So-net無料ブログ作成

雨の日の釣り師-2303

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Tabeguache Trail -1(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-2(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2303

何も変わっていないし、大きく変わっている、視点でどちらも真。  橋桁の元は抉られて深みが出現、暫くは夢のような釣りが出来る。  濁流の澱みで難を凌いでいた、そして行く手を封じられた、“陸封”の水棲を攻略する。  潔くない!?、男として項垂れる。  思いっきり弾けた時間は、あっという間に過ぎる。  陽が傾く頃、少し冷気が降りてくる。  手放しで喜べぬ憂いを曳きずり帰還する。  いつも少しの充実感と大いなる喪失感ではち切れそう、面は虚無感と疲労が滲んでいる。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Mingus Ah Um    :     ジャケットは、明るい黄土色と黒のコントラスト、ムササビの飛翔を見上げたような、あるいは戦ぎから地上に無事に帰還した凧の安堵。  ピカソやベン・シャーンカンディンスキーを想わせる抽象画はとてもユーモアを湛えており秀逸。  全曲、C.ミンガスの曲。  アルバムはカチッとした陰影の際だつサウンド、全てのバランスがとてもいいからなのか、とても心地良い余韻を残す。  曲の構成は変化に富みなかなか魅惑的、演奏も意欲満々で自信が伺える。  アルバム全体は、スリリングな擽りやインテリジェンスの充足に覆われた雰囲気で貫かれ、交響詩を聴いたときのような満足が得られる。  ソリストめいめいの、曲の起承転結の推移や、機知溢れる自由な発想に聞き惚れていると、実に良い雰囲気に包まれている演奏者の気持ちが分かる。  Better Git Hit In Your Soul(7:23)、ゴスペル、小気味よいベース弦へのアタックで開始、期待が一気に深まる。  全員の高揚感に覆われており、すべ出すような・大げさにしゃくり上げるようなテーマが執拗に繰り返される。  せき立てるような・嗾けるようなユニゾン、明快なリズムが推進するシンプルなテーマを繰り返し、J.Handy(As)が心地良く耳に残る陰影を持つ音色で、矯めたっぷりの見事な目眩く展開を見せる。  Goodbye Pork Pie Hat(4:47)、レスター・ヤングへのレクイエム、Pork Pie Hat は、故人の愛用の平べったい帽子。  のっそりした緩いテンポ、リード(As)が美しいメロディーを提出、リード(Ts)が想い出すように懐かしむように、情感たっぷりにブローイング。  Boogie stop Shuffle(3:42)、ブギウギのリズムでない、戦ぎの前の集合のような賑わい。  リード(As)のソロはとても心地良い、合奏は精緻な集団的美を見せる。  執拗に繰り返される実験的なリズムとメロディは、印象的でありとても耳に残る。  Self-Portrait In Three Colors(3:06)、ミンガスの曲、映画”アメリカの影”のテーマ。  卓抜な合奏から生まれるくすんだ響きは、息をのむほど美しい。  憂愁を帯びた叙情性たっぷり、魅惑のいい響きの佳曲、B. Ervin(Ts)のカデンツァは明晰な機知が溢れており、実に印象的。  Open Letter To Duke(4:57)、D.エリントン宛ての書簡形式、緩急のテンポ、リズムは目まぐるしく入れ替わり変容する。  合奏でグッと仰け反り体を預けるような、ジョニー・ホッジスのスタイルを見せる。  実に快活・活発な展開を見せて、S.ロリンズ風のフレーズを覗かせて終わる。  Bird Calls(3:14)、速いテンポ、元気いっぱいのリードのフリー・フォームブローイングで開始。  素早いフレーズを息も切らせぬ見事さで、サラリと料理してみせる、まるでそれを楽しんでいるよう。  Fables Of Faubus(8:15)、フォーバス知事への揶揄。  シンプルなテーマが繰り返される、実に手の込んだ対位法とテンポ・ルバートで執拗に見事に展開してみせる。  唐突にリードが甘いメロディーを提出する一面も。  リード(Ts)ソロの背後で、ベースが弓で弦か何かを打ち・叩いているように聞こえる。  リードのソロは慇懃であり沈痛な面持ち、ベースの長いソロがあり次第に合奏に突入、フレキシブルなリズムの変遷を伴いながら昂揚し完。  Pussy Cat Dues(6:30)、J.Knepper(Tb)のソロはのびのびとした気分を提出、リードのオブリガートと融けあう響きはとても美しい、それはなんと心地良いことか、とてもいいカタルシスの侵出を感じる。  H.Parlan(P)のソロも実に淡々として、コロ♪~*・コロ♪~*叙情たっぷり、J.Handyはクラリネットで異彩を放つ。  ベースがズン!とぶ太い心のある張りつめた音色で、訥々と卓抜な演奏を見せる。  リード(Ts)のソロは鋭気に溢れ吹っ切れた気分を投入、ホーンを交え合奏の集団的美を構築し完。  Jelly Roll(4:02)、軽妙な曲、弾むような進行、ホーンで突き抜けた明るいメロディーが提出される。  リード(Ts)の踊るような目眩く演奏は余裕たっぷり、やがてフリー・フォーム・ブローイング風に展開。  H.Parlan(P)がなんとも痛快な展開を見せ、懸案の終わりはベースのユーモラスなカンツッアできっちり締めくくる。  J. Knepper,Willie Dennis(Tb)、J. Handy(As,Cl)、B. Ervin(Ts)、Curtis Porter(Ts,As)、H. Parlan(P)、C. Mingus(B)、D. Richmond(Ds)、Release Date: May 12, 1959。

