So-net無料ブログ作成

雨の日の釣り師-2070

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -ヨセミテ -Merced River(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Wilson Island(Google Maps ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2070

報道は文学でない、なぜなら哲学が欠如している、まさに無用の場所。  紋切り語句愛好・手抜き報道者がよく言う”大気が不安定”というやつ。  NHKがよく使う”いわゆる……”という常套文句ははなはだもって、腹立たしいかぎりだ。  自らを第三者の立場に置いた発言に見せかけつつ、独善的、圧倒的寡占メディアの力を漂わせ、”言葉”を弄ろうとしている背景が見え、ふつふつと不機嫌が頭をもたげてくるから。  未だに、NHKFM番組表を自ら?!の頭、資金でWebに提供していない、もしかしたら全番組を聞いて欲しいのだろうか?!。  

♯♭♪ (*^.^*) : Jim Hall 1 2 3/ Concierto De Aranjuez   ♫ -f  :     Unfinished Business(2:38)* 弾むように電気弦が歌い出す。  このだらだらした序曲は、組曲第二番の序曲  に匹敵する、期待とゆとり・じらしのヨロコビに満ちたものであり。  パルテノン神殿風の音楽堂に登る急な・長い石段を歩むワクワクに、早く気がつきたかったと後悔した。  アメリカホームドラマのありきたりの日常は、差別化大好き市民・プチ贅沢愛好人のまたとない、味方・くすぐり・糧・潤い・癒し・イヤシでもある。  サックスも歌い、ホーンも矯めたっぷりの放射。  打弦は、ポロポロありきたりにかき混ぜ終了、低弦は倦まず快感・耽美の嗾け・煽りを止めない。  ホーンがデッキに登場、あっけらかんとテーマを発表。  電気弦の自信と睥睨・唯我独尊の爪弾きは、なかなか色褪せない強者ぶりを誇示。  主題の発表は、遠い日々を回想するように、電気弦、ホーンでさらりと提出、サックスとホーン、電気弦が対位法的に反復。  弾むように電気弦が駆け出す、実にヨロコビに溢れている。  サックスがハッとする明快・輝き・艶・耽美で天空を悠々と旋回、大きな昂揚し満足を自信と余裕で出す。  孤軍奮闘のAltoサックスは、奇を衒わず張りのある艶やかな端正なたっぷり長めの叙情を歌う、ひとつめの聞き所。   沸き立ちコロコロ転がり、ぐんぐん上昇し身震いする。  ホーンがドーンと思い入れたっぷりに、端正に飄々と叙情を惜しみなく溢れさせ、起承転結の大団円を過不足なく披露する、2つめの聞き所  ピアノも小市民的な、飽きのこない苦悩をポロポロ転がす。  電気弦は、ポロポロと所在無さげにうそぶく。  サックスが見事に退く、ホーンが諦め、電気弦も投げ出し、静かに没す。  Rudy Van Gelderの音源の軸を精緻に定めた、ピラミッド形のサウンドはとても心地良く、優しいインテリジェンスに包まれる。  You'd Be So Nice To Come Home To(7:04)、C.Porterの曲、颯爽と駆け出す、J. Hall(G)の端正なトーン、控えめな演奏はすこぶるいい感じ。  P.Desmond(As)の抜けのいい甘い音色、C. Baker(Tp)の流れるような叙情はすばらしい。  R.Hanna(P)の明快な切れのいい、よく歌う演奏は気分がいいい。  R.Carter(B)の新鮮なアレンジはとても美しい。  みごとな集団的美を発揮する合奏となり完。  The Answer Is Yes(7:37)、J.Hallの曲、J. Hall(G)のゆっくりしたテーマの提出、C. Baker(Tp)も短いプレイ、J. Hall(G)の丸っこい感じの甘いトーンでとても渋い演奏、S.Gadd(Ds)の”ン…*ドタドタ・ン…*ドタドタ”した推進もとても新鮮。  C. Baker(Tp)が憂愁を湛えた卓抜な放射。  The Answer Is Yes(5:35)[alt. take]、J. Hall(G)が淡々ととても味わい深く演奏、R.Carter(B)が絶妙に助奏的な呼応。  C. Baker(Tp)がたっぷりしたテンポで叙情を放射。  Two's Blues(3:48)、J.Hallの曲、R.Carter(B)の軽快なテンポでの推進、C. Baker(Tp)の朗々とした晴朗な放射はとても良い気分に包まれる、J. Hall(G)のよく歌う魅惑のトーンでの演奏、S.Gadd(Ds)の例の”ン…*ドタドタ・ン…*ドタドタ”した推進もとても新鮮。  Rock Skippin'(6:10)、D.Elliingtonの曲、J. Hall(G)がテーマを提出しとても含蓄のある演奏に移る、R.Hanna(P)の”キラ…*キラ…*”燦たる演奏。  Concierto De Aranjuez 1(19:14)、J.Rodrigoの曲、R.Carter(B)のトレモロ風の助奏に導かれ、J. Hall(G)がテーマを提出する。  C. Baker(Tp)に続きP.Desmond(As)がテーマを演奏、J. Hall(G)が再びゆっくりと繰りかえす。  C. Baker(Tp)とP.Desmond(As)が対位法的に呼応、サウンドが融けあう。  ワク!~*、ワク!~*、するようなリズムにチェンジ、J. Hall(G)がみごとなインプロヴィゼーションを繰り広げる。  P.Desmond(As)のたっぷりタメを持った、目眩く怪しい甘いサウンド、インプロヴィゼーションは次第に昂揚していく、リズム部門の心地良い推進。  C. Baker(Tp)の感嘆とも想える放射は、渺々と流れるオレンジの夕焼けのようにとても美しい。  S.Gadd(Ds)の例の”ン…*ドタドタ・ン…*ドタドタ”した推進はいっそう顕著になる。  ついでこのアルバムの一番の聴き所と思われるR.Hanna(P)の卓抜な演奏、優しいタッチは消え入るようも感じられ、打ち震えるよろこびに包まれる。  J. Hall(G)の淡々とした味わい深い演奏。  一段と引き締まった合奏になり、P.Desmond(As)が登場し、J. Hall(G)の淡々とした繰り返しは終わりを予感させる。  ふたたびゆっくりしたテンポに戻り、R.Carter(B)のトレモロ風の助奏で消え入るように終わる。  Unfinished Business(2:38)*、。  You'd Be So Nice To Come Home To[alt. take](7:26)、。  The Answer Is Yes[alt. take](5:33)、。  Rock Skippin'[alt. take](6:03)、。   J. Hall(G)、C. Baker(Tp)、P.Desmond(As)、R.Hanna(P)、R.Carter(B)、S.Gadd(Ds)、Don Sebesky(Arr)、Release Date:Apr 1, 1975。

