かしさの絶対矛盾的自己同一を見るようだから、とても良い気分。  The Sun Myth(17:20)、ベースのボーイングで厳かに開始、カランッ!~*・コロンッ~*、心地良い木製楽打器を打ち鳴らす、フリー・フォーム、タイ風の寛いだ風が通う。  やがて・次第にさまざまなポリリズムのキラ…*・キラ…*した光輝の洪水が溢れ出す、実にいい響きであり、期待がが膨らむ。  再びベースのボーイングとパーカッションの合奏、なんとも自由な寛いだ空間が構築される。  Sun Ra(Clavioline)の摩訶不思議なサウンドに幻惑され、深い密林を散歩している錯覚・夢見心地の境地。  何時しかサウンドはとても部厚く・よりフリーフォームを発揮し、見事に開花・爛熟の蜜を光らせる。  タラ~*・タラ~*と、心地よいカタルシスが侵出し、サラ…*・サラ…*音を起てゆっくり流れ出す。  申し分ない高揚感に包まれた歓喜があり、やがてピーチカラーに西空の下、ゆっくりと丘の向こうに没する。  A House of Beauty(5:10)、木管の囀り、Sun Ra(Clavioline)の呪術を想わせる幻惑的なサウンド、低長弦のボーイングの合奏で開始は実に好ましい。  San Ra(P)の叙情的なメロディーの提出があり、再び(Clavioline)により見事に開花する。  Cosmic Chaos(14:15)、いきなり絶頂のフリー・フォーム合奏で開始。  リードと打弦のバトルとなり、次第に熱気を持ち、集団的フリー・フォーム美の構築に向かう。  J.Gilmore(Ts)の英気迸る圧倒的なフリー・フォーム・ブローイングに皆押し黙ってしまう。  カラン…*・カラン…*、想わず笑みが零れる(^o^)、木製打楽器のユーモラスな暖かいサウンドが打ち鳴らされる。  ホーンやリードのフリー・フォームブローイングが復活。  バスクラリネットの鎮静・静謐回復の努力が行われ、滞りなく成就。  完全なコーダで終焉を迎え、キッパリ!と木製打楽器の一撃で完。  Sun Ra(P,Kyb)、J.Gilmore(Ts,Typn)、M.Allen,D.Davis(Flt)、C.Capers,W.Miller(Tp)、T.Nance(Tb)、R.Cummings(Prc,Bcl)、B.Pettaway(BTb)、R.Boykins(B)、R.Blank(Prc)、P.Patrick,Jimmy Johnson, Jr.(Prc)、Release Date: Nov 16, 1965。

♯♭♪ (*^.^*) : Lucia Aliberti 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Lucia Aliberti Finale   Franz Lehar/ Come di rose un cespo Die lustige Witwe   Mascagni/ Cavalleria rusticana : Ave Maria Salve Maria :    Catalan/ La Wally : Ebben ne andrò lontana   Donizetti/ Anna Bolena : Al dolce guidami 1 2 Lucia di Lammermoor : Il dolce suo no...Ardon gl'incensi...Spargi d'amaro pianto Ardon gl'incensi 1 Spargi d'amaro pianto Chi mi frena in tal momento? Duet Mad Scene Linda di Chamounix :  L'Elisir D'Amore : Esulti Lalaralara, esulti pur la barbara Linda di Chamounix :  Beatrice di Tenda : Il Mio Dolore e l'ira Ma la sola...ah! la pena in lor piombò Act II Scene Ah! Se Un'urna Lucrezia Borgia : M'odi ah m'odi .... Desso era il Figlio mio Maria Stuarda : O nube! che lieve per l'aria ti aggiri...   Belinni/ Norma : Casta diva 1 2 3 4 Qual cor tradisti Sola furtiva al tempio Mira, o Norma, ai ginocchi In mia mano Dormono entrambi...Teneri figli Deh! Non volerli vittime 1 Fine al rito.Ah! bello a me ritorna Ma dì: l'amato giovane Il Pirata : Col sorriso d'innocenza  La Sonnambula : Ah, non giunge Ah! Se una volta sola... I Puritani : Son vergin vezzosa 1 2 3 Oh, vieni al tempio Qui la voce sua soave I Capuleti e i Montecchi : Si, fuggire! - Ah, Crude Beatrice di Tenda :  Finale   Verdi/ Luisa Miller : Tu puniscimi, o Signore、A brani, a brani o perfido 1 La Travata : Libiamo ne' lieti calici Sempre Libera Brindisi  finale Libiamo nei lieti calic Un giorno di regno : Non san quant'io nel petto Forza del Destino : Pace, Pace, Mio Dio I Due Foscari : Tu al cui sguardo   Rossini/ Maometto II : Giusto ciel, in tal periglio Il Barbiere di Siviglia : Una voce poco fa 1 Semiramide : Alle più care immagini La Gazza Ladra : Di Piacer Mi Balza Il Cor   Puccini/ Tosca : Vissi d'arte 1 La Bohème : Mi chiamano Mimì O soave fanciulla Gianni Schicchi : O mio babbino caro 1   Meyerbeer/ Dinorah : Ombra leggera 1   Schubert/ Ave Maria   Gounod/ omeo et Juliette : Je veux vivre dans ce reve   L.Arditi/ Il bacio   Salvatore Cardillo/ Core 'ngrato NINO ROTA : The Godfather Love Theme festa italiana

♯♭♪ (*^.^*) : J. J. Johnson 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -J. J. Johnson ♫ Top Tracks for J. J. Johnson * 0 1 How Deep Is the Ocean? coppin' the bop Almost like being in love You're Mine You Coffee Pot Gigi Flat Black Bloozineff In Walked Horace Stratusphunk My Little Suede Shoes In The Name Of Love The Nearness of you Speak low Stardust Really Livin Decision Sidewinder God Bess The Child Tune Up  Laura Get Out Of Town Turrnabout Blue Trombone It's Sand, Man This Can't Be Love We Two Close as Pages in a Book Let's Get Away From It All In Walked Wayne Laura Lament BAGS' GROOVE LIKE SOMEONE IN LOVE It's alright with me Blue Bossa Autumn Leaves Buzzy A Night in Tunisia Misty Indiana Billie's Bounce Autumn Leaves It Never Entered My Mind Willie Dynamite Soundtrack Now's the Time Satin Doll Groovin Four Plus Four Europe Jazz Jam , Early 60´s Keep On Movin' On Harlem Clavinet Blue Bossa Unidentified Uptempo Number Blue Trombone Passion's Dilemma My Little Suede Shoes Just A Funky Old Vegetable Bin The Falling Leaves Part One It Might As Well Be Spring Nermus El Camino Real groovin Just Friends Better Days Stardust Minor Blues Transcription Frankie and Johnnie 100 Proof Georgia On My Mind Old Devil Moon Lovely Love Letters Lament Coming Home Don't You Go Away Crazy Rhythm I Must have that man The song is you Harvey's House Commutation Blue Train   J.J. Johnson Now's the Time It's alright with me Watermelon Man JJ Johnson and Kai Winding Plus 6 -f | Lament Blue Trombone

♯♭♪ (*^.^*) : Victor Jara 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Victor Jara * ♫ Victor Jara ♫ Mix Victor Jara Vamos por ancho camino Kambotes Cuando Voy al Trabajo LUCHIN Hoola Bandoola Band Poema 15 Deja la vida volar Zamba Del CHE A Desalambrar Comandante Che Guevara cantando Vamos por Ancho Camino Manifiesto el cigarrito Recordando Te Recuerdo Amanda 1 El derecho de vivir en paz Political Singer Chile Preguntas por Puerto Montt Vientos del Pueblo web de


nice!(154) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2595

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -21(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Pedra Longa(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2595

すばらしい!。  今度、タマネギのスライスで実験してみよう。  傘をさして、 =(・。.・)= を探しに行く。  ジャリを敷き詰めた駐車場を探すが、『……』何も還ってこない。  何時もよりちょっぴり遠くまで行く。  更に進み、宇宙船のシェルのような、立方体の集合物でできた建物の縁の下?!から、『……~ャ』 とても小さな、まごうことなき声がした。  近寄ってのぞき込むと、茶と黒のコロコロしたものがトコトコ出てきた、踵を返し歩み帰還を促す、双方ともいい感じ・親愛の同士の気分で一緒に還る。  

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Fate in a Pleasant Mood/When Sun Comes Out     :     2つのCD(アルバム)を収録。  サン・ラーの極めて個性的・洒脱なオーケストレーションを全編にわたり、変化に富んだスタイルで堪能できる。  San Ra(P)のソロ、J.Gilmore(Ts)が充実のフリー・フォームなど、充実している。  The Others in Their World(2:14)、ゆったりとしたテンポ、ヨロコビに溢れた曲、ホーンで演奏され、心地良い合奏によるオブリガート。  Space Mates(7:09)、San Ra(P)はとても新鮮、活き活きとした躍動感があり、心地良いリラックスしたもの。  構築される空間は、広い土間があり、木造建築の塔を想わせる。  静謐な木管がとてもすばらしい!、あたりに緑の風が吹き抜けるようだ。  ドロ…*ドロ…*,ドカン!ドカン!とドラム・パーカッションがなんともユーモラス。  Lights on a Satellite(3:38)、のっそりした諧謔感が漂うのが不思議で面白い。  木管とピアノとの対位法的な演奏、すこぶる感動を呼ぶ摩訶不思議な調和。  Distant Stars(2:53)、スイングしている、ピアノの助奏はラグタイム風であり味わい深い。  Kingdom of Thunder(3:49)、木管がとても明るい・ユーモラスな土俗的!?なテーマを演奏。  太鼓がドカン!ドカン!、ベルがチリン…*・チリン…*、行進を思い浮かべてしまう。  Fate in a Pleasant Mood(2:42)、素朴とも言えそうなサウンド、シンプルなメロディーだが不思議と壮大な空間を構築するのでうれしくなる。  Ankhnaton(3:24)、躍動感のあるシンプルなテーマ、直ぐに転調し再復帰する、ホーンが颯爽と滑り出し明るい状況を生む、心地良い明快な曲。  アルトに引き継がれ、対位法的にテナーが第二テーマをブローイング。  ここから、別のアルバムの曲、Circe(3:50)、ゴングが打ち鳴らされる。  T.Barbara(Vo)の歌詞無しボイス。  Nile(4:50)、木管が妙なる音色で憂いを朗々と・力強く歌う。  複数のパーカッションが複雑なリズムで会話する、心地良い余韻を引き連れたサウンド。  Brazilian Sun(3:50)、歓喜に溢れたラテン風のポリリズム、ピアノがザク!ザク!切り刻むなんとも痛快な・あっけらかんとした高笑いが聞こえてきそう。  We Travel the Spaceways(3:20)、コーラスで天空に呼びかける光景でもある。  San Ra(P)とリードに続きコーラス。  Calling Planet Earth(5:30)、叫び風にメッセージが発表される。  San Ra(P)の火の出るようなフリー・フォーム演奏、J.Gilmore(Ts)、M.Allenn(As)らの迫真のフリー・フォームブローイングに思惟がシャキ!とさせられ、心身が打ち震える、強力なキックでメリメリと大地の胎動が始まるようだ。  納得のソロでコーダ。  Dancing Shadows(5:55)、じつに軽やかに駆け出す、San Ra(P)とJ.Gilmore(Ts)が充実のフリー・フォームを披露。  W.Miller(Tp)の長いソロを経てSan Ra(P)の華麗な演奏、遂に目まぐるしくこれらのソロが入れ替わる。  Rainmaker(4:32)、躍動する律の生成に勤しむリズム部門、J.Gilmore(Ts)のキリリ!と引き締まったブローイング、San Ra(P)の実に流麗な・珠玉のような甘露。  何処からか心地良い緑の風が送り込まれる。  When Sun Comes Out(4:53)、リズム部門はゆっくりと・忙しなく単調な律動を倦まず生成・提供、リードが圧倒的なフリー・フォームの絶頂にあり、ホーンも加勢し存分に集団的美の構築・生産活動を全う、San Ra(P)はポロン…*ポロン…*と涼しい顔で我が発想を紡ぐ。  Dimensions in Time(3:51)、J.Gilmore(Bcl)の圧倒的な演奏に心底満足、あぁ~*脳みそがとろける、背後にポリリズの土俗風のパーカッション。  Sun Ra(P)、T.Barbara(Vo)、M.Allenn,D.Davis(As)、J.Gilmore(Ts,Bcl)、P.Patrick(Bs)、W.Miller(Tp)、N.Pryor(Tb)、R.Boykias(Prc,)、J.Hardy(Ds)、Release Date: Jan 1, 1961、'61~'62。

♯♭♪ (*^.^*) : Lorraine Hunt Lieberson 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Lorraine Hunt Lieberson Va Col Canto ABSENCE Baghdad Cafe: Calling You 1 Ich habe genug Deep River Rilke Songs: I. O ihr Zärtlichen   Neruda Songs/ -1 -2 -3 -4 -5 1   Debussy/ Beau soir   Ravel/ against visuals   Berlioz/ Les nuits d'été: I. Villanelle 1 II. Le spectre de la rose III. Sur les lagunes 1 VI. L'ile inconnue V. Au cimetière Je vais mourir   Purcell/ Dido and AENEAS ACT 3   Handel/ Va Col Canto dopo notte Angels ever bright and fair Ottone HWV 15 vieni, o figlio The clouds begin to veil . Fly, fly my brethren.. As with rosy steps the morn Sono qui Phèdre's aria Defend her, Heaven Viver e non amar Qual nave smarrita Susanna HWV 66 1 Streams of Pleasure ever flowing Giulio Cesare- Son nata a Lagrimar Scherza Infida ceaseruleroftheday Va col canto lusingando Amo Tirsi Theodora - As with rosy 1 2 -When sunk in anguish -Defend her -New Scenes of Joy -Bane of virtue -To thee, thou glorious son of worth Ombra mai fu Cara Speme Barbaro! tu non credi   Rameau/ Quelle plainte en ces lieux m'appelle? Quel prix de mon amour Princesse, c'est sur vous.. Descubrase el pensamient   Brahms/ Unbewegte Luft Von ewiger Liebe   Mahler/ Das Lied von der Erde - Der Abschied - Von der Schönheit - Der Einsame im Herbst Resurrection Ich bin der welt abhanden   Bach/ Ich habe genug Ariodante - end of act 1   Mozart/ Idomeneo -f Don Giovanni Ah, chi mi dice mai Schumann/ Mein schöner Stern   by Britten/ Phaedra

♯♭♪ (*^.^*) : Jimmy Garrison 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jimmy Garrison * Jazz Is My Religion For Heaven's Sake A Love Supreme, Part II Transmitting All Or Nothing At All  After the Rain Afro Blue You Don't Know What Love Is You Are Too Beautiful Half and Half IMAGINATION  Imepression Undecided I Want to Talk About You Mr. P.C Gingerbread Boy Crescent Vilia Village Dreams Nuttin' Out Jones Tunji I Wish I Knew Naima All the Things You Are Impressions Jazz Casual The Inch Worm Sweet Little Maia My Favorite Things 1 2 Afro Blue 1 Half and Half Nuttin' Out Jones The Garden Of Souls -1 -2 Round Trip Broadway Blues Let's Face The Music And Dance I Remember You Acknowledgement Steam Straight Ahead Keiko's Birthday March Horace Silver Quintet & Elvin Jones Trio -f A Love Supreme -f  Live! at the Village Vanguard-f 。

♯♭♪ (*^.^*) : Victor Heredia 0 1/ ☆□You Tube Search :      ♫ Top Tracks for Victor Heredia * Padre El Adios Sobreviviendo 1 2 Razón de Vivir 1 2 3 4 Novicia Marcas Dos almas 1 Desde Arriba Coraje 1 2 Cartas Pateia Muselina Nena Ayer te ví El viejo Matias 1 Irene REVOLUCIÓN DE MAYO muerte de tupac amaru Ojos de cielo 1 2 3 TIERNAMENTE AMIGOS 1 EL BAR DE LOS FRACASOS. Aya Marcay Quilla Canciòn de navidad Mandarinas 1 Sube, sube, sube LA GUITARRA BAILANDO CON TU SOMBRA (Aleli) 1 2 3 4 Ahora Aurora Mara 1 Medellín entonces Esos amores fugaces Pido Castigo - Pablo Neruda Destino de Caminar Reflejo NADA SE DE LA MUERTE Todavía Cantamos  Algún Día Mientras Tanto Patria 1 El Verdugo UN AMOR DIFERENTE 1  taki onkoy Manifiesto Carta de un naufrago Alta en el cielo Razones MIRALO DE ESTE MODO el misterioso dragon El Sueño De amor y de Sangre Rita De donde soy INFORME DE LA SITUACION 1 2 Aquellos Soldaditos de Plomo 1 DULCE DANIELA 1 Tiernamente Amigos 1 2 Sobreviviendo 1 en el Luna Park (I) SOBREVIVIENDO


nice!(157) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2594

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -20(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Guglia di Goloritzè i(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2594

夜更けにもう一度 =(・。.・)= を探しに行く。  『ピュッ…!、……*』 口笛で呼ぶ。  うなだれて、とぼとぼ還る。  ぴよちゃんが『すぐおいしい、すごくおいしい』と言っている、”nissin チキンラーメン”を沸騰した小ぶりの寸胴片手鍋に投げ込む。  怯むことなく噴流が復活する、『いいぞっ!』 ”ヨード卵光”を割って落とす。  褐色の液体が憤怒のうねりを止めない。  白身と黄身が拡散せず、うまく固まった、よろしい!。  ネギが無いのが無念であった。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Cosmic Tones for Mental Therapy/Art Forms of Dimensions Tomorrow   :     2つのCD(アルバム)を収録。  土俗的な・とても魅力的なパーカッションは深い思慮に包まれ心地良い後味・余韻を提供する。  San Ra(P)の華麗な演奏が多く散りばめられており、ビッグバンドのどっかりとした悠久の響き。  全編リラックスと英気、Jazzのエモーションがたっぷり詰まっている。  And Otherness(5:08)、序曲風に大いなる期待でもって開始、さまざまなパーカッション、ダブルリードが無調的に演奏され儀式を想わせる。  バリトンとパーカッションとの対話は実に痛快。  Thither and Yon(4:25)、ダブルリードとパーカッションの神秘的な・土俗的なメロディーがフリー・フォームで提出される。  新しい・先進の発想が見事に開花、キラ…*・キラ…*光輝を放つサウンドは実に心地良く、脳が激しく更新されていくようだ。  Adventure-Equation(8:25)、余韻をともなったシンプルなメロディーの繰り返し、緩やかな変遷を遂げている。  ポリリズムのパーカッションは木の響きのよであり、J.Gilmore(Bcl)の卓抜な絵巻の発表に、ドキッ!とさせられる。  このアルバムでの一番の聴き所。  諧謔な木のパーカッションは余韻を残して静かに遠ざかる。  Moon Dance(6:33)、闊達に・ 明朗に躍動するベースの推進に誘われ、San Ra(Org)に続いてパーカッションの協演となる。  Voice of Space(7:38)、ベースのボーイングの背後では、宇宙的なサウンド・カニ星雲的なものが生まれ渦巻き始めている。  闇黒に浮遊する鮮鋭七色の光輝は深い透明感。  突然躍り出たアルトサックスのブローイングは、勝ち誇ったようであり・一抹の寂寥を引きずっており、期待に反しあっけなく去ってしまう。  ここから、第二のアルバム、Cluster of Galaxies(2:20)、渺々と極めて静謐を保ちつつ頭上を過ぎていく銀河、ただ押し黙って飲み込まれるまま身を任せる。  Ankh(6:06)、San Ra(P)の訥々とした懐の深くて広い演奏、ホーンの渋くて味わい深い放射に次いで、J.Gilmore(Bcl)の見事なブローイング、ベースのソロ。  合奏の背後での短いSan Ra(P)がいい。  Solar Drums(2:25)、パーカッションの自発的なインプロヴィゼーション、タン!・タン!、パカン!・パカン!、集団的美の空間・絵巻制作は成功しておるようだ。  The Outer Heavens(4:47)、無調的な魅惑のサウンドで始まる。  自由なフリー・フォーム・インプロヴィゼーション、San Ra(P)や、J.Gilmore(Ts)の活き活きした引き締まった演奏。  Infinity of the Universe(7:06)、フリー・フォーム打弦と多くのパーカッションの対話、徐々に変遷を遂げ、パーカッションは猛烈な加速で圏外に離脱するものが出る。  隠ったような響きのパーカッションに変わり、明快なものが侵攻C.Thornton(Tp)がまとめる。  Lights on a Satellite(3:08)、San Ra(P)のリラックスした演奏、意欲満々。  Kosmos in Blue(8:25)、ハードバップ、San Ra(P)がテーマを提出し華麗な演奏、躍動のリズム・推進。  J.Ore(B)のソロに続きJ.Gilmore(Ts)の心にしみ入る卓抜なブローイング。  Sun Ra(P)、M.Allenn,D.Davis(As)、J.Gilmore(Ts,Bcl)、P.Patrick(Bs)、C.Thornton(Tp)、A.Hassan(Tb)、R.Boykias(Prc,)、J.Ore(B)、C.Jarvis,C.S.Storman,T.Hunter(Ds)、Release Date: 1961。

