So-net無料ブログ作成

雨の日の釣り師-2562

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -NASA Apollo 14 Command Module -1(ストリートビュー)イタリア -サルデーニャ島、Cava Usai(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2562

開けるとちょっと後ずさって、きっとドアにくっついていたのだろう、スルリと入りトコトコ走る。  冷蔵庫から生シャケを出し、3cmくらいづつに切って供する。  冷蔵庫の前に立つと足下に纏わり付き、蹴躓きそうになる。  ジーンズによじ登ってなにやら発しながら、何があるのか?!、なにをやっているのか?!、懸命に見ようとする。  背中を頭から尻尾までなで下ろしてやる、尻尾をピンッ!と起てて前屈みになり、なにやら言いながら掌に横顔を擦り付ける。  強い力で押すので同じ力で支える。 

♯♭♪ (*^.^*) : Randy Weston 1 2 3 4/ Khepera/ Verve POCJ-1428    :     壮大な交響詩を想わせる、粳米の団子の粘着力である。  T・キブウェ(As,Flt)の卓抜な素早いブローイング、タギング、目眩く色彩の響きがすばらしい!。  あいかわらず、たらたらとひたすら拡散するばかりで、なかなか掴まえがたい。  決して好きになれない部類である。  埋没する危険もないだろう、だから安心できる。  常に前奏曲風に長い城壁が連なる、これを辿ってはいかん、眺めるべきもの。  深く脳の奥深く残ってしまう一撃がある、裏切りの斧。  打ち下ろされ露呈したホッサマグナ、深い緑を帯び悲嘆にくれている、随所にキラリ!と魅力的なサウンドが出現する。  ストラビンスキーの洒脱・ザッハリッヒ・構築耽美が顔を出す、熱帯雨林の猛繁がよぎる。  レーベルが現在最高の水準を驀進中の”Verve”だけのことはあるわい!、と感心する。  いわゆるJAZZらしく見えないが、一番JAZZとして大切な、エモーションと突進する動機・新鮮をしっかり感じさせてくれる。  永い間片づけられることなく、棚のどっかの隅っこであり続けた、その秘密を確かめられた畢竟の佳作である。  Creation(3:58)、ゴングが轟き渡り、静寂が満ち渡る。  Anu Anu(8:31)、呻きや軋みなどが徐々にテンションを高めた頂点での打弦の打ち下ろし、B・パウエル(Tb)の木漏れ日を想わせる咆哮、T・キブウェ(As)のブローイングでの開始はとても魅力的。  The Shrine(11:50)、パカパカお馬さんの散歩のリズム、低減から自在に這いまわるピアノのはち切れるエモーションは、すばらしい!。  T・キブウェ(As)の絶叫のブローイングはとても魅力的!、B・パウエル(Tb)や民族打楽器が加わりサウンドは部厚くなる。  R・ウェストン(P)の点描的なプレイから、部厚いサウンドのオブリガート、T・キブウェ(Flt)の清冽なパワフルな息遣い、打ち下ろされる打弦、次第に熱気を帯びてくる。  The Shang(7:50)、鐘・ゴングで始まる、ミン・シャオ・フェン(琵琶)の澄明な静謐・幽玄・侘び・寂びの情緒たっぷりの演奏。  R・ウェストンが接待するが、全く調和しない、サウンドと情緒が激しく対立し戸惑っている。  Prayer Blues(6:23)、T・キブウェ(As)のとても魅力的なブローイング、とR・ウェストンの呼応、やがてアンサンブルがゆったりとうねり始まる。  B・パウエル(Tb)の寛ぎのソロ、P・サンダース(Ts)の絶叫・悲嘆の剥き出しブローイング。  ゆったりしたメロディーアンサンブルの絶妙の美しさ。  Boram Xam Xam/ボラン・サン・サン(4:22)、コンガのリズムにA・ブレイク(B)のパワフルな推進と激しい複弦弾き!、R・ウェストン(P)のダイナミックな起伏の耽美、C・ベイ(AshikoDrums)のユーモア。  Portrait Of Cheikh Anta Diop(8:56)、A・ブレイク(B)の魅力的なピチッカートで開始、物々しい海戦の始まりのようなサウンド、挑みかかるようなエモーションに溢れている。  T・キブウェ(As)の目眩く響きはなんとも愛らしい。  B・パウエル(Tb)が滔々とダンディズムをムンムン放射。  P・サンダース(Ts)の動物的な卓抜なブローイング。  A・ブレイク(B)の激しい複弦弾き!、繰り返すアンサンブルの海戦ユニゾンは次第にフェイドアウト。  Niger Mambo(6:31)、マンボの快活なユニゾンで始まる、たちまちT・キブウェ(As)の思慮深い芦笛が世界を平定する、B・パウエル(Tb)のラテンの血が跳躍する、T・キブウェ(As)の安堵に満ちた疾走は爽快そのもの。  A・ブレイク(B)の激しい複弦弾き!、パーカションの目眩く色彩と情熱のソロ。  ダイナミックユニゾンで夕焼け空に退散する、『エー…、エイヤハー、……』。  Mystery Of Love(9:40)、R・ウェストンの猛烈な打弦で開始、お馬さんの散歩のリズム。  T・キブウェ(Flt)の卓抜な素早いタギング、目眩く色彩の響き、P・サンダース(Ts)の滔々とした得心のブローイング、多彩なポリリズムのパーカッション。  R・ウェストンのリリックな展開はとても間合いを取っている、じっくり聞き込み耽美する猶予を提供しておるのさ。  Randy Weston(P)、P. Sanders(Ts)、Talibb Kibwe(As,Flt)、Alex Blake(B)、Benny Powell(Tb)、Victor Lerwis(Ds)、Chief Bey(Vo,AshikoDrums)、Min Xiao-Fen/ミン・シャオ・フェン(Gng,Pipa/琵琶)、Neil Clark(Prc,Gng,Cng,AfricanPrc)、Melba Liston(Arr)、Release Date:Oct 6, 1998。

