So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

雨の日の釣り師-2315

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Carmel Beach(ストリートビュー)イタリア -Appian Way(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2315

とりとめのない連想連鎖を思い浮かべるゆとりもない。  フンボルト寒流が蒸発し峰の連なりにぶつかり、地に落ちてできた雪を頂くアンデスの青い山並は、早朝には出現しない。  干潟の甘いとろとろから這い出た、火華の豊穣がうごめく。  ほろ苦さの奥に潜む七色の花火の炸裂を想う。  永い間、光波を浴びながら結した果実が隠したアルカロイドを、蒼古に海から陸に這い上がった生命体が、まさぐるのを眼前に見ることもない。  今回も失敗無く煎れられたようだが、山道で揺られ昼頃になると、すっかり別物のような味に変わり果てると解っているが。

♯♭♪ (*^.^*) : Creative Construction Company 1 */ Creative Construction Company/ MR 5071/ LP  :     Muhal, Pts. 1(19:24)、ブラスアンサンブルのユニゾン、ヴァイオリンの解りやすい明快・シンプル・流麗な下降音階、荘厳な雰囲気で始まる、実に印象的、古典の手法を色濃く止めている。  ドタン!ドタン!、板を叩きつけ打ち鳴らすような音ドラムスのホール反響が印象に残る。  弦で繰り返しながら、さまざまな楽器が流麗に覆い被さる。  Muhal, Pts. 2(14:40)、バイシュクル・ホーン(Bicycle Horn)、ハーモニカなどのリトル・インストゥルメントが一斉に騒ぐ、フルートがきれいな風を送る、リードの自由な発言、小鳥のさえずり、打ち鳴らす鐘、大小さまざまな響きは流麗なヴァイオリンを軸にまとまりを見せる。  Live Spiral(2:40)、押し寄せるような、すり寄るような、寄りかかる流麗な主題、静かに忍び寄り、妙なる響き・ユニゾン、バイオリンのとても長い尾を曳くソロで閉じる。  Anthony Braxton(As,Ss,F)、Leroy Jenkins(Vn)、Steve Mccall(Ds)、Leo Smith(Tp、Fh:)、M. R. Abrams(P,Cello)、Richard Davis(B)、、Release Date:May 19, 1970。

♯♭♪ (*^.^*) : Radio Filharmonisch Orkest 1/ ☆□You Tube Search :     Radio Filharmonisch Orkest Tristan Murail Les Sept Paroles Stravinsky Vuurvogel   Berg/ Violin Concerto -1 -2 -3 -4   Mahler/ Zesde Symfonie   Mussorgsky/ Songs and Dances of Death Sibelius/ Karelia-suite   Nielsen/ Klarinetconcert Grieg/ Twee elegische melodieën   Stenhammar/ Serenade op. 31   Rachmaninov/ Paganini Variations -1 -2 -3   Prokofjev/ Eerste vioolconcert   Schubert/ Zesde symfonie   Poulenc/ Gloria   Stravinsky/ Ave Maria Pater Noster Symphonie de psaumes The Rite of Spring   Mahler/ Adagio uit de Tiende symfonie   Braunfels/ Te Deum   Rachmaninoff/ Symphony no.2   Beethoven/ Piano Sonate op.10,13 Symphony no.7 Symphony no.2   Goebaidoelina/ Glorious Percussion   Tsjaikovski/ Symphony no.6   Milhaud/ La création du monde   Stravinsky/ Les noces   Adams/ City Noir   Liszt/ Vallée d'Obermann   Rachmaninov/ Paganini-variaties   Skrjabin/ Symfonie nr.3 -1 -2   R.Strauss/ Salomé Final Scene -1 -2   Prokofiev/ Violin Concerto -1 -2 -3   Liszt/ Faust-Symphonie   Wagner/ Parsifal -tweede -derde   Shostakovich/ Symphony no.13

♯♭♪ (*^.^*) : Hamid Drake 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Hamid Drake ♫ Top Tracks for Hamid Drake * Lublin Jazz Festiwal 2011 For Brother Thompson Rain Is Coming Take us home a piedi nudi sul palco Hamid's Song  Truth 2012 Japeru The Wels Concert 1996 -2 from the river to the ocean tambour de peau-extrait fina Indigo Trio Live When The Saints Go Marching Peter Brötzmann.. Peter Brotzmann duo Peter Kowald.. Hamid Drake Trio & Domancich.. & Elliott Sharp -1~ @ SEA Theater.. & Marilyn Crispell  & Pasquale Mirra -1 -2 ZERANG Jazzfestival Willisau 2004 13 lines planet E Improv. 1 Mantras for Vajra Guru Funky Lacy Black Woman Live at Porgy & Bess Wien 2010 -1 -2  Finland, 7.11.2010-1 -2 -3 Kidd Tomorrow is the question Solo Solo Solo New Orleans solo batterie Solo 2010 at Sant'Anna Arresi  Reggaeology -Kali's Children No Cry -1 -2 Die Like a Dog Quartet-1995 Anthony Braxton.. Vision Fest 2002 DC From The River to the Ocean Adam Rudolph Drum Duet  Fred The Night Has a Thousand Eyes Black Cherry Tóth Viktor Tercett -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 Giornale di Bordo DKV Trio at Sant'Anna Arresi Jazz Festival 2008 Indigo trio Shift One tour movie 2oo7 tóth viktor tercett

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Mtukudzi 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Oliver Mtukudzi ♫ Top Tracks for Oliver Mtukudzi * ♫ oliver mtukudzi ♫ oliver mtukudzi 1 ♫ oliver mtukudzi 2 ♫ oliver mtukudzi 3     VACHAKUNONOKERA Chikara Kuropodza Njuga Kumirira Nekumirira Hapana kuti Mbijana Nzungu Imwe Mhinduro kumawere Shamiso Ronga Dondo Chiri Nani Rurimi Ngoromera Ndima Ndapedza 1 2 Dzoka Uyamwe Neria 1 Totutuma Unetyei Munu Wongororo Kusekana Kwanakamba Mbabvu Yangu Dame Rinetapira Runyararo Magumo Hariputiwe Ghetto Boy Chinhambwe Murimi Munhu Bvongodza Muto Mutavara Hope Izere Mhepo Menza Kudzimba Pindirai Ndotangira Poi Kucheneka Yave Mbodza Rudo ndinarwo Moto Moto Todii Tsika Dzedu Mai Varamba Handiro Dambudziko Nhava Pindurai Mambo ndakuenda Chengetai Mwana wekubereka Ngoma'ne Hosho Rudaviro 2010 Into Yami Rurimi chipimbenene Ziwere Tururu Changu Chii Wasakara Tapera muromo ndau munendipasa manyemwe Street Kid he Girls Madoiri Ndakuvara Pss Pss Kumirira Nekumirira Nzungu Imwe Masimba Mashoma Kuipedza Isomiso Right Direction Ivai Navo Tozeza Hariputirwe Kunze Kwadoka Hear Me Lord  MHIRIPIRI MUROMO Seiko Mwari Tinomuchema Oliver Mtukudzi 1~。


nice!(94) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2314

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -フォート・オード・デューンズ州立公園 -1(ストリートビュー)イタリア -Scansano(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2314

リンゴをタッパーに詰める、皮を”OPINEL”で剥き、芯を取ってぴっちりと。  永い間、黄緑がかった砥石でくり返し研がれ、柳の葉を想わせる痩身。  丸っこい・“空豆”の房そっくりの木の柄、軽くて木の温もり、手に馴染み実に使いやすい。  最近手に入れたステンレス製は、錆びないことだけが取り得。  皮剥きと芯取りにそれぞれ役目が定まっている。  リンゴの少なくなる夏以外は、フィールドに出掛ける時はこれを欠かさない。  煎れたてのコーヒーを一杯、出掛ける前に”アチチッ!”・”グビビッ…*”と啜る。

♯♭♪ (*^.^*) : Clifford Thornton 1 2/ The Gardens of Harlem-The Jazz Composer's Orchestra/ PA-7135/ LP ♪*   :     褐色のビル街を見下ろすジャケットの絵は稀なもの、一目で好きになる。  新しいスタイルのJazz、全編哀愁を帯びたメロディー・ハーモニーとアフリカ民族楽器でのポリリズムで貫かれている。  ガーナ人のドラマー、A. Kobena Adzenyah(Prc)らとの出逢いをきっかけに、69年から3年を費やし制作、74年に録音。  16人のJOCAメンバーにアフリカ民族楽器奏者8人が参加。  アフロメロディーを器楽アンサンブルで魅力的に展開している。  リズムは、魅力的な民族楽器で、多重的に・フレキシブルに変化を遂げながら打ち出される。  和声は西洋音楽的な手法で実現している。  ラテンアフリカの香り高い、寂寥・憂愁溢れるほのぼのした大地のよろこびが迸る、かけがえのない音楽である。  斬新なポリリズムが次々に現れ、鷹揚な・寛いだ剥き出しの憂愁は、すばらしい!。  西アフリカ音楽の要素、伝統メロディーや魅力的なポリリズムとJazz奏法の衝突、自発的美の構築の現場を実感できる。  Ogun Bara(5:46)、ナイジェリアのオグン神に関するアフロ・キューバン曲、シンプルな哀愁のメロディーを大編成アンサンブルの繰り返しで開始、この下降音階メロディーは深く心に響き、このアルバムのイメージと一体となる。  O Desayo(8:02)、アンゴラの挨拶の歌、天上的な楽しさ・安堵に覆われている、シンプルなメロディーを木管で歌う、次にテナーサックスソロからトランペットソロに受け継がれる、再び木管で終わる。  Agabaza(9:42)、ガーナの戦士の曲が元のダンス曲、ユーモラスなパーカッション、ブラスアンサンブルでメロディーが歌われる、トランペットで絶叫しトロンボーンへ。  chango obari(4:33)、アフロ・キューバン曲、ゆったりうねるメロディー、L・Smith(Tp)がフリー・フォームのソロ。  Aïn Salah(8:16)、チャルメラ風のダブルリード(C・ソーントン)で北アフリカ風の異様なサウンドが登場する、中枢を直撃する目眩く柔術風なもの、とても心地良い。  Gospel Ballade(4:44)、C・Bley(P)のソロで始まるゆっくりしたゴスペル、部厚いアンサンブルとトロンボーン。  Sweet Oranges(1:08)、ブラスのユニゾンで数回メロディーが繰り返される。  Blues City(8:57)、愉快なシンプルなメロディーのブルース、カン!カン!と打楽器がならされ、G・Barrow(Bs)が剽軽に演奏、次ぎにT・Daniel(Tp)の自信に満ちた放射、D・Redman(Ts)の浸透力のあるしっかりしたブローイング。  C. Thornton(Tp,Prc, Tb, Arr, CmpCrnt,VTb)、C. Bley(P)、D. Redman(Ts)、Bob Stewart(Tba)、Carlos Ward(Flt)、Pat Patrick(Ts)、Janice Robinson(Tb)、George Barrow(Bs)、Ted Daniel(Tp)、Leo Smith(Tp)、A. Kobena Adzenyah(Prc)、Release Date:Jan 1, 1974。

♯♭♪ (*^.^*) : Placido Domingo 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Placido Domingo Alma Latina Non t'amo piu Passione è la solita storia dei pastore Un Uomo Tra La Folla Ya mis horas felices Save Your Nights For Me Je crois entendre encore 1 2 3 4 Ingemisco Till I Loved You Where Do I Begin Por el humo Sabra Dios La libertá Come un Sogno d'Or Perfidia Marta Ideale La Vida Be my love Vereda tropical AL DI LA DEL CIELO Ella Granada 2 3 4 Munequita linda Besame Mucho Adiós Spanish Eyes Core 'ngrato 1 2 3 Giovanna d' Arco Mi Aldea Elegie Sono andati? O Souverain O soave fanciulla Barcarolle Over the rainbow Tienes razon amigo A Love Until the Emd of Time Puedes llegar El Gato Montes Echo der stars Amor vida de mi vida La Taberna del Puerto Alma De Bohemio Das Gewissen Away In A Manger Echo Klassik 2009 -1 -2 Bella Enamorada Los Vereadores Luisa Fernanda Elle ne croyait pas Hecho de un rayo de luna Rachel Quand du Seigneur   Mascagni/ Cavalleria Rusticana : Mamma...quel vino e generoso! Rodrigo áriája   Offenbach/ Les Contes d'Hoffmann Kyrie El día que nací yo Fire In Your Heart Sevilla Sacred Songs Gratitude di Placido Domingo El cóndor pasa Perhaps Love Solamente una vez Antonio Vargas Heredia Annie´s song Dulcinea La Golondrina Mia El Jinete Ella Amor, Vida De Mi Vida Paloma Querida Malaguena Canto a Murcia M'appari No Puede Ser 1 2 Au fond de temple saint Non ti scordar di me No Puede Ser La Tua Semplicitá Recital Pearl fishes Dein ist mein ganzes Herz   Donizetti/ Fra poco a me ricobero Una furtiva lagrima C'est toi! - C'est moi   Puccini/ Turandot : Nessun Dorma 1 2 Tosca : E lucevan le stelle 1 2 3   Verdi/ Don Carlo : Dio,che nell'alma infondere C'est elle!...J'avais fait.. Panis Angelicus   Bizet/ Carmen : Flower Song Finale   Wagner/ O Elend, aller Rettung Flucht! La Revoltosa 1 & Operalia winners

♯♭♪ (*^.^*) : Guy Lombardo 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Guy Lombardo ♫ Top Tracks for Guy Lombardo * 0 1 2 Sweet Sounds of the 1930's Guy Lombardo Coquette BECAUSE OF YOU Red Sails in the Sunset Fascination Waltz Auld Lang Syne Sweet and Lovely Lawd, You Made The Night Too Long Dancing in the Dark Ev'rything's Been Done Before September in the Rain Seein' is Believin' LOVE ME OR LEAVE ME  Too Late The Anniversary Song Please Let Me Dream in Your Arms When Did You Leave Heaven? Sleep Baby Sleep In Your Jeep Now Is The Hour Heartaches The Nearness of You Peg O' My Heart COQUETT September in the Rain That Old Feeling The St.Louis Blues Without That Gal THAT'S HOW I FEEL ABOUT YOU Good Night, Sweetheart Little Coquette RIVER STAY 'WAY FROM MY DOOR Harbor Lights 1 Under the moon Darktown Strutters Ball Dearie Live -1 -2 -3 LOVE ME OR LEAVE ME Auld Lang Syne On A Slow Boat to China Bell Bottom Trousers Moonlight Saving Time Swingin' in a Hammock and His Royal Canadians The Blue Skirt Waltz Together When My Deamboat Comes Home

♯♭♪ (*^.^*) : Mechanic Manyeruke 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Songs for Mechanic Manyeruke * ♫ Mechanic Manyeruke Marombe Maiwe Mponesi Wangu Kuregerera Uyeza Ujesu Kuraramira Jesu Muchato Saoro Ndiriuto Romponisi Bwela Ndinamatire ndigokunamatirawo Baba Varikudenga Farirai Jesu Wauya Wave Mambo Ndodaidza Jesu Wofireiko Jesu Jesu Pfurai Nepano Moses Mugomo Usarasike Jesu Mugetsimani Nyika Yakanaka 1 MAKOROKOTO 1 RUDO SERWA PETER Uyai Kwandiri Mukombe Wapfachuka Tichatevera MADHIMONI 1 KANA VATSVENE VOPINDA WAKARAMBA KUUDZWA Tsitsi Dzamwari TICHATEVERA NDAITI NDAZORORA VAIMUZIVA JESU MOSES MURENJE NDOFARA JOSEFA ARI MANDIRI JESU HUYAI TINANMATE NDEYEIKO NYAYA IYO Live Winnipeg, Canada 2014 HUYAI TINANMATE


nice!(133) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2313

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -フォート・オード・デューンズ州立公園(ストリートビュー)イタリア -Protected marine area of Portofino(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2313

カリタを広口に乗っけて直に注ぐ、一人用のカリタにいつもの2倍の粉を入れているから時間がかかる。  焦げ臭い・香ばしい・胃袋が手を延ばし、悦楽の脳髄が歓喜する芳香が鼻先を擽る、否応なくたっぷり吸ッてしまう。  きっと、ごく自然な状況がいっそう好ましい匂いにさせている。  山行きの朝、この上ない歓びのひとときであるのだが、せっかち(≒いらち)な性分が、それに素直に浸るのを妨げる。  矢継ぎ早に目指すターゲットを求める、それは不動とも思える形・信念となり居座る。  やっと平穏が訪れる、安心し拠り所を見いだし活力が生まれる。

♯♭♪ (*^.^*) : Clifford Thornton 1 2/ Ketchaoua  :     C・ソーントンの最も優れたアルバムと評されておる。  ホールの良い響きは、気持がいい。  C・ソーントンの思惟が創意と情熱・エモーションにより見事に開花した、交響詩風であり、全編に溢れる新しい美から、稀な極上のカタルシスが提供される。  Ketchaoua(12:35)、魅力的なリトゥルインストゥルメント・鐘、余韻たっぷりの数々が打ち鳴らされ、ベースの心地良い弾き、木管の妙なる響き。  管の絶妙の響き合いから、トランペットの放射、A. Shepp(Ss)のブローイングへと少しず極めてスムーズに変化を遂げていきます。  ベースはゆっくりしたテンポで全体を推進します。  Pan-African Festival(7:50)、コーラス、『オマラチペメ……』。  リズム部門が起き出し、ホーンやリードが互いに絶妙の感知・反射・呼応・対抗を行い、集団的美の絵巻を編んでいく。  極めて緻密な、テクスチュアーを瞬く間に完成させ、発表する。  A. Sheppの萌え立ち・沸き立ち・炎上する・目眩く歓喜がくっきりとたなびき、S・マレーのフリー・フォームドラムの伸び伸びしたさざ波パルスにより、鮮鋭なアンサンブルは活気づく。  Brotherhood(10:40)、C・ソーントンのコルネットは火の出るような激しいフリー・フォームの放射、渾身の情熱で吹き上げる、2人のベーシストによる部厚い底流。  A・ジョーンズ(As)が集団的美の絵巻を存分に描く。  Speak With Your Echo (And Call This a Dialogue)(9:15)、ベースのボーイングとピチッカートで幽玄に始まる、ホーンがゆっくりしたテーマを伸び伸び放射。  C・ソーントンは点描的に、またたっぷりと描写。  2人のベースは絶妙のボーイングで妙なる響きを奏でる。  C. Thornton(Tp,Prc,Tb,Cng,Crnt)、A. Shepp(Ss)、G. Moncur III(Tb)、D. Burrell(P)、S. Murray(Ds)、Earl Freeman(B,Prc,Cng)、Beb Guérin(B)、Date : Jan 1, 1969。