♯♭♪ (*^.^*) : Lorin Maazel 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Lorin Maazel Beethoven/ Violin Concerto -1~ Symphony no.5 -1~ Egmont Overture Fidello Piano Concerto no.5-f   Luciano Berio/ Un re in ascolto-f    Marcel Khalife/ Arabian Concerto -1~   Zemlinsky/ Lyric Symphony, Op. 18   Donizetti/ O mon Fernand   Mascagni/ Voi lo sapete   Ravel/ Rapsodie espagnole   Bizet/ Habanera L'Arlésienne-Suite -Farandole   Saint-Saëns/ Mon cœur s'ouvre à ta voix   Berlioz/ Symphonie fantastique -4 -5   Cilèa/ Acerba voluttà... O vagabonda stella   Bellini/ Sgombra è la sacra selva   G.Puccini/ Se come voi piccina io fossi O mio babbino caro   Verdi/ Una macchia è qui tuttora! Nel giardin del bello Stride la vampa La luce langue La Forza del Destino O don fatale Messa da Requiem-f Requiem -1 -2 -3   Wolf/ Harfenspieler   J.Strauss/ Indigo und die vierzig Räuber Blue danube waltz   Manuel de Falla/ The Three-Cornered Hat   Albeniz/ Suite Española no.1   Bach/ Partita no.1 Saraband no.2 Gigue in d minor Brandenburg Concerto no.1 -1~ Concerto no.5 in F minor BWV1056   Haydn/ Symphony no.94 -1~   Schubert/ Symphony*   Mozart/ Symphony* Piano Concerto no.21 -1~   Brahms/ Symphony*   Stravinsky/ Symphony in Three Movements   Mussorgsky/ Marfas Prophecy Night at Bald Mountain 1   Dvorak/ Symphony* Cello Concerto -1~   Thaikovsky/ Manfred Symphony Piano Concerto no.2 -1~ no.3 -1 -2 Joan's aria   Rachmaninov/ Piano Concerto no.3-f -1~   Prokofiev/ Symphony no.5 -1~   Sibelius/ Symphony* Violin Concerto   Bruckner/ Symphony*   Mahler/ Symphony*   R.Strauss/ Also Sprach Zarathustra -1 -2   Shostakovich/ Violin Concerto Symphony no. 5 -1~   Wagner/ Tannhäuser Without Words -1~ Die Meistersinger von Nürnberg Der Ring des Nibelungen-f 1 2 The Ring Without Words Siegfried's Rhine Journey Siegfried's Funeral Music Entrance of the Gods into Valhalla Tristan und Isolde -1 -2 -3

♯♭♪ (*^.^*) : Jim Hall 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jim Hall * 0 1 2 Dango Stairway to the stars In a Sentimental Mood Cross Court Morning Blues I've Got You Under My Skin All Blues Sonny Rollins et Jim Hall Here's That Rainy Day Darn That Dream Stella by Starlight Touch Of Your Lips Up, Up and Away The Night Has A Thousand Eyes St. Thomas Sometime Ago All Blues Scrapple From the Apple Song Of The Wind Blues In The Closet ANGEL EYES Jazz Casual Germany You'd Be So Nice To Come Home To Dreamlogue Concierto de Aranjuez Slam St. Thomas 1 Darn That Dream Out Of Nowhere My Funny Valentine In a sentimental mood Beija Flor my kinda love Circus Dance Body And Soul  Alone Together Beautiful Love  In A Sentimental Mood Round Midnight jazz baltica My Funny Valentine -1 -2 1 Careful Turnaround Big Blues The Bridge Beautiful Love Subsequently Jazz in Marciac 2009 Jazz Guitar Master Class  -1 -2 -3 Because of Love -f The Great Guitars Jazz Guita -f AND RED MITCHELL -f Where Would I Be? -f Jazz Baltica -f Romaine Concierto -f Jazz Guitar -f Broken Colour -f Live -f Undercurrent -f Intermodulation -f

♯♭♪ (*^.^*) : Third World  1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Third World * 0 ♫ Third world Playlist Dancing On The Floor Bounty Killer & Shaggy Fret Not Thyself Jah Glory Try Jah Love 1 COOL MEDITATION Satta Massagana Irie Ites Take This Song Tribal War Always Around Cool Meditation African Woman Now That We 've Found Love 1 COMMITTED You've got the power 96 Degrees In the Shade 1 NOW THAT WE'VE FOUND LOVE Sense of Purpose Human Market Place Jah Jah Children Moving Up Forbidden Love (cd2) Talk To Me Reggae ambassador Third world man 1865 (96 Degrees In The Shade)(1977) Low key jammin Come On Home Ride On Steel Pulse - Ini Kamoze - Roots Reggae - Justice Sound Cold Sweat African Woman Before you make your move (melt with everyone) rhythm of life Mr reggae ambassador I Roots Lagos jump Rejoice Give A Little Something One to One Tonight For Me Mi Legal Rise Up I wake up crying Journey To Addis Rhythm of life Arise   BAYANING 3RD WORLD 2000)  -f Third World Cop (1999) -f  Rototom Sunsplash 2013 -f whole show Reggae on the River August 2 2014  -f


nice!(160) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2593

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -19(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Guglia di Goloritzè i(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2593

見上げると、冬枯れた木々が月の光を浴び、生き生きと甦り天に伸び、触手の黒い影となり浮かぶのを見るのが、この上なく好きである。  『……ワーン!』静謐の流れる天空が優しく降りてくる。  茶碗蒸しをいつも最後に食べていたが、どうもこれは最初に食べるもんではないかと思いつき、そうしてみたら熱々の出汁がたっぷり入った精妙なぷりぷりの按配が、ちょうど呼び水のように食欲をかき立てることになった。  口の中にピリピリするものと、スースーするものを漂わせつつ、黒い土に降る月夜の中を還る。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Sound of Joy   ♪* :     初期の傑作のひとつ、素朴とも言えるサウンド、終始リラックスしたヨロコビに包まれた演奏が実に好ましい。  Sun Ra(P)の卓抜な瑞々しいプレイ・タッチが楽しめる。  随所に登場するJohn Gilmore(Ts)の既にスタイルの確立している魅惑のプレイにも感動。  El Is a Sound of Joy(4:04)、Sun Ra(P)のなんとも小気味よい・洒脱・骨太な演奏と、荒削りなアンサンブルのゴツゴツしたサウンドに歓迎される。  Overtones of China(3:24)、東洋的なメロディーとポリリズムの圭曲。  Two Tones(3:41)、躍動する演奏、Charles Davis(Bs)のソロがたっぷり楽しめる。  初期のSun Ra(P)の演奏が興味深い。  Paradise(4:30)、異国情緒溢れるメロディー・演奏。  夢みるような・憬れに包まれた曲、淡々とした・おおらかなSun Ra(P)の演奏はとても心に響く。  Planet Earth(4:24)、Pat Patrick(As)のリラックスした演奏、じつに堂々とした長閑な空間は夏の田園情緒を想わせる。  Ankh(6:31)、しずしずといそしそと進行するアンサンブルのサウンドは内省的な美しさ。  Sun Ra(P)の卓抜なプレイ・タッチが楽しめる。  Saturn(4:00)、超越的意欲が迸り、いきり立つ侵攻意欲。  いいドライブ感のサウンドを背景にJohn Gilmore(Ts)の際立つフリー・フォーム・ブローイングが登場、次のソロに渡される。  Reflections in Blue(6:21)、ホーンの含蓄のある好演に出合う、John Gilmore(Tsのブローイングは余裕があり実に心地良いものだ。  Sun Ra(P,EP)の両楽器の演奏、Jim Herndon(Typn)のドカン!ドカン!、アンサンブルのいい響き。  El Viktor(2:33)、凱旋を想わせる曲、ホーンに次いでパーカッションの楽しさ溢れる演奏。  As You Once Were(4:20)、ゆっくりしたテンポ、Clyde Williams(Vo)の詠唱、Pat Patrick(As)のソロ。  As You Once WERE(3:49)、Sun Ra(P)の颯爽とした開始、Clyde Williams(Vo)の詠唱、アンサンブルの助奏が美しい。  Sun Ra(P,EP)、Clyde Williams(Vo)、Arthur Hoyle,David Young(Tp)、John Avant(Tb)、Pat Patrick(As,Bs)、John Gilmore(Ts)、Charles Davis(Bs)、V.Sproles(B)、James Herndon(Prc)、James Herndon(Prc)、Jim Herndon(Typn)、W.Cochran(Ds)、Release Date: Jan 1, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : London Symphony Orchestra 1/ ☆□You Tube Search :     Violin Viola Cello Double Bass Harp Oboe Clarinet Eb Clarinet Bass Clarinet Bassoon Contrabassoon Flute and Piccolo 1 French Horn Trombone Bass Trombone Trumpet Tuba   Bach/ Cello Suite no.3 -1 -2 -3 -4 -5 -6   Vanhal/ Double Bass Concerto in D Major   Rimskij Korsakov/ Capriccio espagnol   Tischenko/ Cello Concerto -1 -2   Ornette Coleman/ Sunday in America Place in Space Who wants to live forever   Webern/ Symphonie, op. 21   Pergolesi/ Stabat Mater   Respighi/ Pines of Rome Saint-Saens/ Bacchanale   Debussy/ Clair de Lune Prelude to the Afternoon of a Faun -1 -2 La Mer   Otto Nicolai/ Overture to The Merry Wives of Windsor Gilbert & Sullivan/ The Mikado   R.Vaughan Williams/ Hodie -1 -2 -3 -4 -5 -6   Ernest Chausson/ Poème -1 -2   Elgar/ Enigma Variations Violin Concerto -1~   Rachmaninoff/ Piano Concerto no.1 -1 -2 -3 -4   Tchaikovsky/ Marche Slave Hamlet Overture -1 -2   Sibelius/ Finlandia   Pachelbel/ Canon 1   Mozart/ Concert Aria K505 Chio mi scordi di te   Beethoven/ Piano Concerto no.1 -1 -2 -3 -4 -5   Schumann/ Overture to the Bride of Messina Piano Concerto -1 -2 -3   Handel/ Largo Messiah, HWV 56 -f   Wagner/ Kaisermarsch   Mahler/ Symphony no.3 -1 -6 no.6 -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Jeremy Steig 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Jeremy Steig ♫ Top Tracks for Jeremy Steig * 0 1 Dream Passage Up Tempo Thing Bass Magic Monium In The Beginning Pterodactyl Mint Tea What Is This Thing Called Love Piece of Freedom Wayfaring Stranger Come With Me Alias Nightmare Mountain Dew Dues Kotato Flutes Waves King tut strut Movie Show Howlin' For Judy & Bill Evans - Spartacus Love Theme Dream Passage Look Into The Flower Mint Tea Quartet Pterodactyl News Blues Summertime If Only Potbelly Rocker Bird and Flute Straight Talk So What Straight No Chaser Growing Pain Street smart -1 -2 Cakes Autumn Leaves Unity What About the Wind Summertime A Summer's Night Carnival Sonata Potbelly Rocker If Only Growing Pain Swamp Carol Down Stretch Cakes Fireflf | Rainy Days Wave

♯♭♪ (*^.^*) : The Skatalites 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -The Skatalites ♫ Top Tracks for The Skatalites * Ska Ska Ska Los Pericos James Bond Simmer Down Tanya If You Want To Be Happy King of Kings Sugar Sugar, Nice Time SKA BOSS Live. Ostróda Reggae Festival 2014 Garden of Love Swing Easy Ball Of Fire Latin goes ska 1 Occupation Guns of Navarone-Buenos Aires Close to JAh Rock Fort Rock Big Trombone Skalloween Fidel Castro Simmer down Police Woman 1 African Roots  When I fall in love Peanut Vendor Close to JAh Dynamite Guns Of Navarone Don't Cha FREEDOM SOUND 1 Reasoning & Tommy McCook RIVERS OF BABYLON Ringo's Theme King of Kings Little irene Cleopatra Rock @ the Basement You're wondering now James Bond Swing Easy Rude Boy Dreams Studio One Rockers Have a good time  Guns of Navarone 1 James Bond  full album* :


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2592

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -18(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Cala dei Gabbiani(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2592

 (.. )  夕方帰宅、チビちゃんを探しに行く、渺々とした暗がりからなにも現れなかった。  民芸うどんを食べに出掛ける。  まだ所々に畑があり、しめやかな土の匂いがたれ込めているあたりを過ぎる。  パッと開けたあたりにさしかかり、遠くに灯りが『ポッ!』と浮かぶのを見ると、一瞬どこかとんでもないところに迷い込んだような、ちょっとわくわくする気分がそよぐ。  解り切っているのだがきっと興る、そう願っているからなのだろうか?!。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Sun Songs    ♪*  :     “Jazz by Sun Ra”と呼称されもする、デビュー作ではない、初期の傑作。  各曲はトムウィルソンによるタイトルが付けられている。  ハードバップ的な演奏スタイル・サウンドである、随所にサン・ラーらしさや美しさ、洒脱、機転、叡智を見つける楽しみもある。  Brainville(4:29)、やや速いテンポ、バリトン・サックスの宣言で颯爽と滑り出し開始。  挑み掛かるような、寄り切るようなメロディー、ごり押し感など無用な力みなどは見あたらず。  重厚なホーンアンサンブルは、ヨロコビに溢れおり実に心地良い。  John Gilmore(Ts)に次いでPat Patrick(Bs)の極上の演奏が、なんといってもうれしい。  A Call for All Demons(4:30)、嗾けるような悪戯っぽい風にも想えるメロディー。  John Gilmore(Ts)に次いでホーンがソロ、いずれも明快ですばらしい!。  Sun Ra(P)が登場、訥々と雨垂れ風分散パルスを放つ。  Transitions(3:40)、Sun Ra(P)が極くシンプルテーマを提出、アンサンブルのユニゾンで繰りかえす。  John Gilmore(Ts)第二テーマ風に見事な展開、次いでホーンが訥々と渋い放射。  Pat Patrick(Bs)に次いでJames Scales(As)へ、さらにJulian Priester(Tb)へと渡されユニゾンで結。  Possession(5:00)、夢見るようなテーマがアンサンブルで提出され、たゆたうようなテンポで大河は夕映えの彼方に流れていく。  John Gilmore(Ts)とアンサンブルの融けあう響きがとても美しい。  Street Named Hell(3:55)、ティンパニ・James Herndon(Typn)がドカン!ドカン!、ベースがブン…*!ブン…*!、洒脱の極み・小気味よいメロディーを演奏。  第二テーマを提出気分を一新!。  Lullaby for Realville(4:40)、手拍子!あり、”ピンクパンサー!”を想わせる軽快な、ウキウキするメロディー。  ホーンのしっかりしたテーマ放射にJohn Gilmore(Ts)、Julian Priester(Tb)が挑む。  Sun Ra(P)の助奏風の演奏もすばらしい!、ベースソロで完。  Future(3:15)、Sun Ra(P)のナイアガラ演奏で開始、エンジン点火、颯爽と駆け出す。  John Gilmore(Ts)天駈けるような素早いブローイングであっさり終わる。  Swing A Little Taste(4:20)、跳躍する情熱、思惟があり,ホーンとリードの競奏、調和のあるアンサンブルが美しい、John Gilmore(Ts)の端正なプレイがすばらしい!。   New Horizons(3:05)、道端に休もうよ!と言いたげだから疲労困憊かと思いきや、一転いきなり駆け出すので驚く。  Fall Off the Log(4:00)、威徳満々やったるでぇ…*!のエテーマ、軽快な早めのジョギングテンポ。  John Gilmore(Ts)についでJulian Priester(Tb)のソロは実にすばらしい!。  Pat Patrick(Bs)に次がれグングン盛り上がる。  Sun Song(3:40)、Sun Ra(P)のハモンド・オルガンに次いで(P)、さらにハモンド・オルガン、背後のアフリカン風パーカッションが実にすばらしい!。  Sun Ra(P,Org)、Arthur Hoyle,David Young(Tp)、James Herndon(Tp,Typn)、Julian Priester(Tb)、James Scales(As)、John Gilmore(Ts)、Pat Patrick(Bs)、Richard Evans(B)、Robert Barry(Ds)、Release Date: Jan 1, 1956。

♯♭♪ (*^.^*) : London Philharmonic Orchestra 1/ ☆□You Tube Search :     2010-11 season introduction Adiemus Stairway To Heaven   Suppé/ Overture Poet & Peasant   Dirk Brosse/ Elegy   R.Vaughan Williams/ A Sea Symphony -f Symphony no.2 -f Symphony No 3, 'Pastoral' -f Serenade to Music The Lark Ascending   Adnan Saygun/ Viola Concerto   Elger/ Symphony no.1 -1 -2   Carl Orff/ Carmina Burana   Holst/ The Planets*   Offenbach/ Gaîté Parisienne   Rossini/ Comte Ory -1~   Brahms/ Lullaby "Wiegenlied"op.49-4   Dvorak/ Cello Concerto -1 -2 -3 -4   Bizet/ Carmen : Prelude Chorus of Cigarette Chorus: Que se passe Laurent Naouri Sequidilla and Duet & Finale Micaela,Don José III.Act:Duet & Finale PART II. Final Duet C'est toi? C'est moi!   Beethiven/ Fantasia   Mozart/ Le Nozze di Figaro   Mahler/ Symphony no.8 -1 -2 -3 -4 -5 -6   Liszt/ Mephisto Waltz   Wagner/ Rienzi Overture The Mastersingers of Nuremberg Tannhäuser Overture Tristan und Isolde - Prelude And Liebestodt Siegfried's Funeral March Rhine Journey

♯♭♪ (*^.^*) : Jeanne Lee 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jeanne Lee * 0  Fire Waltz The Seagulls of Kristiansud Live From Tokyo  Night And Day Lonely Woman Where Flamingos Fly Evil Blues Summertime I Thought About You Soul Eyes Sometimes I feel like a motherless child No More Tears Soul eyes He's got the whole world in his hands  If We Don't Make This Constant Music Bahia  (Track 1) Blase There is a Balm in Gilead Track 4 Subway Couple The Capacity of this Room Laura A Hard Day's Night Corcovado Caravan You Go To My Head Goodbye Pork Pie Hat Something's Coming Sundance Angel Chile Yeh Come T'beh Your Ballad  All About Ronnie Hotel Overture

