So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の日の釣り師-2299

3.jpg

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Death Valley National Park(ストリートビュー)イタリア -Palazzo Reale di Caserta(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2299

小さなさざ波が竿先あたりに弾け、メダカほどの小魚が小さな弧で遊ぶ。  荒野の夕刻はいつも寂しく危うい、風が凪、水面に黄金の淡泊な眩い光燿が沸き満ち渡るひととき。  無慈悲に夢のような光の饗宴は、あえなくうつろう。  あっという間に暗いものが降り、永遠の燦を散らした眩い光燿がことごとく飲み込まれ、青い山裾が暗い無彩色に沈む。  リリアンを一結びしたこぶに、”ヘビクチ”を潜らせただけのラインとの繋ぎ目が、つつかれ解かれる脅迫観念に負けて、撤収する。

♯♭♪ (*^.^*) : Charlie Haden 1 2 3 4/ Not In Our Name - LIBERATION MUSIC ORCHESTRA  UCCV-1079   :     Liberation Orchestraの第5作、前作から15年を経た2004年夏、イタリアで制作された。  全編とても暖かいヒューマニズム、憂愁に覆われ、交響詩のようにイメージはシームレスである。  前作にあった闘争進撃サウンドは退けられているようである。  小高い丘に12名が立ち、遙か遠方を見ている。  Ahnee Sharon Freeman(Frh Hrn)は第2作からおなじみ。  他は、C・ヘイデンと親子ほどの気鋭の若者が選ばれておる。  中央に向かって肩をせり出し、いわゆる斜に構えている。  真っ向に陽を浴び眩しそうであり、厳しい顔つきになっている。  皆、真剣なまなざしである、誇りと達成感に満ちているように見える。  真っ青の空を渡るような遠い風音を、聴いているにさえ見える。  チャーリーヘイデンとカーラブレイが両端(第1作とは、左右が入れ替わっている)で、棒を突っ立てている。  やはり、前の構図とそっくりであった。  棒はみんなの頭上で、帯を拡げた格好である。  朱に黒で、”LIBERATION MUSIC ORCHESTRA”とゴシックで描かれている(このバナーは、35年間、C・ブレイが保存していた)。  板を返し、裏を見る。  巨大な白い石の円柱が聳える陽当たりで、希望と自信、得心を湛え、心の円を閉じ満足そうに肩を寄せあっている。  全てにひそやかだが、何かやり遂げた後の放心、全身的な悦びが溢れている。  C・ヘイデンが担当したライナー・ノーツには、スタジオ風景がたくさんあり、最初に半開きドアからC・ブレイが顔を覗かせている後ろ姿、振り向いた厳しい表情のC・ヘイデンになにやら相談している後ろ姿がある。  真剣と真摯のみでいっぱいなのだが、微笑ましいのである。  あれから35年の間、川が流れ、血が流れた。  憤怒や憎悪や、激しく萌える情熱、爛熟、発熱、巧智、静謐が出現、活躍、霧散していった。   鎮魂歌が跳んで行くわぁ…*。  春風に乗って、弦が弾け優しい調べが始まる。  ハッとするような、見事な息遣いで、推進力とたっぷりの”矯め”に満ちたリードの発表があり、ラテンの弦が弾け、哀愁のホーンアンサンブルが活気付く。  Not In Our Name(6:21)、ラテンのギター、官能のキック!、そわそわ・いそと走り出て始まる、Miguel Zenon(ミゲル・セノーン)(As)の外連味のない、溌剌とした推進は若さに満ちなんともうれしい、S・Cardenas(G)の熱い・絢爛を秘めたラテン情熱もすばらしい!。   いそいそ・ワクワク長い緩やかなカーブ・勾配のアプローチを進み、パルテノン宮殿風のレセプションホールに臨む期待に似たもの。  This Is Not America 1(6:39)、ギターとピアノでゆっくり始まり、打撃が刻むシンプルな速いテンポのレゲエに変化する。  リードの目眩く明るさ・歓喜に驚く、トロンボーンのソロ、ブラスアンサンブルの 卓抜な流麗に感心する。  Blue Anthem(7:49)、重苦しい下降音階から、C・ブレイのソロ、大きく伸びをする気怠いゆっくりしたテンポ、テナーサックスは押し出しが良く、気分がとてもいい。  America The Beautiful (Medley)(16:54)、C・ブレイのソロで始まる、Miguel Zenon(As)の澄明な生き生きしたブローイングにも感心する。  S・Black(Tp)のあっけらかんとしたソロに続き、”アメリカの空”がアンサンブルで歌い上げられ、C・Fowlkes(Tb)のなんとも記憶に残るユーモラスなソロ(口ふさぎ悶え!?)、Tony Malaby(Ts)の、”溌剌とした太く・丸く・押し出しのいい・甘い・愛くるしいサウンド”、長いドラムソロを経て部厚い管弦楽のフェイドアウト、ドタン!ドタン!・ドラムと目眩くリードソロ、トランペットのコーダで消え行く。  Amazing Grace( 7:12)、ゆっくりした部厚い管弦楽で始まる、ブルース風。  大股ベースソロはとても思い入れたっぷりに、トロンボーンのとても余裕のプレイ、テナーサックスのソロ、ベースソロの後、S・Cardenas(G)のピンッ!と張ったソロ。  Goin' Home(7:49)、ドボルザークの家路のメロディー、トランペットで滔々と自由な展開で伸び伸び放射される。  M・Zenon(As)の生き生き・きびきびしたソロはとても励まされる想いがする。  Throughout(8:55)、ギターとベースで始まる、暗い音階、引きしまったChris Cheek(Ts)のソロがあり、”溌剌とした太く丸く・押し出しのいい・甘い・愛くるしいサウンド”のT・Malaby(Ts)のソロとなりとてもうれしい。  とても優しく消え入るようにフェイドアウト。  Adagio (from Adagio For Strings)(7:25)、サミュエル・バーバーのアダージオ、ブラスユニゾンでとてもたっぷりとしたテンポで提示される。  ベースのソロにアンサンブルが対位法的に綾なる、緩やかに昂揚し・駆け上がり・頂上で辺りを睥睨し・安堵に浸る。  アンサンブルはメロディーを重ね・混じり合い・融けあい・たなびき遙かな地平を目指し没する。  C. Haden(B)、C. Bley(P,Arr)、Ahnee Sharon Freeman(Frh Hrn)、Chris Cheek(Ts)、Tony Malaby(Ts)、Miguel Zenon(As)、Steve Cardenas(G)、Curtis Fowlkes(Tb)、Michael Rodrigues(Tp)、Seneca Black(Tp)、Joe Daley Trio(Tuba)、Matt Wilson(Ds)、Release Date:Aug 30, 2005。