♯♭♪ (*^.^*) : Pierre Boulez 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Pierre Boulez Berg Lulu Suite, Debussy Jet D'eau.. -f   Pierre Boulez/ Le marteau sans maître -f -f -1 -2 -3 Variations pour orchestre opus 31 d’Arnold Schoenberg Figures, Doubles, Prismes Donaueschinger Musiktage -f Dérive 2 Livre pour cordes Répons 1 2 Le soleil des eaux 1 Livre pour cordes Soleil des Eaux Sur Incises Livre pour Quatuor Poesie pour pouvoir Constellation Miroir Dialogue de l'ombre double Rituel Notations pour orchestre 1 2 Notations I-IV -Ⅱ andⅦ Messagesquisse explosant-fixe... 1 Piano Sonata no.3 Polyphonie X Ensemble InterContemporain 1  Douze Notations pour piano Structures I & II in Memoriam Anthèmes 2 Pli selon pli -f -f 1 2 Dialogue de l'ombre double Dérive 1 1 Dérive 1 (1984) for 6 instruments 1 Dérive 2 directed Dérive 2 pour 11 instruments Eclat-Multiples O Martelo sem Mestre Figures-Doubles-Prismes Domaines 1 2 3 4 Le Visage nuptial Improvisation III sur Mallarmé Messagesquisse, sur le nom de Paul Sacher Messagesquisse 1 Livre pour cordes  Le Soleil des Eaux Etudes I sur un son Cummings ist der Dichter   The Three Piano Sonatas 1 Piano Sonata no.1 no.2 Trois psalmodies Anthèmes 1 2 Dialogue de l'ombre double Douze Notations pour piano Deuxième Sonate Pour Piano Troisième Sonate pour piano  Incises Dialogue de l'ombre double Structures Livre I Pour Deux Pianos 1 2 3 Structures Livre II, Pour Deux Pianos 1°ère Sonate,Pour Piano Sonatine for Flute and Piano    Edgard Varèse/ Hyperprisme Conducts Varèse Amériques Integrales 1 Ecuatorial    Berio/ Conducts Berio Sinfonia    Schoenberg/ conducts Wagner, Schoenberg, Berg Pierrot Lunaire Verklärte Nacht, Op.4 Verklaerte Nacht -1 -2 -3 -4 1 Variations for Orchestra Op 31 -1 -2   Stravinsky/ Sinfonia Instrumentos Viento Petrushka -f -f The Rite Of Spring -1 -2 -3 -4 Le Sacre du Printemps Three Songs from William Shakespeare Two Sacred Songs Song of the Nightingale The Firebird -f   Messiaen/ Oiseaux exotiques pour piano et ensemble Piano Sonata no.1   Bartok/ Conducts Bartók The Miraculous Mandarin CONCIERTO PARA ORQUESTA Cantata Profana -1 -2 -3 Two Pictures -1 -2   Debussy/ La Mer 1 Nocturnes Prelude to the Afternoon of a Faun Pelleas et Melisande Printemps   Berg/ Lulu -f Wozzeck -1 -2 Violin Concerto    Anton Webern/ conducts Anton Webern -1 -2 -3 Piano Quintet  pièce op.10 n°3 -1 -2 -3 Ricercata 6 Pieces for Large Orchestra, Op.6   Mozart/ Piano Concerto no.20 -f  no.26 -f   Bruckner/ Symphony no.8 -f -f  no.9 -f   Mahler/ Symphony no.2 -f no.5 -f  no.7 -f  no.8 -1 -2   Haydn/ Symphony no.103   Krzysztof Penderecki/ Utrenja Ewangelia   Wagner/ Das Rheingold -f -f  Die Walküre -f Siegfried -f -1 -2 Götterdämmerung -f -1 -2 -f

♯♭♪ (*^.^*) : Gunter Hampel 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     Serenade for Marion Brown Flute Song Improvisation And Then They Embraced Heartplants Without Me Heroicredolphysiognomystery The Capacity of this Room Familie -1 -2 Make Love Not War To Everybody  Im Stadtgarten Köln our chant Bahia (1981, Vinyl)    Improvisations - Company MUSIC&DANCE IMPROVISATION COMPANY - 21.09.13 @ FreeFlowFestival 2013 Berlin , Germany 1972 JAZZWORKSHOP DES NDR Gunter Hampel Die deutsche Jazzlegende Nowness The Space - Set 1 Jeanne Lee & Gunter Hampel Group 1970 Black Box Theater MUSIC+DANCE IMPROVISATION COMPANY Time is Now Nowness The Space -1 -2 approachable MUSIC`+DANCE COMPANY  Event Berlin March 2014 Synchronized Real Love GUNDAN SYNCHRONIZED REAL LOVE The German jazz legend Danilo Cardoso Duo SYMBIOTIC KEYHOLDERS Danilo Cardoso MDIC Cadence Short Documentary @ KHS BLICKWECHSEL 2014 FreeFlowFestival / 2010 MDID psychedelic lullaby

♯♭♪ (*^.^*) : Mbilia Bel 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Mbilia Bel * ♫ Mbilia bell  Et Kester NAZA Douceur 1 Les Z'on-Dit Amour au Secour Welcome Election 2006 Salé ou Suckkré Africa Feeling 1 Lo Dilemme ngaio nalembi Koko Ka Song Cher Am Manzil-Manzil Lovango African Queen Boya Ye Congo &Kester  | Nayanka Bell/ Iwasado Oukaladado Je T'aime,Moi Non Plus | Eric Virgal


nice!(144) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2312

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Sleeping Bear Dunes National Lakeshore -2(ストリートビュー)イタリア -Protected marine area of Portofino(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2312

焦げ臭い・酸味の匂いが脳髄の愉悦拠点を直撃する。  “ずんぐり”・“むっくり”の携帯用ポットにコーヒーを詰める。  苦さを和らげる少量のコーヒーシュガーを入れる。  ベタつかないサラ…*サラ…*した仄かな甘味とカラメルの香ばしい苦みを目指す。   ふむ!!、これはすばらしい!、(^。^)/、非の打ち所がない、ドンドン行ける。  そんなはずはなく、山で飲むコーヒーは、いつでも苦い、あるいは甘ったるいと感じる。  気まぐれな気持ち、果てしなく常に変化すること自体が、欲求そのものの揺るぎない証し。

♯♭♪ (*^.^*) : Clifford Thornton 1 2/ Freedom and Unity   huey is free :     現代音楽風の和声・アンサンブルが際だつ、新しい息吹の芽生えの現場に立ち会うことになる。  サウンドもホールの余韻を含むオフ・マイク、ノンクリップ、ノンリミッターのクラシック音楽風録音。  Free Huey*(13:04)、ベースのボーイングで静かに始まる、C・ソーントンのフリー・フォーム放射は鋭意はち切れ気分爽快、ベースの4ビート推進。  ベースのソロ、ボーイングが暫くあり、ホーン、リードのフリー・フォーム絶叫。  ドラムソロからベースの速いボーイング。  フリー・フォームのコーダで終わる。  15th Floor*(8:44)、フリー・フォームの前奏があり、C・ソーントンのヴァルブ・トロンボーンが滔々と歓喜を放射、K・ベルガーのビブラフォンの雄弁な展開、リードの速いフレーズのブローイング。  Miss Oula(4:39)、現代音楽風の和声・アンサンブルで始まり、メロディーも現代音楽を想わせる、リズム部門は退いている。  Kevin (The Theme)*(0:18)、ごく短いユニゾン。  Exosphere(10:01)、シンプルなテーマがアンサンブルで提示される。  速いテンポで疾走する、K・ベルガーのビブラフォンの展開、C・ソーントンのヴァルブ・トロンボーンの軽快な放射、リードのフリー・フォーム風ブローイング。  Uhuru(8:24)、重苦しいテーマのゆっくりしたユニゾンで始まり展開に入る。  C・ソーントンのヴァルブ・トロンボーンの展開は、Jazz的でない新しい魅力を感じてしまう。  Jazz特有の鬱屈感・押し込める力・思惟、それを弾く・退ける激情・エモーションの輝きが無い、そっくり別物に置き換えられている。  "O.C.T."**(4:26)、明快なメロディーの提示、スリリングなユニゾンそして卓抜なベースソロに驚く。  The Wake (complete version)(14:10)、フリー・フォーム放射・ブローイングのユニゾンでテーマが提示される、打ち下ろされるドラムの一撃での流れの転換は、現代音楽そのもの。    Babe's Dilemma(5:05)、。  "O.C.T." (alternate take)**(6:23)、。  C. Thornton(Tb,Tp,VTb)、Don Moore(B)、Jimmy Garrison**(B)、Tyrone Crabb*(B)、Joe McPhee**(Tp)、Karl Berger(Vbp)、Sonny King(As)、Harold Avent(Ds)、Release Date:Jul 22, 1967。

♯♭♪ (*^.^*) : The Philharmonia Orchestra 1/ ☆□You Tube Search :     Ravel/ la Valse Stravinsky Conducts Firebird   Antonio Salieri/ 26 variations on 'La Follia di Spagna -1 -2 -3   Messiaen/ Turangalîla Symphonie -Percussion -1 -2  Mendelssohn/ Symphony no.2 -f A Midsummer Night's Dream Die erste Walpurgisnacht op.60 Ouverture : Le nozze di Camacho Paulus Ruy Blas Meerestille und glückliche Fahrt La Bella Melusina   Tchaikovsky/ March Slav Trumpet Violin Concerto   Rachmaninov/ Piano Concerto no. 1   Schönberg/ Violin Concerto Allego -1 -2   Rossini/ Italian in Algiers   Mozart/ Requiem, K. 626 -f   Beethoven/ Piano Concerto no.3 -1 -2 -3 -4 -5 Smetana/ Moldava   Wagner/ Tannhäuser "Prelude" 。

♯♭♪ (*^.^*) : Globe Unity Orchestra 0 1 2 3 4/ 1/ ☆□You Tube Search :     Alexander von Schlippenbach Improvisation 4 Improvisation 1 The Forge  Hamburg '74 -f in Copenhagen, 2016 -1 -2 VANCOUVER 2010 Vancouver 6-27-10  @ Jazzhouse, Copenhagen ( 2016) -1 -2 -3 -4 -5 First Edition festival Fylkingen  festival for other music, Stockholm 2016 Globe Unity 2002 36th KONFRONTATIONEN Drunken in the Morning Sunrise (1970)  Globe Unity 70 @Konfrontationen 2015 Ode (1970) -1 -2 in Tokyo,Japan, 1980 -1 -2 -3 1970 Germany Berlin Germany 1970 -1 -2 @ Jazzhouse, Copenhagen (2016)  -1 -2 -3 -4 -5 26-9- 2008 Bimhuis Amsterdam -1~ Rudi Mahal @ Mulhouse'08 -1 -2 -3 -4 -5 Christof Thewes

♯♭♪ (*^.^*) : Manu Dibango 1 2 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Manu Dibango * 0 ♫ Manu Dibango-Hot chicken ♫ Full Track Album Pre-Listen ♫ Manu Dibango ♫Manu Dibango 1 80th Anniversary à l'Olympia What A Wonderful World Over The Rainbow Blue Moon Fly Me To The Moon Summertime In The Midnight Hour Mouna Pola Djany Wakafrika Mboa' Su Hi-Life Mosquito Song Aphrodite Shake Festival Mawazine 2014  Ponda Maloko GONE CLEAR Pata Piya Baobab Sun 7 BIG BLOW sun explosion The Soukouss A Freak Sans Fric African Battle Senga 1 150 African Musicians in 90,000 Bayam Sellam Coco In Central Park Peux Maintenant Manu Dibango 1 Dikalo Soir au village Ngando featuring Abelley Sphere Cameroon Woa African Music Legends Summter Time Ami Oh! Biko Hibiscus Wimoweh Pata Pata 1 Echos Beti Soul Makossa 0 1 2 3 4 5 6 Sunday Morning Lion of Africa 1 Doctor Bird Roll Back Malaria Concert  Ongelemba Iron wood Nights in Zeralda Sax Medley and voices Moni Marina Big Blow Aloko Party New Bell Fabrice di Falco Miss Cavacha Africa 1 Call It Stormy Monday les littles mondial multicoques Marina ABELE DANCE Sango Pouss Pouss Cameroon - African Music Legends -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 | SeDJedo


nice!(154) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2311

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Sleeping Bear Dunes National Lakeshore -1(ストリートビュー)イタリア -Beaches of Lampedusa(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2311

大きさと立ち姿が、自分と同じヤツが、唸り・身震いを始めた、それも頗るパワフルだ!。  肝を冷やしたのは最初だけ、果たして興味をもつか!?。  キライになったようだ!。  固まりと固いものが激しくぶつかる、破砕音はいつでも胸が透く想いで、いいものだ。  たちまち『ウィー…*ン』何かが抵抗をやめ・果てて温和しくなったようだ。  “黒い灯台”を天地にひっくり返し、コブシでコン!コン!と叩く。  ポンッ!とドームを外し、口をいっぱいに開けた濾紙の上に持って行き、スプーンでコン!コン!と叩く。

♯♭♪ (*^.^*) : Chet Baker 1 2 3 /She Was Too Good to Me     :     颯爽と良い滑り出しで始まる。  卓抜のテクニックを感じさせない絶妙の抑制・快活で、叙情的な風をたなびかせ走り出す。  飄々と淡々と一切の執拗を、とっくに捨棄した爽快、潔癖があり、こちらも裸足で立ち向かえる心易い面持W  ち。  けだるい暮れなずむ浜辺、あるいは石山の突端の腰を下ろし夕陽を受けて、満足げ。  あめ玉を入れたほっぺで、俄に言い訳を考えながら、ポツリポツリ白状するように、田舎の叔母ちゃんにそっとお強請りするように歌う。  甘いボイス、緑の平穏の解放、うそぶくように、惚けたように感じてしまう。  けっしてそんなはずはなく、もっとじっくり、準備を整えあるいは、酩酊の折りに聴けば、新しい発見があると想うのだが。  Rudy van Gelder の軸の揺るがない、大地にすっくと立つサウンドは、すばらしい!、…*。  内声部を軸に充実させ、楽器の定位を重んじ、煌びやかさを押さえ、シンバルの爽快は絶妙、ピアノだけは極めて個性的な明快。  いわゆる従来のスタジオ録臭い作り物であることを嫌い、雑木林に大きな平屋の木造・少し石の壁を配し、贅沢な簡素の実現。  この結果スタジオは荒野願望を充分満たす、よろこびの遊び場風を醸しだす。  旧友の集う対話から生まれる音楽は、なんと解放感に覆われているのだろう。  ぼくらは、大好きなサウンド、”Rudy van Gelderの作った音”を確かめ・摂取・全身で浸かり浴びようと、忙しそうに振る舞いそのことだけを想い奔走しておるのです。  この小屋・スタジオの響きが作品に折り込まれているから、盤のクレジットを確かめなくても、”尊敬する人物”に逢うことができます。  C. Baker(Tp,Vo)、Don Sebesky(Arr)、Bob James(EP)、Release Date:Jul 17, 1974。

♯♭♪ (*^.^*) : Philadelphia Orchestra 1/ ☆□You Tube Search :     Behind The Scenes Random Act of Culture Yannick Nézet-Séguin rehearse Nitzan Haroz,l trombonist Clarinet, Ricardo Morales Horn Jennifer Montone Harold Robinson, Double Bass -1 -2 Bassoon Daniel Matsukawa Wanamaker Organ   Isaac Stern/Mendelssohn-Violin Concerto   Tchaikovsky-Violin Concerto Guest Conductor M.T. Thomas   Händel/ Concerto in D major, HWV 335a   Bach/ Chaconne -1 -2 Bach-  Elgar/ Fantasia and Fugue in C minor   Chabrier/ España   Aaron Copland/ Duo for Flute & Piano Glinka/ Ruslan und Ludmilla   Britten/ Young Persons Guide -1 -2   Poulenc/ Sextet for Winds and Piano -1 -2   Rachmaninov/ Symphonic Dances -1 -2 -3   Saint-Saens/ Samson and Delilah   Ravel/ Rapsodie espagnole Daphnis et Chloé, suite no.2 -1 -2   Debussy/ Clair De Lune 1   Rachmaninoff/ Piano Concerto no.2 no.3   Tchaikovsky/ Sleeping Beauty -1 -2 -3 -4 -5 Serenade -1 -2 -3 -4   Webern/ Im Sommerwind   Verdi/ La Forza del Destino   Beethoven/ Symphony no.6 "Pastoral"   Holst/ The Planets : Mars Venus Saturn Neptune Jupiter Uranus Mercury   R.Strauss/ Im Abendrot Symphonia Domestica -1 -2 -3 -4 -5 Der Rosenkavalier Burleske for Piano and Orchestra -1 -2   Wagner/ Tristan and Isolde Prelude to Act 3

♯♭♪ (*^.^*) : Giuseppi Logan Quartet 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Giuseppi Logan Quartet * Table Suite Dance of Satan Dialogue Taneous Bleeker Partita Hell's Kitchen Jazz -1 -2 -3 -4 Logan/Lavelle/Grillot/Smith @ Local 269 -1 -2 -3 Jan. 31 in need, visit him he plays me music 5C Cultural Center Live on Infinite Eargasm Somewhere Over The Rainbow Giuseppi Logan -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 playing piano Tompkins Square Park -1 -2 -3 Giuseppi Logan, 1966 Giuseppe Logan -1 -2 -7 playing bass clarinet in need of repair, Tompkins Sq. Park Tompkins Square Park, July 2009 GL tells me about generous NYC writes a new song His Heart San Francisco Project CD Giuseppie's new CD party tomorrow | Somewhere Over The Rainbow

♯♭♪ (*^.^*) : Mali Music 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ mali music songs only ' ♫ mali music playlist  ne bi fe Damon Albarn, Afel Bocoum Cheikh Oumar Bah LOVE Chant  Mbora Soumbou Ya Ya! Ma Ya Sin djen djen Foro Bana Sinama denw Nanalè cigarette abana Sirata Sambara Deep Blood Red Mbora Make Me New Baro nyogon Papa Dao Glory Of The Lamb Salif Keita -1~ Sina Cono Moussolou Déné Issébéré Kewale Acoustic Go Give Me Sunset Coming On Niger Spoons Le Hogon Les Escrocs Too late Sibiri Samaké Ko Sira Vinci Paris Presents Nuit Africaine.. Nata Furu Musow Babani Koné Le ventre Nangule Cry Loud Yahweh All I Have To Give Make Me Betta Conqueror Mali debout Mali Music -1 -2 -3 -4 Music of Mali-2 -3 -5 Yahweh Deep Blood Red African Blues Mali


nice!(158) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2310

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Sleeping Bear Dunes National Lakeshore(ストリートビュー)イタリア -Beaches of Panareai(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2310

窓から差し込む一途な白黄の斜光、望遠中の“プレーリードッグ”あるいは“黒い灯台”を掴み棚から取りだし、ポットの上に置く。  茶筒をポンッ!開け、蓋にザザッ!と豆を入れる。  きっと、煙草そっくりのいがらっぽい匂いがする。  “黒い灯台”の“灯りドーム”をスポッ!と外し、豆を機械室にザザッと投入。  ドームを填め上から押さえる、『キュッ!・ンガッガー…*』、身震いとともにドームの中で金属片が回る・唸る。  この音で、睡っていた =ΘΘ=ΠΠ~ が驚いて走り出したときの痛快さったら、堪えられぬ。

♯♭♪ (*^.^*) : Charlie Parker 0 1 2 3/ Charlie Parker With Strings-The Master takes、 Overview  :     目眩く明快・闊達・自由奔放のリードは、張りがありパワーに満ち、たゆたい甘く一度耳にしたら忘れられぬ。  芯がしっかりぶっとい、頼もしくしゃくり上げるようなブローイング。  妖しい鼻に隠ったような音色は、非金属ホーンのため。  猫の体当たり、噛み噛み、尻尾での挑発の傾向は顕著にして大胆・充分、そして迫ってくる押しつけがましさは感じられず、極めて良き語りかけ。   弦アンサンブルのオブリガートが夕闇の気配を漂わせ、遠い日々の愉しかったあれやこれやを思い起こさせる。  モノクロ映画を観てるような、のびのびした乾いた優しい憂愁ではち切れる。  サラリ!と乾いた艶やかなリード、めまぐるしいフレーズを易々と気持ちよさそうに飛翔する。  立ち上がってCDを交換するまで、何回もはじめから繰り返して演奏する。  幻惑的な甘いリードは倦むことがない。 Release Date: Aug 23, 1950。

♯♭♪ (*^.^*) : Pedro Carneiro 1/ ☆□You Tube Search :     John Psathas/ View From Olympus -1~ Labyrinth Outdreaming the Genie Etude from "One Study One Summary 0 1 2 3   Xenakis/ Rebonds B 0 1 Okho -1 -2 Making Of CD Xenakis   Pedro Carneiro/ E todo eu alevanto e todo eu ardo 1  Journey Through a Japanese Landscape    Carrapatoso/ Suite   John Psathas/ Maenads   Philippe Manoury/ Le Livres des Claviers   Michael Colgrass/ Variations for Four Drums and Viola -1 -2   Minoru Miki/ Marimba Spiritual   MADUREIRA, João/ The 2nd Renaissance of Portuguese Composition   Rodrigo Sigal/ Rimbarimba Caixa de Música View from Olympus Trailer