♯♭♪ (*^.^*) : Ligeti,Gyorgy 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Ligeti,Gyorgy Mysteries of the Macabre -f Violin Concerto -f Aventures and Nouvelles Aventures  -f Lontano -f -f -f -f -f Requiem -f 1 2 4 -Kyrie -III Dies irae Concert Romanesc -f -f -f -1 -2 Streichquartett n° 2 -f Hungarian Rock  Lux Aeterna 1 2 3 Musica Ricercata II Atmospheres 1 2 Hamburg Concerto Aventures Apparitions -1 -2 Concerto for Piano and Orchestra Six Bagatelles, CARION Continuum for harpsichord CELLO CONCERTO for Sigfried 1 Sonata for Solo Cello 1 2 3 Poème Symphonique For 100 Metronomes 1 Trio for Horn, Violin and Piano -1 -2 Chamber concerto 1 2 3 ATMOSPHERES Hungarian Rock 1 String Quartet No. 1 Volumina Ramifications Clocks and Clouds -1 -2 Artikulation  Juan Pérez Floristán Continuum Volumina Continuum 6 Bagatelles for Wind Quintet  Nouvelles Aventures /w score Melodien -1 -2 Musica ricercata No. 7 etude for piano 15 -White on white Ejszaka (Night) and Reggel (Morning)  Sándor Ligeti 1 Trio for violin, french horn and piano, "Homage to Brahms"  Piano Concerto -1 -2  1 -1 -2 -3 -f  Passacaglia Ungherese  Jupiter and Beyond  Síppal, dobbal, nádihegedűvel  Nonsense Madrigals Ballad and Dance  Monument - Selbstportrait - Bewegung  Passacaglia Ungherese  Étude Nr. 1 "Désordre"  Ligeti Etude 13: "The Devil's Staircase"  Continuum für Cembalo MR2 Szimfonik LIVe Aventures

♯♭♪ (*^.^*) : Guy Lombardo 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Guy Lombardo ♫ Top Tracks for Guy Lombardo * 0 1 2 Sweet Sounds of the 1930's Guy Lombardo Coquette BECAUSE OF YOU Red Sails in the Sunset Fascination Waltz Auld Lang Syne Sweet and Lovely Lawd, You Made The Night Too Long Dancing in the Dark Ev'rything's Been Done Before September in the Rain Seein' is Believin' LOVE ME OR LEAVE ME  Too Late The Anniversary Song Please Let Me Dream in Your Arms When Did You Leave Heaven? Sleep Baby Sleep In Your Jeep Now Is The Hour Heartaches The Nearness of You Peg O' My Heart COQUETT September in the Rain That Old Feeling The St.Louis Blues Without That Gal THAT'S HOW I FEEL ABOUT YOU Good Night, Sweetheart Little Coquette RIVER STAY 'WAY FROM MY DOOR Harbor Lights 1 Under the moon Darktown Strutters Ball Dearie Live -1 -2 -3 LOVE ME OR LEAVE ME Auld Lang Syne On A Slow Boat to China Bell Bottom Trousers Moonlight Saving Time Swingin' in a Hammock and His Royal Canadians The Blue Skirt Waltz Together When My Deamboat Comes Home

♯♭♪ (*^.^*) : New Age Steppers 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -New Age Steppers  ♫ Top Tracks for New Age Steppers * 0 1 My Whole World 1 Fade Away 1 2 3 Singing Love Guiding Star 1 2 Unclear Wide World Version Got To Get Away Nuclear Zulu 1 My Love Observe Life Love Forever 1 Problems nuclear zulu State Assembly Memories high ideals and crazy dreams      misplaced love Final Frontier My Nerves Stabilizer Stormy Weather Dog Race 1 Some Love Threat To Creation Eugenic Device SOME LOVE Musical Terrorist Conquer Love Me Nights  Revelation The Scheisse Song Death of Trees Musical Terrorist Wounded Animal  The Fury of Ari Love Me Nights  Chemical Specialist   full album* :


nice!(168) 
共通テーマ:音楽

nice! 168