♯♭♪ (*^.^*) : Janet Baker 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Janet Baker  Handel/ Joshua : O had I Jubal's lyre Xerxes : Ombra mai fiu Giulio Cesare : Empio, dirò, tu sei Se in fiorito ameno prato Quel torrente che cade dal monte Joshua : O Had I Jubal's Lyre Hercules : Where shall I fly? Rodelinda : Pompe vane di morte!..."Dove sei, amato... Messiah : He was despised and rejected of ment Cantata : La Lucrezia   Mozart/ Idomeneo : Non temer, amato bene Così fan Tutte : E amore un ladroncello Ah scostati! ... Smanie implacabili La clemenza di Tito : Deh Se Piacer Mi VuoiExultate, jubilate Ch'io mi scordi di te   Vivaldi/ Gloria Pergolesi : Ogni pena più spietata   Monteverdi/ Disprezzata regina Il Ritorno d'Ulisse in Patria : -1~   Caccini/ Amarilli~   Antonio Cesti/ Intorno all'idol mio   Henry Purcell/ Dido and Aeneas : Dido and Eneas, But death, alas! When I am laid in earth Ah Belinda, I am prest with torment 1 When I am laid in earth 1   Respighi/ Il Tramonto Aretusa   Gluck/ Armide : Le perfide Renaud me fuit Orfeo ed Euridice : -1~ Che farò senza Euridice Alceste : Où suis-je?   Bach/ Buss und Reu Es ist vollbracht! Vergnügte Ruh Bereite dich, Zion Schlummert ein, ihr matten Augen Schlafe, mein Liebster, genisse der Ruh   Beethoven/ Ah! You treacherous   Bellini/ I Capuleti e i Montecchi : Vieni, Ah! Vieni   Donizetti/ 'Mary Stuart : -1~ Final   Faure/ Automne Chanson du pêcheur Prison Mai Clair de lune   Saint-Saens/ Samson et Dalila : Mon coeur s'ouvre a ta voix   Maurice Duruflé/ Pie Jesu   Massnet/ Werther : Letter Scene   Chausson/ perpétuelle Poème de l'Amour et de la mer 1   Berlious/ Nuits d'été  : -f Le spectre de la rose Au cimetière Absence L'ile inconnue La mort de Cléopâtre : -1 -2 La Damnation de Faust : flamme Les Troyens : Adieu, fiere cite Cassandre   Mendelssohn/ Auf Flügeln des Gesanges   Schumann/ Nun hast du mir   Brahms/ Von ewiger Liebe   Schubert/ Nacht und Träume Auf dem Wasser zu singen Ständchen Abendstern Die Junge Nonne An die Musik Who is Sylvia?   Elgar/ Cantata Sabbath Morning at Sea Where Corals Lie The Dream of Gerontius : The Angel's Farewell Angel   Garnett/ Where Corals Lie   Gerald Finzi/ Let Us Garlands Bring   Mahler/ Der Abschied -f : 0 1 Ich atmet' einen linden Duft Lieder eines fahrenden Gesellen Wenn mein Schatz Hochzeit macht Des Antonius von Padua Fischpredigt Ich bin der Welt abhanden gekommen I Have Lost Track of the World Ging heut' morgen übers Feld Von der Schönheit   Arnold Schoenberg/ Lied der Waldtaube   Benjamin Britten/ Phaedra   Liszt/ Über allen Gipfeln ist Ruh   R.Strauss/ Morgen Befreit   Wagner/ Wesendonck Lieder 12