♯♭♪ (*^.^*) : Gerry Mulligan 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Gerry Mulligan ♫ Top Tracks for Gerry Mulligan * 0 1 Things Ain't What They Used To Be & Billie Holiday Sings! Lion for Lions Moonlight In Vermont Ontet Spring Is Sprung News From Blueport | Five Brother's Love in New Orleans Bernie's Tune

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Gil Evans ♫ Top Tracks for Gil Evans * 0 1 Stone The Meaning of the Blues The Honey Man Straight, No Chaser on Fantastico 1987 Concierto de Aranjuez -1 -2 The Pan Piper Solea -1 -2 Angel Love In The Open Drizzling Rain Priestess Thoroughbred 1 Lunar Eclipse The Barbara Song Spoonful Las Vegas Tango 1 2 Crosstown Traffic, Little Miss Lover Castles Made of Sand, Foxy Lady Voodoo Chile Gypsy Eyes A Merman I Should Turn to Be Up from the skies‬‏ 1 Bemsha Swing BIRD FEATHERS Gone gone gone‬‏ El Toreador Lugano The Time of the Barracudas‬‏ 1 Springsville Gone Where Flamingos Fly Jazzfest Wiesen -1 -2 Remember Half Man, Half Cookie Ella Speed La Nevada Bud and Bird‬‏ The Meaning of the Blues/Lament Little Wing 1 Wait Till You See Her‬‏ Summer Night‬‏ Song No. 2/Once Upon a Summertime‬‏ Corcovado‬‏ Strange Fruit Crosstown traffic 1 Tokyo Concert Moon Dreams Moon and Sand 1 Lester Leaps In The Meaning of the Blues Miles Ahead Will O' the Wisp First Love Barracudas Orchestra 1976 1 Umbria Jazz 1974 Saeta 1 & Sting* Strange Fruit Shadows In The Rain Lugano Summertime 1 So What & Miles Davis Will O' The Wisp The Chicken Plays Jimi Endrix Little Wing Blues For Pablo JJ`76 J. Pastorius plays 1 My Favorite Things Blues in Orbit Zee Zee Svengali Cry Of Hunger Eleven Goodbye Pork Pie Hat The Cool Jazz Sound -f Live at Sweet Basil January 11th 1988 2nd Set -f | Sister Sadie Buzzard Song King Porter Stomp Black with Gold Glitter  No Ordinary Love  I Love You Porgy

♯♭♪ (*^.^*) : Lucky Dube 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Lucky Dube * ♫ Top Songs for Lucky Dube * ♫ lucky dube music ♫ BEST OF LUCKY DUBE     Put A Little Love Romeo My Gam Kiss No Frog Love me God Bless The Women Rolling Stone Is This Freedom House of Exile 1 Soul Taker The Way It Is 1 Guns & Roses Feel Irie War and Crime You know where to find me and Prisoner Trinity Release Me Family Ties Hold on Mony Mony Mony Divorce party political games Life in the Movies Taxman Mirror Mirror Teach The World 1 Can't Blame You Fugirive Love Me Let Jah Be Praised Hand That Giveth Monster Mama Remember Me 1 2 Respect Rest in peace It's not easy 1 Prisoner Victimms Together As One 1 Think About The Children Nobody Can Stop Reggae Oh my son 1 Dracula How Will I Know Ding Ding Soldier live Italie 2005-f Sunsplash '91 Live in Concert in South Africa-f 1 Ive got you babe eyes of the beholder Slave Reggae Strong REGGAEMAN Live in Concert 1993 Trinity Different Colours Soul taker em Salvador-1 -2 -3 -4 -5


nice!(159) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2309

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -River Loop Trail(ストリートビュー)イタリア -Beaches of Stromboli(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2309

昨夜泣き疲れたであろう風は、しっとりしていてしかもすっかりサラサラであって、少年の胸の奥深く吸い込まれるのを待っている。  朝靄の中、一筋の弧が撓み垂れている。  葉先に銀滴が揺れ、そして直立する細いテーパー□柱、錫杖・“‡”かやつり草(カヤツリグサ)。  異彩を放ち、地味なしたたかな夏草、いつでもパワーに満ちている、静かな自信にみちておる。  一面に飛沫を浴びた草、キラキラの全身発光を漲らせ、ゆっくり呼吸する。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ The Very Best of Charles Mingus  :     Atlantic('56~'61)レーベルからのオムニバス版。  ソリストの卓抜な演奏に浸り、いつしかとてもいい気分に包まれる。  Pithecanthropus Erectus(10:37)、直立猿人、弾むようなテーマをぶ太いベースで提示、すぐさまリードがフリーキーに展開、たちまちワク!~*、ワク!~*、する期待に包まれる。  自由な展開・呼応・反射・応答はなんとも小気味よい。  J.McLean(As)が訥々と言い淀んだようなブローイング、キビキビした鋭気に満ちたリズム部門もやがてフリー・フォームに。  M.ウォルドロンがポロポロと点描的スタイルを露呈、J.McLeanの 溌溂として悩み多き若き頃の、すばらしい!長い展開は聴き所。  ザクザク、バッサリと小気味よい!…*弾劾のドラム はとてもしっかりした推進力。  C.ミンガスの力強いベースは絶妙の調和を見せる。  Profile Of Jackie(3:08)、ジャッキーの肖像、バラード、J.McLean(As)のゆったりしたソロ、力強いベースが際だつ。  Tonight At Noon(6:00)、速いテンポ、Shafi Hadi(Ts)の鋭気が迸る気迫のこもった生き生きしたフリー・フォーム風ブローイングがすばらしい!。  J. Knepper(Tb)が火の出るような放射を披露、D.Richmond(Ds)の切れの打撃はとても気持ちいい。  Haitian Fight Song(12:00)、J.Knepper(Tb)が芯のある魅惑のトーンを滔々途放射、心地良いカタルシスが流れ出す。  S.Hadi(Ts)の早朝の緑の風は溌溂としてとても精鋭、明るく突き抜けるトーンはやはり魅力的。  長いベースソロ、とても生き生きとして張りつめた、とてもよく浸透するトーン。  ReincarnationN Of A Lovebird(8:32)、とても洒脱・機知に富んだ魅惑いっぱいのメロディーが提出される。  ホーンとリードの響きの融けあう美しさ、S.Hadi(Ts)の瑞々しい縦横無尽に展開する、突き抜けたサウンドは稀なもの。  J.Knepper(Tb)の一切を捨棄したような吹っ切れた爽快感も好感。  Moanin'(7:58)、P.Adams(Bs)特異なオープニングテーマには魅惑の展開の期待を懐かせられる。  J.McLean(As)の臆したような、言い淀んだような甘い魅惑のリードの静かなる浸透も聴き所。  玄米茶の香ばしい典雅、芳醇な香りのP.Adams(Bs)もじつに、すばらしい!。  ホーン群のピーチカラーに染まる西空の充足、高層を吹き抜ける風がいい感じ。  Cryin' Blues(5:03)、ゆっくりしたテンポ、ベースのソロで開始、ミンガスがなにやら叫ぶ、フリー・フォーム風なコーダ。  Wednesday Night Prayer Meeting(5:47)、大波乱を予感させるベースの導きで開始、怒濤を交えアンサンブルでテーマを繰り返す。  J.Handy(As)が渋いとても聴き応えのあるしっくり来るブローイングを見せる。   Ecclusiastics(6:59)、ゆったりしたテンポ、ミンガスが叫び唸る。  哀愁のあるブルース風、次第にリズムが躍動し始める。  リードが豪快な大股歩きのブローイング、ミンガスが叫ぶ!、喧噪と静寂の対比が際だつ。  Passions Of A Man(4:57)、羽ばたくような音、そしてホイッスル、笑い声、めいめいがなにやら発表している、諧謔の楽しみが胎動し今にも噴出しそうな勢い。  フルートとドラムが背景で演奏。  ピアノが静かにタラ~*タラ~*~*、ポロ~*ポロ~*やり、あっけなく完。  Wham Bam Thank You Ma'am(4:42)、スリリングな開始。  軽快なリズムに導かれリード(As)が渋くて慇懃な展開、リード(Ss)が圧倒的な明快・澄明な演奏で辺りを黙らせる。  アンサンブルが起伏に富んだ展開を見せ完。  J. Knepper(Tb)、Shafi Hadi(Ts)、J.R.Monteros(Ts)、M. Waldron(P)、Willie Dennis, J. Knepper(Tb)、John Handy, J. McLean(As)、B. Ervin(Ts)、P. Adams(Bs)、Mal Waldron,H. Parlan(P)、C. Mingus(B)、D. Richmond(Ds)、Release Date: Jan 29, 2008。

♯♭♪ (*^.^*) : Patrizia Ciofi 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Patrizia Ciofi Durch Zärtlichkeit und Schmeicheln Care compagne e, voi, tenere amici   Donizetti/ La Fille du Regiment  : Il faut partir ! 1 L'Elisir D'Amore : Antonino Siragusa 1 Maria Stuarda : Final aria Lucia di Lammermoor  : -f Duet -1 -2 Ah! C'est l'hymne Spargi d'amaro 1 Ah! non giunge uman pensiero Mad Scene -1 -2 Que n'avons nous Don Pasquale : act III duet Quel Guardo Il Cavaliere   Anna Bolena : Piangete voi?... Al dolce guidami castel natio Maria Stuarda :  PIA DE' TOLOMEI  : -f   Mozart/ Die Entführung aus dem Serail  :  Durch Zärtlichkeit und Schmeicheln Le Nozze di Figaro  : Giunse al fin il momento...Deh vieni a non tardar   Offenbach/ Les Contes d'Hoffmann : Les Oiseaux Dans La Charmille   Meyerbeer/ Robert le diable : Robert, toi que je t'aime   Bellini/ La sonnambula  : -f -1 -2 Son geloso del zeffiretto Ah!non giunge uman pensiero Care compagne e, voi, tenere amici 1 La Straniera -1 -2 -3 -4 -5 I Capuleti ed i Montecchi : -1~  Act I final Maria Stuarda : nube! che lieve per l' aria ti aggiri...Nella pace   Verdi/ La traviata : Alfredo, Alfredo amami Alfredo stra no...sempre libera Rigoletto : Caro nome Leo Nucci   Puccini/ Gianni Shicchi : O mio babbino caro   Handel/ Rodelinda : Il Complesso Barocco Alcina : Tornami a vagheggiar Silla : Sol per te bell'idol mio   Thoma/ Hamlet  : -f Pâle et blonde   Monteverdi/ Ohimé   Domenico Cimarosa/ Scherza il nocchier talora   T.Traetta/ Ippolito e Aricia : Prendi amor -1 -2   Massenet/ Chérubin : QUI PARLA DANS LA NUIT   Rossini,/ Stabat Mater :  Otello : ASSISA A PIE' D'UN SALICE L'error d'un infelice   Vivaldi/ Bajazet : Il Mar Par Che Sommerga  Motet : In Furore justissimae irae   Astrea placata/ Nella face che risplende

♯♭♪ (*^.^*) : George Adams 0 1/ ☆□You Tube Search :      Top Tracks for George Adams * 0 1 Traceys Of Daniel Sillie Willie A Night Out Love magnetic field Saturday nite in the cosmos Sophisticated Alice funk a roonie peacock Neata Babe Boogie You Name It City of Peace Mingus Metamorphosis New Comer The Cloocker Gil Evans Orchestra 1976 Gypsy Eyes Priestess Thoroughbred You Don't Know What Love is Goodbye Pork Pie Hat 1 Take the 'A' Train Play Flute Saturday Night in The Cosmos Going Home Little Wing Got Somethin' Good For You Nobody Knows The Trouble I've Seen Intentions 1  Goodbye pork pie hat Tenor Madness Serenade for Sariah 1 Tenor Sax Jam Session What A Wonderful World Flowers For A Lady Newcomer  George Adams Quartet Cry Me A River The Necessary Blues -1 -2 -3 Song From The Old Country 1 2 Payday Blues The Duke Ellington's sound of love City Gates  Phalanx -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 Forever Lovers Everybody's Boppin 2 Blues Up And Down Mt.Fuji Jazz Festival 1991

♯♭♪ (*^.^*) : King Sunny Ade 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Songs for King Sunny Ade * ♫ Top Tracks for King Sunny Ade * ♫ KING SUNNY ADE ♫ King Sunny Ade's Old Classics    Penkele 1 E Saiye Re Ori Mi Ja Funmi Oba Adeyinka Oyekan Edide E Mujo Tolongo Synchro System 3 Bagogo Ba Ti Dun MKO Abiola Eni Binu Wa Oba To Laiye Kini Mba Ro Nitori Awa Amin/Ase Afai Bawon Ja Medley -1 -2 Owuro L'ojo Togetherness -f Emi Agba Adura -f Ijo Mbe -f Alhaji Rasak Akanni Okoya -f My Dear -f Baba Mo Tunde -f DOCUMENTAR -f & His African Beats 1973 -f Late Olabinjo -f Suku Suku Bam Bam Oro Oko Ati Iyawo - Aya To Pawo Aja Ngbo Nigbo Afai Bowon  Mo Fe Dabi Jesu Osupa Mi Tole Iyin Mi Ko le ye won 365 Is My Number Let Them Say Sweet banana Samba Ogun Party Sunny Tide Ariya Wait for me KING SUNNY ADE ENLE EKU M.K.O Abiola Easy Motion Tourist Esu biribiri Funfun Niyi Eyin Africa and America The Golden Mercury of Africa -1 -2 atlanta concert04


nice!(151) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2308

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Wahclella Falls Trail -1(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-8(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2308

その“パリ ッ”とした糊の効いた真っ白の敷布のような、地を這い長い影を曳く光輝が照射され。  何もかもが清潔で、静謐で塑像の中にひっそりこもっている。  夏の朝空は、のびのびろと広がり澄み渡り、雲に淡い光がもたれかかって溶け合っている。  界隈の角を曲がった途端、『ワッ…!ワッ…!』 『…‰、…‰』 歓声や拍手が湧き上がりそうな錯覚が通り過ぎる。  早朝のつかの間は、新聞配達のバイクの音もどこかへ行ってしまって、野鳥の歓びの歌や会話がひとしきり賑やかである。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Me, Myself an Eye  :     一糸乱れぬ!?大編成のオーケストラの卓抜な演奏が楽しめる。  Something Like a Bird と対を成す、C.ミンガスの圧倒的な個性が傑出した大作、遺作。  Three Worlds of Drums(30:22)、『ダ・ダ・ダ・ダ・ダッ!、……ッ!』、とても印象的な挑みかかり・畳みかけ・浴びせ倒すようなテーマ、濃密なサウンド・ユニゾンで開始。  とても間合いを取ったドラムのカデンツァがあり、再び大鉈振りかざした、突貫工事風の大仕事の始まる予感。  ソロオーダーは、J.Chambers からD.Richmond へ、さらにS.Gadd、J.Walrath、R.Brecker、G.Mraz、G.Colman、E.Gomez、M.Brecker、L.Coryell、J.Chambersへ と 渡り継がれ、息つく暇もないのら・野良・ΘΘΠΠ~。  コンガ、ボンゴが素早く・心地良く・歓喜の意欲で打ち込まれ、沸き立つようなサウンドに包まれる。  クンビアのリズム が大地から立ち上がり一面に溢れ出し、極彩色を帯びた電気弦がギュン!ギュン!天空を飛翔・天翔る。  リード(As,Ts)とホーン(Tp、Tb)のユニゾンで高らかに ・歓喜に満ちたテーマが提示・展開される。  ホーンが滔々と気持ちよくたっぷりと放射、天空によじ登り・ムササビがヨロコビの飛翔・天翔る、飛びたてなかった電気低弦が、気を取り直しパキ!パキ!と助奏。  ベースの大地を力強く突き上げるようなソロ、引き締まった心地良い緊張に覆われる。  リード(Ts)渋くて抑制の利いた、とてもいい 飄々とした演奏を披露。  再びベースが明るい軽やかなトーンで、ヨロコビに満ちホク!…*ホク!…*と、快活に演奏。  リード(As)がちょっとくすんだ芯のある 魅惑のトーンで、渋く慇懃に演奏。  電気弦がとても素早い・鮮やかな指運びで、めくるめく極彩色の緞帳を編み上げる。  ドラムソロはぐっと抑え込んだ、とても思慮深い端正にして頼もしい大理石の切り出しを、易々とちょっと長めに丁寧に行う。  オーケストラのユニゾンとドラムソロの対話は、なんとも大胆不敵で痛快。  コンガ、ボンゴの連打、明快・解放・随喜のサウンドでスタコラ ・サッサー…*と快走、痛快の極み。  合奏でテーマを繰り返し、源氏絵巻を連想させて足らぬ鮮やかな展開。  ホーンが黄昏のテーマをピーチ色に染まる夕空に向かって放射、次第にテンポを落とす。   雁が長い軌跡を遺す。  意外なすこぶるもミステリアスな終わり、深い余韻を遺していく。  Devil Woman(9:25)、ソロオーダーは、L.CoryellからM.Breckerへ、さらにR.Breckerへと続く。  もっそりと、ものものしく開始、まるでシェークスピア劇の様。  電着弦はゆっくりとひとつひとつ確かめるように、テーマをサラリと提出。  合奏でテーマを慇懃に繰り返す、荘厳でもなくかといって投げやりでもなく、めいめいの行いはとても真摯。  電気弦のソロはとてもダイナミックな起伏の展開を見せる、気ままに見えてしまう真夏の昆虫の活動・生殖。  『ワアア…*』リード(Ts)が明快なテーマの提出を行い、すぐホーンが受け継ぎ自在に展開と同時に、めいめい入り乱れて自由に演奏、卓抜な手腕でサラリと集団的な美を構築する。  Wednesday Night Prayer Meeting(9:51 )、ソロオーダーは、J.WalrathからR.Breckerへ、さらにR.Ford、M.Brecker、L.Coryell、E.Gomezへと移っていく。  『ア~~*』、コーラスでテーマを提出。   即座にアンサンブルで恭しく受け継ぎ、リズム部門の颯爽たる推進力に励まされ、いっきにホーンが駆け出す。  リード(Ts)がとても心地よさそうにブローイング、ベースがグングン 突き上げ・推進させる。  電気弦の発作的な陶酔のプレイが堰を切って飛び出し飛翔する、何故かとてもヨロコビに溢れておる。  次第にサウンドの線が細くなる、皆 固唾をのんで見守る。  アンサンブルのユニゾンが元気になり、くっきりとテーマが繰り返され、『ワア~~*』コーラスに変わり静かに終わる。  Carolyn "Keki" Mingus(7:46)ソロオーダーは、L.Konizから、M.Breckerに、そしてL.Coryellへと移る。  リード(Ts)でピーチの浸食される天空に向かって、黄昏のテーマがほっこりと呟かれる。  リードがとても渋い、思慮深い展 魅惑の開を披露、くすんだアンサンブルの助奏が息をのむほど美しい。  電気弦がめくるめく音色で、ダイナミックな展開を披露、緞帳の縁取りを完成させる。  アンサンブルでたっぷりと歌い、静かに充足の心持ちで終わる。  Jeffrey plays(Arr,Cond)、R. Brecker(Tp)、Slide Hampton,Keith O'Quinn(Tb)、Lee Konitz, Yoshiaki Malta(As)、M. Brecker, G. Coleman,John Tank(Ts)、George Mraz,E. Gomez(B)、Sammy Figueroa, Ray Mantilla(Prc)、Steve Gadd(Ds)、Release Date: Jan 19, 1978。