♯♭♪ (*^.^*) : Tango 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Tango  ♫ Top Tracks for Tango* The Best Tango Apasionado Oblivion 1 2 3 Adios Nonino 1 2 Roxanne El Choclo 1 2 A EVARISTO CARRIEGO 1 Most romantic, I ever seen Para Dos Por Una Cabeza * 1 2 Asi se baila il tango Libertango 1 2 3 Dance of the heart Verano Portenas tango passion-1~ -30 La Cumparsita 1 2 3 4 5 6 Isabella Fusi Ode au Tango Diego Blanco Y Ana Padron ANGOSOCIALCLUB Tango Contest TANGO Esquina Sentimiento gaucho - Alberto Arenas | Orq. Francisco Canaro  Tango in the movies Tango a Tierra 2008 Tango Argentina tango argentino Professional Roberto Villa & Morena Colagreco Cimarron de ausencia Velvet Tango In-tango Już nigdy ! Heart Tango 1 Scent of woman* A Evaristo Carriego CARLOS GAVITO Mala Junta ASSASSIN´S TANGO Tango Triste 1 Monica_Bellucci Jesse Cook Tango Flamenco  Timothy&Joanne Shall We Dance? Vincent and FlaKvia Lisa and Brendan's Tom and Camilla's Ricky Whittle's Ali Bastian's Chris Hollins' Flamenco Dance Siguiriyas -1 -2 tango flamenco Tangos baile Espectaculo Flamenco Laura pirri Sexy Passionate Nuevo Last Tango in Paris 2 3 4 Buenos Aires Bitmemiş Tango Nicole Scherzinger & Derek Hough tango en la boca The best of Tango with Astor Piazzolla, Nuevos Aires and Jorge Arduh Orchestra -f Monica Bellucci Tango del Cuore    | Cinevox Epic Freestyle 2007


nice!(163) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2591

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -17(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Cala Mariolu1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2591

 強い力を前足に掛け、人物を押し返す。  どうも顔を舐めたくてしかたがないらしい。  その都度背後に回ってかわす。  種伝来の交歓の正しい方法だと解っているので、大自然からの逃走に思えてしかたがない。    未だ西方の空が”ドーン”と明るい何やら開花する夕刻、真新しいジャリを敷き詰めた広い駐車場の方に =(・。.・)=を探しに行く。  遠くに前と同じ灰の三毛と一緒に遊んでいるのが見えた。  呼ぶとなにやら返事を返し、跳ぶように駆けてきた。  置き去りになった車の影の灰の三毛は、なぜか追いかけなかった……。

♯♭♪ (*^.^*) : Sun Ra  1 2 3 / Sound Sun Pleasure!!  :     前半6曲は1958-'60年に、後半6曲は1953-'55年に収録。  サン・ラーの見事なスコアーと洗練された美しい・味わい深いリラックスした・打ち解けたサウンド、John Gilmore(Ts)ほか名手達のソロをたっぷり堪能できる。  意欲満々、希望に満ちていた頃の作品、未だフリー・フォームではないが、そこかしこにその兆しを伺い、キラリ!と光るサウンドの美しさ、艶めかしいボーカルが楽しめる。  'Round Midnight(3:55)、Hatty Randolph(Vo)の引き締まったヴォーカル、融けあい・響き合うアンサンブルがすこぶる美しい。  全編に及ぶ演奏を予感させ、ワク!~*、ワク!~*。  You Never Told Me That You Care(5:36)、ゆっくりしたテンポで一糸乱れないオーケストレーション、おもわずサン・ラーの空間に引き込まれる。  リードとホーンの息を飲むキリリとした演奏は卓抜である。  Hour of Parting(4:52)、ゆっくりしたテンポで響き合う・調和の美しい・合奏サウンドが心地良い。  Back in Your Own Backyard(2:07)、Hatty Randolph(Vo)の淡々としたボーカルがいい余韻を残す。  Enlightenment(5:09)、テーマを提示するバリトン・サックスが実にすばらしい!。  Sun Ra(P)が登場、アンサンブルによる展開がいっそう巧妙さを増していく。  I Could Have Danced All Night(3:11)、ホーンでメロディーが提出され、見事な展開部にそして鮮やかな転調。  Deep Purple*(4:02)、S.Smith(Vn)のソロは実にすばらしい!、聴き所でもある。  Piano Interlude*(1:55)、Sun Ra(P)のソロ、流麗なタッチを聴ける。  Can This Be Love?*(6:00)、このアルバムの白眉、Sun Ra(P)のソロ、リラックスした内省的な美、いそいそと出掛けるときのような・弾むような気分に包まれる。  Dreams Come True*(3:07)、ヴォーカルで開始、John Gilmore(Ts)のすばらしい!ブローイング。  Don't Blame Me*(2:49)、堂々たるボーカルはたちまち気分爽快の境地に、サン・ラーの助奏。  S'wonderfull* (2:15)、軽快なアンサンブル、リラックスした淀みなく流れるようなヴォーカル。  Lover Come Back To Me*(2:47)、ちょっと凄みを秘めて悪びれず・気負わない・吹っ切れた境地が、なんともいい。  Sun Ra(Kyb)、Hatty Randolph(Vo)、H.Dotson.Ahk Tal Ebah(Tp)、Bob Northern(Frcfr)、M.Allen,D.Davis(As)、John Gilmore(Ts)Charles Davis,P.Patrick(Bs)、Danny Thompson(Reeds)、C.Jarvis,N.Hunt,J.Jackson(Ds)、*:Sun Ra(P)、John Gilmore(Ts)、Clyde Williams,Hatty Randolph(Vo)、S.Smith(Vn)、Arthur Hoyle(Tp)、R.Boykian,V.Sproles(B)、R.Barry(Ds)、Release Date: Jan 1, 1956。

♯♭♪ (*^.^*) : Leonid Kogan 1/ ☆□You Tube Search :     Bach/ Partita no 2 Paganini Cantabile Caprice no.4 Debussy/ Beau soir Sonata -1 -2 -3   Beethoven/ Concerto -1 -2 -3 -4 -5 Romance op.40   Brahms/ Hungarian Dance no.17   Mendelssohn/ Concerto -1 -2 -3 -4   Bruch/ Concerto no.1 -1 -2 -3   Gabriel Faur/Piano Quartet no.1 In C Minor, op. 15   Shostakovich/ Prelude no.24   Lalo/ Symphonie Espagnole -1 -2 -3 -4 -5 Documentary De Falla's 'Suite Populaire Espagnole   Leclair/ Sonata op 33 -1 -2 El Pano Moruno, Nana & Cancion-Falla Waxman Carmen Fantasy

♯♭♪ (*^.^*) : Jane Monheit 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jane Monheit * 0 Remember Me Just Squeeze Me A Time For Love In the still of the Night Rio De Maio I didn't know about you I Won't Dance So Tinha De Ser Com Voce If You Went Away Moon River Rainbow Connection Caminhos Cruzados Lucky To Be Me Once I Walked In the Sun Everything I've Got Belongs To You A Case Of You Since you've asked & Michael Buble Honeysuckle Rose Like A Star 1 East of the Sun and West of the Moon This Girl's In Love With You More than you know 1 Stormy Weather It Might As Well Be Spring No More Blues I'm Through With Love So Many Stars I Wish You Love / Twisted Somewhere Over The Rainbow 1 2 The Man With The Bag Some Other Time 1 Have Yourself A Merry Little Christmas Cheek To Cheek 1 2 Waters Of March 1 No More Blues I Should Care Dindi Waters of march.mpg It Might As Well Be Spring Comecar De Novo In The Studio -1 -2 -3 -4 -5 -6 Cheek To Cheek Taking a chance on love

♯♭♪ (*^.^*) : Soumia 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Soumia * ♫ zouk love soumia rom  un tour Rendez moi La isla bonita Mene mwen La Prisonniere Je sais qui elle est Mes sentiments Ton Silence Eeyeeyo Avec des si Les enfants du solei Avec des si C'est Juste une amie J' M trahison Priisoniière de ton amour Si j'avais su Ton Silence Derniére Chance entre nous amour caché mes sentiments avec paroles!!!!! En Attendant l' INFO


nice!(151) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2590

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -16(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Cala Biriola(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2590

ホットパネルで丸くなり、うつらうつらしたり、仰向けになって四肢をピンッ!と伸ばし、『……?!』大きな丸い目で暗がりの空を凝視する。  気まぐれに見えるが、きっと真剣な遊びに倦むと、”ふわりっ”と1mばかり跳躍し机に着艦。  畳んだタオルケットに腕を置いている人物の顔に近づき、何をしているか?!視察する。 『”ドク!、ドク!”、”ドゥル!、ドゥル!”』  柔からくて暖かい鼓動を送り続けるものを、顎で押さえ両腕と胸の間に捕捉する。  少しむせ返るスープに似た、獣の匂いがする。

♯♭♪ (*^.^*) : Sunny Murray 0 1 2/ Sunny Murray  :     Phase 1, 2, 3,(9:45)、スネア、フロアタム、シンバルの連打、次々に押し寄せ跳躍、波飛沫インパルスを注入、トーキングドラム風で大らかに始まる。  ベース〔Alan Silva(B)〕の重いボーイング、リード〔B. Lancaster(As)、Jack Graham(As)〕のフリー・闊達・意欲満々の英気全開・満身フリー・フォームブローイング、ホーンのタラタラした粘りのあるメロディー放射。  ベースの穏やか・慇懃なボーイングで締めくくる。  Hilariously(10:22)、不穏なブラスアンサンブルで開始、目眩くリードの嘶き、腑を絞り上げる絶叫、ホーンは明確なメロディーを繰り返し放射、ドラムは連射インパルスと奔流の飛沫を絶えず・倦まず浴びせかける。  挽歌風のメロディーを露呈させ風に吹かれてトボトボ収まる。  Angels and Devils(11:29)、リードは雄弁に朗々と歌いかつ精力的に語り、シェークスピアの洒脱を垣間見せる。  ドラムは前進の意欲にはち切れ、構築の意欲を漲らせたちまち宮殿を聳えさせる、ホーンは滔々と、イタリア紀行を叙情詩風に詠み始める。  タラ~*、タラ~*したベースの愚痴を退けた、ドラムは宮殿に皆を引き入れ、きついお灸を据える。  Giblet(8:34)、跳躍と飛躍の意志の羽ばたき、ホーンのタギング・素早い滑空の衝動を、建築士(ドラム)が突き動かし・煽り立てる。  極楽鳥(リード)が飛来し屈強な嘴で、日常・超現実を喚き散らす。  縁台で将棋を始めようと腰を上げ皆引き揚げる。  S. Murray(Percussion, Main Performer)、Alan Silva(B)、B. Lancaster(As)、Jack Graham(As)、Jacques Coursil(Tp)、Release Date: 1966。

♯♭♪ (*^.^*) : Leonard Bernstein 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Leonard Bernstein & Glenn Gould* Dream With Me Carol Lawrence sings Candide 1   Rimsky-Korsakov/ Capriccio Espagnol   Tchaikovsky/ Capriccio Italien    Stravinsky/ The Rite of Spring - rehearsal   Berlioz/ Symphonie Fantastique -f   Samuel Barber/ Adagio for Strings, op. 11   Vaughan Williams/ Serenade to Music   Mozart/ Symphony no.40 -1 -2 -3 Great Mass in c minor kv. 427-1~ Exultate Jubilate -1 -2 Ave, verum corpus Requiem*   Britten/ Four Sea Interludes -1~   C.Ives/ Symphony no.2 -1~ Unanswered Question Hymn - Largo Cantabile Tone Roads no.1 Three Outdoor Scenes   Ravel/ Piano Concerto in G   Beethoven/ Symphony* Missa solemnis-f   Schumann/ Symphony no.3 -1~ Symphony no.4 -1~   Brahms/ Symphony* Piano Concerto* Liebestreu, op. 3-1 Von ewiger Liebe, op. 43-1 -2 Sapphische Ode, op. 94-4 Mädchenlied, op. 107-5   Jean Sibelius/ Symphony*   Bartok/ Music for Strings, Percussion and Celesta -1 -2 -3   Haydn/ Missa In Tempore Belli*   Bruckner/ Symphony no.6 no.9 -f   Mahler/ Symphony *   Wagner/ Tannhäuser Ouvertüre   Verdi/ Requiem* Rhapsody in Blue -1 -2   Bernstein/ Symphony no.1 -f no.3 -f Chichester Psalms -1 -2 Sinfonia no.2 "The Age of Anxiety Spring Song

♯♭♪ (*^.^*) : Jamie Cullum  0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jamie Cullum * 0  1 2 Save Your Soul Shake It Off Edge Of Something All At Sea These Are The Days High & Dry Mind Trick Photograph 1 Don't Stop The Music 1 2 Mixtape Thriller El Hormiguero hormiguero pelicula muda 1 You And Me Are Gone Wheels I´m all over it en directo para.. 1 If I ruled the world Oliver Pocher Show What A Difference A Day Makes bij Evers Staat Op In The Bleak Midwinter Im all over Composition in the style  Love ain't gonna let you down Gran Torino Quelli Che il Calcio Coven Garden Busk What A Difference A Day Made Everlasting love music video Fanmade Jamie Cullum singt die Songs des Jahres High and Dry Die Oliver Pocher Show Wind Cries Mary 1 Live at Blenheim Palace I Got A Feeling What A Difference A Day Made Nature Boy Live at Java Jazz Festival 2014  -f Jamie Cullum and the Heritage Orchestra -f Jazz à Vienne 2014 -f Live at Blenheim Palace -f Leverkusener Jazztage 2013 -f Play List -f

♯♭♪ (*^.^*) : Selena 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Selena * Como la Flor 2 3  Siempre Hace Frio Mentiras Vuelve A Mi Amame Quiereme Only Love Tu Solo Tu Ya Ves Que Creias Amor Prohibido La Llamada 1 Umberto Cien Años No Me Queda Mas Dont Throw Away My Love Baila Conmigo complete song Fotos Y Recuerdos 1 Dondequiera Que Estés baila esta cumbia No Debes Jugar Yo Quiero Bailar Baila Quintanilla 1 Dreaming of You 1 2  I Could Fall in Love 1 2   El chico del apartamento Tribute 2006 CUMBIA TRISTE Silence COBARDE 1 ya vez 1  & gloria estefan Con Tanto Amor No Me Queda Mas 1 Bidi Bidi Bom Bom 1 2 No Quiero Saber SI UNA VEZ Techno Cumbia Captive Heart Perez 1971-1995


nice!(142) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2589

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -15(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Cala Sisine(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2589

”サンジェルマン”で、”シナモンドーナツ”、”バターロール”、”リンゴパイ”を獲得して暗雲たれ込める西空に追い駆けられながら、汗をかきながら喘ぎつつ坂を登る。  西の空が黒く沈潜する頃、朝方にふっと散歩に出掛けたきりの =(・。.・)= を呼んでみる。  音もなく丸顔のお方が垣根の下から現れる。  頗る元気そうであり、臆したようであるが、晴天のような天晴れな表情。  なぜかちょっと佇んでから、いちもくさんに駆けてくる。  『……ャ~ァ…、……~*、…!』 『ガガッ…!、…!』いきなり伸びをしてカーペットで爪を研ぐ。

♯♭♪ (*^.^*) : Sunny Murray 0 1 2/ The Untouchable Factor   :     ジャケットは、ブルーと濃い藍に浮かぶ掌に炎が浮かぶ、不思議と違和感があり、親しむのに期間を要し、何時しか無二の存在に。   Byard Lancaster(Reeds)の日本的な叙情とSunny Murray(Ds)の心地よいサウンドが光る、珠玉のアルバム。  色褪せることなく長く・広く愛されることは容易に差しい察しが付く。   Charred Earth(12:00 )、ドラムの明快・破壊性が実に心地良い。  先ずリードの何ともフレキシブルな優しい音色に瞠目。  口当たり絶好の飲み物、要注意!。  気が付くと足下は見知らぬ様相、別世界に。  ピアノが借りて来た猫さながら控え目にポロン…*・ポロン。  申し訳なさそうなベースを押さえ、絶好兆なリードが件の田靡でまとめる。   Seven Steps To Heaven (9:00 )、打って変わって、ドラム主導で建造開始、リードは本領発揮!、次々にぶっとい柱をおっ立て、同様の梁を渡す。  惘れるような手際で、次々に空閑を宮殿を変えていく。  ピアノは件の控え目なサウンドに、徐々に気概をにじませんと試みる。  ドラムのこれまでのお達しで完。  Tree Tops(6:00 )、リードの諭すような・噛んで含めるような語り口に思わず身を乗り出してしまうから要注意、しっかりと音楽真髄を逃さぬようにせんとあかん。  垣間見せるトレモロなんぞににも、目・耳を奪われるなど言うに及ばず。  それにしてもなんと日本的なメロディーなんだろう。  とても難しい行いであろうことは、容易に察しが付く。   Happiness Tears(6:00 )、リードが目覚め本日の行い・心懸けを慇懃に発表する。  ピアノも早口で捲し立てる。  ドラムの畳み掛けで完。  Peace(8:00 )、リードの穏やかな・卓抜の語り口で反省会?!が開かれている。  リードは妙に畏まっているようであり、ピアノもコロ…*。コロ…*と場違い限の叙情を披露。  ドンッ!とリードが割って入り、憂愁のメロディーを歌う。  次第に熱を帯びルが依然テンポを維持しフェイドイン、めでたしめでたし。  Sunny Murray(Ds)、Bob Reid(B) 、Dave Burrell (P)、Byard Lancaster(Reeds)、Release Date: January 1, 1977 。

♯♭♪ (*^.^*) : Laura Claycomb 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Laura Claycomb Donizetti/ Regnava nel silenzio Spargi d'amaro pianto Mad Scene L'Elisir d'Amore Il dolce suono   Mozart/ Arias Padre, germani, addio Vorrei spiegarvi oh Dio! K.418   Handel/ Da tempeste Volate, amori V'adoro, pupille Tanti strali al sen mi scocchi Va speme infida Se pietà di me non senti 1 2 No, di voi non vo' fidarmi Sono liete fortunate   Verdi/ Caro nome 1   Rossini/ Le Comte Ory   Malipiero/ Non dis   Rilke/ О Lacrimosa   Thomas/ Ophelie in Ambroise   Bellini/ I Capuleti e Montecchi 1 2 3 4 5   Puccini/ Chi Il Bel Sogno   Offenbach/ Doll Song 1   Carl Orff/ Carmina Burana -f   Mahler/ Symphony no.4 -Sehr behaglich   R.Straus/ Claycomb - Zerbinetta -1 -2 Ariadne auf Naxos* : Ein Augenblick ist wenig

♯♭♪ (*^.^*) : James Carter 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for James Carter * 0 1 Deep Tropical House -1 -2 Solo More Than You Know FreeReggaeHiBop Born to be blue Round Midnight A Ballad For A Doll You Never Told Me That You Care Saxquest james carter jazz baltica 1997 fragm In a Sentimental Mood Blue Creek MANY BLESSINGS Caravan  and The Amazing Keystone Pick up the Pieces Hyson Music Presents Walk The Dog I Wonder Where Our Love Has Gone amazing solo Late night jam session -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 NY 2011 I can't give you anything but love Days of Wine and Roses Warsaw Summer Jazz Days 2000 Newport Jazz Festival 1996 in Samoreau -1 -2 -3 -4 -5 -6 Jam at NAMM 2014 Live At Carnegie Hall Laura JC ON THE SET The Girl from Ipanema Seven Come Eleven Blues in the dark World Saxophone Congress XV flute at the Dakota Pmauriat Tenor saxophone Montreux Jazz Festival 2012 & Koh Mr.Saxman  XIV Estoril Jazz 1995 -1 -2 -3 -4 -5 North Sea Jazz 2006 1  Live At Carnegie Hall Malachi  when sunny gets blue Saxophone Summit 2008 Jazz Fest Wien 08 the Concertgebouw Rio das Ostras 2006 & PETE OLSTAD AT NAMM 2009 Jazzwoche Burghausen 2004 -f Jazz San Javier 2010 -f Newport Jazz Festival -f JazzBaltica 1997 -f Leverkusener Jazztage 2004 -f

♯♭♪ (*^.^*) : Salsa 1/ ☆□You Tube Search :      Yo Soy La Rumba Abuelita Tu Cariñito La gata loca Nadie Como Ella Lluvia Con Nieve Abre Que Voy Que Hiciste Renuevame Eras Si La Ves Pal Bailador  Quisiera La Excelencia Necesito Mas de Ti mi mulata Amor para mi El preso Eddie Palmieri  La Sonora Carruseles DURA BRAVA MIX -f :  1 2 3 4 5 8 9 10 21 22 42 43 44 55 64 68 77 82 89 91 92 96 97 100 102 103 104 105 106 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 122 123 124 126 127 128 129 130


nice!(147) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2588

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -14(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、ポルト・ザッフェラノ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2588