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestre de Paris 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Orchestre de Paris  Paavo JÄRVI Percussions en cage, images de répétition Libertango Paavo Järvi retrouve Vincent Penot .. clarinette basse Philippe Berrod et la clarinette Privilège Iréne Theorin comme à Bayreuth Josep Pons joue Manuel de Falla Première rencontre avec Andris Nelsons Marie Elisabeth Hecker joue Saint-Saëns trompettiste Alison Balsom Lang Lang répète Beethoven Paavo Järvi invite Janine Jansen Hindemith par le Trio Futurum   Arvo Pärt/ Silhouette, Hommage à Gustave Eiffe   Thomas/ Mignon "Je suis Titania la blonde" Massenet/ Werther   Gabriel Fauré/ Pavane pour choeur et orchestre, op.50   Lalo/ Symphonie espagnole -1~   Johan Hummel/ Fantaise   Berlio/ D'amour l'ardente flamme   Saint Saens/ Symphony no.3 Paul Dukas/ La Péri   Debussy/ Pelléas et Mélisande   Ravel/ Bolero -1 -2 -1 -2 1 Tzigane   Borodine/ Danses Polovtsiennes -1 -2   Bellin/ La Somnambule Gounod/ Anges du Paradis... Stravinsky/ Le Sacre Du Printemps   Verdi/ Ballo in Maschera -1~   Bartók/ Piano Concerto no.1 -1 -2 -3   Sibelius/ Symphony no.2 -11   Mahler/ Symphony no.4 Christine Schäfer no.5 -1~   Berlioz/ Te Deum   Beethoven/ Piano Concerto no.4 -1~   Mozart/ Requiem in D minor, K. 626 -1 Piano Concerto no.23 -1 -2 -3   Shostakovich/ Violin concerto no.1 -1~ | Negro Nacarado Ciudad Triste 。

♯♭♪ (*^.^*) : Evan Parker 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Evan Parker @ Cafe Oto 5.2.11 London, 11 October 2001 Freedom of the City 2011 improvisation -1 @ the Vortex 5.8.10 Wels November 11 2012 -1 -2 -3  Anthony Braxton Duo (London) 1993 octet /freedom of the city 2011 Marsh. Vortex, 31.07.11 Lines Burnt in Light -1 -2 -3 & Derek Bailey -1 -2 -3 ICP STRINGS. BIMHUIS. 2007  trancema & Joel Ryan Ned Rothenberg Unlimited 26 2012 11 10 - 2012 11 11 All Ears 14 01 12 Mats Gustafsson Wiesbaden, 2008 5th MÓZG FESTIVAL Solo London 1985 -1 -2 -3 Solo Soprano Saxophone (1975) & Eddie Prévost - Double Truth 大桟橋 1-f Mats Gustafsson, Roger Turner, Pat Thomas & John Russell, John Edwards -1 -2 -3 & John Ewdards, Chris Corsano 2009 -1 -2 -3 Herb Robertson・Ag 8usti Fernandez Quartet Free Noise at The Sage-1 -2 Jazz à Mulhouse '07 -1 -2 -3 & Ned Rothenberg Tony Hymas 1 Live at Bimhuis -1 -2 Lovens -1 -2 -3 -4 -5 Globe Unity Orchestra - Ode -1 -2 BARRY GUY NEW ORCHESTRA at Jazzclub Moods Zurich Time Lapse Time Will Tell  Cecil Taylor Quartet saxophone solos.aerobatics1 The Moment's Energry Finally cracked it Topography of The Lungs Shadow Play -1 -2 The Snake Decides The Eleventh Hour -1 -2 Toronto, 1996 Atlanta One of Six Angels The Jist Conic sections 1 excerpt Sankt Gerold Variation IX Time Lapse Threnody Another Fire Dril  Improvisation #1 (1977) What Happened To The Old Cop Sets, Clancy?

♯♭♪ (*^.^*) : Habib Koite & Bamada 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Habib Koite  ♫ Habib Koité - Best Of ♫ Habib Koite & BAMADA ♫ Habib Koite    N'ba N'Teri! 1 2 N'Tesse Kigali Up Festival 2013 Africa Woulaba Muso Ko Takamba Foro Bana Sin djen djen Koulandian Kanawa Massane Cisse Mali Ba Komine Massakè I Mada Sirata 1 Abana Wassiye Ma Ya Din Din Wo Sambara Fatma 1 Namania I Ka Barra 1 Saramaya Bamada Pula Ku Mara Kaso Titati Bittle Abana Summertime at Bamako Fimani Batoumambé Baro Live @ Ethno Port Festival, Poznan National Geographic Session (2008) Wari


nice!(159) 
共通テーマ:音楽