♯♭♪ (*^.^*) : Patricia Petibon 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Patricia Petibon Purcell/ When I am Laid In Earth O dive custos Auriacæ domus Bid the Virtues   Haydn/ Fra un dolce deliro Ragion nell'alma siede   Berg/ Lulu: Petibon, Breslik Salzburg 2010 Salzburg festival -act1 -act2 -act3   Petibon Volle acte 1 final acte 3er Amoureuses send in the clowns Italian Baroque Arias Talk   Offenbac/ The doll Song   Handel/ Ah! Mio Cor Le Messie -1 -2 -3 Tornami a vagheggiar Lascia ch'io pianga Quando voglio   Étienne Méhul/ Stratonice -1~   Chabrier/ Les Contes d'Hoffmann   A.Scsrlatti/ Griselda se il mio dolor t'offende   Mozart/ Figro -f L'ho perduta... me meschina Vorrei spiegarvi , oh Dio Deh vieni non tardar Der Hölle Rache Mass in C Minor Vanne T'affretta...Ah se il crudel periglio Durch Zärtlichkeit und Schmeicheln Vorrei spiegarvi, oh Dio!   Gluck/ Le perfide Renaud quand le barbare L`Amour Orphée et Eurydice   L.J.F.Hérold/ Zampa, ou La fiancée de marbre : Air de Camille   Delibes/ Les filles de cadix

♯♭♪ (*^.^*) : Gato Barbieri 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Gato Barbieri ♫ Top Tracks for Gato Barbieri * 0 1 2 Milonga Triste 1 Last Tango in Paris 1 2 3 4 -f It's Over Europe 1 2 3 4 5 Togetherness Circulos Where is the Love  Yesterdays Bolivia El Parana Yo Le Canto a La Luna El Sertao Stright Into the Sunrise 1 indonesia guadeloupe Blue Gala ROSA Man In Paris LATIN LADY Seven Servants ECLIPSE Merceditas Midnight Tango Nunca Mas LAST KISS SWEET GLENDA The Woman I Remember 1 MYSTICA 1 BLUE HABANERA Fireflies Gods and Astronauts Secret Fiesta La Podrida Modena 1 ENCUENTROS Lluvia Azul The Woman On The Lake Sophia She Is Michelle Granada Fiesta 1 Nunca Mas Paris I Want You 1 Bahia Leandro ¿Bailamos? EUROPA & SAMBA PA' TI Tupac Amaru Hasta Siempre Concierto en Montreal -1 -2 -3 -4 Live From The Latin Quarter 2001 -f Caliente  -f Shadow Of The Cat -f Live From The Latin Quarter 2001 -f

♯♭♪ (*^.^*) : John Chibadura 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ John Chibadura * ♫ John Chibadura -1  ♫ Popular John Chibadura Videos   raira vana Vengai Zvenyu Sara Ugarike Mune majerasi 1 Rudo rwechokwadi Pitcoat Govt Varoi Instrumentation Great Stuff Chiiko Gotwe rangu Rudo Runokosha Handichazviita Ndichafa Ndiri Bhachura Munondishora Mudiwa jennet Vengai Zvenyu Usandivengere simba rangu Zuva Rekufa Kurera Hosana Zuva Refuka Kwanqu Sara Ugarike 1 raira vana Dhiya Wangu Zviwuya Zvirimberi Zuva Rekufa KWANGU Dhiya Wangu Kudakwashe Mukwasha Zvaitika Cecilia Mudiwa Janet Rudo Runokosha $5000 Dollars Kuroora


nice!(152) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2307

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Wahclella Falls Trail(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-7(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2307

今日は、休日であり、すっかり準備が終わっており、弁当を作れば即刻脱出できることにすぐ気がつく。  足をバタバタしたい衝動で躊躇なく、ゆっくり息を吐きながら立ち上がる。  薄緑に白とくすんだピンクの太いストライプが床まで垂れた、東のカーテンをおもいっきり曳く。  目眩く鮮鋭な・真っ新の山吹の光が全身を射る。  家々の屋根やスズカケ、街路樹、白雲がことごとく、”パリ、パリ”音を発てて身震いしている。  すばらしい色・光が、さざめいている。  一切が眩しい斜光に向かって不動の屹立をしている。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Something Like a Bird :      Me, Myself an Eye と対を成す、C.ミンガスの圧倒的な個性が傑出した大作、遺作。  大編成のオーケストラによる31分(LPは、Pt.1とPt.2に分割)の大作と、7分の佳曲からなる。  辣腕・ベテランのソリストが多数勢揃い、それを認識する楽しみも。  うねるような心地良いドライブ感に包まれる合奏、全体を通してリードソロは入れ替わり立ち替わり変遷、極自然な運びで次第にバトルの様相を帯びてくるシーンの連続が、とてもすばらしい!、聴き所が随所に・頻繁に登場し実に嬉しい。  Something Like a Bird, Pt.1(19:10)、軽快な滑り出しユニゾンによりテーマが提出され開始。  リード(As)が饒舌なブローイング、次ぎに(Ts)に受け継がれい心地良いドライブ感を発揮する。  リードはソロが目まぐるしく入れ替わりながらエモーションが迸り、次第にバトルの様相を呈してくる。  この辺りは当然スリリングになるわけでであり、Jazzエモーションとインプロヴィゼーションの分泌する熱気に包まれ実に味わい深い。  ホーンに受け継がれた主題の明快な展開となる。  ここでもソリストが目まぐるしく入れ替わり、心地良いテンポも相まって実にJazzの醍醐味が味わえる。  次第にジャムセッションの様相を呈し、一段と熱気を放ち始める。  リード(Bs)の痛快なプレイがあり、これも目まぐるしく演奏者が入れ替わるため、スリリングで胸の透く想い。  やがて激しいバトル・ジャムセッションに変遷、ユニゾンの短いコーダでベースに受け継ぐ。  ベースソロは卓抜な素早いフレーズを掻き鳴らし・突き上げ、辺りを黙らせる。  ベース同士も発止と渡り合いジャムセッション風で締めくくる。  ピアノに受け継がれ、ユニゾンのオブリガートで突き上げられ、鋭気を背負うエキサイトしフリーキーな打弦で次のオーケストラのユニゾンへ。  ベースの強靱な推進力を得て勢いをいっそう増す。  Something Like a Bird, Pt.2(12:14)、合奏からホーンが立ち上がり滔々・飄々と爽快にソロを展開。  ここでもソリストが目まぐるしく入れ替わり、実に充足の想い、極上のいいカタルシスが侵出・流れ出す。  例に漏れずホーンのバトルとなり、ジャムセッション風の昂揚しを楽しんでおる。  ここで圧倒的なリード(As)のソロに辺りは静まりかえる、鋭気に身満ちあふれ、サウンドは艶めかしくさえ感じるようだが少し趣が違う。  エッジが極めて鮮鋭で言い淀んだような臆する語尾と、ハットする押し出しの呼吸感に想わず引き込まれる。  例に漏れず次第に、リードのバトルとなりジャムセッションの昂揚し 、スリリングでエキサイティング、Jazzのエモーションが炸裂!。  極めてスムーズに・無理なく全合奏に突入、きっぱりしたコーダで見事に完。  Farewell,Farewell(6:57)、魅惑に満ちた開始はうっとりするほど美しい、めいめいの楽器の音色が融けあい、得も言われぬ響きを生む。  ゆったりしたテンポの希望に満ちた溌溂としたメロディー、天上的な安堵・安らぎ・寛ぎを醸しだす。  リード(Ts)のソロが充足のヨロコビを吐露させる、シャンペンゴールドの夕空は、すばらしい!。  電気弦は7色の情熱、しかも枯れた絶妙のサウンドで歌う。  リード(As)がとても人間くさい・ヒューマンな心情をたなびかせる。  ベースが登場したちまち、あたりは緊張・聞き惚れ静まりかえる。  オーケストラによるテーマの繰り返しがあり、魅惑の地平に遊ぶ境地で静かに、あっけなくハッ!と終わる。  C. Mingus(B,Comp,Arr)、Paul Jeffrey(Cond)、Jeffrey plays(Arr,Cond)、Jack Walrath(Tp,Arr)、R. Brecker, Mike Davis(Tp)、Slide Hampton,J. Knepper,Keith O'Quinn(Tb)、Lee Konitz,C. McPherson,Yoshiaki Malta(As)、Ken Hitchcock(As,Ss)、Daniel Block,M. Brecker,G. Coleman, Ricky Ford,JohnTank(Ts)、P. Adams, Ronnie Cuber, Craig Purpura(Bs)、L. Coryell,Ted Dunbar, Danny Toan, Jack Wilkins(G )、E. Gomez, G. Mraz(B)、Bob Neloms(P)、K. Werner(Ep)、Joe Chambers,D. Richmond(Ds)、Ray Mantilla(Prc)、Release Date: Jan 18, 1978。

♯♭♪ (*^.^*) : 小澤征爾 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -小澤征爾   Dvorak/ Silent Woods Slavonic Dance no.1   Lalo/ Symphonie Espagnole   Poulenc/ Les Mamelles de Tirésias   Ravel/ Pavane for a Dead Princess L'Heure espagnole La flûte enchantée Daphnis et Chloé, Suite n°2 Pavane Pour Une Infante Defunte Alborada del gracioso   Fauré/ Élégie op. 24 1   Berlioz/ Symphonie fantastique -1~   Bach/ Chaconne. Sarabande in D minor Matthew Passion Chaconne for orchestra BWV 1004 -1 -2   Beethoven/ Symphony no.7 Choral Fantasy -1 -2 -3 Fidelio Violin Concerto -1~ Piano Concerto no.1 -1~   Bizet/ L'Arlésienne Suite n°1 II. Menuetto IV. Carillon n°2 I. Pastorale   Stranvinsky/ Nonn' erubescite, reges The Rite Of Spring Oedipus Rex   Mozart/ Symphony no.36 Horn Concerto no.2 -1~   Rachmaninov/ Piano Concerto no.3   Tchaikovsky/ Piano Concerto no.1   Liszt/ TOTENTANZ   Carl Orff/ CARMINA BURANA   Toru Takemitsu/ Requiem for Strings Orchestra November Steps -1 -2 Gemeaux, for Oboe, Trombone and Two Orchestras -1~   J.Strauss II/ VIENNE Zivio!   Hellmesberger II/ Danse diabolique   G. Gershwin/ An American in Paris | Karajan - Interview 仲間たち -1~ 我が町ボストン* 魂の響き* 1/5 Young -2

♯♭♪ (*^.^*) : Freddy Martin 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Freddy Martin ♫ Top Tracks for Freddy Martin * 0 1 Mademoiselle When Love Comes Swinging Along Just One Of Those Things Warsaw Concerto Yes To You What a Difference a Day Made Two Together How About You I Saw Stars Managua, Nicaragua Isle Of Capri Big Band Sounds of the 1930's 1930's Big Band Hit Parade  What A Difference A Day Made In The Dark A Rainy Day Bon Jour Mam'selle Paris In The Spring Salute to the Big Bands Medley Everything I've Got Life is A Song Why Haven't I Told You?  Just Let Me Look At You Bubbles In The Wine  I've Got A Lovely Bunch Of Coconuts  Then I'll Be Tired Of You Grieg Piano Concerto Smoke Gets In Your Eyes Hut-Sut Song (A Swedish Serenade)  Tonight We Love Wedding Day What A Difference A Day Made It's Been So Long The Night Is Young Don't Wake Up My Heart Just Let Me Look At You I'll Still Go On Believing In You Warsaw Concerto

♯♭♪ (*^.^*) : JASPER VAN'T HOF 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     Pili Pili 1 2 3 4 5 6 7 8 * Ukimwona  I Lè Kinshasa 'M Boté Kiba Smiling Lingala Virgin Jungle LANTAREN VENSTER ROTTERDAM 1 & Philip Catherine/ Miroslav Vitous bree.ze f Ostinato Three Doors Sleep My Love -f Live in Greven 2013 I Nan Djole Jakko Jakko Misty Morning Light Melanie Truk Crystal Bells VITOUS The Door Is Open Scrabble aqua sansa Lonesome Defender Light Lines XIII Festiwal Jazz Transmit Vite Ayi Ambandru Vodoun Amon Carola Achim Jaroschek The Quiet American PILI PILI DJAMO DJAMO MAMA ROSE Pipo CONTRACTS "KALIMBA" & "RECOVERED RESIDENCE" April 9th 2011 Versonnex France Labyrinth Live China Labyrinth Live 1984 1/2 bree.ze XIII Festiwal Jazz na Starówce 2007 U.F.O. Night After The Day Before Source | RUTH WAMUYU & Marlon Klein King Eddie AFRIKARAIB & Batucalada & VJzoo


nice!(144) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2306

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Rowena Plateau Trail(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-5(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2306

その厳しさの中で、地から這い上がり頬を撫でる川風。  泥の匂いや草木の吐息、水棲達の体臭、一切が混じった夕凪。  やがて夜露で洗われ明日を迎える。  静謐・澄明な優しさに包まれ、しみじみ幸せ。  遠くに灯り始めた山吹の灯明が、きっぱりと新たなる愉しみの在処を滲み出す。  熱気の余韻が漂う、くすんだ死にかけた・汚濁の街の喧噪・光輝の中に還る。  足下のほうから、長く曳きずるような古典弦楽合奏が聞こえてくる。  『……ン……!』。  

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Three or Four Shades of Blues :     電気弦の素早い指使いの覇気に圧倒され、ズンズンのめり込んでいく、何時しか得難いヨロコビに浸るのサ。  この(EG)は随所に登場、ほかのアルバムにないミンガスのサウンドが楽しめる。  Better Get Hit in Yo' Soul(4:35)、ベースのぶ太っいテーマの提出、コーラスを交えたアンサンブルが引き継ぎ、電気弦がたっぷりと早い分散和音で明確に、やりたい放題こねくり回し、リードが圧倒的な押し出しの良さで吹き上げる。  再びアンサンブルで繰り返しコーダ。  Goodbye Pork Pie Hat(7:00)、ゆっくりした噛んで含めるようなテーマの提出、素早い指使いのギターの展開、ベースはギュン!ギュン!締め上げる。  ギターは全身を硬直、末端の痙攣、リードが展開。  風邪引きの心地良い微熱を引きずり、ベースが見事なソロを聴かせ、ギターが素早い分散和音をひけらかす。  ドラムのざっくりした断崖弾劾でまとめる。  Noddin Ya Head Blues(10:29)、ゆっくりしたテンポ、ピアノがポロ!ポロ!とテーマを提示、ギターがブルース風に思い切りビュン!ビュン!、ギュワン~*ギュワン~*こねくり回す。  リードがたっぷり余裕たっぷりにブローイング、やりたい放題。  ギターは7色のサウンドを掻き鳴らし、ヨロコビいっぱいに駆け回り、天空を飛翔して回る。  ベースがとても慇懃に登場、辺りは緊張に包まれシャキッとした空気が漂う。  アンサンブルでじっくり噛みしめるように繰り返し締めくくる、ミンガスが『お前ら……ちゃんとやれっ!』と言っている声がする。    Three or Four Shades of Blues(12:03)、ドンっ!、颯爽と駆け出すイメージ、心地良いドライブ感があふれ実に心地良い。  打弦がポロ…*ポロ…*とテーマを繰り返し、アンサンブルが引き継ぐ、再びピアノが静かにソロで消え入るようにポロンポロンと演奏。  ベースのキックで快適な心地良い巡航の途に、ギターがうたい、ホーンがうそぶき思いっきり放射、リズム部門の調子は絶好調、軽快なスムーズなトルクを発揮するヨロコビに浸る。  ギターはとてものびのびとたっぷりと演奏。  とても渋い、ハッとする稀薄のベースソロで覇気を注入され皆生き返る、リードのフリー・フォーム風・ブローイングは元気いっぱい。  どんどん快調にドライブを楽しみ、ユニゾンでお茶目な締めくくり。  Nobody Knows(10:06)、とても速いテンポ。  実にハイウェイは心地良い、高所の荒野のワインディングはとてもいい風が跳んでいる。  だからギターの兄ちゃんは、とても機嫌が良い。  実に軽やかに指が走り、絶好調の音色なんだ!。  渺々と放射のホーンは風を呼び、果てしない荒野の地平をひたすら目指す。  リードは吹き付ける風に負けじと、渾身の吹き上げを続ける。  何処までも、何時までも続くと想われた、したたかなトルクのツーリングは、充足のベースの停止コマンドで無事に完。  Jack Walrath(Tp)、Ricky Ford(Ts)、G. Coleman(As)、Bob Neloms(P)、Philip Catherine, L. Coryell(G)、Charles Mingus, G. Mraz(B)、D. Richmond(Ds)、Paul Jeffrey(Arr)、Release Date: Mar 9, 1977。

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestre philharmonique de Radio France 1/ ☆□You Tube Search :      Atom Heart Mother (des Pink Floyd) Noah Bendix-Balgley -1 -2 Festival Présence 2011   Berlioz/ Carnaval Romain,Symphonie Fantastique/Mendelssohn Piano Concerto no.1   Maurice Ravel/ La Valse Ma mere l'oye   Saint-saëns/ Symphony no.3 'Organ Symphony -1~ La danse macabre   Pierre Boulez/ Domaine Musical Ensemble -1 -2    Olivier Messiaen/ Appel Interstellaire - Interstellar Call Antienne de la conversation   Paul Dukas/ L'Apprenti Sorcier   Liszt/ Tasso Lamento e Trionfo   Emilie Gastaud/ Concerto de Ginastera   Smetana/ Má vlast - Prague Spring 2013 Opening Concert   Franco Donatoni/ Portrait In Cauda Cadeau Rima Spiri Lumen   Dvorak/ Cello Concerto    Rossini/ Stabat Mater -1~   Bizet/ Carmen -1~   Weber/ Und ob die Wolke sie verhülle Wie nahte mir der Schlummer.. Ouverture d'Obéron   Schumann/ Sonate no.1 -1~   Brahms/ Symphony no.2 -1~   Bruch/ Violin Concerto no.1 -1~   Bruckner/ Symphony no.9 -1~   Stravinsky/ Le Sacre du Printemps Violin Concerto   Tchaikovsky/ Violin Concerto   Witold Lutoslawski/ Symphony no.4

♯♭♪ (*^.^*) : Freddie Hubbard 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Freddie Hubbard  ♫ Top Tracks for Freddie Hubbard * 0 1 First Light 1 Feelings Uncle Albert/Admiral Halsey 1 Yesterday's Dreams Lonely Town Straight Life 1 Here's That Rainy Day Chocolate Shake Carnival Skylark Thermo Gypsy Blue Blue Spirits Interpid Fox Uncle Albert/Admiral Halsey 1 Povo Sky Dive Son of Sky Dive 1 Far Away The Godfather Yesterday's Dream Double Bass Lonely Town Sabrosa Little Sunflower This Dream Bob's Place Lazy Afternoon Love Connection Little Sunflower 1 Mr. Clean Here's That Rainy Day Body And Soul Summertime To Her Ladyship The 7th Day Bob's Place Caravan Polar A/C Black Maybe Ebony Moonbeams mtt People Make the World Round Lament For Booker Destinys Children Camel Rise Neo Terra Yesterday's Dreams Carnival Chocolate Shake Clarence's Place I Got It Bad polar ac The Summer Know Keep Your Soul Togeter Hubtones Liquid Love The Intrepid Fox Suite Sioux Red Clay -1 -2 Splash YOU`RE GONNA LOSE ME People Make The World Go Round Melting Pot -1 -2 Cantelope Island 1 2 3 4 Happy Times Moanin Fantasy In D Bolivia Byrdlike I Remember Clifford 1 Blues Minor Maiden Voyage-1 -2 Super star quintet The night has a 1000 eyes 1 with Tony Williams Resolution Plays John Coltrane Resolution Plays John Coltrane Rhythm A Ning Gypsy Blue Jazzwoche  full album* :  Burghausen 1991 -f Live at the Village Vanguard -f Pori 2000 -f Little sunflower -f