まごうことなく熱が過不足なく行き渡り、ナイフを入れると、たらたら、キラキラ黄金の輝きを放つ肉汁が流れるのを見るのが楽しく、息も付かずやっつけてしまった。  小さく切り大根おろしと透明な赤茶のソースをうまく乗っけて運ぶ。  たぶん複数工程を経て、カリッ!と焼けたジャガイモの完璧を試したいと思いつつ、おそらく炒りたての”DUGコーヒー”で円を閉じる。  射す物が皆無で覆うものと浸透するもの、開花するもの、唆すものばかりである。

♯♭♪ (*^.^*) : Steve Lacy 0 1 2 3/ Monk's Dream  :     ジャケットは、橙を背景の雌蘂のイラスト。  9曲。  Monk's Dream(7:21)、非フリー・フォーム挑みかかるようなメロディー、闊達なホーン(Roswell Rudd)、例の言い淀んだような旋回サウンドのリード(Steve Lacy)その言語・ブローイングは堅固柔軟である。  発端から終焉まで、真摯な至境を目指しており倦むことがない。  The Bath(6:09)、ゆっくりしたテンポ、スティーヴ・レイシーのソロはのびのびと屈託がない、歌うように躍動するベースのサポート、ラズウェル・ラッドは、低域でゆったり・のんびり・余裕たっぷりに展開する。  リードのか細いストレートブローイング、ゆったりホーンの対位法展開で終わる。  The Rent(6:02)、リードとホーンの合奏、たちまちホーンが凄いパワーをバリ!・バリ!・ブォン~*ブォン~*放射。  リードがスイスイと歌う、ベースが躍動しながらグングン推進、ホーンが驚きの割り込み、ドラムは軽やかに踊りながらソロに突入、大股で合奏を繰り返しコーダ。  Pannonica(5:45)、ゆっくりしたテンポ、リードとホーンの対位法風メロディーラインの交換、朗々と平原にヨロコビ放射するホーンソロに入る。  手慣れた明晰な自己顕示リードソロからベースソロへ、ホーンのたなびく白雲のような爽快、あっけなく終わる。  A Bright Pearl(5:56)、速いテンポ、畢竟のヴォイス(Irene Aebi)のフリー・フォームの叫び、ドラムソロから颯爽たるリードソロとホーンのパワー漲る木漏れ日のようなサポート。  Traces(6:32)、ホーンのソロを経てヴォイスの詠唱、ベースの長いソロからホーンの英気溢れる渾身の放射、リードが鶯色草餅の執拗な歌。  地から這い上がり辺りを睥睨する詠唱で終わる。  Koko(5:11)、フリー・フォームで開始あっという間に、リズムを発動する、リードとホーンは絶妙の対位法的メロディーの展開を繰り広げ、リードがメロディーを歌いホーンがサポートとなり進行する。  Grey Blue(5:48)、平静のユニゾンから、英気はち切れる佳境に突入、ホーンがじわじわとターゲット(ウメイロや鶏など)を追い込む、リードが原っぱに座り込み草の紐をない始める。  ベースが機嫌良く長いソロを楽しんでおるが、そっとリードとホーンは忍び寄り、リードがメロディーをうそぶき始め、ドラムの弾劾を数回経てあっけなく終わる。  The Door(6:59)、スリリングな開始、ドライヴ感のあるドラムスとベースの進行、ホーンの絞り出すような咆哮、目眩く草いきれのリードは躍動しているベースに譲る、低減をブルン~*・ブルン~*振るわせていたが、ドラムスの浴びせかけにあっという間に奪われるが、合奏の兆しをみせてあっけなく終わってしまう。  S. Lacy(Ss, Producer, Main Performer)、R. Rudd(Tb, Performer)、Irene Aebi(Vo)、Jean-Jacques Avenel(B)、John Betsch(Ds)、Release Date: Mar 7, 2000。

♯♭♪ (*^.^*) : Kurt Masur 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Kurt Masur  Verdi/ Libiamo ne' lieti calici 1   Liszt/ Les Préludes Les Idéaux La Bataille des Huns Orpheus Von der Wiege bis zum Grabe Hungaria Hungarian Fantasy Hungarian Rhapsody no.2 -1 -2 Ce Qu'on Entend Sur La Montagne on themes from Berlioz's 'Lélio' -1 -2 -3 Fantasy on Themes from the Ruins of Athens Midnight Procession - no. 1 -1 -2 Faust Symphony-f -1 -2 -3 Tasso, Lamento, e Trionfo Two episodes from Lenau's Faust -1 -2 Hamlet Malédiction Mephisto Waltz -1 -2 -1 -2 Totentan   Grieg/ Peer Gynt -f 1   Donizetti/ Sinfonia dal 'Don Pasquale   Verdi/ La Forza del Destino   Bernd Franke/ Chagall-Musik für Orchester   Yamandù Costa/ Suite per chitarra e orchestra sinfonica   Mendelssohn/ Overture Ruy Blas op.95 A Midsummer Night's Dream Violin Concerto-f Piano Concerto no.1-f  -1 -2 Haus Leipzig Songs Without Words   Mozart/ Non, più! Tutto ascoltai  Non temer, amato bene Konzert für Klavier und Orchester B Dur KV 595 Piano Concerto no.23-2   Beethoven/ Symphony no.9 -1~ Leonore Overture no. 3, op. 72 1 Egmont Overture The Creatures of Prometheus King Stephan Violin Concerto -1 -2 -3 Piano Concerto no.5   Brahms/ Violin Concerto -f Piano Concerto no.5   Bruch/ Symphony no.1 no.2 Violin Concerto no.3 -1~   Bruckner/ Symphony no.5 -f no.7 -Scherzo   Tchaikovsky/ Romeo and Juliet Eugene Onegin : Letter Scene -1 -2   Rimsky-Korsakov/ "Shéhérazade" -1~   Henry Purcell/ Thy hand, Belinda   Pergolesi/ Nina   Handel/ Piangerò la sorte mia V'adoro, pupille   Giuseppe Giordani/ Caro mio ben   Gluck/ Oh, del mio dolce ardor   Vivaldi/ Armatae face   Waber/ Concertino para trompa y Orquesta op.45   R.Strauss/ Ein Schönes war Es gibt ein Reich Concierto para Trompa no.2 Solnedgang over Randers Fjord Septmber   Beim Schlafengehen   Wagner/ Die Meistersinger von Nürnberg Wesendonck Lieder Isoldes Liebestod

♯♭♪ (*^.^*) : Jaleel Shaw 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Jaleel Shaw Ballerina Jazz at the Fort 2014 the Amsterdam Free Wind Straight Street ROY HAYNES QUARTET James Oleo The Understanding Money Jungle Transcendence JALEEL SHAW El Gaucho & Ivan Farmakovsky Trio Виталий Certain Things  -1 -2 Cyclic Episode -1 -2 -3 Freedom of Ideas Invitation Infant Eyes Optimism Bemsha Swing 1 E.S.P. Juju 1  Flipside Michelle Flipside Red Lights Lover Flight All the Things you are Jaleel Shaw Quartet performs In 3 Tom Harrell Colors Of A Dream My Heart Belongs to Daddy Fountain of Youth Band Триумф джаза ROY HAYNES! Milestones Triple Dance Justin Faulkner Jazz set Beka Gochiashvili Quintet J&R MusicFest The Folks Who Ej Strickland Quintet Diverse His Way  Billy Drummond Quartet Bryn Roberts Quartet Blues for Duane Song for Jena Six Wild Card Bryn Roberts Qtet Live at Porgy and Bess, Vienna 2013 Speak No Evil Good and Plenty  A Blessing Red Lights Live in Brooklyn, at the Tea Lounge & Ivan Farmakovsky Trio -1 -2 -3  his early music education & development Tom Harrell Colors of a Dream 2014 -f

♯♭♪ (*^.^*) : Rosana 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Rosana * ♫ Top Tracks for Rosana 1 ♫ Rosana Pa ti no estoy 1 Mi trozo de cielo 1 quiereme Soñare Quiereme El Talisman 1 Vale la pena Magia Aquel Corazón Contigo A fuego lento Te Debo Este Sueño Para nada Llegaremos a tiempo Custe o que custar A ver si tu lo adivinas Si tú no estás aquí Lunas Rotas Contigo Se Fue En la otra orilla O amor e o poder 1 Tormenta De Arena Si Tu No Estás Aqui Festival de Viña del Mar No Sé Mañana Aquel Corazon Mil y una noche Yo No Te Dejo Marchar Hoy Aprendi Respiras y Yo Mañana Buenos días sin miedo Con Viento a Favor Viña del Mar 2012 -f


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2587

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -13(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia delle Dune2 -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2587

”怪しい探検隊”、”気ままにいい夜”、”うでにおぼえあり”、”新日本紀行”、”ワーズワースの庭”、”……冒険”、”愛はどうだ”……、忘れがたいビデオテープを想いだしてみる。  きっと毎日でもその渇望が倦むことがないであろうと感心しきりの、”和風ハンバーグ”の味は、精妙にコンスタントであるが、シェフの違いが見える形で現れた時は、思わず『クスリッ!』としてしまった。  この日は、菱型(≒山○○)であった。

♯♭♪ (*^.^*) : Steve Lacy 0 1 2 3/ Reflections: Steve Lacy Plays Thelonious Monk :     ジャケットは、背中背中合わせのRoswell RuddとThelonious Monkの顔が炎に包まれている。  全般3曲がHerbie NicholsM、後半3曲がThelonious Monkの曲。 Blue Chopsticks(6:17 )、Misha Mengelbergの小気味よい滑り出し、Kent Carterの推進は明快でよろし、Steve Lacyのよちよち歩き、Roswell Ruddの伸び伸びした闊達な放射、Han Benninkのタカ!タカ!で締めくくる。 2300 Skiddoo(8:15 )、重々しい・ゆっくりした開始。  Steve Lacyがきっぱりと件のテンポで間延びしたテーマの提示。  Roswell Ruddの放射は屈託なく解放感前回で明るい、  Misha Mengelbergの内も外も力強い発表は嬉しい。  ユニゾンで繰り返され完。  Twelve Bars (4:25 )、Han Benninkが件のテーマの提示、アンサンブルからRoswell Ruddの気持ちよいメロディーに生まれ変わり、Steve Lacyが滑らかに歌う、Kent Carterが元のに引き戻しアンサンブルで再確認。  Monk's Mood (8:09 )、ゆっくりしたテンポでめいめいが歌いはじめる、Misha Mengelbergの自由な歓びの後、Roswell Ruddの天国的な安息が天空の舞ありSteve Lacyのトボトボと山道の歩み。  Friday the 13th (9:11 )、Kent Carterの挑みかかるような始まり、Steve LacyとRoswell Ruddの受容からRoswell Ruddのが抜けだし自在に存分に意を繰り広げる。  実に小気味よい所にSteve Lacyのトボトボな歩みに引き戻されてしまうのだが、皆歩調を合わせ懸命に盛りあがらんと尽力致すのであった。  Misha Mengelbergが新しい世界を拓き前方がくっきりと。  Steve Lacyが改テンポでひとくさり演じて収まる。  Epistrophy (4:08 )、アンサンブルで件のテーマを軽くお復習い。  Steve Lacyがリズム部門に推され湾コーラス、Roswell Ruddの火の出るような放射からHan Benninkのバタンバタン、アンサンブルで念のためもう一回やってまんずマンズ。   Steve Lacy(Ss)、Misha Mengelberg(P)、Roswell Rudd(Tb)、Kent Carter(B)、 Han Bennink(Ds)、Release Date: June 261982。

♯♭♪ (*^.^*) : Krassimira Stoyanova 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Krassimira Stoyanova  Se come voi, piccina, io fossi   Hérodiade/ Celui dont la parole...Il est doux, il est bon   O Guarani/ C´éra una volta un príncipe   Tchaikovsky/ Eugene Onegin : -0 -1 -2 -3 -4 Letter Scene 1 2 ehearsa Final Scene   Donizetti/ Maria di Rohan : Conte!... Cupa fatal mestizia... Contessa! In tanto giubilo... Anna Bolena : Finale Come, innocente giovine....   Dvořák/ Requiem -f   Verdi/ Simon Boccanegra : Pietoso cielo, rendilà.... Parla in tuo cor virgineo... La Traviata : E strano!...Ah, fors'e lui...Sempre Libera Don Carlo : Tu, che le vanita Otello : Dio ti giocondi Piangea cantando nell'erma landa Willow Song Ave Maria finale Aida : Fu la sorte dell'armi a' tuoi funesta Luisa Miller : Tu puniscimi, O Signore... A brani, a brani, o perfido.... 1 Requiem : -f Libera me   Puccini/ Terra e mare E l'uccellino Sogno D'or Sole e amore Mentìa L'Avviso : Recitative & Aria Le Villi : Se come voi, piccina, io fossi 1 Messa di Gloria : Salve Regina   Mozart/ Don Giovanni : Non sperar, se non m'uccidi ~   Leoncavallo/ Pagliacci : Duet   Beethoven/ Missa Solemnis : -f -1~   Gounod/ Faust : Roi de Thulé et air des bijoux Ah! Je ris de ma voir si belle en ce miroir!   Gluck/ Iphigénie en Aulide :    Offenbach/ Les contes d'Hoffmann : Antonia's Death   R.Strauss/ Vier Letzte Lieder -1 -2 Der Rosenkavalier -f   Antônio Carlos Gomes/ FOSCA : -f Ahimè! Dove sono? - Ad ogni mover IL GUARANY : -f Oh, com' è bello - C'era una volta   Jacques Fromental Halévy/ La Juive : Il va venir Aria, duet and scene from Act II

♯♭♪ (*^.^*) : Jacques Loussier 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Jacques Loussier ♫ Top Tracks for Jacques Loussier * 0 1 Claire de Lune Adagio Arabesque De una canción para Montse Baroque Favourites   Bach/ Play Bach Burghausen 2007 Variaciones Goldberg Partita No1 Preludium Allemande BWV 825 -1 -2 Concerto in F minor Piano Concerto BWV 1052 -1 -2 -3 Italian Concerto in F major Choral Cantata BWV 147 Chromatic Fantasy in C minor Play Bach 1993 Play Bach and More Two Part Invention no.1 no.5 no.8  no.15 Concerto in D minor for Oboe Sinfonia to Cantata Triple Fugue Triple Con. BWM1063 Little Fugue in G Minor Gavotte en re majeur y mis pinturas  Arabesque Toccata And Fugue Chorale no.1 Prélude BWV846 1 〃BWV 847 1 Trio Prelude No 1 in C major Adagio Allegro Air Gavotte Presto Allegro Gique Pastorale Pastorale in C minor bass solo Gavotte Fugue No.5 Wachet auf, ruft uns die Stimme Four Seasons - Vinte L'Été Sommer Otoño Primavera   Pachelbel/ Canon Pulsion Kyrie   Chopin/ Nocturnes op.7   Scarlatti/ Sonata Nº33 In B minor   Mozart/ piano concerto K466 n°20 - Allegro~   Schumann/ Kinderzenen   Händel/ Concerto no.13 Sarabande Trumpet Concerto   Eric Satie/ Gnossienne no.1 Winter Song |  Bach(BBC TV series)-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8

♯♭♪ (*^.^*) : Ras Michael (& The Sons Of Negus)(& The Sons Of Negus)1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Ras Michael * Sufferation Zion Land 1 Latin goes ska live 1984 Holy Mount Zion Freedom Sounds Gabrail A Alma Jazzboe Abubaka At Large Fa-Fa-Fa, I Want You Tribute to Rastafori Tena in Love Keep Cool Babylon Peace & Love Fly Away Rasta Liveth trojan roots Positive Vibration Numbered Days Everyone come to see Jah No Hoppers Over The Mountain Zion Land If Only They Knew Booma Yeah Give Give Love Good People Don't Sell Daddy No Whiskey Where is Your Goldmine Nyahbinghi Ethiopia Anthem None of Jah Jah Children No Cry None A Jah Jah Children No Cry Glory Dawn Give Love It Is No Secret Sufferation Mr. Brown Bird In The Treetop Truth & Right In Zion 1 New Name 1 Run Come Rally 1 None A Jah Jah Children No Cry 1 Rise Jah Jah Children Rastaman Chant 1 2 Keep cool babylon Babylon BLACK MAN LAND Wicked Man In Zion Love Thy Neighbour -f Freedom Sounds -f


nice!(161) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2586

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -12(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia delle Dune2(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2586

胸の下の回りをやや逆末広がりにキュッ!と包んだ濃紺?!のスカートとオイスターホワイトのシャツが所在なさそうに佇む姿をちらっと見やる。  菱の目の飾り仕切が床から天井にそびえる部屋があり、床が青石?!、椅子が藤で落ち着いた静謐が伸びやかに覆っている。  それを眺めながらプロバンスのミストラル、ラテン気質、渇いたなだらかにうねりつつどこまでも続く丘陵、しっとり濡れたようなラベンダー、静謐な川の流れ(チョークストリーム)に棲む鱒、陽に赤く焼けた顔、……とりとめもなく脳裏を掠める。

♯♭♪ (*^.^*) : Steve Lacy 0 1 2 3/ Trickles  :     ジャケットは、枠一杯を占める同心円、鳩の目のイラスト。  すべてS. Lacy(Ss)の曲、  TRICKLES(10:06 )、夜明け、R. Rudd(Tb)が皆を起こす。  境内での朝のお勤め、気持ち・心のありようの前に、先ず体を動かすことに重きを置く。  Kent Carter(B)の推進は淀みなく真摯、S. Lacy(Ss)の発表は件のトボトボ歩きテンポをキープ、このテンポは何時だって全体に影響を及ぼす。  R. Rudd(Tb)が歌うように・踊るように哲学を啓示する。  核・芯がゆるぎない浸透党力のある歌う真っ直ぐな放射は何時ものとうり。  なんとも体も心も頭も心地良く、すんなり浸透してくる。  意識に快適なスペースが生まれて、スポン!スポン!入り込んでくる、  IFEEL A DRAUGHT(4:11 )、夜更け大きな杉の樹の枝、眼孔を光らせ飛翔する小さな獣が。  息を潜め四肢に力を漲らせているに違いない。  THE BITE(6:40)、R. Rudd(Tb)が執拗に噛んで含めるように説を垂れる、きっと含蓄のあることに違いない。  S. Lacy(Ss)が全く外れた異次元の説を持ち出し、 これまたぶちまける。  あれよあれよと言う間もなく、なんと一体となりアンサンブルを仕立て上げてしまう。   PAPA'S MIDNIGHT HOP(7:58)、S. Lacyぼ甲高いトーンで繰り広げられる緊迫感漲る展開、これはっ!と様々な予感が。  R. Rudd(Tb)の発表する宇宙・哲学は思惟のぎっしり詰まっており、大陸的な悠久の平安・風格がある、  ROBES(10:18 )、鐘鳴りたなびく道を往く、R. Rudd(Tb)の示す行く手は漠として混迷お極めている。  平安があり、機転が隠れするドキ!~*、ドキ!~*、ワク!~*、ワク!~*、がある。  R.Rudd(Tb)がどんどん駆け出す、懐に信ずるものを抱える足どりである。  S. Lacy(Ss)も息の絶え絶えそれに続く。  続くKent Carter(B)が次第に速度をゆるやかに。  あぁ~*、山寺の山門がみえた。  S. Lacy(Ss)、R. Rudd(Tb)、Kent Carter(B)、B. Harris(Ds)、Release Date: Mar 11, 1976。