♯♭♪ (*^.^*) : George E. Lewis 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -George E. Lewis  Derek Bailey George Lewis Duo Donaueschingen (Duo)  -f The Shadowgraph Series  "Interactive Trio" Music for Trombone and Bb Soprano   Lush Life (1977)   and Vijay Iyer in Concert  Voyager Duo 4  Duo improvisation for trombone and erhu  MacArthur Foundation:  Ornithology "Unison" by George Lewis (part 1 of 2)  -1 -2 bound (2006)   From Saxophone & Trombone - Two (1980)  Toneburst, Piece for Three Trombones  The Story's Being Told  Funk In Deep Freeze   Suite #1 - Live in Verona (1979)  Ojai Music Festival 2017: The Trio, Sunday  L-R-G back on 52nd street 5  Joelle Leandre and George Lewis  Emergent  Not Alone Thistledown (world premiere)  'Kneebus'  Artspeaks  Home Coming Analysis  Chicago Slow Dance and Marina Rosenfeld Sour Mash  Bill Dixon , George Lewis- Part II  〃Part2 〃Part3 〃Part4 Rob Burke, George Lewis, Paul Grabowsky, Mark Helias musician & machine   "Forever Charles"  @Live / 20 mars 2010 @Live / 20 mars 2010 -1 -2  @Live / 20 mars 2010 / Le Blanc-Mesnil   THE BERLIN/MONTREUX CONCERTS (1977)  Tnoona  20 mars 2010 / Le Blanc-Mesnil  -1 KD's Motion -John Zorn, George Lewis, Bill Frisell  Voyager ISEA 2015  Anthony Braxton Trio 1985  George Lewis: North Star Boogaloo  George Lewis: Interactive Trio  R Mitchel + M R Abrams + G Lewis  Duo - Composition 64 The Mangle of Practice for Lulu 2015 Mnemosis  The Trio 29 08 2009)  "Composition 40 F  "Foreword"  Yūji Takahashi: Tree (1991)  Creative Orchestra Music, March  Either/Or: George Lewis - Signifying Riffs: Unison  GIO Fest 2012  George Lewis- North Star Boogaloo -1 -2 Eric Metcalfe/George Lewis: Ikons (2010)  Kim Menzer  at the Chicago Jazz Festival  George Lewis performs @Saalfelden JazzFestival 2012  Anthony Braxton 1977 Möers  at the 2015 Chicago Jazz Festival  Anthony Braxton, Composition 45  Globe Unity Orchestra • Phase B (1983)

♯♭♪ (*^.^*) : Capleton 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Capleton * 1 2 Some Day LIVE TO SEE THEM sizzla Galong Galong Search Fi and Find Break Us Apart Burn Dem Down Dem Doom Dem no like me More dem try Fire live in Paris -f Live In Boston -f That Day Will Come Alms House Why Worry Some Day Rise Bun Dung Dreddie Mama You Strong Acres Blessing How Dem A Galang So Barrington Levy So we stay Who I Am Ton load Jah Jah City 1 High grade people want change Bounce 40 suppon Good Inna Har Clothes More Girls.. girl More Fire -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 Don't Dis The Trinity Can't Sleep At Night Man Kind Zion Medley Who Dem Songs of joy PON TOPPA TINGS 1 Tek It To The Heights Chalice 1 reign of fire Never Share Prophet Rides Again & Sizzla Stop them Live Rototom 2006 Fire Is Burning


nice!(160) 
共通テーマ:音楽

nice! 160