♯♭♪ (*^.^*) : Ismaël Lo 1 2 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Ismaël Lo  ♫ Top Tracks for Ismaël Lo * ♫ Ismael Lo -1 ♫ Ismaël Lô -2 Tajabone 1 2 3 4 5 6 Without Blame Ataya 1 Nafanta Tadieu Bone Xiif Natt Africa 1 2 Samag La Djola Kele Mougneul Jelebi  Sophia Taar Dousey Jalia Diawar Adou Calpe Nene M'Barawath Raciste Souleymane Ale Lo Jiggenu Ndakaru None Fa Diallo Tariha Souleymane Diaber Dabah Ndiawar Wadiour Tiedo Fatou Ndiaye Sofia Afaya Taar Du Sey Marie Lo Dioumaa Ceddo Alal Kaher Teranga Senegal Afrique Sunu Ndeye Wassaname Diop Le Maire Nabou 1 L Amour a Tous Les Droits Despedida Nat Ale Lo AFRICA 1 Sénégal Sénégal Xiif ..ataya Sofia 1 Manko Jalia la femme sans haine 1 Yaye Boye Khar Taar Doucey Baykat 1 Taar dusey 1 Tass Yakar Lotte Lo 1 Senegambie dibi dibi rek 1 Bastille Paris Jammu Africa 1 2 Tierra africana 1 2 pel marroc amb Le Jola Rero Incha Allah Wassaliane Afrique Suñu Raciste 1 Mbindane Aiwa Xalas Samba et Leuk Nafantav Jelebi Raciste 1 Setsinala | Aicha Sakifo 2007 Stephan Eicher Fa Diallo Mariama Xamul Dara Lote Lo    Le Bilan Una sonrisa a la esperanza -1 -2 -3 Without Blame Africa Democratie Wassaliane Takou Deneu SENEGAL, AFRICAN POP SHOW Ismael lo en concert 2015 -f DIAEAR -f Ismael Jo & Jammu Africa -f synthés  -f


nice!(145) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2305

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Cooper Spur Trail(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-5(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2305

子供頃、噛んでみて仄かに甘を感じた驚きを呼び起こす。  背丈ほどのセイタカアワダチソウやトゲトゲの蔓草が蔓延る。  『”バタバタッ……』、ゴイサギ?!、休息をじゃまされた水鳥が驚いて(憤怒の想いで)飛び立つ。  明日こそ、もっと上手くやろう。  しかし日増しに魚は遠のくのである。  たっぷり滔々と流れる水量、夕陽を浴びて金色に輝く水面、一陣の疾風でさざ波が起こり耳元を過ぎる飛沫、砂嵐のようなカラッ!・カラッ!の南風、季節の移ろいでゆっくりと鮮明に表情を変える。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Cumbia & Jazz Fusion/ AMCY-1039   :     背後は曝された黄土色で線描されたユーカリ風の大木、足下にはシダ類の大きな葉、上前方には椰子類の単子葉植物が垂れ下がり、遠方に水平線を臨む。  心地よさそうな背もたれの椅子にどっかりと腰を下ろし、慈愛に満ちた顔のミンガス。  これは当初映画のためのサウンドトラックとして制作された、2曲を含む。  ピィ!ピィ!ピィ、ピィ~*ピィ~*。  ……~*、……~*。  クワッ~*、クワッ~*、野鳥の囁き・会話・喧噪で始まる、アマゾンの密林?。  木管でシンプルなクンビアのリズムでモチーフが提出され、様々なインストゥルメントで極彩色に披露される。  コロンビアの山に棲む同志・仲間へに向けた伝心であり、ラテンの打楽器群、ホーンのポリフォニー、ポリリズムが混沌と誌ながらも集団的美の構築に成功した傑作。  ミンガスの太いベースでテーマがしっかり繰り返される。  管弦で入れ替わり立ち替わり、ソロが己の主張を見せる。  やがて、鼓が投入され、リードの渾身の即興が朗々と続く。  途端に失速、ゆったりしたものに、ピアノがコロコロした即興をみせる。  新しいテーマを投入、弱音ホーンがけたたましく活発に暴れる。  疾走のリズムが開始され、夥しい打楽器が極彩色の競演。  ミンガスが叫ぶ、大勢が加勢、大編成の管弦で歌い、ユニゾンを打ち下ろし、中域ホーンソロがみんなを宥めているようだが、ピアノがふつうの展開をたらたらと。  大編成の管弦で大いに歌い盛り上げ終わる。  ホーンが夕焼けのテーマ、野獣の遠吠えを提出、サックスが思いっきり咆哮。  オルガンが持ち出され、荘厳な挽歌をゆっくり控えめな絢爛・慇懃で奏でる、管合奏が同様に組んずほぐれつ転がす、大管弦の始まり。  リード、弱音中域ホーン、中域リード、ホーン、ピアノがソロ、ゆっくりした終演の挽歌を項垂れて披露。  ドラムのキックで大編成の管弦が元気付き、聳える宮殿を照らす。  ホーンが元気に歌う、ピアノがコロコロ・キュンキュン、中域リードが目眩く咆哮で満足、ミンガスのベースが畢竟の充実を見せる。  助奏弦と主演木管が1人朗々と打ち震え、全身を伸ばし、真摯にたっぷりと想いのたけを吐露、あっけなく終わる。  余韻のさめやらぬ内にと、ミンガスの作品・曲を、活字で表現しようと立ち向かう。  そして振りかぶった剣はたちまち刃こぼれ、退散を強いられてしまう。  ミンガスの後期の大編成が愉しめる作品はこれしかなく、繰り返し聴きなんとか固定イメージを作り、記憶を強固に・永続化・願わくば普遍化しようとしたがことごとく敗退させられた。  こうして言葉で表現すると、事物や情景、心理・情緒反応・印象での例えを拒絶されてしまう。  それをずっと考えていた、エドゥアルト・ハンスリック(Eduard Hanslick)の言う、”音楽の美は属性である情緒反応になく、音楽自体にある”。  情緒反応や想起する絵芝居に目を向けず、サウンドそのものを味わえ、耽美せよという教え・啓示を頂いた。  ”ただ動機だけが、人々の行為の真価を決する。- ラ・ブリュイエール”や、はたまた、”詩の目的は心理や道徳を詠うのではない。 詩はただ詩のための表現である。- ボードレール”、古典の箴言にも取り上げられることの多い、倦むこと無い課題。  この箴言から、ミンガスの音楽を活字でなぞろうとした浅はかを知り、宙を見つめ・頭を垂れ、恥多き怠惰な日々を送る。  果たしてそうなのか、啓示は間違っていないのか!?。  初期の傑作、きっとミンガス自身これ以上の腹の据わった、過不足なく構築しきった、快心の作品はないと確信してるはず。  大股で歩を進めて聳え立ちはだかる、モノリスを聴き確かめよう、Charles Mingus 1 2 / Pithecanthropus Erectus  。  秀でた印象の額にサラサラ髪、つぶらな黒目、信長口髭の顔を上げ、憐憫のほくそ笑みのN君は、前髪を振って払い目を細めて明言した。  『う~ん、好きなのは、ミンガスとマリオン・ブラウン、……』。  バリトンSax奏者だった、……頭公園ですれ違ったのが最後、この?にも伺うことがなかった。  うさぎ室では、数回ほど好みのミュージシャンについて、めいめいが吐露したことがあり、この時はN君が躊躇なく口を開いたので、ちょっと驚き・感心・尊敬した。  それからは、充実した週末が待ち遠しかった。  ポケットに文庫本、心は悩み多きディレッタント風で電車に。  新宿東口を真っ直ぐ少し歩き、いなかやの前を過ぎ、よしゆき美容室前を少し歩き、三越裏のビルの地下へ。  向かい合わせでないと、すれ違えない狭い階段、真っ黒にペンキが塗られ、朱で中近東文字風が。  許し難い素っ頓狂な、階段をワク~*!、ワク~*!しながら降りる。  真っ先にマリオン・ブラウン の棚へ向かった。  店内は壁も天井も真っ黒、白熱電灯の照らすスポットが明るい。  金属を板を鋭利に削り、わざわざ波打ちギザギザを施した、頭上の棚の仕切も、やはり真っ黒塗装。  お茶の水や公園通り店を訪ねた折りに内装を見渡したが、普通であったから安堵と少しの落胆。  入り口からすでに、べっとりの赤と黒が施されていた、袋のデザインと呼応するので、これはすんなり受け入れ、刻印すべき文化。  真っ直ぐ大通りを突っ切ると、水槽の水泡の中で憤怒・ゆっくりのたうち回りつつ、無重力上昇下降の運動をしながら小エイリアンが迎えてくれる。  隅から隅を探検しつつ上の階まで入り込み、真剣にひとつひとつ品々の用途や、応用・適用に想い馳せておると、きっと何時しか時間を失念させるヨロコビの館、上州屋(≠カミスヤ)があった。  Cumbia & Jazz Fusion(28:06)、。  Music For "Todo Modo"(22:22)、。  Wedding March/Slow Waltz (take 9)(2:05)、。  Wedding March/Slow Waltz (take 12)(2:22)、。  Jack Walrath(Tp)、J. Knepper,Dino Piana(Tb)、Mauricio Smith(Flt,Picc)、Paul Jeffrey(Ts,Ob)、Anastasio DelBono(EHrn,Oboe)、Gene Scholtes,Pasquale Sabatelli(Basn)、Gary Anderson(Cbcl,Bcl)、Roberto Laneri(Bcl)、Quarto Maltoni(As)、Ricky Ford(Ts)、Bob Neloms(P)、Danny Mixon(P,Org)、C. Mingus(B,Arr)、D. Richmond(Ds)、Candido, Daniel Gonzales, Ray Mantilla, Alfredo Ramirez,Candido Camero(Cga)、Bradley Cunningham, Ricky Ford, Jack Walrath K(RhyInst)、Release Date:Mar 31, 1976。

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestre national de France 1/ ☆□You Tube Search :     Debussy/ La mer -1~ Première rhapsodie pour clarinette 1   Berlioz / Symphonie Fantastique -f Requiem -f -f   Bizet/ L'Arlésienne Suite n°1 -1 -2 -3 -4   Saint-Saëns/ Symphonie en fa (in F) "Urbs Roma" Introduction et Rondo Capriccioso Piano Concerto no.2 no.4 1 no.5 Requiem Mon Coeur s'ouvre à ta voix   Ravel/ La Valse 1 Daphnis et Chloé - Suite n2 Trois Poèmes de Stéphane Mallarmé Piano Concerto In G Major -f -f -f Sheherazade -1 -2 Frank/ Symphony -f -1 -2 -3   Poulenc/ Stabat Mater -1 -2 -3 -1 -2   Offenbach/ Orpheus in the Underworld Overture Les Contes d'Hoffmann -1~   Darius Milhaud/ Le boeuf sur le toit   Haydn/ Cello Concerto in C   Beethoven/ Symphony no.9 -1~ Violin Concerto   Schumann/ cello Concerto in A Mineur, Op 129   Mozart/ Don Giovanni : Or sai chi l'onore Crudele! Ah no, mio bene!   Mahler/ Symphony no.1 -3 -4 Symphony no.2 -Finale -Last part -1 -2 no.5 -f -4 no.9 -f   Esa-Pekka Salonen/ Mécanisme    Alfredo Catalani/ La Wally   Xenakis/ Cendrées -1 -2 -3   Boris Blacher/ Variations sur un thème de Paganini -1 -2   Qigang Chen/ "Yuan" 1/2

♯♭♪ (*^.^*) : Flora Purim 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Flora Purim ♫ Top Tracks for Flora Purim * 0 1 Overture Everyday Everynight Samba Michel 1 Five-Four The Hope Why I'm Alone I Just Don't Know Las Olas 1 Jobim Medley Cais Light as My Flo 1 Se Fosse Com Você Flora Purim Insensatez dentro de mim Bridges 1 Dindi Carinhoso Mickey Hart Cafe Jobin Sambatucada Open Your Eyes You Can Fly Stories to tell BKACK NARCISSUS Spring High Look into His Eyes Butterfly Dreams Dr. Jive Once I Ran Away Angel's Angels  Love Lock Love Reborn Niura is Coming Back You're Everything Spain & Stan Getz Sandalia Dela I Feel You Return to Forever -1 -2 Sometime Ago / La Fiesta -1 -2 Return to Forever Yours Is the Light Move it on up Light As A Feather Crystal Silence 1 Angels Casa Forte 500 miles high Time One Partido alto Flora+Airto 1 2 3 Step Seven and Arturo Sandoval Dizzy Gillespie And..-1 -2 -3 VisibleSound-1 -2 Las Olas Farewell Talk

♯♭♪ (*^.^*) : HUGH MASEKELA 1/ ☆□You Tube Search :     Concord Nkabinde 2004 PlayBoy Jazz Festival with Paul Simon  Been such a long time gone South Africa  Music Legends-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9  -10 -11 -12 -Stimala -Opening 。


nice!(134) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2304

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Tabeguache Trail -2(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-3(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2304

目の前に広がる、精緻とも言える、きれいな・真っ直ぐな直線・平面で仕上げられた仕事に感心する。  重機の滑らかスムーズな・無駄が皆無の働きをつぶさに眺めているので、いっそう感心する。  やがて風雨で泥が流され、砂利が剥き出しになり、さまざまな丸石が顔を現す。  渺々と西風が吹き抜ける・あちこちに小さな花が頭を擡げ、清潔な荒野が出現する。  夏になると、びっしり旺盛な草に被われる。  砂利だらけのとても硬い地面から伸びる夏草、特にすらりとした茎の根元が赤みを帯びている単子葉のは、好みである。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Mingus at Carnegie Hall  :     ジャケットはモノクロっぽいハイコントラスト、ミンガスの屈み込んだ演奏姿と後姿、とても印象深い。  ミンガスのワークショップで研鑚を積んだメンバーと当時のコンボのメンバーのジャムセッション、20分オーバーの2曲で構成、いずれも熱気に包まれた気鋭の面々のプレイに引き込まれてしまうのサ。  C.ミンガスのゴツ!ゴツ!、ゴン…*ゴン…*した、ぶ太っい低弦が、とても快適な緊張とまとまりを創出しておる。  コンボのD.ピューレン(P)とH.ブルイット(Bs)はたっぷり凄腕を披露する。  C Jam Blues(24:32)、D.エリントンの曲、ブルース、アンサンブルでスリリングな意欲満々にテーマが提出される。  ソロは、次の順に受け継がれる。  J.ハンディー(Ts)そして、H.ブルイット(Bs)、G.アダムス(Ts)、R.R.カーク(Ts)、J.ファディス(Tp)、C.マクファーソン(As)。  フリー・フォームの集団的美の構築があり、とても長大なコーダに入る。  天上的な歓喜に包まれ絶頂の坩堝は滾り、圧倒的な充足に満たされ、消え入るように完。  Perdido(21:53)、ホアン・ティゾールの曲、D.エリントンゆかりの曲。  弾むような軽快なリズム、H.ブルイット(Bs)の余裕綽々な諧謔なミステリアスなバリトンは聴き所。  R.R.カーク(Ts)の圧倒的なフリー・フォーム・ブローイング、息の長い全身を振るわせ吹き上げる熱演は、サンドから充分伝わってくる。  ソロの順は、次のよう。  J.ハンディー(As)そして、H.ブルイット(Bs)、R.R.カーク(Ts)、C.マクファーソン(As)、R.R.カーク(Ts)、J.ファディス(Tp)、D.ピューレン(P)。  アンサンブルでテーマを展開し締めくくる。  C. Mingus(B)、C. McPherson(As)、G. Adams(Ts)、H. Bluiett(Bs)、D. Richmond(Ds)、D. Pullen(P)、Release Date: Jan 19,1974。。

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo Monaco Fantastique Aurore Montaulieu et Kaoli Ono Bringuier et Capuçon   Laurent Coulomb/ Lalita-Nartya, pour harpe   Bloch/ 'Nigun' from Baal Shem   Adolphe Adam/ Le Postillon de Lonjumeau   Enescu/ Symphonie n°1 en mi bémol majeur op 13 Symphonie n°2 en la majeur op 17    André Caplet/ Étude symphonique pour harpe chromatique et orchestre à cordes   Daniel Francois Esprit Auber/ "O Palerme! O Sicile" from Zerline ou la Corbeille d`oranges   Charles Koechlin/ Ballade pour piano et orchestre, Op.50 -1 -2   Respighi/ "Poema Autunnale" Poema autunnale for Violin and Orchestra   Josef Suk/ Fantasy for violin & orchestra op 24 -f -f   FRANÇAIX/ Symphony in G   Cherubini / "Ah! Nos peines"   Gounod/ "Vien avec nous" O ma lyre immortelle Roméo et Juliette : Répétition générale "Héro sur la tour solitaire" " Derrière le rideau"  Héro sur la tour solitaire    Ravel/ Daphnis et Chloe -1 -2 -3 Emma Matthews   Meyerbeer/ Ombre légère   Massenet/ Venge-moi d`une supreme offense Piano Concerto E flat major -1 -2 -3   Godard/ Vien avec nous   Bellini/ I Puritani   Luigi Cherubini/ "Ah! Nos peines" from Médée    Auber/ O Palerme! O Sicile   Sarasate - Carmen Fantasy/ Carmen Fantasy   Donizetti / Lucrezia Borgia -f ROBERTO DEVEREUX  -f -f "Oh! Mon Fernand" from La Favorite    Saint Saëns/ "Mon coeur s`ouvre à ta voix" Samson et Dalila "Rêverie du soir" from "Suite algérienne" op.60 Mon coeur s`ouvre à ta voix   Rachmaninov/ La « Vocalise   Jean FRANÇAIX/ Violin Concerto No.1 -f    Paganini/  Violin Concerto no.1 -f Violin Concerto no.2 -f -Allegro -Rond -Adajio Violin Concerto no.3 -f -f Violin Concerto no.4 -f -f Violin Concerto no.5 -f  -f  -Allegro maestoso -Rondo -Andante Violin Concerto no.6 -f    Mendelssohn/ "Violin Concerto D minor" -1 -2 -3    Mozart/ DON GIOVANNI   Khachaturian/ Violin Concerto   Offenbach/ Ah! que J`aime les militaires Pomme D'api M. Choufleuri restera chez lui le...   Verdi/ La donna e mobile ~ "Me pellegrina ed orfana..." Nella fatal di Rimini    Wagner/ Parsifal - Prelude "Parsifal", Act 3-。

♯♭♪ (*^.^*) : Fats Navarro 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Fats Navarro Infatuation  Sweet Georgia Brown Victory Ball The Skunk BOPPIN A RIFF Café animation(Wail) Everything's Cool  Be Bop Romp  Wail Lady Be Good Sweet Georgia Brown  Antropology  Stealin' Apples Nostalgia HALF STEP DOWN PLEASE Casbah Bebop Romp Oo-Bop Sh'bam Ice Freezes Red boptett in Boperation Rue Chaptal (Royal Roost)   Victory Ball  Bouncing With Bud Royal Roost Scrapple From The Appel Bean and the Boys Wail  Bouncing With Bud Stealin' Apples  Yardbird Suite April In Paris Conception Overtime Apollo Groove  Nostalgia  Anthropology  Boperation Boppin' A Riff  Barry's Bop  Fat girl Lady Bird  Index  Good Bait Dameronia Barry's bop  Bouncing With Bud Our Delight Bouncin' With Bud  Lady Bird  Barry's Bop Spinal Good Bait High On An Open Mike The Things We Did Last Summer Goin' to Minton's  52nd street theme Dance of the Infidels

♯♭♪ (*^.^*) : Hassan Hakmoun 0 1/ ☆□You Tube Search :      Hassan Hakmoun Mimouna Gnawa on Fire New York Revue Through the Veil Zahar on Nightmusic Ecuador Jazz 2016 Music Field Recording Negcha Brahim Fibgane Live in New York Gnawa Unity 2014  FOOTDANCE  in Mexico 1 Trance Music - 8/14/1994 - Woodstock 94 Travel Bare Fee FOOTDANCE 6 years old dancing to the godfather @Festival Gnaoua d'Essaouira 1999 globalFEST Webst Hall NYC Balili @ le poison Rouge, ny 12/11/11 @ Beloved Festival 2010 。


nice!(148) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2303

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Tabeguache Trail -1(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-2(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2303