♯♭♪ (*^.^*) : Kiri Te Kanawa 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Kiri Te Kanawa Mozart/ Laudate Dominum Ruhe Sanft, Mein Oh, temerario Arbace! ... Per quel paterno amplesso KV 79 1 Bella Mia Fiamma, Addio, Resta, oh cara 1 Chi sà, chi sà, qual sia Vado, ma dove? Exsultate Jubilate -1 -2 Cosi Fan Tutte Don Giovanni -1 -2 1 Figaro -f 1 2 3 4 Dove Sono Cotrubras   Tchaikovsky/ Eugene Onegin : letter scene -1 -2    Villa-Lobos/ Bachianas brasileiras n'5   Verdi/ Otello 2 4 5 La Traviata Simon Boccanegra 0 1 2 3 Cielo Di Stelle Orbato..   Bellini/ O quante volte Chi il bel sogno di Doretta   Puccini/ Sole e amore Senza Mamma,.. Un bel di vedremo O mio Babbino caro 1 2 Tosca 1 2 Vissi d'arte La Boheme Mi chiamano Mimi   Gounod/ Sanctus Ah! je ris de me voir si belle 1 Ave Maria   Beethoven/ Cantata On The Death Of Joseph II : -Soprano aria with Chorus -Rezitativ -Soprano aria   Handel/ V'adoro pupille Aria Rejoyce Greatly Ah ! Ruggiero crudel Let the Bright Seraphim The Sorceress 1 2 Piangero la sorte mia   Schubert/ Ständchen Rastlose Liebe Ave Maria   R.Strauss/ Im Abendrot Frühling Septmber 1 Cäcilie Zueignung Die Nacht Allerseelen F.P. Decker -1 -2 -3 -4 Beim Schlafengehen Befreit Der Rosenkavalier ich hab'inh nicht   Berlioz/ D'amour, l'ardente flamme   Massenet/ Adieu, notre petite table   Bizet/ Je dis que rien ne..   A.Catalani/ La Wally- Ebben? Ne andrò lontana   Fauré/ In Paradisum Après un rêve   Franck/ PANIS ANGELICUS   J. Strauss/ Die Fledermaus 1   E.Korngold/ Mariettas Lied   millenium NZ Voyages A Gala Concert with NZSO (2011) Life -1 -2 -3 Kiri Faith and Music -1 -2 -3 -4 -5 -6 Maori Songs Birds become logo Po Karekare ana I was born in love with you Antema Africana Summer me, winter me Autumn Leaves 1 Care Selve from Atalanta The Folks Who Live on the Hill Why Don't You Do Right,.. The Second Time Around 1 Teach Me Tonight A Sleepin' Bee,.. Angelica.. music and dancing!! 1 I Feel Pretty The Heart is slow to learn 1 Auvergne- Chants d'Auvergne Vocalise 

♯♭♪ (*^.^*) : Jaco Pastorius 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jaco Pastorius * 0 1 A Remark You Made Who Loves You Teresa Las Olas Farewell Okonkole y Trompa 1 A Portrait of Tracy Third Stone from the Sun Broadway Blues If I only Had a Brain The Sound of Music Fannie Mae Improvisation,Medley -1 -2 Dear Prudence Giant Steps Opus Pocus Donna Lee Mercy,Mercy,Mercy come on, come over Vampira Black Bird Trilogue Continuum used to be cha cha Three Views Of A Secret Kuru/Speak Like a Child Solo part of jam Solo 1 2 3 4 Golden Dawn Suite Naima and Continuum Sophisticated Lady Shreds Oh Beautuful Live Under The Sky Live The Chicken Portrait Of Tracy 1 2 Soul Intro Liberty City Birdland WR Sep 28 '78 -1 -2 WR Birdland 78 Lesson -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 -10 -1 -2 -3 -4 Word Of Mouth~  full album* :。

♯♭♪ (*^.^*) : Peter Tosh 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Peter Tosh * ♫ Peter Tosh - 79 Best songs ♫ BEST OF PETER TOSH    Burnin-f Mama Africa Remastered-f Mystic Man Remastered-f Bush Doctor Downpressor man 1 Not Gonna Give It Up One Foundation Reggae Mylitis Coming in Hot 1 2 Stepping Razor 1 Recruiting Soldiers Crystal Ball Legalize It 1 Love Feel No Way 1 Stop That Train Glass House Peace Treaty Johnny B Goode Maga Dog Babylon Queendom Mama Africa Jah Guide 1 Equal Rights I Am That I Am 1 Pick Myself Up African Apartheid Get Up, Stand Up Here Comes The Sun Wanted Dread and Alive Legalize marijuana 1 Out of space SinnerMan Johnny Be Goode Till Your Well Runs Dry Why Must I Cry Mystery Babylon Buriel Brand New Second Hand Ketchy Shuby Na Goa Jail Reggaemylitis Rastafari Is Oh Bumbo Klaat


nice!(144) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2585

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -11(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Mari Ermi (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2585

ハード・バップ(’50~’60年頃のマイルスや、ソニー・ロリンズ、ミンガス、ジャキー・マクリーン、モンク、ハービー・ハンコック、……が残したジャズの古典?!スタイル。)が白い壁の間を滑空する。   浅井慎平だかの『勝手に聞こえてくるのが一番……!。』との一番感激した時はどんな時ですか?!の反射を想い出す。  それが懐かしさのあるかって知った曲で演奏である場合はことさらである。  選曲と埋没・没頭してるときとは、それぞれ全く違った脳が作動してるんだろうと思う。

♯♭♪ (*^.^*) : Steve Lacy 0 1 2 3/ Forest & The Zoo  :     ジャケットの絵は、ゴーギャン風の夕焼け色、白い山羊ふうの頭、マントを被り蹲る数人など一度見たら忘れられぬ。  南太平洋のくすんだ赤紫は鎮静し物思いに耽っている。  ”おきざりにした悲しみ”の絵がきっと付きまとうだろう。  初めて耳にした得、あっさり入って来た、意外であった。  この時は確かに上っ面を掠めた程度だったと後に臍を咬む。  これは、難解な傑作にありがちな事情だとなんとなく察していた。  長い月日を経て難解・深淵・革新的・己が試される懐の深さ・紛い物にない本物の有り難さを聴く度に感じさせてくれる。  きっとプレイヤーの動機・志し・取り組み方がピュアーなのだろう。  森、動物園と題したオリジナル2曲よりなる、ライブ。  リリックなトランペット、何ものも優しく射貫くホーン、E. Rava(Tp)が危ういフリーフォムを傑作たらしめている。  ドラムはフリースタイル、4ビートから遙か彼方の革新的、超越的意欲で弛まず推進・鼓舞するシンバルは歌うように軽やか、胸の透くような清冽・知性・奔放な魅力に満ちている。  ホーン(Tp)はよく歌い、キュッ!としたタギングやハイトーン余裕たっぷりの低音、エンリコ・ラバと直ぐ解る、明るい自由な伸びやかな気分に溢れ、ヨロコビに満ちている。  リード(Ss)は、目眩く自在な旋回奏法、多彩なサウンド・うめき・軋み・草笛・野鳥のいろいろ、果てしなく折り重なりDNAの螺旋構造を繰り出す。  Forestf(20:53)、森は広々として岩山や渓・草原もあり・頗るいい風が抜ける空間である。  リードは自由闊達であり、誰からも圧なぞ受けていないようだ。  ホーンは森にいていつも哲学しつつ散歩している。  地平に向かい真っ直ぐに、言語を放射する、なげやり・無造作でなく慇懃に万物に畏敬の思いがあるようだ。  一音一音に思惟があり、時として祈りのように感じるのさ。  体を振るわせ全世界に迫るような放射、これは歓びの舞なのであるから、僕らもそれを受容したいと思う。  ドラムは大工仕事のような音を起てるが、これは大理石を切り出しているのである。  Zoo(20:57)、リードは唸り激しく圧を繰り出し、空間に見えない宮殿を構築するのに入念に勤しんでいる。  何時しか熱を帯び無類のブローイングに夢中になっている。  ホーンは、常に沈着冷静多くを思い多くの言語で語り、かつ活動する。  何かに取り憑かれ使命感に突き動かされている。  絶好調であり頗る機嫌も体調も良いようだ。  S. Lacy(Ss, Main Performer)、E. Rava(Tp)、Louis Moholo(Ds)、Johnny Dyani(B)、Release Date: Oct 8, 1966。

♯♭♪ (*^.^*) : Khatia Buniatishvili 1/ ☆□You Tube Search :    Play List -Popular Khatia Buniatishvili & Classical music videos 1 2 3 4 5 6   Liebestraum No. 3 12th Arthur Rubinstein International Piano Competition March 2008 Stage-1 -f -2 -f  Stage II (Wiesenberg, Chopin, Debussy, Prokofiev & Liszt)    Bach/ Concerto for 2 Pianos in C minor, BWV 1062 1    Händel-Kempff/ ‘Minuet’   Schumann/ Piano Concerto -f 1 Fantsia   Brahms/ Piano Concerto no.2 -f Hungarian Dance No. 1    Schubert-Liszt/ ‘Gretchen am Spinnrade’ ‘Der Erlkönig’   Mendelssohn/ Double Concerto   Chopin/ Scherzo 2 (b), op. 31 Scherzo 3 (cis), op. 39 Ballade No. 4 1 Prelude   Grieg/ Piano Concerto in a-moll Opus 16 -f -f -2 -3 Homesickness, from Lyric Pieces Opus 57 Sonata for Violin and Piano No.3   Ravel/ Gaspard de la nuit -f ‘La Valse’   Franck/ Violin Sonatas 1   Stravinsky/ Three movements from Petrouchka   Tchaikovsky/ Lenski's Aria from Eugene Onegin   Mussorgsky/ Pictures at an exhibition -f    Rachmaninoff/ Piano Concerto No. 3 -1~ -f   Dvořák/ Romantic Pieces slavonic dance op. 72, 2   Prokofiev/ Piano Sonata no.7 1   Liszt/ Piano Concerto no.2 -f  Mephisto Waltz no 1 1 2 Liebestraum No. 3 1 2 Piano Sonata In B Minor -1-2

♯♭♪ (*^.^*) : Jackie McLean 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Jackie McLean ♫ Top Tracks for Jackie McLean * 0 1 Confirmation Profile of Jackie Moanin A foggy Day My Jelly Roll Soul Tensions Cryin' Blues Left Alone* 1 2 3 Not So Strange Blues You Tought My Heart To Sing Quadrangle Blues Inn Appointment In Ghana 1 Sweet Love Of Mine De I Comahlee Ah Star Eyes Old Gospel STRANGE AS IT SEEMS Round Midnight~ I Remember You Let's Face The Music And Dance Frankenstein JACKNIFE Blue Rondo Ghost Town -1 -2 Demon's Dance Kahlil The Prophet Floogeh Christel's Tune Poor Eric Eco Right Now I'll Keep Loving You Rene Saturday And Sunday Sentimental Journey Summertime Blues function Blue Doll Cool green Bluesnik Greasy Medina Appointment in Ghana Erdu A Fickle Sonance Five Will Get You Ten Capuchin Swing Lost Summertime mode for Jay Mac Cornbread Out Of The Blue It Could Happen To You Off To The Races Confirmation Cool Struttin' 1 Minor March Deep Night Moanin Bup A Loup Dig Blue Minor    full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Olga Tañón 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Olga Tañón * 1 Entre La Noche Y El Dia Desilucioname  AMOR ENTRE TRES Engañame Mienteme Me cambio por ella Soy otra mujer Como Olvidar  Quien Diria... Tan Basta ya Mara Ni una lágrima más Malcar Basta ya.. La tercera es la vencida Amiga A partir de hoy Decisión No Podras Diálogo Mudo Te Acordarás de Mí Sobrevivir SOLA VOY MI ETERNO AMOR SECRETO El frio de tu adios !amame en camara lenta! Popurrí  Sola Yo por ti olga tañon Contigo o Sin Ti 1 Todo lo Que Sube Baja Voy A Sacarte de Mi Mente Dime si tu me puedes querer Basta ya 1 No Te Das Cuenta


nice!(154) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2584

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -10(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Su Crastu Biancu (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2584

『オー……イ、…*』誰かが、叫ぶ気がする。  少し顔が火照り汗ばむ。  ○○子のヨドバシ○○○に正面から侵攻する。  ”ブラームス”に入り”和風ハンバーグ”と”DUGコーヒー”を所望する。  アースカラーの木壁、床、柱、アイボリーの壁、パステルピンクのテーブルクロスの中で、若者が闊達に颯爽と闊歩したり、カウンターにちょっと腰を寄り掛けてなにやら言葉を交わしているのを遠望する。

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ This Is What I Do  :     ジャケットは、黒い帽子を被り背景も黒、サングラス、白い顎鬚、黒っぽい上着姿でサックスを吹いている、レンブラントを想わせる光を放っている。  ジャケット内には、”インディゴのゆったりしたシャツ”、使い込んだサックスのホーンをしっかり掴んでいる。  どっかりと腰を下ろしやや右に傾いでいる、引き締まった精悍な顔、血色良好、神経質そうであるが自信と自負にも溢れている。  5月の二日間と7月の一日の2回のセッションで収録、ドラムのみ変わっている。  全編、S. Rollinsの個性が突出した暖かいエモーションに覆われている。  殆どソロに近いもので、リズムセクションソロなどの見せ場は無く、たっぷり楽器を鳴らしている。  ”未来志向”、”アウトドア志向”を想わせる自由闊達な、独得のスタイル・サウンド・ブローイングをたっぷり堪能できる。  ”インディゴのゆったりしたシャツ”が喚起させる情緒・思惟・叙情・人生感に覆われており、しみじみ癒やされるよろこびを提供するようだ。  Salvador(7:55)、オリジナル、速いテンポでいきなり颯爽と駆ける、気分晴々よろこびに溢れかえり、人生を謳歌しているようだ。  Sweet Leilani"(7:01)、ハワイアン、穏やかに・優しく語りかけ得るようなメロディー。  たゆたうようなゆったりした進行、Stephen Scott(P)のソロもロリンズとの完全な同調・調和を保ち、際立ったスリリング感など見あたらぬ。  Did You See Harold Vick?*(9:19)、オリジナル、カリプソを想わせるジャンピング・躍動感に満ちており、シンプルなメローディーが繰りかえし演奏される。  A Nightingale Sang In Berkeley Square"(8:06)、バラード、Stephen Scott(P)のゆったりした演奏で開始、C. Anderson"(Tb)のくすんだ音色の助奏がサウンドに陰影と厚みをもたらし、とてもリッチな雰囲気を醸し出している。  Stephen Scott(P)のプレイは、訥々とした進行と優しいビロードのような柔らかいタッチは、S. Rollinsとの協演としては満足ではない。  S.Rollins(Ts)の自由なインプロヴィゼーションもありメリハリのあるもの、聴き応えあり。  Charles M.*(10:19)、オリジナル、スローブルース、希望に萌え立つ覇気が感じられるメロディー、ミンガスへの憧れ・畏敬を込めて演奏しているようだ。  Bob Cranshaw(EB)のソロに続きStephen Scott(P)のソロ、さらにとても渋いC. Anderson"(Tb)のソロ。  再びS. Rollins(Ts)の思い入れたっぷりの演奏。  The Moon Of Manakoora(5:44)、映画音楽、ワルツ、自信たっぷり・気持ちよさそうにインプロヴィゼーションを繰り広げる。  Stephen Scott(P)のソロは、テンポを逸するスリリングがあり、ストレートな擽りがあり好ましい。  S. Rollins(Ts)、C. Anderson"(Tb)、Stephen Scott(P)、Bob Cranshaw(EB)、J. DeJohnette,Perry Wilson*(Ds)、Release Date:Oct 24, 2000。

♯♭♪ (*^.^*) : Kathleen Battle 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Kathleen Battle Carl Orff/ Carmina Burana : Canciones de Beuern   Berlioz/ Beatrice et Benedict : Je vais le voir   Massenet/ Manon : Suis-je gentille ainsi?... il le faut...Adieu, notre petite table   Thomas/ Hamlet : A vos jeux, mes amis, permettez moi... Mignon : Ah, pour ce soir... Oui, pour ce soir、Je Suis Titania La Blonde Faure/ Pie Jesu   Mascagni/ Cavalleria Rusticana : Ave Maria   Gounod/ Ave Maria Romeo et Juliette : Romeo et Juliette : Je veux vivre Dieu! Quel frisson...   Obradors/ Del Cabello más sutil Lovers 1   Stravinsky/ The Rake's Progress : No word from Tom       Mozart/ Ruhe sanft, mein holdes Leben Ridente La Calma Laudate Dominum La Flauta Mágica -f Die Entführung aus dem Serail : Welche Wonne, welche Lust Le Nozze di Figaro : Deh vieni, non tardar Giunse alfin il momento.. Così fan tutte : Una donna a quindici anni Idol mio, se questo è vero   Handel/ Semele  : -f Myself I shall adore Giulio Cesare : Tu la mia stella sei V'adoro pupille Venere bella Se pietà di me non senti Da tempeste il legno infranto Piangerò la sorte mia Xerxes : Ombra mai fù L'Allegro : il Penseroso ed il Moderato   Rossini/ Il Barbiere di Siviglia : Una Voce poco fa 1 Contro un cor Il viaggio a Reims : Partir, oh ciel! desio... Tancredi : Gran Dio! deh, tu proteggi...   Donizetti/ Don Pasquale : Quel guardo, So anch'io la virtù magica Linda di Chamounix : Ah! tardai troppo...   Bellini/ La sonnambula : Ah non credea mirarti... I Capuleti e i Montecchi : Eccomi in lieta vesta ..   Verdi/ Un ballo in maschera : Volta la terrea Charles Gabriel/ His eye is on the sparrow   Bach/ Bete aber auch dabei   Schubert/ Delphine Nahe des Geliebten Nacht und Traume   Brahms/ Ein Deutsches Requiem -f 5 Japanese Love Songs   J.Strauss II/ Voices of Spring 1   R.Strauss/ Wiegenlied Der Rosenkavalier : Trio finale Ariadne auf Naxos : Ein Augenblick ist wenig Grossmachtige Prinzessin... 1

♯♭♪ (*^.^*) : Jack DeJohnette 0 1 ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jack DeJohnette * 0 1  Ocean Wave Homecoming Peace Time    PRISM, 1985  Cantaloupe Island (1990) The Elephant Sleeps But Still Remembers Otherworldly Dervishes  PASIC 2009 - Jack DeJohnette - Part 1 of 3  Drum Solo Part -1 -2 drum solo at PASIC 2009  & Foday Musa Suso - Ocean Wave M・Ferro,F・Hoeven-1 -2 -3 Pm's Am & K・Jarrett,G・Peacock 1 My Favorite Things -2 1 e Pet Metheney PRISM The Blue Mountain Sun Drummer  Standards I Wise One - Live @ Blue Note Milano Untitled (February 1976)  Sorcery I  Gateway, 1975   Cantaloupe Island  Pm's Am  Shadow Dance (live) Indigo Dreamscapes Aho Hurricaine  Inflation Blues Hudson Fifth World Anthem    Sorcery -f Heineken Jazzaldia 2016  -f Bela Szakcsi Lakatos: Round Midnight  -f Live Jazz Baltica 2005 -f Jazzwoche Burghausen 1993  -f "New Rags" LP 1977  -f Peace Time -f Leverkusen, Germany, 1991-10-26  -f Live Jazz Baltica 2005  -f Music in the Key of Om -f  Have You Heard?"  -f  Special Edition Montreal Jazz Festival  -f

♯♭♪ (*^.^*) : N'jie 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Popular N'jie Videos 1 2  J'ai trouvé 1  KELIA 1 Energy Tout se construit CHARMANT Gunnar Respecte moi Réalisé par Ronald Rubinel Comment ça va ? LE PLUS BEAU RENDEZ VOUS Bleu Nuit 1 Comme Un Roi  Respecte moi Réalisé par.. Shout, Sister, Shout Comme Un Roi  Chacun ses gouts ZOUKER BACHATER MAITENANT Charmant, Martinique LE PLUS BEAU RENDEZ VOUS Maintenant  tu m'en veux chui chui chui 1 Comme Une Fourmie alerte enlevement Merengue Dadoué 1 2 Dedicace Merengue Alicios Si ça te fait plaisir Happy New Year Avé' Sincérité Haddy On tan cinéma 1 dadoué J'ai trouvé 1 Mazouk Ethnie


nice!(149) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2583

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -9(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Turr’e Seu(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2583

歌手独特の力のある芯のある太い地声が心地よい。  ちょっと鼻が詰まっている。  (^.^) 伸びやかで次から次ぎへと”狂気の文明からの偉大な逃走”が繰り広げられる。  どっしりとした気品から好ましい放射能がパチパチ放電する。    金曜日の夕方、ウィルソンのシューズを履き、心地よいフィット感と揉縛を踏みしめながら、春の気配が縞のように漂い流れる風を切って日没の寂寥の雲がなびく西方に下る。  下界は無彩色に侵され、点々と非清浄の明かりを灯す。  天空は色彩を帯び明るさを残している。