♯♭♪ (*^.^*) : Norah Amsellem 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Norah Amsellem  Bizet/ Carmen : Habanera, L'amour est un oiseau rebelle -f Près des ramparts de Séville Parle-moi de ma mere! and Ma mere 2   Verdi/ Deh, pietoso, oh Addolorata Non t'accostare all'urna La Seduzione L'esule La Traviata : Ah! forse lui....Sempre libera  Act 3 Aria Libiam ne' lieti calici Rigoletto : duet Duca  ♪ -1 -2   Donizetti/ Linda di Chamonix : O luce di quest'anima L'elisir D'amore  : -f -f Prendi per me sei libero Della crudele Isotta act I duet duet 1 Quanto amore Tran,tran,tran... In guerra ed in amore Barcarolla Caro elisir   Puccini/ La Boheme : Si, mi chiamano Mimi 1 Turandot :  Massenet/ Manon : Cours de la Reine   Belllini/ I Puritani : Act III duet   Ravel/ Myrrha : ♪-1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Enrico Rava 0 1 2 3 / ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Enrico Rava ♫ Top Tracks for Enrico Rava * 0 1 Catania novembre 2012 I'll Close My Eyes Senza Fine Spleen 1 Tea for 3 : The Gulf Prologue Wag World Live Genova Jazz per Haiti 1/2/2010 Round About Midnight Strung Out Wired Up Invocation Green Tea Trailer_7thDAY & Pat Metheny & Friends-4 -1 -2 Pupa o crisalide Nature Boy Full of Life You Can't Go Home Again Echoes Of Duke Donna 1 2 Thriller Smile They Don't Care About Us Tears For Neda 1 Il Giro Del Giorno In 80 Mondi-f Song Tree l'angelo 1 Une petite folie cheerin' cherry fluid connection Landes De Merveille Canzone di Nausicaa 1 Birth Of A Butterfly Amorevole 1 Laura Tutù You Don't Know What Love Is The pilgrim and the stars Estate 1 2 3 Algir Dalbughi Le solite cose Mi ritorni in mente c.t.'s dance Night Bird blue marine Il tempo di morire Certi angoli segreti Maranhão Katcharpari Dino Saluzzi, Le But Du Souffle Doxy Autumn Leaves Scrapple From the Apple Poinciana L'age mur Sola A Career Retrospective Long Tail Spider Blues Il Signore del Pianoforte Enrico Pieranunzi E penso a te BARCO HASTA EL CIELO -1 -2 Djembe III Serie Amore baciami Incognito Catania Theme For Jessica che cosa c'è? al Teatro Regio di Torino Enrico Rava Quintet 1 2 Tribe Dr.Ra and Mr.Va Lavori Casalinghi 22e Rimouski Festi Pm Jazz Lab-17 -1 -2 Sibiu Jazz Festival 2007- 1 -2 -3 -4 -5 Sonamundi at Teano Jazz Festival 2006 50 anni di jazz Space is the place Christian Radovan Live at Cheeese 2009 -1~ Taichung Jazz Festival 2009 Cecil Taylor/ Taht Cun-un-un-un-an Talk 1 2

♯♭♪ (*^.^*) : Chief Ebenezer Obey 1/ ☆□You Tube Search :      Asiko Mi Ti To ♫ Chief Commander Ebenezer Obey -f GOD'S GLORY@70 -f Eni ri nkan he -f MONTREAL FESTIVAL MONTREAL CANADA 1983 -f Hit Series 3 -1 -2 Hit Series 5 -1 -2 Hit Series 8 -1 -2 Omo Ojora Apasa Alo Mi Alo Eko Ila/Lai fi ota pe -f International Brothers Band in the 60's Vol 1 Live -f Ara nbada owo oje Kii seru akata Ota Mi Dehin Lehin Mi Board Members Ohun Oju Ri Oya Kajo Jo E Ma Se Lo Edumare a de Fi Mi Lokan Bale Oluwa Live @ Ondo Ara Nbada Miliki Sound AWON ENIYAN LASON @ Lagos Country Club


nice!(137) 
共通テーマ:音楽