何も変わっていないし、大きく変わっている、視点でどちらも真。  橋桁の元は抉られて深みが出現、暫くは夢のような釣りが出来る。  濁流の澱みで難を凌いでいた、そして行く手を封じられた、“陸封”の水棲を攻略する。  潔くない!?、男として項垂れる。  思いっきり弾けた時間は、あっという間に過ぎる。  陽が傾く頃、少し冷気が降りてくる。  手放しで喜べぬ憂いを曳きずり帰還する。  いつも少しの充実感と大いなる喪失感ではち切れそう、面は虚無感と疲労が滲んでいる。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Mingus Ah Um    :     ジャケットは、明るい黄土色と黒のコントラスト、ムササビの飛翔を見上げたような、あるいは戦ぎから地上に無事に帰還した凧の安堵。  ピカソやベン・シャーンカンディンスキーを想わせる抽象画はとてもユーモアを湛えており秀逸。  全曲、C.ミンガスの曲。  アルバムはカチッとした陰影の際だつサウンド、全てのバランスがとてもいいからなのか、とても心地良い余韻を残す。  曲の構成は変化に富みなかなか魅惑的、演奏も意欲満々で自信が伺える。  アルバム全体は、スリリングな擽りやインテリジェンスの充足に覆われた雰囲気で貫かれ、交響詩を聴いたときのような満足が得られる。  ソリストめいめいの、曲の起承転結の推移や、機知溢れる自由な発想に聞き惚れていると、実に良い雰囲気に包まれている演奏者の気持ちが分かる。  Better Git Hit In Your Soul(7:23)、ゴスペル、小気味よいベース弦へのアタックで開始、期待が一気に深まる。  全員の高揚感に覆われており、すべ出すような・大げさにしゃくり上げるようなテーマが執拗に繰り返される。  せき立てるような・嗾けるようなユニゾン、明快なリズムが推進するシンプルなテーマを繰り返し、J.Handy(As)が心地良く耳に残る陰影を持つ音色で、矯めたっぷりの見事な目眩く展開を見せる。  Goodbye Pork Pie Hat(4:47)、レスター・ヤングへのレクイエム、Pork Pie Hat は、故人の愛用の平べったい帽子。  のっそりした緩いテンポ、リード(As)が美しいメロディーを提出、リード(Ts)が想い出すように懐かしむように、情感たっぷりにブローイング。  Boogie stop Shuffle(3:42)、ブギウギのリズムでない、戦ぎの前の集合のような賑わい。  リード(As)のソロはとても心地良い、合奏は精緻な集団的美を見せる。  執拗に繰り返される実験的なリズムとメロディは、印象的でありとても耳に残る。  Self-Portrait In Three Colors(3:06)、ミンガスの曲、映画”アメリカの影”のテーマ。  卓抜な合奏から生まれるくすんだ響きは、息をのむほど美しい。  憂愁を帯びた叙情性たっぷり、魅惑のいい響きの佳曲、B. Ervin(Ts)のカデンツァは明晰な機知が溢れており、実に印象的。  Open Letter To Duke(4:57)、D.エリントン宛ての書簡形式、緩急のテンポ、リズムは目まぐるしく入れ替わり変容する。  合奏でグッと仰け反り体を預けるような、ジョニー・ホッジスのスタイルを見せる。  実に快活・活発な展開を見せて、S.ロリンズ風のフレーズを覗かせて終わる。  Bird Calls(3:14)、速いテンポ、元気いっぱいのリードのフリー・フォームブローイングで開始。  素早いフレーズを息も切らせぬ見事さで、サラリと料理してみせる、まるでそれを楽しんでいるよう。  Fables Of Faubus(8:15)、フォーバス知事への揶揄。  シンプルなテーマが繰り返される、実に手の込んだ対位法とテンポ・ルバートで執拗に見事に展開してみせる。  唐突にリードが甘いメロディーを提出する一面も。  リード(Ts)ソロの背後で、ベースが弓で弦か何かを打ち・叩いているように聞こえる。  リードのソロは慇懃であり沈痛な面持ち、ベースの長いソロがあり次第に合奏に突入、フレキシブルなリズムの変遷を伴いながら昂揚し完。  Pussy Cat Dues(6:30)、J.Knepper(Tb)のソロはのびのびとした気分を提出、リードのオブリガートと融けあう響きはとても美しい、それはなんと心地良いことか、とてもいいカタルシスの侵出を感じる。  H.Parlan(P)のソロも実に淡々として、コロ♪~*・コロ♪~*叙情たっぷり、J.Handyはクラリネットで異彩を放つ。  ベースがズン!とぶ太い心のある張りつめた音色で、訥々と卓抜な演奏を見せる。  リード(Ts)のソロは鋭気に溢れ吹っ切れた気分を投入、ホーンを交え合奏の集団的美を構築し完。  Jelly Roll(4:02)、軽妙な曲、弾むような進行、ホーンで突き抜けた明るいメロディーが提出される。  リード(Ts)の踊るような目眩く演奏は余裕たっぷり、やがてフリー・フォーム・ブローイング風に展開。  H.Parlan(P)がなんとも痛快な展開を見せ、懸案の終わりはベースのユーモラスなカンツッアできっちり締めくくる。  J. Knepper,Willie Dennis(Tb)、J. Handy(As,Cl)、B. Ervin(Ts)、Curtis Porter(Ts,As)、H. Parlan(P)、C. Mingus(B)、D. Richmond(Ds)、Release Date: May 12, 1959。

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestre de Paris 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Orchestre de Paris  Paavo JÄRVI Percussions en cage, images de répétition Libertango Paavo Järvi retrouve Vincent Penot .. clarinette basse Philippe Berrod et la clarinette Privilège Iréne Theorin comme à Bayreuth Josep Pons joue Manuel de Falla Première rencontre avec Andris Nelsons Marie Elisabeth Hecker joue Saint-Saëns trompettiste Alison Balsom Lang Lang répète Beethoven Paavo Järvi invite Janine Jansen Hindemith par le Trio Futurum   Arvo Pärt/ Silhouette, Hommage à Gustave Eiffe   Thomas/ Mignon "Je suis Titania la blonde" Massenet/ Werther   Gabriel Fauré/ Pavane pour choeur et orchestre, op.50   Lalo/ Symphonie espagnole -1~   Johan Hummel/ Fantaise   Berlio/ D'amour l'ardente flamme   Saint Saens/ Symphony no.3 Paul Dukas/ La Péri   Debussy/ Pelléas et Mélisande   Ravel/ Bolero -1 -2 -1 -2 1 Tzigane   Borodine/ Danses Polovtsiennes -1 -2   Bellin/ La Somnambule Gounod/ Anges du Paradis... Stravinsky/ Le Sacre Du Printemps   Verdi/ Ballo in Maschera -1~   Bartók/ Piano Concerto no.1 -1 -2 -3   Sibelius/ Symphony no.2 -11   Mahler/ Symphony no.4 Christine Schäfer no.5 -1~   Berlioz/ Te Deum   Beethoven/ Piano Concerto no.4 -1~   Mozart/ Requiem in D minor, K. 626 -1 Piano Concerto no.23 -1 -2 -3   Shostakovich/ Violin concerto no.1 -1~ | Negro Nacarado Ciudad Triste 。

♯♭♪ (*^.^*) : Evan Parker 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Evan Parker @ Cafe Oto 5.2.11 London, 11 October 2001 Freedom of the City 2011 improvisation -1 @ the Vortex 5.8.10 Wels November 11 2012 -1 -2 -3  Anthony Braxton Duo (London) 1993 octet /freedom of the city 2011 Marsh. Vortex, 31.07.11 Lines Burnt in Light -1 -2 -3 & Derek Bailey -1 -2 -3 ICP STRINGS. BIMHUIS. 2007  trancema & Joel Ryan Ned Rothenberg Unlimited 26 2012 11 10 - 2012 11 11 All Ears 14 01 12 Mats Gustafsson Wiesbaden, 2008 5th MÓZG FESTIVAL Solo London 1985 -1 -2 -3 Solo Soprano Saxophone (1975) & Eddie Prévost - Double Truth 大桟橋 1-f Mats Gustafsson, Roger Turner, Pat Thomas & John Russell, John Edwards -1 -2 -3 & John Ewdards, Chris Corsano 2009 -1 -2 -3 Herb Robertson・Ag 8usti Fernandez Quartet Free Noise at The Sage-1 -2 Jazz à Mulhouse '07 -1 -2 -3 & Ned Rothenberg Tony Hymas 1 Live at Bimhuis -1 -2 Lovens -1 -2 -3 -4 -5 Globe Unity Orchestra - Ode -1 -2 BARRY GUY NEW ORCHESTRA at Jazzclub Moods Zurich Time Lapse Time Will Tell  Cecil Taylor Quartet saxophone solos.aerobatics1 The Moment's Energry Finally cracked it Topography of The Lungs Shadow Play -1 -2 The Snake Decides The Eleventh Hour -1 -2 Toronto, 1996 Atlanta One of Six Angels The Jist Conic sections 1 excerpt Sankt Gerold Variation IX Time Lapse Threnody Another Fire Dril  Improvisation #1 (1977) What Happened To The Old Cop Sets, Clancy?

♯♭♪ (*^.^*) : Habib Koite & Bamada 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Habib Koite  ♫ Habib Koité - Best Of ♫ Habib Koite & BAMADA ♫ Habib Koite    N'ba N'Teri! 1 2 N'Tesse Kigali Up Festival 2013 Africa Woulaba Muso Ko Takamba Foro Bana Sin djen djen Koulandian Kanawa Massane Cisse Mali Ba Komine Massakè I Mada Sirata 1 Abana Wassiye Ma Ya Din Din Wo Sambara Fatma 1 Namania I Ka Barra 1 Saramaya Bamada Pula Ku Mara Kaso Titati Bittle Abana Summertime at Bamako Fimani Batoumambé Baro Live @ Ethno Port Festival, Poznan National Geographic Session (2008) Wari


nice!(159) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2302

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Tabeguache Trail(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO-1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2302

岸に沿って長く横たわっていた長城は、一度の増水であっさりと消え去り、天晴れな平原が出現!、喪失感と解放感に満たされる。  至るところに清潔な砂山が出現、葦の根っこが剥き出しになり転がっている。  春先に重機が入り、前回以上に高く精緻に造成される。   “深淵な隠れ家”も収まり落ち着きを取り戻す。  総じて荒れた荒野探険は一度で飽きてしまい、落胆・失望の想いが頭を擡げるので我ながらいっそう呆れる。  じわじわと“自然”を取り戻していく、凄いと想わせる。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Blues and Roots :     ジャケットは濃い色の板壁!?を背に、ベースの首を掴んだ半眼のミンガス。  とても落ちついた悟りと覇気・闘争心の混沌とした、味わい深いとても印象に残るもの。  Wednesday Night Prayer Meeting(5:42)、ベースの力強い導きで分厚いアンサンブルが立ち上がる、J.McLeanからホーン、H.Parlan(P)とテーマが素早く受け渡される。  沸き立つようなテーマは速いテンポ!、J.Handy(As)の明快なブローイングはすばらしい!。  合奏と叫びの昂揚しで完。  Cryin'Blues(5:02)、ゆっくりしたテンポ、B.Ervin(Ts)のソロ、わき上がるようなサウンドのすばらしい!合奏。  ベースの静謐な弾きにH.Parlan(P)がポロポロ、そして分厚いホーンアンサンブル、めいめいのサウンドが響き合い融け合い、時々フワー~*とわき上がり拡がるイメージはとても美しい、叫び声なにやら指示らしき声。  Moanin'(8:02)、P.Adams(Bs)によりとても印象的なテーマが繰りかえされ、J.McLeanの甘い粘りつく・言い淀んだような・臆したはにかみブローイングは喜々として溌溂としている。  P.Adams(Bs)の暖かいトーン、滑らかな軽快なブローイングもで渋くて気分がよろしい。  滔々と吹き上げる、B.Ervin(Ts)のブローイングも、渋くて淡々としてすばらしい!。  次第に厚みを増し、熱気を帯び軽快なホーンアンサンブルのドライブ感が実に心地良い。  合奏と叫び声、一段と昂揚しテーマが対位法的に繰りかえされ完。  Tensions(6:30)、斬新な曲想がリードとホーン、ベースで暗示される。  フリー・フォーム風にぐっと昂揚し、ベースのソロへ。  颯爽と登場するJ.McLeanのソロは、鋭気いっぱいすこぶる快調。  B.Ervin(Ts)からP.Adams(Bs)へ、さらにH.Parlan(P)、ドラムとソロオーダーが移り合奏となりフリー・フォーム風に、なにやら叫び声があり完。  My Jelly Roll Soul(6:50)、ウキウキするジンタ風テーマ、ベースの引っ掻くようなサウンドが珍しい。  ホーンソロで愉快な放射、H.Parlan(P)がたっぷりの矯めと絢爛のプレイ。  J.Handy(As)の明快なブローイング、ベースのしっかりしたソロは聴き応え充分。  E's Flat Ah's Flat Too(6:42)、とても速いテンポ、ソロオーダーは、P.Adams(Bs)からJ.Handy(As)へ、さらにM.Waldron(P)、B.Ervin(Ts)、J.McLean、J.Handy(As)、ドラムへと渡り分厚いサウンドの合奏へ、なにやら叫び声がありコーダ。  Wednesday Night Prayer Meeting*(6:55)、。  Tensions*(5:20)、。  My Jelly Roll Soul*(11:27)、。  E's Flat Ah's Flat Too(6:54)*、。 *: alternate take、Willie Dennis, J. Knepper(Tb)、John Handy, J. McLean(As)、B. Ervin(Ts)、P. Adams(Bs)、Mal Waldron,H. Parlan(P)、C. Mingus(B)、D. Richmond(Ds)、Release Date: Feb 4, 1959。

♯♭♪ (*^.^*) : Orchestra del Teatro La Fenice 1/ ☆□You Tube Search :     Teatro La Fenice Toccar l'Orfeo   Salvatore Sciarrino/ Adagio n. 2 Theater La Fenice in Venedig -1 -2   Jennifer Walshe/ Libris Solar   Heiner Goebbels/ Surrogate Cities_Venice Surrogate Cities Venice -1 -2 -3 Chaconne - Kantorloop   Henry Purcell/ Dido and Aeneas   Andrea Molino/ Of Flowers And Flames   Bruno Bettinelli/ Sinfonia breve -1 -2   Mario Pilati/ Concerto for orchestra in C major -1 -2 -3 Mercadante/ flute Concerto in e minor op. 57   Magda Olivero/ La Fanciulla del West Arnold Schönberg/ Von heute auf morgen   Anton Webern/ Sinfonia op.21   Boris Blacher/ Variazioni su un tema di Paganini op.26 MASCAGNI/ Ho fatto un triste sogno pauroso   Gershwin/ Summertime   Verdi/ La Forza del Destino Alfredo, Alfredo...   Rossini/ Guillaume Tell Al più dolce e caro oggetto   Luigi Dallapiccola/ Job, una sacra rappresentazione 。

♯♭♪ (*^.^*) : Esperanza Spalding 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Esperanza Spalding ♫ Top Tracks for Esperanza Spalding * 0 1 2 Ponta De Areia Samba Em Preludio Espera If That's True Body & Soul‬‏ Fall In‬‏ ‪Wild Is The Wind Chim Chim Cher ee Junjo ‪O bem do Mar Mela Mompouana‬ Apple Blossom Midnight Sun Look No Further Chamber Music Society -1~ Wintersun  Little Fly 1 Esperanza Spalding 1 2 EPK at the White House honoring Stevie Wonder  Song -1 -2 -3 -5 Music Lounge I Know You Knew 1 Prelude for Lovers Overjoyed 1 Samba em Prelúdio 1 I Know You Know 1 2 3 Really amazing Fall In She got to you 2 Studio Footage Performance-1 -2  Ponta De Aeria 0 1 2 3 Love In Time 1  Grooves Live in San Sebastian : -Jazz Ain't Nothing But Soul -She Got To You -I Know You Know / Smile Like That -Mela -1 -2 -Wild Is The Wind -Fall In -Coisa Feita -Crayola Mela at the White House.. The Bottoms Winter Sun I Adore You 1 2  Studio Footage Newport Jazz Festival 2008 Precious She Got To You Cantora de Yala 1 I Adore You Live in Copenhagen Grooves 1 Making of Colorado TIM Festival lovano us5 village vanguard us5,#2 pt. 1 In The Studio featuring ‪Playback Tokyo Jazz 2010 Interview 1 2 3

♯♭♪ (*^.^*) : Fela Kuti 1 2 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Fela Kuti top songs 76  ♫ Fela Anikulapo Kuti: All Of The Greatest Hits    Beasts of No Nation 1 Zombie 1 Mister Follow Follow Yellow fever na poi Overtake Don Overtake Overtake Underground System Sorrow, Tears and Blood Shakara Coffin for Head of State Army Arrangement 1 2 Look and Laugh Gentleman power show Gentleman M.O.P Fefe Naa Efe Yellow Fever Water No Get Enemy 0 1 2 Sorrow Tears & Blood 1 Teacher Don't teach Me no.. 1 Baba 70 Shuffering & Shimiling Teacher Don't teach Me.. Lagos Nigeria-1 -2 a tribute to the late   Teacher Don't Teach Me Nonsense -f Expensive Shit -f Na Poi -f Unknown Soldier -f Abayomy Afrobeat Orquestra -f Shuffering and Shmiling -f Berliner Jazztage 1978 -f No Agreement -f The Greatest Hits -f Golden Collection -f | Femi Kuti & Positive Force


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2301

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves -2(ストリートビュー)イタリア -Dolomites UNESCO(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2301

台風シーズンの増水で、長城壁が抉られ崩壊が剥き出しに、また一文字に築かれたコンクリートの堰堤の際が抉られ、“深淵な隠れ家”も新たに出現。  ゆっくりと捩れ・渦を巻きながら滔々と流れる深みに目を凝らすと、偶にキラッ!と銀鱗が燦めき、黒い影の群泳を捕捉。  ドキ!ドキ!。  暫く腹ばいになり、乱舞に魅入る。  一度、アクアマリンの宇宙に、釣り糸を投下してみたことがある。  底が見えないほど深く、果たして銀鱗まで到達したかどうか!?。  