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/  + 3/ MCD-9250-2  :     ジャケットは、濃い臙脂の背景、刈り込んだ白髪・見事な顎鬚、キリリと結んだ口元・鋭い眼光、裏面はどっかりと腰を下ろし右膝に右肘を乗せサングラス越しに前方を見据えている。  ねこの気分のように、移ろい易く気まぐれな泥川の混沌。  瞬間の、解き放たれた明晰な純粋がある。  繰り返し開く度に、炒れたばかりのコーヒーの香りが鮮やかな縞を作って鼻を擽る。  酸に侵された気持ちを解きほぐしてくれる。  不思議と繊細と剛胆が、同じ所にあるように思え、感心する。  What A Difference A Day Made(10:05)、ぶ太い豪快なブローイングは、内省はやはり何処かガラスの神経をしっかり携え、スリリングで痛快ですらある。  インプロヴィゼーションは危うさと豪快・ストレートの混沌とした独得の調和を持ち、期待に充分応えてくれるため、実に聴き応えがあるのサ。  Biji(8:18)、大股で闊歩するイメージに合致した、なんとも心地良いよろこびのブローイング、T. Flanagan(P)の活き活きした明快なタッチは強靱で小気味よい。  J. DeJohnette*(Ds)の樫の木を打ち付けるよなサウンドは辟易。  They Say It's Wonderful*(6:15)、速いテンポで強引に駆けるブローイングには想わず引き込まれてしまう、Stephen Scott* (P)のソロは速いテンポのせいもあってか味わいに乏しい。  Mona Lisa(3:53)、ポピュラーな曲、S. Rollins(Ts)のインプロヴィゼーションがとても良く解る、ここでは速いパッセージを多発、情熱的な演奏。  Cabin In The Sky*(8:50)、ゆっくりしたテンポ、ストレートなブローイングが実に味わい深い。  Stephen Scott* (P)のソロはどうも、ストレートなブローイングの前では、虚飾(薄汚い電飾)たっぷりに聞こえてしかたがない、薄ら寒いのだ、一旦そう想うと撤回不可能のようなんだ、月日が経てばまた違うやもしれぬ。  H.S(6:17)、シンプルなテーマを数回繰り返し提示、豪快なブローイングのインプロヴィゼーションに突入する辺りはとても嬉しい。  T. Flanagan(P)の優しいタッチは気持ちにズンズン浸透してくる、だからとても好ましい。  S. Rollins(Ts)の”ブォー”とブローイングするのは、熾火炊きの、”お焦げ”のように嬉しいのサ。  I've Never Been In Love Before(12:19)、T. Flanagan(P)のソロで始まる、S. Rollins(Ts)は敢えて!?混沌としたブローイングを披露する、これがなんともすばらしい!。  T. Flanagan(P)のソロは独得の左手のオブリガートが秀逸で味わい深い。  Bob Cranshaw(EB)のソロ、アコースティックでない、サウンドにばかりに注目してしまう。  S. Rollins(Ts)のインプロヴィゼーションは、自信たっぷりにして危うさ・スリリング・鋭気・キトキトの清冽を放つ。  とても暖かく、普遍的な包容力があり、とてもありがたい気分に包まれる。  S. Rollins(Ts)、Stephen Scott* ,T. Flanagan(P)、Bob Cranshaw(EB)、J. DeJohnette*,Al Foster(Ds)、Release Date:Jan 1, 1996。

♯♭♪ (*^.^*) : Katherine Jenkins 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Katherine Jenkins  ♫ Top Tracks for Katherine Jenkins * 0 Se Si Perde Un Amore Laudate Dominum 1 Caruso 1 EVERYTHING I DO 1 City of Angels Cinema Paradiso Nella Fantasia La Califfa 1 Vide cor meum Lascia ch'io pianga Il Canto Della Terra Torna a Surriento The Prayer 1 Nessun Dorma 1 The Flower Duet Mon coeur s'ouvre a ta voix How do You leave the One You Love? Quello Che Faro Le cose che sei per me Ancora Non Sai Cinema Paradiso 1 Nella Fantasia 1 2 La Califfa 1 Hymn To The Fallen 1 Don't Stand On My Grave And Weep Fear of Falling 1 Pie Jesu 1 Tell Me I'm Not Dreaming Aranjuez 1 Adagio Break It To My Heart O mio babbino caro Una Voce Poco Fa 1 Seguidilla habanera Gypsy song 1 Popstar to Operastar Who Wants To Live Forever I believe at Strictly Come Dancing And This Is My Beloved Time To Say Goodbye 1 Pachelbel's Canon I Who Have Nothing 1 2 3 Abigail's Song Do Not Stand At My Grave And Weep All Things Bright And Beautiful No Women,No Cry Every Flower Tells A Story Live at the O2 -1~ Live at Llangollen -1 -2 -3 in Argentina -1 -2 O Sole Mio Love Never Dies La vie en Rose Cymru Fach 1 Green Green Grass of Home Bring Me To Life 1 Fear of Falling Love Angel 1 Till There Was You Secret I Will Pray For You 1 Pássaro de Fogo I will always love you 1 L'Amore sei tu & One Fine Day Kiss from a Rose You Welsh Medley Calon Lan Don't cry for me Argentina I Vow To Thee My Country 1 Somewhere 1 Somewhere Over the Rainbow Down In The River To Pray Ave Maria Hallelujah Rejoice 1 2 Music Of The Night 1 Questo e Per Te 1 Dear Lord And Father Of Mankind Suo Gân O Come All Ye Faithful Loose Women We'll Meet Again Cardiff A Nightingale Sang - We'll Meet Again My Heart Will Go On All I Ask Of You Gravity You Raise Me Up Guide Me, O Thou Great Redeemer Un Bel Di It's Now Or Never I Only Want To Be With Parla Più Piano Katherine Jenkins & Mark Ballas -1~ -5 -7 -9 -fin Katherine Jenkins Photo 2 3 talk 1 2   full album*

♯♭♪ (*^.^*) : Irene Schweizer 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Irene Schweizer ♫ Top Tracks for Irene Schweizer * 1 Schaffhauser Jazzfestival 2011 Solo at Jazzfestival Schaffhausen 2008 INTAKT at THE STONE -4 Circle Irene Schweizer Brigach And Ganges -1 -2 Hamid Drake  Pierre Favre duo -1 -2 -3 Mra Sun Love Vision Festival 1985 Solo @ Mulhouse '07 Violets for Pia Blues for New Chicago  Vision Festival 1985 Documentary LES DIABOLIQUES -1 -2 -3 -4 Scratching At The Tonhalle Three Little Songs -1 -2 Yaad Unlimited #29, Schlachthof, Wels, Austria, 2015-11-06 lle Leandre / Annick Nozati / Irene Schweizer Irene Schweizer, Maggie Nicols, Joëlle Léandre, 7 October 2015, Moscow Brigach And Ganges To Whom It May Concern  Rüdiger Carl Quartet in Zürich 1981 Unexpected Demand  Chicago piano solo  Free Mandela! Slatko Caucic Live at Tarcento Jazz 2013 INTAKT at THE STONE-4 Afric Steals The Show Irene Schweizer/Fred Anderson/Hamid Drake  Irène Schweizer Solo at Jazzfestival Schaffhausen 2008

♯♭♪ (*^.^*) : Mercedes Sosa 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Mercedes Sosa ♫ Top Tracks for Mercedes Sosa * ♫ Mercedes Sosa ♫ Mercedes Sosa 1  ♫ Mercedes Sosa Cantora 1 y 2  Alfonsina el Mar 1 2 3 4 Todo Cambia 1 Balderrama 0 1 3 La resentida Gracias a la vida 1 2 3 Vientos del Alma 1 2 Kyrie Como un Pajaro Libre Me Mueru Mon amour 1 La Maza Feat Shakira 1 Sobreviviendo 1 2 Peoncito de estancia Palabras para Julia Honrar la Vida 2 3 Gloria 1 Como la cigarra 1 Pueblero de Allá Ité  Todas las voces Canción con todos 1 Teşekkürler Hayat Nada Si me voy antes que vos Himno Nacional Argentino Cuore ingrato Juanito Laguna remonta un barrilete Yo vengo a ofrecer mi corazón Duerme Negrito Encontros e Despedidas PAJARO DE RODILLAS Zamba para olvidarte Barro tal vez Sea Razon de Vivir con Lila Downs Celador de sueños Indio Guitarra Dímelo Tú 1 2  Zamba para no morir rezo por vos La cancion es urgente Sube, Sube, Sube A Victor Serenata para la Tierra de Uno 1 Canción de las Simples Cosas 1 2 Piedra y Camino 1 Como La Cigarra 1 Gracias a La Vida Solo le Pido a Dios Lo que me costó el amor de Laura  La Tempranera Un Vestido y Un Amor Todo cambia Aquellas Pequeñas Cosas


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2582

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -8(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Torre dei Corsari(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2582

丸顔の頭をグリ!グリ!してやる、頗るヨロコビの表情。  交歓を交わすときっとトコトコ自分のお皿に向かい”グァシグァシ”と魚を噛んだり、ミルクを”ペチャペチャ”やる。  決まってこの順序であり逆順になったことは、かってない。  しかしつき合ってやっているといった実感は無い、どうも人物が励まされている実感と恣意しか興らない。  やはり不羈の王は人物を蹂躙する。  ”UA”の”カピバラ・レストラン”のテープを聴く。  誰かの詩のようなものをたどたどしい難波の抑揚で読む。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ Alfie/ AD-39107   :     ジャケットは、白地に赤いALFIEのロゴ、その中に8人の顔。  映画・”アルフィー”のための音楽、O. Nelson(Arr)の手腕がすばらしい!、多管編成の洗練された時として分厚いサウンドはとてもリッチ。  曲は、2つの主題を交互に少し変えて配置。  S. Rollins(Ts)のパーンと突き抜け、踏み外す大陸的な胸の透く解放感!と、渇いた恣意のサウンドが堪能できる。  ”シンプルなJazzらしからぬテーマであったり、突拍子もないメンバーなど、意外な状況であればあるほど、傑作を生み出す”Sonny Rollinsの面目躍如たる傑作である。  トゥル・ル・~*、ギターのルンルン気分の登場は、幾度聴いても気分が晴れ々する。  見上げるような巨体が胸を張り、大股歩きで闊歩する。  豪快・闊達・奔放・自在・鷹揚・肝大、そして細心・ガラスの神経。  ゆっくりと、遠い日楽しいあれやこれやを、断片的に掴まえ話してくれる。  キラキラと輝き、自信と余裕そして洒脱に満ちている。  ”サウンドのサウンドによるサウンドのためのサウンド”、ふとそんな形容を想う。  何か思想・恣意・メッセージ・感想を演奏しているのではない、一瞬〃の呼吸・吐息で明晰な感興を発射し続けている。  みんなが、時代がずっと聴いてきた、手垢で汚すことができない、”アクアマリン”の輝き。  映画音楽、後から映画を見ると、新たな想起する情景の刻印が押されてしまうだろう。  それはそれとして、別の感興があるに違いない。  Alfie's Theme(9:44)、合奏による希望に満ちたテーマの提出は、晴々とした良い気分に包まれる。  K. Burrell(G)によるゆったりした演奏、S. Rollins(Ts)の豪快なストレートな低音・自由奔放に見えるインプロヴィゼーションは、とてもヒューマンな優しさを湛えており、すばらしくいい気分に包まれる。  He's Younger Than You Are(5:13)、ゆっくりした夜明けのような・静かなアンサンブルのオブリガート、S. Rollins(Ts)の素朴な飾り気の全くない真摯なソロと、Roger Kellaway(P)のポロポロしたタッチの演奏は、乾いたロマンチックな叙情。  Street Runner With Child(4:02)、速いテンポで颯爽と駆け出すユニゾン、一転してスローなテンポに、再び速いテンポで颯爽と駆け出すテンポでS. Rollins(Ts)の豪快なブローイング。  Roger Kellaway(P)のスローな演奏のあとユニゾンで完。  Transition Theme For Minor Blues Or Little Mal..(5:52)、ゆっくりしたテンポの合奏で開始。  K. Burrell(G)の両腕を大きく振り回すような、大きく宙に踏み出すような胸の透く想いの演奏。  Roger Kellaway(P)のポロポロしたタッチの演奏はロマンチック。  S. Rollins(Ts)の豪快な割り込み風のブローイングは、ガキ大将が己の意見を声高に叫ぶ風でもある。  幽玄の漂うアンサンブルを背景にPhil Woods(As)が優ししくコーダ。  On Impulse( 4:31)、弾むようなリズム部門の推進、S. Rollins(Ts)の豪快なブローイングで内省の苦悩が提出される、実に味わい深い。  澄明な淡いピーチカラーの夕空・アンサンブルのオブリガートに浸食される、幸せな充足の想いに覆われ完。  Alfie's Theme Differently(3:44)、いい響きに解け合った合奏による希望に満ちたテーマの提出は、晴々とした良い気分に包まれる。  S. Rollins(Ts)の豪快なストレートな低音・自由奔放に見えるインプロヴィゼーションは、とてもヒューマンな優しさを湛えており、すばらしくいい気分に包まれる。  Roger Kellaway(P)の自由な、ヨロコビに溢れた、インプロヴィゼーションが聴かれる。  S. Rollins,Robert Ashton(Ts)、Phil Woods(As)、Danny Bank(Bs)、J.J. Johnson,Jimmy Cleveland(Tb)、K. Burrell(G)、Roger Kellaway(P)、Walter Booker(B)、Frankie Dunlop(Ds)、O. Nelson(Arr)、Release Date:Jan 26, 1966。

♯♭♪ (*^.^*) : Karl Munchinger 1/ ☆□You Tube Search :     Bach/ Das Musikalische Opfer BWV 1079 -f -1 -2 -3 -4 -5 -6 Art of Fugue - Cont XIV Brandenburg Concerto BWV1046 no.1 〃BWV1047 no.2 〃BWV1048 no.3 〃BWV1049 no.4 〃BWV1050 no.5 -1 -2 -3 1 〃BWV1051 no.6 Suite no.2 Suite no.3 Sheep May Safely Graze Art of Fugue Dona nobis pacem Violin Concerto in A minor, BWV 1041-1 Violin Concerto in E major, BWV 1042-1 -3 Violin Concerto in D minor, BWV 1043 -1 Partita no. 2 in D minor, BWV 1004- Allemande, Courante -Sarabande, Gigue Magnificat in D Kyrie from Great Mass Matthäus Passion St. Matthew Passion, BWV 244 (Part One)-1 -2 Mass in B minor, BWV 232   Pachelbel/ Cannon in D   Corelli/ Concerto Grosso no. 8 in G minor ("Christmas Concerto")   Haydn/ Symphonie N° 45 " Les Adieux Symphony no. 100 in G Major (Military) Liszt/ Mazeppa   Eoghan Bridge/ The Human Figure ヒンデミット/ 弦楽オーケストラのための5つの小品 op.44-4   マルタン/ 弦楽オーケシトラのためのパッサカリア

♯♭♪ (*^.^*) : Hubert Laws 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :      ♫ Play List -Hubert Laws ♫ Top Tracks for Hubert Laws * 0 1 Feel Like Makin' Love Live at The Litchfield Jazz Festival -1 -2 Pavane pour une infante Shades of Light Romeo and Juliet Family Love Gets Better What A Night! Swan Lake Passacaglia in C Minor Flute Sonata In F Brandenburg Concerto No 3, Fir Fire and rain Rite of Spring Scheherazade Strange Girl Let her go I Had A Dream Midnight At The Oasis Quintet Airegin How Long Will It Be? Land of Passion Shades of Light New Earth Sonata Yoruba Trio For Flute Desert Flower Summer Of '75 Piccolo Boogie Pensativa MORNING STAR Swan Lake Malaguena love story Valse Pavane Forlane 1  MOONLIGHT SONATA Moment's Notice Old Devil Moon  California Suite Feel Like Making Love what a night Airgin St.Thomas Moondance The Caper Nighttime Daydream Work Song TRYIN' TO GET THE FEELING AGAIN On the Road You're Incredible Hold on I am coming Spain 1 Family Creature Land of passion You Make Me Feel Brand New Afro-Classic -f Romeo And Juliet -f

♯♭♪ (*^.^*) : Maria Bethania 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Maria Bethania * ♫ Maria Bethania  Cheiro de Amor 1 É o Amor Âmbar Cabocla Jurema TOCANDO EM FRENTE Tocando em Frente DETALHES Mel Sonho Impossível Omara Portuondo Grito de Alerta SEM FANTASIA O MEU AMOR Debaixo d'água Você não sabe Fera Ferida  Maricotinha Sem Fantasia Brasileirinho ao Vivo SUÍTE DOS PESC BALADA DO LADO SEM LUZ


nice!(156) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2581

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -7(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Punta Acqua Durci(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2581

小走りに走りつつ一緒に還る、『わぁ~ぁ……ん!』、尻尾を起てて”パタ!、パタ!”振る。  冷蔵庫を開けると、きっと駆け寄ってきて纏わり付く。  冷凍の専用の魚をレンジで解凍する間、ゴロゴロをやる。  気が付くと・いつの間にか =(・。.・)= が机の上にいる。  『ゴロ~*・ゴロ~*』喉を鳴らしながら近寄り、顔を舐めようとするので背後に回り顎を乗っける。  そのうち腕の上に乗っかり寝そべってしまう。  結構な力で押しやったり、重量が腕に掛かるので疲れる。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ The Bridge  -f :    ジャケットは、ツイードのスーツ姿、坊主頭の精悍なやや神経質な表情で前を射る、サックスのキーを軽く押さえ斜に持っている、モノトーン。  いわば、永いこと壁面の棚で眠っていたのを、やっと認識できたで嬉しい。  涼しい風に頬を撫でられ手が伸びたん。  天上的な安堵、解放、緊張捨棄、自由奔放をくれる。  屈託なく飄々とさっぱりした奔放、燦々と陽を浴びたある感覚は、目眩く発想でもあり、高揚であり、歓びが迸る。  遠大澄明な宇宙空間や、飄々と闊歩する様子は、時々フォーレやドビュッシーを想わせる、色価が浸み出す。  時として、『ΣГЧΔΘ、ブハァ~…*』とリードの解放咆吼は、明晰であり嬉しい挨拶でもあり、(゚ o゚ ) 驚きそして関心する。  抑制のある、通奏律の草原をザクザクと開く。  爽快を越えた絶頂が連綿と連なる。  鬱屈や、殺戮、暗鬱、閉塞、偽善、虚飾、独尊の片鱗が皆無で、すばらしいぃのだぁ~*。  ゆったりと、悠々とほとんど静止した深閑の瞬間があり、澄み切った気配が満ちている。  繊細な危うい気質が透けて見えるのに、豪放、無垢、洒脱がちりばめられている。  撓めのある電気弦は、高僧のようなしぶとくて淡々とした表情吐息を吐きかける。  こんな深閑、明晰な気分は初めてだ。  Jazzはある日突然、霧が吹き飛ばされるように明快に感じられることがあり、不思議な魅力がある。  この素晴らしさが解らなかったのはなぜだろう!?などと。  気が付かなかった音楽感性の変遷を、鏡のように魅せてくれるようだ。  そこで変わった己の内面を深く感じ入り、あれやこれや考えつつ過ごす楽しみがある。  よろこんだり臍を咬んだり、新たなる目標・希望を見いだしたり。  第一印象がハラハラと払い除けられ、別世界の甘美を感じられる瞬間、あるいは土地勘を得た如く、全容と深淵を見たと感じられる瞬間、何ものにも変えられぬ、ふつふつと込み上げるヨロコビに包まれる。  これは情緒反応に過ぎない、刹那のはかない感傷に過ぎないと打ち消してみても、更なる野望と展開が拡がりワク!~*、ワク!~*。  Without A Song(7:27)、のっそりと起きあがるようなテーマが提示される。  S. Rollins(Ts)のソロにJ. Hall(G)のオブリガートが被さり見事な調和。  迷いのないグングン新天地が拓ける想いがするブローイングは、実に好ましい。  Bob Cranshaw(B)のソロからJ. Hall(G)のソロへ。  耽美的な爪弾きは爛熟・退廃的に至る前に止められており、とてもニクイ!。  Where Are You(5:08)、S. Rollins(Ts)はゆったりしたテンポでさり気なく・力強くブローイング、いい感じに乾いたサウンドは、一切の凹みを救済するように感じられる。  J. Hall(G)の訥々とした自信に満ちたプレイは、情緒過多・テクニックのひけらかしが見あたらず好ましい。  John S(7:43)、極くシンプルなテーマの提示、拍子抜けするような意表を突いたユニゾンで開始、シンプルなテーマが次第に自由奔放なインプロヴィゼーションでエモーションを放ち始める辺りは、何度聴いても感心してしまう。  オブリガートをつま弾いておったJ. Hall(G)のソロも自由奔放でありますますよろしい。  リードと電気弦のバトルとなり、白熱した盛り上がりは心地良いカタルシスを侵出させる。  オープニングとそっくりのコーダがなんとも痛快でうれしい。  The Bridge(5:58)、シンプルな短いテーマが繰りかえし提示される、ドラムの推進に導かれ意気揚々と快走を始める。  苦悩するような内省が剥き出しになるが、気持ち晴々に疾走するテンポが一切を払拭してしまう。  Bob Cranshaw(B)のソロをJ. Hall(G)が助奏、Ben Riley(Ds)のソロを経て、悩み多い集団的美の構築は一気に完了する。  God Bless The Child(7:26)、呟きのようなブローイング、ゆったりしたテンポ。  J. Hall(G)のソロにS. Rollins(Ts)のソロが被さり見事な調和。  再びJ. Hall(G)のソロ、耽美的な演奏をたっぷりと聴かせる。  S. Rollins(Ts)のソロ、音色がとても甘く感じられる慈愛に覆われた演奏。  電気弦とリードのゆったりしたテンポでのバトルというか、対位法的な演奏になる。  You Do Something To Me 1(6:49)、リラックスしたリズム部門の推進で、のびのびとプレイするリードと電気弦。  新境地を見いだした瞬間はこうかも知れぬ、といったような大胆な展開があり、きっと本人も得心おえたに違いないと想わせる、少し入れ込んだカデンツアで締めくくる。  S. Rollins(Ts)、J. Hall(G)、Bob Cranshaw(B)、Ben Riley(Ds)、Release Date:Jan 30, 1962。