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Pithecanthropus Erectus      -f -f :     自らのJazz Workshopで創出・研鑚してきた、集団的インプロヴィゼーションを導入した美の構築に成功した、初期の歴史的な大傑作。  C.ミンガスの他を圧倒する個性・発明・資質・抜群の想像力を楽しみ・見ることができる。  3曲は、C.ミンガスの曲、ユーモラスを秘めた大股な歩みや、ダイナミックな大理石の切り出し宮殿の構築、諧謔な伽藍の出現、プロフェッショナルそれも凄腕の楽しい学園祭。  全体は、EvolutionとSuperiority Complex、Decline、Destructionの4楽章の交響詩風のテーマを持つ。  しっかり伝統的に根ざしつつ、サウンドやソリストに大きな自由を設定するなど、新しい試みを随所に盛り込んだ意欲作。  サウンドには、車やトロリーのクラクション、サイレン、ホイッスル、警察の笛などが登場、実に多彩、それが主体たり得る所がナンとも魅力的。  またお茶目な側面や、強烈な個性、強い社会的風刺・論評が伺われる曲作りも興味が向く。  Pithecanthropus Erectus 1(10:37)、直立猿人、弾むようなテーマをぶ太いベースで提示、すぐさまリードがフリーキーに展開、たちまちワク!~*、ワク!~*、する期待に包まれる。  自由な展開・呼応・反射・応答はなんとも小気味よい。  J.McLeanが訥々と言い淀んだようなブローイング、キビキビした鋭気に満ちたリズム部門もやがてフリー・フォームに。  M.ウォルドロンがポロポロと点描的スタイルを露呈、J.McLeanの溌溂として悩み多き若き頃の、すばらしい!長い展開は聴き所。  ザクザク、バッサリと小気味よい!…*弾劾のドラム はとてもしっかりした推進力。  C.ミンガスの力強いベースは絶妙の調和を見せる。  A Foggy Day(7:50)、霧深き日、G.ガーシュインの曲、サイレンや呼び笛、車のクラクション、ホイッスル、蛇笛までが登場いっそうフリーキーに盛り上がる。  これはとてもこのアルバムを印象づけるサウンドであり、魅惑の発明。  J.McLeanは圧倒的な快活さで、奔放にのびのびとブローイング。  ピアノに引き続き、ベースの覇気漲るソロはすばらしい!。  Profile Of Jackie(3:12)、ジャッキーの肖像、バラード、J.McLeanのゆったりしたソロ、力強いベースが際だつ。   Love Chant(14:55)、ラヴ・チャント、印象的なピアノの反復フレーズのオブリガートに導かれ、リードがゆったりとテーマを提出。  この辺りの、タンバリンがチョッピリ打ち鳴らされるくすんだ2管のサウンドは、分厚く深く感じとても美しい。  J.McLeanの長いソロは、真摯でストレートであり、とても味わい深い。  ミンガスのざっくり・軽快・芯のあるぶ太っいベースは、すこぶる明晰であり、澄明なエネルギーをビュン!ビュン!放射するのさ。  グングンと熱気を持ち、丁々発止と個性・サウンドがぶつかり、見事な集団的美を創出し続ける。  黄昏、充足の光輝が無彩色に呑み込まれ、充足・納得の完結。  C. Mingus(B)、J. McLean(As)、J.R.Monteros(Ts)、M. Waldron(P)、Wille Jones(Ds)、Release Date: Jan 30, 1956。

♯♭♪ (*^.^*) : Olga Romanko 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Olga Romanko Oh Mio babbino caro   Mascagni/ Cavalleria rusticana : PREGHIERA Isabeau : venne una vecchiarella   Offembach/ :Barcarola   Respighi/ La Fiamma -1~   Caccini/ Ave Maria   Leoncavallo/ Pagliacci : Qual Fiamma avea nel guardo   Gorodetsky/ Two Songs To Lyrics : Spring Song   Giacomini/ Vicivo a te s'acqueta   Catalan/ la Wally : Ebben ne andrò lontana   Bellini/ Norma : casta Diva   Puccini/ La Fanciulla del West :  Finale-2 Suor Angelica : Senza Mamma  Gianni Schicchi : Oh Mio babbino caro Suor Angelica : ♪ Butterfrlay : ♪-1 -2 Vissi d'arte 1 Un bel di vedremo -1 -2 Turandot : Nessun dorma Tu che di gel sei cinta Tosca : duetto 3°atto   Verdi/ Trovatore : Timor di me、D'amor sull'ali rosee 1 Bella Figlia Dell'Amore :  La forza del destino : Pace pace mio Dio 1 Son giunta Ernani : Da quel di che t'ho veduta Surta e la Notte Ernesto Grisales&István Kovács inTerzetto fin. Un ballo in maschera : Morrò, ma prima in grazia Il Trovatore : Tacea la notte placida Otello : Duet morte di Desdemona Don Carlo :  Duetto da Un ballo in Maschera Aida :  Act2 Scene -1 -2 Finale Numi pietà aria of Aida and Amonasro La fatal pietra sovra me si chiuse... Requiem : -1~   Donizwtti/ Norma : Casta Diva   Cilea/ Adriana Lecouvreur : Ecco respiro appena -1 -2   Dvorak/ Cert a Kaça ARIA DI RUSALKA   JANÁČEK/ ŠÁRKA   Tchaikovsky/ Pique :

♯♭♪ (*^.^*) : Esbjorn Svensson 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Esbjorn Svensson * 0 1 2 Trio -f Dodge The Dodo Oleo Three Falling Free Part I Seven days of falling Free Fou From Gagarin's point of view 1 Tuesday Wonderland Where We Used To Live The Rube Thing Ajar Layers.of.Light Seven Days Of FallingElevation of Love Behind the Stars Chopin Improvisation Bright Size Life Ballad For The Unborn From Gagarins Point of View Dodge the Dodo Ballad for E The goldhearted miner Pavane Please Dont Tell Me How the Story Ends Shining on you Remembrance Believe beleft below for guitar and KAT Epistrophy The Wraith What Though The Way May Be Long Believe, Beleft, Below 1 A Picture Of Doris Traveling With Boris Did they ever tell Cousteau Behind The Stars Good Morning Susie Soho 1 Serenade For Hands off fragile impressions PAT METHENY & Pat Metheny & Schleswig-Holstein Chamber Orchestra -f Winter in Venice 1 Viaticum Jazzwoche Burghausen Live -f Goldwrap Dodge The Dodo -1 -2 -1 -2 Seven Days Of Falling/Elevation of Love 1 Timisoara Live -f Jazzwoche Burghausen Live -f Live In Burghausen 2004 -f live @ Belgrade Jazz Festival 2006 round midnight The Face of Love Three Falling Free -1 -2 Viaticum Spunky Sprawl Behind the yashmak -1 -2 When God Created The Coffee Break Elevation of Love From Gagarin's Point Of View Tribute to Esbjörn Svensson Jazz Baltica 2011 The Childhood Dream

♯♭♪ (*^.^*) : Fatoumata Diawara 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Fatoumata Diawara * ♫ Fatoumata Diawara  Kale Evrensell Muzik's Channel -f Son Conlo Oumou Later with Jools Holland Live 2011 Mama Live in Amsterdam Toukan Wilile 1 Alama Art Coba  Live -1 -2 Sonkolon Wilile Zumaia Kaioak Kelé 1 Coco makoun oumou Mousso Entretien 1ère partie Clandestin 1 nothing can save ya Bakonoba Boloko Bissa 1 How I wrote Afrikafestival Hertme 2010 -1 -2 Afrikafestival Hertme Clandestin Nayan Sowa 1 Kanou Upfront Africa Presents Alama @ Jumbo Festival Nothing Can Save Ya Festival Canarias Jazz&Más Heineken live at Latitude 2012 Sunfest 2013 in Victoria Park WOMAD Charlton Park 2011 Porgy & Bess Wien 01.03.2012 Global Village Festival Stage Invitation from her Heart


nice!(156) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2300

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -CA,Thunderhill Raceway Park(ストリートビュー)イタリア -Palace of Venaria(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2300

あちこちで、泡や波紋が興っている。  風で水面が騒ぐと大鯉のジャンプがうるさく興る。  そんな日は、たいした期待ができない。  日に一度、増水で10cmほど水位が上がる、絶好の”時合い”である。  ライン切れとかの失策で無為に過ごす羽目にならぬよう、周到さも欠かせない。  ちょっと涼しさの増した川風に吹かれ、まだ暖かい河から上がる。  むせ返る草いきれ、旺盛な夏草を踏んで還る。  河の中に横たわる砂利混じり中州を歩く。  結構な高さ・規模、路肩はザラザラと崩れ落ち、這い上がれない。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Chazz  :     ジャケットは、夜、電灯に照らされた書斎でひとり、チェスを前にどっかりと腰を下ろし寛ぐ姿。  白い昼下がり、幻のJazz喫茶”Donte”に出掛けた、しかしマスター”シェップ青年”はいなくで雰囲気がいつもと違う。  優しい笑顔の母堂が顔を覗かせた、スタスタとカウンターまで水を取りに伺い、この盤を所望した。  当時気に入っていたヤツで、まだなんとも寛いだくすんだサウンドだなぁ!という程度の理解であった。  今になってその部屋の照明が、ジャケットの印象と、とても似ているなと想う。  1955年12月、ニューヨークのカフェボヘミヤのライブ。  新しい試み・挑戦が随所に発揮されており、とても新鮮で魅惑に満ち、聴き処が多い。  Jump Monk、C.ミンガスの曲、弾むようなリズム、シンプルな明快な主題、リードとホーンでの言い淀んだような臆したフレーズは、くすんでとても魅力的。  Serenade in Blue、ベースのボーイングとホーンの惚けたような放射でゆっくりしたテンポで開始。  打弦が加わりサウンドに厚みが増し、リズムが弾み生き生きと推進を開始、滔々とホーンが気持ちよくテーマを提出、打弦がポロポロと。  リードが心地良い緑のサウンドを快活に歌う。  全楽器の自由な協演は実に聴き応えあり、ベースのとても渋いボーイングで締めくくる。  Percussion Discussion*、この曲のみM.ローチ(Ds)に変わる、ベースのボーイングで静かに開始、自由な展開を披露。  ドラムとベースの会話、実に自由でのびのびと闊達で心地良い緊張感が伝わってくる。  Work Song、C.ミンガスの曲、中くらいのテンポがなんとも絶妙。  リードの寝起きの伸びを想わせる、なんとも心地良いブローイング。  打弦がインパルス奏法を見せ、ホーンが朗々と屈託なく歌う。  ベースは弾き奏法、淡々として好ましい、すばらしい!。  リードとホーンが件のテーマを繰り返してから締めくくる。  Septenberly、ベースの早いボーイング、ホーンがゆっくりとシンプルなテーマを提出落ちついた空気に満たされる。  しかし一転、テンポを速め、ホーンが明るく颯爽と走り出す。  リードがストレートな吹っ切れた印象のブローイング。  とてもゆっくりしたテンポに変わり、消え入るように終わる。  All the Things you-C#、ラフマニノフのプレリュードの一節で開始。  リードはとても情感たっぷりに、そしてサバサバと淡々と疾走。  インパルス的な打弦、実に軽やかにサラリと。  ホーンがストレートに絶妙の味わい、ピーチカラーの西空を渺々と流れる天空の筋雲を追いかける。  リードがテーマを丁寧に歌う、例の前奏曲の一節が顔を覗かせ、リードが小気味よい太刀を振りかぶり、バッサリと断つ。  C. Mingus(B)、Eddie Bert(Tb)、George Barrow(Ts)、M. Waldron(P)、Willie Jones(Ds)、*M. Roach(Ds)、Release Date: Dec 12, 1955。

♯♭♪ (*^.^*) : Olga Borodina 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Olga Borodina  Siete Canciones Españoles 12 Opéras en direct du MET None But The Lonely Heart.avi My Soul magnifies the Lord Saens Saint/ Mon cur s´ouvre a ta voix 0 1 2 3 SAMSON ET DALILA-f 1   Berlioz/ Prologue D'amour l'ardente flamme- sung Quel air!   Ponchielli/ Voce di donna o d'angelo   Cilea/ Adriana Lecouvreur2010-f 1 -1 -2 -3 Monologo di Fedra   Rossini/ Ah! Quel giorno ognor rammento Una voce poco fa Nacqui All'affan no...Non piu mesta L'Italina in Algeri Dunque Io Son   Verdi/ Aida 1 Tomb scene O patria mia Nel Giardin del Bello Requiem   Bizet/ Duo 1 as Dalila Selected Scenes   Rachmaninoff/ Vespers   Mussorgsky/ Boris Godunov : Marina Vladimir Galouzine -1 -2 Marfa's song Marfa's fortune-telling   Rimsky Korsakov/ The Tsar's Bride Borodin/ EL PRINCIPE IGOR    Tchaikovsky/ Eugène Onéguine -1 -2 -3 The Queen of Spades-f Da, chas Nastal! Prostite Vy Why? Moii geni, moi angel, moi drug Pikovaya Dama - Palina's Aria Ballet/pastoral -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Eric Dolphy 0 1 2 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Eric Dolphy ♫ Top Tracks for Eric Dolphy * 0 1 Stolen MomentsS Yearnin' Butch And Butch Teenie's Blues Straight Ahead The Stolen Moment Status Seeking Screamin' The Blues Alto-Itis Images  Ralph's New Blues Duquility Warm Canto 111-44 Warp and Woof Fire Waltz -1 -2 Serene The Baron Eclipse 17 West Sketch of Melba dianna You Don't Know What Love Is Left Alone Springtime -1 -2 It´s Magic Iron Man Glad To Be Unhappy Body and Soul Serene 1 Miss Toni Impressions -1 -2 Miss Ann 1 South Street Exit Straight Up And Down The Meeting Warm Canto Ezz-Thetics 1 Nardis Gazzelloni Lydiot Thoughts Honesty Round Midnight Amazing Havana Song with Charles Mingus Every Time We Say Goodbye Softly as in a Morning Sunrise My Favorite Things -1 -2 -1 -2 -3 Bali Hai The Things We Did.. & John Coltrane Quartet -1 -2 God Bless the Child GW 245 India Take The A Train Orchestra U.S.A., and Chamberi Miles Mode Master of Masters Music Matador +clifford brown Fire Waltz -1 -2 Warp And Woof Warm Canto Status Seeking Duquility Thirteen We Diddit Images Six And Four Mama Lou Ralph's New Blues Mysterious Blues Epitaph -1 -2 In A Mellow Tone  full album* : Here and There -f Charles Mingus & Eric Dolphy Sextet -f At The Five Spot, Vol. 1 -f Outward Bound -f Out To Lunch! -f -f Iron Man -f Blues and Abstract Truth -f

♯♭♪ (*^.^*) : Damon Albarn 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Damon Albarn * Damon Albarn, Afel Bocoum spoons 1 Sunset Coming On 1 Les Escrocs Le Hogon Le Relax Nabintoukiakite Tennessee Hotel Institut National Des Arts Closet Romantic  Lust for Life Temptation A Final Hit The Dancing King Preparation The Marvelous Dream Cathedrals Temptation Comes in the Afternoon Coronation O Spirit, Animate Us The Moon Exalted A Man of England 9 Point Star A Prayer Too late SABALI Dying Isn't Easy Distance Bamako City Niger 1 2 Gorillaz Damon Albarn 1 Iyo Djeli May's works Dan Abnormal in Moscow(Exclusive) A Long Friendship Kingdom Of Doom God Bless John Peel Scratch Africa Express 1 Tender Massive Attack Northern Whale Q1043FMs The Good, The Bad & The Queen Dan Abnormal Glastonbury Aluminium-1 -2 Word Song & David Bowie American Welfare Poem Fashion Feel Free Photos Live at the BBC Radio 6 Music Festival (2014)  -f


nice!(145) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2299

3.jpg

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Death Valley National Park(ストリートビュー)イタリア -Palazzo Reale di Caserta(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2299

小さなさざ波が竿先あたりに弾け、メダカほどの小魚が小さな弧で遊ぶ。  荒野の夕刻はいつも寂しく危うい、風が凪、水面に黄金の淡泊な眩い光燿が沸き満ち渡るひととき。  無慈悲に夢のような光の饗宴は、あえなくうつろう。  あっという間に暗いものが降り、永遠の燦を散らした眩い光燿がことごとく飲み込まれ、青い山裾が暗い無彩色に沈む。  リリアンを一結びしたこぶに、”ヘビクチ”を潜らせただけのラインとの繋ぎ目が、つつかれ解かれる脅迫観念に負けて、撤収する。

♯♭♪ (*^.^*) : Charlie Haden 1 2 3 4/ Not In Our Name - LIBERATION MUSIC ORCHESTRA  UCCV-1079   :     Liberation Orchestraの第5作、前作から15年を経た2004年夏、イタリアで制作された。  全編とても暖かいヒューマニズム、憂愁に覆われ、交響詩のようにイメージはシームレスである。  前作にあった闘争進撃サウンドは退けられているようである。  小高い丘に12名が立ち、遙か遠方を見ている。  Ahnee Sharon Freeman(Frh Hrn)は第2作からおなじみ。  他は、C・ヘイデンと親子ほどの気鋭の若者が選ばれておる。  中央に向かって肩をせり出し、いわゆる斜に構えている。  真っ向に陽を浴び眩しそうであり、厳しい顔つきになっている。  皆、真剣なまなざしである、誇りと達成感に満ちているように見える。  真っ青の空を渡るような遠い風音を、聴いているにさえ見える。  チャーリーヘイデンとカーラブレイが両端(第1作とは、左右が入れ替わっている)で、棒を突っ立てている。  やはり、前の構図とそっくりであった。  棒はみんなの頭上で、帯を拡げた格好である。  朱に黒で、”LIBERATION MUSIC ORCHESTRA”とゴシックで描かれている(このバナーは、35年間、C・ブレイが保存していた)。  板を返し、裏を見る。  巨大な白い石の円柱が聳える陽当たりで、希望と自信、得心を湛え、心の円を閉じ満足そうに肩を寄せあっている。  全てにひそやかだが、何かやり遂げた後の放心、全身的な悦びが溢れている。  C・ヘイデンが担当したライナー・ノーツには、スタジオ風景がたくさんあり、最初に半開きドアからC・ブレイが顔を覗かせている後ろ姿、振り向いた厳しい表情のC・ヘイデンになにやら相談している後ろ姿がある。  真剣と真摯のみでいっぱいなのだが、微笑ましいのである。  あれから35年の間、川が流れ、血が流れた。  憤怒や憎悪や、激しく萌える情熱、爛熟、発熱、巧智、静謐が出現、活躍、霧散していった。   鎮魂歌が跳んで行くわぁ…*。  春風に乗って、弦が弾け優しい調べが始まる。  ハッとするような、見事な息遣いで、推進力とたっぷりの”矯め”に満ちたリードの発表があり、ラテンの弦が弾け、哀愁のホーンアンサンブルが活気付く。  Not In Our Name(6:21)、ラテンのギター、官能のキック!、そわそわ・いそと走り出て始まる、Miguel Zenon(ミゲル・セノーン)(As)の外連味のない、溌剌とした推進は若さに満ちなんともうれしい、S・Cardenas(G)の熱い・絢爛を秘めたラテン情熱もすばらしい!。   いそいそ・ワクワク長い緩やかなカーブ・勾配のアプローチを進み、パルテノン宮殿風のレセプションホールに臨む期待に似たもの。  This Is Not America 1(6:39)、ギターとピアノでゆっくり始まり、打撃が刻むシンプルな速いテンポのレゲエに変化する。  リードの目眩く明るさ・歓喜に驚く、トロンボーンのソロ、ブラスアンサンブルの 卓抜な流麗に感心する。  Blue Anthem(7:49)、重苦しい下降音階から、C・ブレイのソロ、大きく伸びをする気怠いゆっくりしたテンポ、テナーサックスは押し出しが良く、気分がとてもいい。  America The Beautiful (Medley)(16:54)、C・ブレイのソロで始まる、Miguel Zenon(As)の澄明な生き生きしたブローイングにも感心する。  S・Black(Tp)のあっけらかんとしたソロに続き、”アメリカの空”がアンサンブルで歌い上げられ、C・Fowlkes(Tb)のなんとも記憶に残るユーモラスなソロ(口ふさぎ悶え!?)、Tony Malaby(Ts)の、”溌剌とした太く・丸く・押し出しのいい・甘い・愛くるしいサウンド”、長いドラムソロを経て部厚い管弦楽のフェイドアウト、ドタン!ドタン!・ドラムと目眩くリードソロ、トランペットのコーダで消え行く。  Amazing Grace( 7:12)、ゆっくりした部厚い管弦楽で始まる、ブルース風。  大股ベースソロはとても思い入れたっぷりに、トロンボーンのとても余裕のプレイ、テナーサックスのソロ、ベースソロの後、S・Cardenas(G)のピンッ!と張ったソロ。  Goin' Home(7:49)、ドボルザークの家路のメロディー、トランペットで滔々と自由な展開で伸び伸び放射される。  M・Zenon(As)の生き生き・きびきびしたソロはとても励まされる想いがする。  Throughout(8:55)、ギターとベースで始まる、暗い音階、引きしまったChris Cheek(Ts)のソロがあり、”溌剌とした太く丸く・押し出しのいい・甘い・愛くるしいサウンド”のT・Malaby(Ts)のソロとなりとてもうれしい。  とても優しく消え入るようにフェイドアウト。  Adagio (from Adagio For Strings)(7:25)、サミュエル・バーバーのアダージオ、ブラスユニゾンでとてもたっぷりとしたテンポで提示される。  ベースのソロにアンサンブルが対位法的に綾なる、緩やかに昂揚し・駆け上がり・頂上で辺りを睥睨し・安堵に浸る。  アンサンブルはメロディーを重ね・混じり合い・融けあい・たなびき遙かな地平を目指し没する。  C. Haden(B)、C. Bley(P,Arr)、Ahnee Sharon Freeman(Frh Hrn)、Chris Cheek(Ts)、Tony Malaby(Ts)、Miguel Zenon(As)、Steve Cardenas(G)、Curtis Fowlkes(Tb)、Michael Rodrigues(Tp)、Seneca Black(Tp)、Joe Daley Trio(Tuba)、Matt Wilson(Ds)、Release Date:Aug 30, 2005。