♯♭♪ (*^.^*) : Karl Böhm 1/ ☆□You Tube Search :     Berg/ Wozzeck-f   Mozart/ Symphony no.25 -1 -2 -3 -4 no.29 -1~ no.35 -1 -2 -3 -4 no.36 -1~ no.38 -1~ no.39 -1~ no.40 -1 -2 -3 -4 no.41 -1 -2 -3 -4 Serenade in G major, K 525 "Eine kleine Nachtmusik" -1 -2 -3 -4 Flute Concerto K.313-f Requiem K.626 -1~ Figaro -1~ Se il pardre perdei Cosi fan tutte   Beethoven/ Abscheulicher Symphony no.7 -1 -2 -3 -4 Leonore no.3 -1 -2 -3 Piano Concerto no.4 -1 -2 -3 -4   Brahms/ Symphony no.1 -1 -2 -3 -4 Piano Concerto no.1-f   Schubert/ Symphony no.9 -1 -2 -3 -4   Bruckner/ Symphony no.7 -1~ no.8 -1~   Wagner/ Tristan und Isolde -1~ R.Strauss/ Beim Schlafengehen September In Abendrot Frühling Ariadne auf Naxos -1~ Zerbinetta's aria -1 -2 Elektra -1~

♯♭♪ (*^.^*) : Howard McGhee 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Howard McGhee Punkins O.D. (Overdose)  Up There  Flip Lip  My Little Suede Shoes Buzzy The Man I Love A Tribute BeBop Groovin' High Omithology  Jeronimo Dial-Ated Pupils Mop Mop  Home Run My Delight  Just You, Just Me Sweet Georgia Brown  Coolie Rini  Buzzy Be Bop Charlie Parker Dial 201 Oh,Lady Be Good El Sino I can't get started with you BEBOP CITY House Warmin´  TRIBUTE TO PARKER Lover Man House warmin' pt1 Don't Blame Me The Talk Of The Town Willow Weep For Me EXPERIMENT PERILOUS  Nobody Knows You When You're Down and Out & House Warmin'!  Up In Dodo´s Room Everything Happens to Me Stupendous Shades Of Blue  Bean Soup   Ornithology The Man I Love Up There Ornithology  Arbee Introducing the Kenny It's The Talk Of The Town  Tranquillity The Skunk Futurity Stella By Starlight  Brownie Speaks With Malice Towards None Connection Shades of Blue Moose The Mooche  。

♯♭♪ (*^.^*) : Malavoi 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Malavoi * ♫ malavoi  ♫ malavoi 1  Je suis en paix avec le monde Tout je pa je 1  Case a Lucie Xiomora CARESSE MOIN 1 Carretero Syracuse La Filo 1 2 Jou ouve 1 2 La Pèsòn Marinelle Moin Réve Carretero Nou pe pa kimbe Mwen reve Casa a lucie Anasthasie Mate bis Plus Yo Content Antoinise Almendra Malavoi Cinelle ô Sidonie Bona Ti-colibri Gram é gram Top secret Nathalie Bavaroise Mon ange L'anmou fou Si seulement Illusions perdues Dites-lui Sagesse Promess' an nou Je m'Edith Fayalobi Ababa 1 A si paré Petite soeur El Carretero Caressé mwen Partie -1 -2 -3 -4 Matebis, ATRUIM 2012 -f Live A Francofolies De Montréal 1989 -1 -2 -3 -4 GRAM E GRAM


nice!(162) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2580

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -6(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Dido Beach(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2580

布団から手を伸ばして10cmほど窓を曳く。  すかさず、しっとりキリリとしたひっそりしたものが忍び込んでくる。  カーテンがフワリと揺れて音もなく何かが滑り出す。  一切音を起てない。  窓を締めて一切の意欲を失い仰向けになったまま、そっと鐘を下ろすように深淵にずんずん落ちていく。    珍しくチビちゃんが待っててくれた。  絹のような雨に打たれ棲み家に近づくと、『……ミャー…ッ!』消え入るような声が投げられる。  紅葉の下の本箱の上にちょこんと両手を揃えた正座のその姿があった。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ Sonny Rollins And The Contemporary Leaders  :     ジャケットは、大きな襟のシャツのスーツ姿、精悍な口元に優しい表情、サックスを倒してぶら下げた恰好。  ウェストコーストのミュージシャン、いわゆる洗練されたリズム部門達との稀なセッション。  S.Rollins(Ts)の自由な・肩の力の抜けた・リラックスした・のびのびしたインプロヴィゼーションは不思議な魅惑に包んでくれる。  I've Told Ev'ry Little Star 1(5:26)、ぶ太っいなんとも吹っ切れた、大股歩き・堂々たるブローイングは心地良い。  H.Hawes(P)の躍動するダイナミックにして繊細なプレイは、いつしか体に巣くった澱などを払拭してしまうようなんだ。  Rock-A-Bye Your Baby With A Dixie Melody(4:54)、自由奔放・開放的な雰囲気に包まれる。  B.Kessel(G)やH.Hawes(P)の集団的美の構築にも、成功しているようだ。  How High The Moon(7:44)、B.Kessel(G)とL.Vinnegar(B)の軽快な助奏の推進はとても心地良い、S.Rollins(Ts)の自由な・肩の力の抜けた・リラックスした・のびのびしたインプロヴィゼーションは不思議な魅惑に包まれる。  B.Kessel(G)の妙なる音色のソロは、すばらしい!。  You(4:15)、速いテンポ、VFeldman(Vib)の華麗なる見事なプレイ、S.Rollins(Ts)は鋭気いっぱい、力強いブローイングで呼応する。  I've Found A New Baby(3:38)、魅力的・シンプルなメロディーを入念に丁寧にブローイング。  後半、機知に富んだとても知的・内省的ななインプロヴィゼーションを展開。  I've Found A New Baby[Alternate take](4:24)、チャーミングなメロディーを優しく・自在に展開し、いつしか魅惑の興奮に包んでくれるインプロヴィゼーション。  Alone Together(5:59)、灰紫のたなびく憂愁に覆われた寛いだメロディー、H.Hawes(P)の知的な頭脳から手が出て来る演奏、B.Kessel(G)も同様に知的な陰影の濃いプレイ、とても甘いトーン。  S.Rollins(Ts)はとても人間臭さを感じさせるブローイングを提出している。  In The Chapel In The Moonlight(6:41)、スローバラード風、S.Rollins(Ts)はたっぷりと内省の吐露をストレートに行い、決して流麗でないむしろ無骨なブローイング、これが実に嬉しい。  B.Kessel(G)の洗練された発表、H.Hawes(P)の感性でなく知性直撃のプレイも心地良い。  The Song Is You(5:44)、複雑なメロディーが提出される、S.Rollins(Ts)に続きH.Hawes(P)再びS.Rollins(Ts)のソロ、いずれも苦悩に満ちた内省を見せる。  The Song Is You[Alternate take](6:10)、S.Rollins(Ts)は意欲満々に取り組みフリー・フォーム風なブローイングを、自信たっぷりに繰り広げる、実に聴き応えあり。  H.Hawes(P)は難解な現代音楽風な粘着力の稀薄なプレイを見せる。  S.Manne(Ds)の宮殿の構築が行われ、やがてこぞって参加する。  S. Rollins(Ts)、Victor Feldman(Vib)、H. Hawes(P)、B. Kessel(G)、Leroy Vinnegar(B)、S. Manne(Ds)、Release Date: Oct 20, 21 & 22, 1958。

♯♭♪ (*^.^*) : Karita Mattila 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Karita Mattila   Rombergs Sweetheart Sweetheart Over the Rainbow   Lehár/ Lippen schweigen "Vilja" & "Lippen schweigen" 1   Villa-Lobos/ Aria from Heitor ' Bachianas Brasileiras no.5   Sibelius/ The Tryst Luonnotar Var det en dröm? Svarta rosor Den första kyssen Toivo Kuula Hiljaa, hiljaa.. Norden Sancta Maria   A. Dvořák/ Songs my mother taught me Moon -Rusalka 1   Schönberg/ Gurrelieder -1 -2   Weber/ Ocean, thou Mighty Monster   Mozart/ Ach ich fühl's, es ist verschwunden Là ci darem la mano   Verdi/ Toi qui sus le néant Eri tu...! Rigoletto   Pucchini/ Vissi d'arte Sola perduta abbandonata   Puccini/ Tosca : Milena Canonero Torture Scene Floria... Amore Scarpia's Murder E non giungono Ah! franchigia a Floria Tosca Recondita Armonia E lucevan le stelle   Grieg/ Solveig's Song 1 En Svane Våren Manon Lescaut : Guardate, pazzo son In quelle trine morbide Sola, perduta, abbandonata Manon's Death Schumann/ Die Lotosblume Der Nußbaum Widmung   Schubert/ Ave Maria Fierrabras* Die Forelle Seligkeit Gretchen am Spinnrade Auf dem Wasser zu singen An die Musik   Tchaikovsky/ Eugene Onegin -1 -2   Mahler/ Ich ging mit Lust   R.Strauss*/ Dance of the Seven Veils 1 2 -1 -2 -1 -2 Laß mich es berühren, dein Haar! Er ist schrecklich three lieder Final Scene -1 -2 Morgen Frühling

♯♭♪ (*^.^*) : Horace Silver 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Horace Silver ♫ Top Tracks for Horace Silver * 0 1 2 Silver's Serenade Lonely Woman Nobody Knows Nica's Dream Strollin Lonely Woman Song for My Father 1 2 Señor Blues at Newport Doodlin' Señor Blues The Jody Grind The preacher Nutville Filthy McNasty Nica's Dream Que Pasa? Gregory is Here The Cape Verdean Blues The African Queen Nica's Dream Tokyo Blues Strollin' Cool Eyes Pretty Eyes Summer in central park + Sabu Room 608 Calcutta Cutie  Blowin' The Blues Away Love Vibrations Señor Blues The Natives Are Restless Tonight The Kicker Liberated Brother Baghdad Blues Pretty Eyes Umbria Jazz '76 Summer In Central Park Opus de Funk Ecaroh i had a little talk Won't You Open Up Your Senses Psychedelic Sally Enchantment Cool Eyes Creepin' In Acid, Pot Or Pills Edmonton The Kicker Quicksilver Stop Time Peace Jungle juice senor blues Que Pasa Moon rays Cookin' At The Continental Sighin' And Cryin' Nica's Dream Creepin' In Sister Sadie For Heaven's Sake Horace-Scope Serenade to a Soul Sister

♯♭♪ (*^.^*) : Leïla Chicot 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Leïla Chicot * ♫ Popular Leila Chicot Videos  Ca aurait du etre moi 1 Pour Une Autre Heaven San Vou Lov intans Avoué Aaliyah Toi et moi Flam inmew en secret Pardonner Mwen bizwen Renaissance 1 meme choix Momen Plézi Jamais Te Laisser Toi Et Moi Mété lè voil SENSUELLE Subtil Inmew en secre An son Guita Impass 1 Avoué de la belle Tu disais Caresse moi Tou Sel Tu M'aimes Trop Tard Enmé-w an sekrè @ Loft 44 I have a dream


nice!(165) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2579

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -5(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Cala Domestica (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2579

しばらくうとうとして、『トコッ!、トコッ!、……!』という音と、ズンズン足下を押さえる何者かの気配で、100万光年の第七銀河の向こうの遙か彼方の作戦地から突然任を解かれ呼び戻される。  しばらくなんとも天国的なほどよい重みを感じ、朦朧とした半覚醒の無重力をさまよいつつ、見えない生き物の挙動を察知しようと耳をそば起てる。  やがて =(・。.・)= が『……ャ!、……ゥ!』掠れてしまった声で合図をくれる。  掃き出し窓のほうに顔を向けていつもの発表を行う。

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3/ A Night at the Village Vanguard, Vol. 1  :     サングラスで口は半開きのアップ、赤っぽいモノトーン。  ライヴスポット特有の癖・バランスのラフなサウンド。  Old Devil Moon(7:30)、ライヴの話し声で開始、S.Rollins(Ts)の豪快なブローイングはストレートであり、直進の意欲がむんむんはち切れそうである。  Softly, As in a Morning Sunrise(6:37)、息遣いが間近に感じられる生々しいサウンド、ベースの弾ける音も柔らかくて張りがあり気分が良い。  Striver's Row(5:50)、S.Rollins(Ts)の堂々とした、外連味のないブローイングはホクホクと嬉しい。  Sonnymoon For Two(7:30)、S.Rollins(Ts)がガンガン猛烈な勢いでブローイング、スリリングな新しい試みがあり、正面からドンドン突き進む感じは実に嬉しくなる。  A Night in Tunisia*(8:52)、猛烈な速さでブローイングするS.Rollins(Ts)、どこかリラックスしており、とてもプレイを楽しんでいるような雰囲気が伝わってくる。  軽快な違った感じのプレイを披露して終わる。  I Can't Get Statted(4:00)、どこか吹っ切れたような、サバサバした開放感に溢れたプレイ。  S. Rollins(Ts)、Wilbur Ware,Donald Bailey*(B)、E. Jones(Ds)、Pete La Roca*(Ds)、Release Date:Nov 3, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : Karine Deshayes 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Karine Deshayes  ROBERTO ALAGNA -WERTHER- 19/01/2014 ACTE1(1) Début à "promesse oblige"~    Jean-Ferry Rebel/ Mouvement de sonate 2  JF Lapointe/ Acte 1 - Ouverture  Acte 1 "Il faut nous séparer" à "Un autre son époux !" Acte 2 - Début de l'acte à "Et j'ai l'âme ravie" (2) "Ai'je dit vrai"...fin de l'acte  Acte 3 - "Tiens Charlotte" à "Seigneur Dieu"  - Début de l'acte à "Tu frémiras" -1 -2  Acte 4 "Mort de Werther" Part 1 Saluts / Curtain Call  "Mort de Werther" Part 2   Juan Diego Florez/ Le Comte Ory    ARCOBALENO/ Somewhere Over The Rainbow    Purcell/ King Arthur, cold song "What power art thou ?"   Porpora/ Duetto per la Passione: IV "In hoc vexillo crucis"   Meyerbeer/ air d'Urbain - Les Huguenots,   Bellini/ Clara Polito canta Norma - Sediziose voci - Casta Diva -Adalgisa: Mi chiami o Norma...Si, fino all'ore estreme I Capuleti e i Montecchi - excerpt 2 Duetto nell'   Xerdi/ Nabucco - Choregies d'Orange     Rossini/  Il Barbiere di Siviglia : Una voce poco faLA CALUNNIA ...La Cenerentola - Nacqui all'affanno La Donna del Lago   Rameau/ Platée, "Formons les plus brillants concerts"   Gabriel Fauré/ L'hiver a cessé (Winter is over)   Ravel/ Shéhérazade: Asie OPh. de Liège   Bizet/ Carmen, Habanera   Mozart/ DIE ZAUBERFLÖTE  -f Le Nozze di Figaro: "Canzonetta sull'aria" Voi che sapete 1 Così fan Tutte: "Soave sia il vento" E amore un ladroncello   Bach/ Magnificat; Handel: Dixit Dominus HWV 232 -1 -2   Händel/ De torrente in via bibet  "De torrente"  Rinaldo, "Lascia ch'io pianga" "Venti turbini"  "Lascia ch'io pianga" Giulio Cesare, "Se pietà"

♯♭♪ (*^.^*) : Herbie Hancock 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Herbie Hancock ♫ Top Tracks for Herbie Hancock * 0 1 2 3 Riot Speak Like a Child First Trip Toys Goodbye to Childhood The Sorcerer Maiden Voyage Survival of the Fittest The Eye of the Hurricane Dolphin Dance Little One Cantaloupe Island Oliloqui Valley One Finger Snap Blow Up The Egg -1 -2 Left Alone Blind Man, Blind Man Kiddush Perth Australia Day Skyworks 2010 Fill Your Hand A Song For You Aung San Suu Kyi -1 -2 Sonrisa -1 -2 Herbie Hancock 2 1/2 Pat Metheny quartet -1 -2 -3 Lush Life Cantelope Island 1 2 The Man I Love Eye Of The Hurricane -1 -2 Turn Out The Stars at Jazz a Vienne 1/7~ Drifthim Watermelon Man  Herbie Hancock on Jazz Central -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 The Spook Who Sat By The Door So What M・Davis, H・Hancock,W・Shorter,R・Carter Actual Proof Butterfly Joanna's Theme

♯♭♪ (*^.^*) : Kompa 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ zouk love comp / kompa ♫ Kompa & Zouk Music ♫ Haitian Music: Kompa & Zouk ♫ Kompa-Zouk     Zouk love 1 2 3 4 5 6 7 nichols 1 Pairris princess lover mon soleil Dis- moi si tu veux Vinni Dann Junior joyce ft ridge A tes coté ft. Richard Cavé of Carimi princess lover nuit torride  ali & marisa hotel bijoux Warren Black Parents  Misty Jean 1 La rival Kaysha MANIAK FULL JAZZ Marvin t-vice ft Tounen |  Isidora Sweet Micky Marc Onana Problem Jistis zenglen Et Pourtant Luck Mervil Piwouli Glisse J`ai soif de toi imthe1ladies fea you're the onei


nice!(151) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2578

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -4(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Portu Cauli -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2578

顎を背に乗っけていると、暖かくて『ゴロ~∝∽!、∝∽……!』と、『ドドド!、……! 』の混じった、船に乗ったようなエンジン音と、体全体の息づかいが顎の骨に直に伝わり波動がズンズン伝わる、『あぁ*……*』。    日曜日の早朝、とてつもなく早く目が醒めた、熱帯のむせ返るような情熱がたれ込める美味しいコーヒーがあるので、サンジェルマンの”クリームデニッシュパイ”とシナモンドーナツ、それにカリカリのベーコンエッグですばらしい朝食をしたいと思って布団に潜り込んでまだ数時間しか経っていない。

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ Way Out West  -f :     ジャケットは痛快極まりない、西部の”白っぽい荒野”、右手をガンベルトにかけ、左手でサックスを抱え、ふんぞり返り不敵な笑み。  これは世界的な名カメラマン、ウィリアム・クラックストンによる、スタイリストはSonny Rollins本人。  野牛らしき頭蓋骨が転がっておるから、きっと拍車付きのブーツの右足でガラガラ蛇の頭を、むんずと押さえているに違いない。  暗い地下部屋で、荒野の乾いた風や直射光を感じながら、極上のJazzエッセンスを楽しめるまたとない希有なアルバム。  Sonny Rollinsの西部への憧れが詰まった、貴重な・実に幸せなアルバム。  作者の夢がこんな形で具現された例は他にないだろう。  S. Manne(Ds)とRay Brown(B)稀なリズム部門であり、協演は初めてらしい。  聴く度に心地良い新鮮さを感じる秘密の根源かもしれぬ。  シンプルなJazzらしからぬテーマであったり、突拍子もないメンバーなど、意外な状況であればあるほど、傑作を生み出すSonny Rollinsの面目躍如たる傑作である。  きっとバイアスが掛かり動作点がいいところに移動する、あるいはいいテンションがかかりリラックスして容易く佳境に達するのでしょうか!?。  サウンドの豪放さに反して、神経の繊細なアーチストS.Rollinsの、心境をあれこれ考える歓びがある。  S.Rollins(Ts)のトーンはとても張りがあり自信に溢れている。  屈託無くのびのびとインプロヴィゼーションを繰り広げる、聴く者はなんとも、いい寛いだ雰囲気に包まれてくる。  I'm An Old Cowhand(5:42)、『パッカ!・パッカ!・……♪』なんともユーモラスなパーカッション、洒脱なセンスに先ず驚かされ、洗練された演奏・サウンドにだんだん引き込まれていく。  I'm An Old Cowhand(alternate take)(10:09)、S.Rollins(Ts)は屈託無くのびのびとインプロヴィゼーションを繰り広げる、聴く者はなんとも、いい寛いだ雰囲気に包まれてくる。  R.Brown(B)のよろこびのソロはとても嬉しい。  Solitude(7:52)、ゆったりしたバラード風、タラタラしたブローイングであるが、予想の出来ないインプロヴィゼーションから揺るぎない美が構築され、絶妙のカタルシスが侵出する。  R.Brown(B)の訥々としたプレイは不思議な魅惑を提出する。  Come, Gone(7:53)、速いテンポで目眩くインプロヴィゼーションを次々に繰り広げる。  トーンはとても張りがあり艶やか、澄明な美しさがある。  Come, Gone(alternate take)(10:29)、堰を切ったかのように次々に発明の数々を繰り広げる。  とても広くて深い懐から生み出される魅惑の響きは、無垢な構えで出来れば、何も考えずに堪能したい。  Wagon Wheels(10:11)、『ポコ!・ポコ!・……』不思議なパーカッション。  S.Rollins(Ts)はタラタラとのびのびとブローイング、それは全て発明・インプロヴィゼーションの連続であり、清潔な草原であり、清浄の砂礫の河原である。  There Is No Greater Love(5:17)、バラードなんだろう、圧倒的なRollinsの世界が眼前に拡がり、真っ新のインプロヴィゼーションの平原が拡がる。  Way Out West(6:30)、弾むようなシンプルなテーマが提出される。  幾度となく繰り返し次第に変化を遂げ、サウンドは柔軟な変化を遂げ、展開はますます深くなり、インプロヴィゼーションはとてつもない地平に向かう。  R.Brown(B)の屈託ないストレートなプレイ、S.Manne(Ds)の洗練され引き締まったプレイは心地良い。  Way Out West(alternate take)(6:37)、荒野を突っ切り、崖をよじ登り、森を抜け、河原を彷徨い河を渡り、草原に埋没しつつ侵攻する。  なだらかな斜面を登り、頂上で息をつき、風に吹かれ下界を見渡す。  ゆっくりと腰を下ろす。  S. Rollins(Ts)、S. Manne(Ds)、Ray Brown(B)、Release Date:Mar 7, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : Karajan,Herbert von 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Karajan,Herbert von H. Wieniawski/ Legende   A. Corelli/ Concerto grosso in G minor   G. Holst/ The planets Op. 32    Bruch/ Violin Concerto no.1 Adagio   Strauss/ Voices of Spring Fledermaus Overture The Blue Danube Waltz Perpetuum mobile   Albinoni/ Adagio 1   Pachelbel/ Canon 1   Liszt/ Hungarian Rhapsody no2 no.4   Grieg/ Holberg Suite Peer Gynt Suite no.1 Piano Concerto -1~   Sibelius/ Symphony* Finlandia 1 Valse Triste Tapiola -1 -2 Karelia   Smetena/ Die Moldau   G. Rossini/ William Tell Overture   Respighi/ Pines of Rome   Verdi/ Don Carlo -1~ Aida Requiem Nabucco -Overture   Saint-Saëns/ Samson et Dalila, 'Mon cœur s'ouvre à ta voix'   Mascagni/ Cavalleria Rusticana, 'Voi lo sapete' Intermezzo 1   Bach/ Orchestral Suites  no.3 Erbarme dich   Weber/ Overture From 'Der Freischutz'   Mozart/ Overture Die Zauberflöte Symphony* Violin Concert* Requiem -f   Schubert/ Symphony* Rosamunde -1 -2   Schumann/ Symphony no.1~4 -f   Brahma/ Symphony* Variations On A Theme By Haydn, op. 56a   Beethoven/ Symphony* Overturte : Fidelo Leonore III Coriolan Piano Concerto no.3 -1 -2 -3 no.5   Bruckner/ Symphony*   Tschaikowsky/ Symphony* Piano Concerto no.1 Capriccio Italien op.45   Dvorak/ Symphony* Slavonic dance op.72-8   Berlioz/ Symphonie fantastique   Bizet/ L'Arlesienne Suite no.1 -1 -2   Ravel/ Alborada del Gracioso Daphnis et Chloé: Suite no. 2   Debussy/ Pelléas et Mélisande La Mer   Shostakovich/ Symphony no.10   Mahler/ Symphony*    Schoenberg/ Verklärte Nacht   Alban Berg/ Lyric Suite Marsch op.6-3   Webern/ Passacaglia op.1 3 movements op.5   R.Strauss/ Also sprach Zarathustra -f Don Juan op. 20 Ein Heldenleben -f Death and Transfiguration   Wagner/ Lohengrin Ouverture Tannhäuser 1 Gotterdamerung-Schau, du Schelm Tristan und Isolde Prelude -1 -2 | Rrehearsal* 。

♯♭♪ (*^.^*) : Henry Threadgill 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Henry Threadgill ♫ Top Tracks for Henry Threadgill * To Undertake My Corners Open ZOOID @ Roulette -1 -2 -3 -at De Effenaar -1 -2 -3 -4 Do The Needful @ Jazz Gallery -1 -2 Around My Goose Ambient Pressure Thereby @ Iridium, 9-29-12 wise in time Jazz Festival 2005 -(#1) -(#2) Henry Threadgill -f  Henry Threadgill Part -1 -2 Song Out Of My Trees Grief Gateway untitled tango Mosaic Records Box Set The Jick Or Mandrill's Cosmic Ass G.v.E And This Hamburg 1988 Side Step Laughing Club The Flew Chicago Breakdown 100 Year Old Game Lilies, Blind Eyes and Cricket A PLACE FOR JAZZ B.K. Soft Suicide at the Baths I Can't Wait Till I Get Home &  the Society Situation Dance Band -1 -2 -3 @ Fabrik, 1988 Bermuda Blues Paille Street Good Times Tickled Pink Like It Feels Noisy Flowers Make Hot And Give Paper Toilet Better Wrapped In Touch Little Pocket Size Demons | Playing it UNsafe Composer Journeys : Sean Friar Part -1 -2 -3 The Schwendingers Between Orchids, Lilies, Blind Eyes and Cricket Vivjanrondirkskie 。

♯♭♪ (*^.^*) : Kompa 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ zouk love comp / kompa ♫ Kompa & Zouk Music ♫ Haitian Music: Kompa & Zouk ♫ Kompa-Zouk     Zouk love 1 2 3 4 5 6 7 nichols 1 Pairris princess lover mon soleil Dis- moi si tu veux Vinni Dann Junior joyce ft ridge A tes coté ft. Richard Cavé of Carimi princess lover nuit torride  ali & marisa hotel bijoux Warren Black Parents  Misty Jean 1 La rival Kaysha MANIAK FULL JAZZ Marvin t-vice ft Tounen |  Isidora Sweet Micky Marc Onana Problem Jistis zenglen Et Pourtant Luck Mervil Piwouli Glisse J`ai soif de toi imthe1ladies fea you're the onei


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2577

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion -3(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Portu Cauli (ストリートビュー) 

雨の日の釣り師-2577

人物を認めて駆け出す。  『 …………* 』 =(・。.・)=  傘の影に決して入ることなく、平行して建物に沿った野獣の轍を駆ける。  開けたドアにスルリと駆け込む、全く音がしない。  いつも机の下から背伸びをして、人物が何をやっているか調べようとする。  とうとうH90cmの机の上に”パッ!”と音もなくしなやかな身のこなしでやってきて、両手を人物の胸のセーターに架けたり、種伝来の挨拶であるところの顔を舐めようとする。  不思議とキーボードを手で押さえたりしないから安心する。

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ S. Rollins, Vol.2 :     ジャケットは、黒と淡いブルーのモノトーン、サックスをぶら下げ、煙草を吸っている。  Why Don't I(5:45)、意欲満々・ユーモラスなテーマがユニゾンで提出される。  S.Rollins(Ts)の渋いトーン、颯爽たるストレートなブローイングが心地良い。  J.J. Johnson(Tb)の渋くて内省的な放射、H.Silver(P)の明快な楽天的に感じるいプレイ、S.Rollins(Ts)の渋くて豪放なブローイングが、目まぐるしく入れ替わりバトルを繰り広げる。  Wail March(6:10)、速いテンポで目まぐるしく変化する、J.J. Johnson(Tb)の軽快な放射は爽快!、S.Rollins(Ts)の素早いブローイングはストレートで小気味よい。  H.Silver(P)の卓抜なプレイは渋くてすばらしい!。  Misterioso*(9:24)、作者T.Monk(P)のソロで開始、2管アンサンブルがしっかり反復、S.Rollins(Ts)の豪快なブローイング、大股歩き風のスタイルはとても満足。  T.Monk(P)の小気味よい・独得のタッチは冴え渡り・展開は聴き応えあり、J.J. Johnson(Tb)の自在な放射は、”矯め”が実に味わい深い。  Reflections*(7:03)、T.Monk(P)の縦横無尽なプレイはゆっくりしたテンポの中に、スピードを感じさせ・スリリングでありすばらしいもの。  S.Rollins(Ts)の丁寧なブローイングに好感を感じる。  You Stepped Out Of A Dream(6:24)、2管の対位法的な演奏で開始。  S.Rollins(Ts)は力の隠った峰法な実に心地良いパワフルなブローイング。  J.J. Johnson(Tb)ののびのびした放射は、ストレートな気概が溢れすばらしい!。  P.Chambers(B)のボーイングがあり、演奏者が目まぐるしく入れ替わり、めいめいが卓抜なプレイ、次第に合奏となり分厚いサウンドになりコーダ。  Poor Butterfly(6:08)、ゆったりしたテンポの憂愁情緒の漂う曲。  J.J. Johnsonが弾むようなとても明快なスタイルで演奏。  H.Silverの明快なタッチの華麗な演奏もテンポルバート風に聞こえる。  P.Chambersのソロに2管が被さり、対位法的な見事な演奏で終わる。  J.J. Johnson(Tb)、S. Rollins(Ts)、Horace Silver,Thelonious Monk*(P)、P. Chambers(B)、Art Blakey(Ds)、Release Date: Apr 14, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : Karina Gauvin 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Karina Gauvin Porpora/ Smanie   Scarlatti/ Caro Isac, amato figlio   Henry Purcell/ Dido & Aeneas, "When I am laid in earth"   Baïlèro/ Chants d'Auvergne   Handel/ Care Selve Oh, that I on wings could rise Se pieta Da te parto, ma concedi Quanto dolce Amor sarìa Ombre, piante, urne funeste Verdi piante, erbette liete Io t'abbraccio Spietati, io vi giura Se il mio duol non è si forte Ah ! Mio cor, schernito sei Non son io che parlo Se il cor ti perde Tornami a vagheggiar 1 Fonti amiche aure leggere Felicissima quest'alma Mi restano le lagrime Mi volgo ad ogni fronda Il mio crudel martoro tornami a vagheggiar La mia costanza Lascia chi'o pianga Let the bright seraphim Ah! Ruggiero crudel...Ombre pallide Sì, son quella! Non più bella   Vivaldi/ Scherza l´aura lusinghiera Si con pace   Josephe Canteloube/ l, din lo coumbelo   Britten/ The Ash Grove   Couperin/ L'Embarquement pour   Mahler/ Symphony 4 Symphony no.2, 'Resurrection'   Porpora/ Miseri sventurati Si caro ti consol Smanie Misera Scenturata Non son io che parlo,。

♯♭♪ (*^.^*) : Henry Grimes 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Henry Grimes  Fish Story Sounds and Colors A Stone Communion Profound Sound Trio Walk On the call J. Moondoc Quartet @ The Stone Edward Wilkerson on Fire! Memorial at the Clef Club marzette watts -geno Olive Oil String Bass Player Backdrop for Urban Revolution Henry Grimes Trio Profound Sound Trio Purity Marc Ribot Trio -1 -2 -3 Enter, evening Steps Cecil Taylor at the Village Gate 1965 - Number One 75th Birthday Concert Festival Djazz de Nevers 2011 marc ribot trio..London 2011 London 2011 1 London Live 28Oct 2011 Chicago, March 2011 Invocation Hamid Drake Trio Vision Festival 17 - June 12 2012 @ Cafe Oto 12.12.11 Vision Festival 2003 -1 -2 -3 By Matt Archibald September 4, 2010  Vincent Davis, David Boykin -1 -2 -3 SPIRITUAL UNITY -1 -2 1 BLUE MONK Sonny Rollins trio -1 -2 -3 SPIRITUAL UNITY St. Thomas It Don't Mean a Thing Paul's Pal 2 3 Love Letters TAKE FIVE Autumn Leaves - 10.14.2008 Henry Grimes w. T. Aoki, F., and C. Taylor Amiri Baraka reads Black Art  The Long And Winding Toad Walking Again After All These Years  Spirits Rejoice Unite there is the bomb The Thing Whisper Not Lennie Bird No Problem MARZETTE & COMPANY The Pace Report: "Jazz For Obama 2012" Moon Ray Brilliant Corners | Life 。

♯♭♪ (*^.^*) : Kassav 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Kassav * 1 Rété Ou lé" Djoni Ou la Mwen Di Ou Awa Mwen Malad Aw Mwen di ou awa Ou Rété Ou lé" Mwen Di Ou Awa Siw Pa La Mwen Malad Aw Ou  Sye Bwa A01- Siwo Pa bizwen palé Oh Madiana Aye Wep Bizness Stade de France - LIVE 1/2 Festival Amsterdam 2015 Yélélé Bel kréati Wep Chiré Live Zénith 1989 NOUVEL ALBUM 2013 SONJE The lastshow Médiator le 13 mai 2016 ayen pa mol 1987 Zombi Sé pa djen djen DOUBOUT PIKAN L'histoire d'un groupe légendaire Souskay MWEN VIRé Sé Pa Dejen [Slow Zouk] PIÉ MWEN  Ballad creole (c) TARATATA Sa Ki Ta La Soulajé Yo An Ba Chen N La Tout La Rivyé Ka An Lan Mé Filé Zétwal  Dous' Jocelyne Beroard Mové Jou LIVE 2015 MOZAMBIQUE - QUELIMANE Mystik  Ou Lé (1989) Kalkilé LES 20 ANS à BERCY 1999 Paris France MWEN ALE Kolé Séré Zenith 89 Live @ Laborday Weekend Fest 2016  live ... Soleil, Siwo,Mwen alé,Kay Manman   Siwo Zouk La Se Sel Medikaman Nou Ni


nice!(158) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2576

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Mountion 〃 -2(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Spiaggia di Masua(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2576

兄弟だろうか?!、燃えるような恋の対象なのか?!。  所帯?!を持つとあるいはその前提のランデブー?!を行うと、同棲は終わりになるかも知れない?!。    輪切りの魚、ミルク、雪印 ”毎日骨太ベビーチーズ”、イリコ、花鰹を空色の”○”に入れる。  今日は、駐車場に姿が無かった、仲良し駆けっこのすばやく地面を疾走する野獣はいなかった。  車の下に寝そべったりもしてないようだ。  口笛で呼んでみる、『∝……、∽……*、 ……♪』。  『……ャ』小さな消え入るような発表があり、近所のアパートの縁の下から茶と黒の頭が覗いた。

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ European Concerts :     ジャケットは、見事な顎鬚、ブルーのゆったりした半袖シャツ、豪快にブローイング中。  1957年と1958年、1962年のヨーロッパでの三つのライヴ・セッションを収録。  後半2曲は、それぞれ16分と24分と長く、S.Rollins(Ts)は今までにない稀な側面・フリー・フォームでインプロヴィゼーションを展開、コルトレーンを想わせる息つく暇もない激しいブローイングを披露、熱気に包む。  Oleo(6:35)、S.Rollinsの曲、1957年、ジャムセッション、ソロオーダーはS.Rollins(Ts)からM.Jackson(Vb)へ、ついでK.Drew(P)へさらにP.Heath(B)と移る。  A.Blakey(Ds)とのそれぞれの呼応・反射・対抗があり、次第に盛り上がる。  Sonny's Blues(9:27)、1957年Oleoと同じセッション、S.Rollinsの曲・ブルース、1958年。  M.Jackson(Vb)のソロを経てS.Rollins(Ts)の豪快・奔放な力漲るブローイング、K.Drew(P)のソロへと続く。  ジャムセッション風に入り乱れて迫真のプレイ。  Lover*(16:28)、リチャード・ロジャースの曲、J.Merritt(B)とM.Roach(Ds)とのトリオ。  S.Rollins(Ts)は今までにない稀な側面を見せる。  鋭気漲るフリー・フォームのブローイングであり、息つく暇もないような激しくエモーションの固まりの限りない噴出、長くとても充実した内容。  M.Roach(Ds)の火の出るような、もの凄い・すばらしい!ソロもある。  J.Merritt(B)のソロを経て、S.Rollins(Ts)の激しい、納得のブローイングで完。  Sonnymoon For Two゜(23:50)、S.Rollinsの曲、1962年、Don Cherry゜(Cor)との協演がとても珍しい。  S.Rollins(Ts)はとても大胆・豪快・豪放・シンプルなインプロヴィゼーションをパワフルに展開する。  H.Grimes(B)のソロ、ボーイングを経て、D.Cherry(Cor)のソロ。  Don Cherry゜(Cor)、S. Rollins(Ts)、Milt Jackson(Vb)、K. Drew(P)、Henry Grimes゜,Jimmy Merritt*,Percy Heath(B)、Billy Higgins゜,Max Roach*,Art Blakey(Ds)、Release Date: Jan 1, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : June Anderson 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -June Anderson J.Strauss/ Die Fledermaus : Czardas   Mozart/ Die Zauberflöte : Der Hölle Rache Die Entführung aus dem Serail : Martern aller Arten   Thoma/ Mignon : Je Suis Titania   Meryerbeer/ Ombre légère 1 Robert Le Diable :    Massenet/ Manon : Obeissons quand leur voix appelle Suis-je gentille ainsi... The Passion of Bel Canto -1 -2 -3 -4 -5 -6   Donizetti/ La Fille du Regiment Le convenienze ed inconvenienze teatrali : -1 -2 Lucia : Il pallor funesto, orrendo...Soffriva nel pianto...Se tradirmi Regnava nel silenzio . . . quando rapita in estasi Spargi d'amaro 1 sextet Anna Bolena : -1 -2   Bellini/ La Sonnambula : Ah! non credea mirarti 1 2 Spargi d'amaro pianto Norma  : -f -1~ Casta Diva 2 Il Pirata :