♯♭♪ (*^.^*) : Norah Amsellem 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Norah Amsellem  Bizet/ Carmen : Habanera, L'amour est un oiseau rebelle -f Près des ramparts de Séville Parle-moi de ma mere! and Ma mere 2   Verdi/ Deh, pietoso, oh Addolorata Non t'accostare all'urna La Seduzione L'esule La Traviata : Ah! forse lui....Sempre libera  Act 3 Aria Libiam ne' lieti calici Rigoletto : duet Duca  ♪ -1 -2   Donizetti/ Linda di Chamonix : O luce di quest'anima L'elisir D'amore  : -f -f Prendi per me sei libero Della crudele Isotta act I duet duet 1 Quanto amore Tran,tran,tran... In guerra ed in amore Barcarolla Caro elisir   Puccini/ La Boheme : Si, mi chiamano Mimi 1 Turandot :  Massenet/ Manon : Cours de la Reine   Belllini/ I Puritani : Act III duet   Ravel/ Myrrha : ♪-1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Enrico Rava 0 1 2 3 / ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Enrico Rava ♫ Top Tracks for Enrico Rava * 0 1 Catania novembre 2012 I'll Close My Eyes Senza Fine Spleen 1 Tea for 3 : The Gulf Prologue Wag World Live Genova Jazz per Haiti 1/2/2010 Round About Midnight Strung Out Wired Up Invocation Green Tea Trailer_7thDAY & Pat Metheny & Friends-4 -1 -2 Pupa o crisalide Nature Boy Full of Life You Can't Go Home Again Echoes Of Duke Donna 1 2 Thriller Smile They Don't Care About Us Tears For Neda 1 Il Giro Del Giorno In 80 Mondi-f Song Tree l'angelo 1 Une petite folie cheerin' cherry fluid connection Landes De Merveille Canzone di Nausicaa 1 Birth Of A Butterfly Amorevole 1 Laura Tutù You Don't Know What Love Is The pilgrim and the stars Estate 1 2 3 Algir Dalbughi Le solite cose Mi ritorni in mente c.t.'s dance Night Bird blue marine Il tempo di morire Certi angoli segreti Maranhão Katcharpari Dino Saluzzi, Le But Du Souffle Doxy Autumn Leaves Scrapple From the Apple Poinciana L'age mur Sola A Career Retrospective Long Tail Spider Blues Il Signore del Pianoforte Enrico Pieranunzi E penso a te BARCO HASTA EL CIELO -1 -2 Djembe III Serie Amore baciami Incognito Catania Theme For Jessica che cosa c'è? al Teatro Regio di Torino Enrico Rava Quintet 1 2 Tribe Dr.Ra and Mr.Va Lavori Casalinghi 22e Rimouski Festi Pm Jazz Lab-17 -1 -2 Sibiu Jazz Festival 2007- 1 -2 -3 -4 -5 Sonamundi at Teano Jazz Festival 2006 50 anni di jazz Space is the place Christian Radovan Live at Cheeese 2009 -1~ Taichung Jazz Festival 2009 Cecil Taylor/ Taht Cun-un-un-un-an Talk 1 2

♯♭♪ (*^.^*) : Chief Ebenezer Obey 1/ ☆□You Tube Search :      Asiko Mi Ti To ♫ Chief Commander Ebenezer Obey -f GOD'S GLORY@70 -f Eni ri nkan he -f MONTREAL FESTIVAL MONTREAL CANADA 1983 -f Hit Series 3 -1 -2 Hit Series 5 -1 -2 Hit Series 8 -1 -2 Omo Ojora Apasa Alo Mi Alo Eko Ila/Lai fi ota pe -f International Brothers Band in the 60's Vol 1 Live -f Ara nbada owo oje Kii seru akata Ota Mi Dehin Lehin Mi Board Members Ohun Oju Ri Oya Kajo Jo E Ma Se Lo Edumare a de Fi Mi Lokan Bale Oluwa Live @ Ondo Ara Nbada Miliki Sound AWON ENIYAN LASON @ Lagos Country Club


nice!(137) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2298

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Joshua(ストリートビュー)イタリア -Appian Way(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2298

ちょっと休んでから、ブルッ!と身震いひとつしたようなキックがあり、潜水し尾鰭を勢いよく振って深みに往ってしまう。  前のめりに傾け、1.5m程、竿の先を水没させている。  風や波でラインが煽られるのを防ぐため。  目線が水面に近く、膝下が水に曝されているので、入水しているような錯覚に襲われる。  『ツン!、ツン!、……』、『コツッ!、コツッ!……』。  小刻みな挨拶がグラファイトパイプに直に送られてくる。  先ほどの小魚のグループが、竿先を突っついているらしい。 

♯♭♪ (*^.^*) : Charlie Haden 1 2 3 4/ Land Of The Sun    :     全曲、ラテンの曲、*の3曲を除きキューバの作曲家 Jose Sabre Marroquin の曲が中心になっている。  燦たる淡い山吹色たなびく・渋くて妙なる管アンサンブルがある。  Fuiste Tu(6:17)、ゆったりした陰影の美しい曲、管アンサンブルの融けあう響きは絶妙、Michael Rodriguez(Tp,Fhrn)の明るい端正な響き、Miguel Zenon(As)の溌剌・艶やかな憂愁は、すばらしい!。  Sueno Solo Con Tu Amor*(5:08)、ギターでシンプルな思わせぶりなメロディーが提出される。  Cancion De Cuna A Patricia(6:59)、ピアノとギターで始まり、Oriente Lopez(Flt)と対位法で展開され、ホーンとフルートでとても丁寧に繰り返される。  ベースで思惟の奥深く響くソロがあり、フルートでインプロヴィゼーションがあり、トランペットでとても渋い展開を見せる。  一音一音が思惟を持つ聴き応え充分のピアノの展開があり終わる。  Solamente Una Vez (You Belong To My Heart)*(8:06)、有名な曲、ピアノとベースでゆっくりしたテンポで優しく展開される。  Nostalgia(5:40)、希望に満ちたバラード、ギターで始まる、管アンサンブルの融けあう響きは絶妙。  トランペットで丁寧にヒューマンな響きで演奏され、M・Zenon(As)の溌剌とした畢竟のソロ。  De Siempre(7:07)、情感溢れるシンプルなメロディーを飄々とさらりと演奏している。  M・Zenon(As)の目眩くブローイングは、気負うことなくむしろ丁寧なヒューマンなもの、M・Rodriguez(Tp)、J・Lovano(Ts)とソロが渡される。  管アンサンブルの藍かな寛大・慈悲溢れる響きは絶妙。  Anoranza(3:20)、フルートで陰影の美しいメロディーが歌われる。  Cuando Te Podre Olvidar(4:48)、ベースで諦めの下降音階メロディーが更に妙なる管アンサンブル、フルート、トランペットでシンプルなワルツが優しく奏でられる。  ピアノでさらりと深い浸透力のあるタッチで演奏。  Esta Tarde Vi Llover*(6:43)、J・Lovano(Ts)がベン・ウェイブスターを想わせる見事なビブラートで、ピアノの陰影のある淡々とした、矯めのある味わい深い演奏。  M・Zenon(As)の自由な天晴れな思慮深いブローイング。  Cancion A Paola(8:59)、インプロヴィゼーション感の際だつピアノにフルートが対位法で重なり、燦たる淡い山吹色たなびく・渋くて妙なる・管アンサンブルがあり、M・Zenon(As)のヒューマンなブローイングにほれぼれする。  次第にテンポは速くなり、トランペット、フルートと渡る。  C. Haden(B)、Joe Lovano(Ts)、Miguel Zenon(As)、Ignacio Berroa(Ds)、Gonzalo Rubalcaba(Prc,P,Arr)、Ignacio Berroa(Ds)、Michael Rodriguez(Tp,Fhrn)、Oriente Lopez(Flt)、Larry Koonse(G)、Lionel Loueke(G)、Juan De La Cruz(Bng)、Release Date:Aug 31, 2004。

♯♭♪ (*^.^*) : Nino Machaidze 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Nino Machaidze  Bellini/ Ah! non giunge I PURITANI -f Qui la voce    J.Massenet/ Manon-Adieu, notre petite table 1   Delibes/ Les Filles de Cadix Tributo Romantic Arias Nino Machaidze Summertime Romantic Arias El dia que me quieras   Puccini/ Quando me'n vo' 1 O mio babbino caro   Donizetti/ C'en est donc fait Don Pasquale Il dolce suono Lucia di Lammermoor Palau de les Arts Regnava nel silenzio... Quando rapito in estasi C'en est donc fait Elisir d'Amore Ah! Tardai troppo Quoi, vous m'aimez?   Rossini/ Il Turco in Italia : Duet/Quartet -1 -2 -1 -2 Non si da follia maggiore Final Act 1 Non si da' follia maggiore ! Squallida veste e bruna   Delibes/ Les Filles de Cadix   Bellini/ I Puritani -f -f Vien diletto Sovra il Sen la man mi posa Ah! non credea mirarti Ah! non giunge Son vergin vezzosa 1   C. Gounod/ Roméo et Juliette -1 -2 -1 -2 Dieu Quel Frisson Court Dans Mes Veines Final Ange adorable   Verdi/ Sempre Libera Addio del Passato Rigoletto : -1 -2 The duet Rigoleto Duo Adto 1 Final Caro Nome

♯♭♪ (*^.^*) : Elvin Jones 0 1/ ☆□You Tube Search  :     ♫ Top Tracks for Elvin Jones * 0 1 full album* :  Sweden Three card molly Here's That Rainy Day Jazzfestival Bern 1991 fragm. 3 Buzz-At 01 E J 's Blues Agenda 28 Edición FESTIVAL Night in Tunisia Jazz a Juan, 1996 Jazz Machine Solo Demonstration Horace Silver Quintet Zycopolis TV Three Card Molly for all the other times The Children Fancy Free Ginger Bread Boy Hornette & Charlie Mariano Elvin Jones Richard davis Raunchy Rita Mr. Jones Jimmy Garrison Sextet Whew Big Solo Solo 1 Mr Syms Alabama In a sentimental mood Afro Blue Dido Afrique Alabama ANTIGUA

♯♭♪ (*^.^*) : Cesaria Evora 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Cesaria Evora ♫ Top Tracks for Cesaria Evora * ♫ Top Tracks ♫ Cesaria Evora ♫ Cesária Évora Playlist     Live In Paris 1995 -1 -2 -3 -4 CABO VERDE TERRA ESTIMADA Perseguida Flor di nha esparanza Africa Nossa ricordo d'infanzia São vicente di longe 1 É doce morrer no mar Traz D'horizonte Sabine largam Tchinchirote Moda Bô Ingrata Fidjo Maguado Partida AMOR E MAR Amor Di Mundo Sodade 1 2 3 Crepuscular Solidao Fada 1 Sentimento Mar Azul 1 Angola Sorte Homem Na Meio Di' Homem Vento de sueste Cabo Verdi 10 islands 10 wishes Quem Bo E Tiempo y Silencio Velocidade 1 Sodade 1 2 3 Ausencia 1 Crepuscular Solidao Bialulucha Lagrimas Negras 1 Сезария Эвора Pic Nic Na Salamansa ANGOLA-LOBITO 1 Jangadero Petit Pays 1 Historia de un amor Cumpade ciznone Cabo Verde Um Pincelada 1 Um Pincelada Angola Parceria e irmandade Nho Antone Escaderode Tango to Evora Crepuscula Solidao D' Nhirim Reforma Trailer Cotentin Crew Nha Cancera Ka Tem Medida Nho Antone Escaderode Fada Mar De Canal 1 Saudade Cabo Verde Cinturao Tem Mele Papa Joachin Paris Maria Elena Cesaria Evora 1 Lua Nha Testemunha Consedjo Rotcha 'Scribida Miss Perfumado Cize Radio Mindelo(1:08:16) Сезария Эвора Salif Keita  y Yamore Live au Bataclan -f Mae Carinhosa 2013 -f Live D'amor 2004 -f Paris 2001 -f A Cape Verde Music Playlist -f Cesária Évora -f Hommage f


nice!(150) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-2297

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Red Rock Canyon(ストリートビュー)イタリア -Scansano(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2297

節くれ立った、よく乾燥された砂漠色・光沢、さまざまな太さ・長さが無造作に投げ込まれている。  根元になるにほどに節はびっしり密に、先端はタケノコのように曲がり、太い根を切り取った跡、更に焼いた痕跡も。  よく陽の当たる暖かい斜面で切り出され陰干し、油抜き、焼き入れ、矯め。  きっと厳しい選り分けで弾かれ、暫し片隅に置かれていたに違いない。  いろいろ想像させてくれ、制作意欲を掻き立て・そそられる、興味深い見事な素材ばかり。  これを軸にした”魚のヌルに触れないで鈎を放つ”システムで、優しく放たれる。

♯♭♪ (*^.^*) : Charlie Haden 1 2 3 4/ American Dreams    :     ジャケットは、ピーチカラーに輝く西空を淡いパープルが浸食、砂浜の公衆電話。   34人編成ストリングスアンサンブルやシンセサイザーの伴奏付き、穏やかなバラード風の演奏。  C・ヘイデンの他に、M・ブレッカー(Ts)やB・メルドロー(P)がメロディーを奏でる。  American Dreams(4:52)、C・ヘイデンの曲、間・余韻の美しさの淡々としたピアノが、趣の異なる伴奏での際だつ。  Travels(6:47)、P・メセニーの曲、ブルース風の粘着質なメロディーシンセサイザーの風がそよぐ助奏、リードが天晴れなブローイング。  No Lonely Nights(5:19)、K・ジャレットの曲、仰々しくギューンと突っ張るイメージは息苦しく嫌い、リードの情熱的な大股・熱き・肉太ブローイング。  It Might Be You(4:54)、”君に想いを”、たらたらしたどうにもならない海鼠ブローイング、情緒反応せず。  Prism( 5:21)、K・ジャレットの曲、思惟のない切迫したメロディーに転けも情緒反射もせず、スリリングなブローイング。  America The Beautiful( 5:24)、ベースがフォーク風に訥々と弾く、ピアノの静謐・鎮静・インテリゼンスの燦たる表出も、すばらしい!。  Nightfall(5:09)、C・ヘイデンの曲、陰影の揺らめきの美しい、寂寥と希望の混沌としたメロディーの点描、得も言われぬカタルシスが降りてくる。  Ron's Place(7:29)B・メルドーの曲、ビル・エバンス風の静謐を装った饒舌、どうにもならぬ。  Bitter Sweet(6:46)、D・セベスキーの曲、洗練されたとびきりのメロディーには天才の作為が感じられず、リードの天上的なブローイングは余韻が潔く明快でよろしい。  Young And Foolishk(5:40)、スタンダード曲、飄々としたブローイングは抜けが良く卓抜な巧さである、赤松の大木の如くどんと構えたベースは深い安堵・励ましに満ちている。  Bird Food(7:29)、O・コールマンの曲、胸の透く奇才の発明・洒脱、すばしこい裏道くぐり抜けのメロディーの美しさを際だたせておる。  Sotto Voice(5:10)、なーんにも心配ごと・憂いのない放浪、どこまでもズンズン・ドンドン歩いていくような、無上の安堵に満たされる。  一切をキッパリと振りきって、振り返ることはなく、あるのは確信は茫洋とした一筋の希望・憧れ。  Love Like Ours(4:25)、寂寥のブローイング。  Some Other Time(4:44)、不安と希望、歓びと悲嘆、沈潜と高揚の混沌とした、たゆたいのメロディー。  C. Haden(B,Arr)、M. Brecker(Ts)、Brad Mehldau(P)、Brian Blade(Ds)、Alan Broadbent(Arr, Cndt)、Release Date:Jan 1, 2002。

♯♭♪ (*^.^*) : Nina Stemme 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Nina Stemme Ah! Ich habe deinen Mund geküsst Stehe still! Beim Schlafengehen   Gösta Nystroem/ Havets visa   August de Boeck/ Eté (Summer)   Debussy / L'Enfant Prodique : Azael! Azael   Sibelius/ Van det en dröm? Flickan kom ifran sin älsklings möte   Janáček/ Jenůfa  : to je mamincina jizba   Verdi/ La forza del destino : Pace,pace mio Dio La vergine  Aida : O Patria Mia Ritorna Vincitor! Triumphal Scene O patria mia 1 Ritorna Vincitor! final scene 1   Puccini/ Turandot  : -f Butterfly : Un bel dì vedremo La Bohème : Donde lieta usci   Weber/ Der Freischütz : Wie nahte mir der Schlumm   R.Strauss/ Cäcilie Rosenkavalier : Introduction.. Ich werd' jetzt in die Kirchen gehen.. Marie Theres'!.. Da geht er hin.. Ich komm' glei.. Die Zeit, die ist ein sonderbar Ding.. Hab' mir's gelobt Vier Letzte Lieder : Frühling Im Abendrot Beim Schlafengehen 1 Septembe Salome : -1~ Ah! Ich habe deinen Mund geküsst Finale -1 -2   Wagner/ Schmerzen Im Treibhaus Träume Stehe still! 1 Der Fliegende Holländer : -1~ Ouvertüre Senta's ballad Mild und Leise Liebestod Dunkt Dich Das? Walküre :  Hojotoho! Fliegt heim, ihr Raben Schlimm, fürcht' ich Siegmund! Sieh auf mich

♯♭♪ (*^.^*) : Ella Fitzgerald 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Ella Fitzgerald * 1 Let's Face The Music And Dance Ev'ry Time We Say Goodbye I Love Paris.... A Foggy Day It's De-Lovely Love For Sale Do Nothin' Till You Hear From Me Easy To Love I Am In Love Do I Love You I Get A Kick Out Of You Autumn in New York Someone to Watch Over Me Bewitched, Bothered and Bewildered Prelude To A Kiss Do Nothin' Till You Hear From Me I Didn't Know About You Blue Moon These Foolish Things i can't give you anything but love Midnight Sun It never entered my mind Nice work if you can get it  Moonlight In Vermont The Shadow Of Your Smile Summertime Blue Skies Oh, Lady be Good! Exactly Like You Take The 'A 'Train Love Me Or Leave Me Do Nothin' Till You Hear From Me How High The Moon Sophisticated Lady Come Rain Or Come Shine Puttin' On The Ritz Moonlight Serenade Night and Day  full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Boubacar Traore 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Boubacar Traore * ♫ Popular Boubacar Traoré Videos ♫ boubacar traore     Kar Kar Madison Kayes-Ba Tunga Magni 1 Khobe Natouma Serrer La Main Diarabi 1 Υafa ma Baba Drame kar kar madison Mmacire Bebe Bo Nadaro Le jour du 31 Samba 1 Je chanterai pour toi 1 2 3 Mouso Teke Soma Ye 1 Mondomix présente Santa Mariya Duna Ma Yelema 1 Sa Golo Fama Kanou Mariama 1 Mondeou 1 2 at the Grassroots Festival karKar 1 Minuit 1 2 KarKar Duna Ma Yelema mali twist 1963 Kayes Ba M.Badehou Je Chanterai Pour Toi Diarabi Festival Med 2012 @ The Claudia Cassidy Theater 092111 Hugh's Room, October 3, 2011


nice!(145) 
共通テーマ:音楽

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