So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の日の釣り師-2119

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -First State National Monument(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Western Australia(Google Maps ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2119

眼光鋭くはち切れんばかりの好奇心と猜疑心、超越的突進力を秘めて待ち伏せておる。  しかし危険は、海の中ばかりでない。  この防波堤は潮が満ちると潜水し、子供の腰の高さまで波で洗われる。  台風の時期、『……さんが還れなくなっるぞーい!!。』と、消防隊員が叫びながら、雨の中を駆け抜ける。  あの、”豆腐”の中で必死になっている光景が、ありありと浮かぶ。  要塞側に緩やかな湾曲を持つため、目測で目印に向かって真っ直ぐ歩くと恐ろしいことになる。

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 1 2 3 4/ Blu Blu Blu/ 120 117-2    :     15名の気鋭のメンバーによる、M・R・エイブラムス(P,Tyth,Bell、Cndct)のスコアーに基づいた演奏。  フリー・フォームJazzのスピリッツ、エモーションを放つ、ヒューマニズム溢れる心暖たまる現代音楽。  空を渡るような遠い風音と暖かい微風に煽られる、明朗な空虚、あまりにも堂々として力に満ちた、微妙な優雅さの漂うたじろぎがあり、ためらいがある。  淡くてキラキラした夕方の散歩に出ると感じる、閑散と静謐を保つ界隈の緩やかな下り坂、心持ちはホクホクとして、何かウキ~*ウキ~*、パチ!パチ!弾けるささやかな歓喜、身震いするようなよろこびが、演奏されている。  Plus Equal Minus Balance(11:13)、チューバによる何かを期待させる、変幻自在な些か戸惑うメロディーが提出される。  このメロディーラインのとぎれることのない、”鮮やかな変化による戸惑い”は、全編に及ぶ。  めまぐるしい変容の後、リズム部門が4ビートでグングン推進する、リードやホーンで伸び伸びと展開される、鋭意に満ちた確固たる思惟・スコアに従って演奏される。  Cycles Five(7:55)、再びチューバが何かを期待させる、変幻自在なメロディーが提出され、J・Brandon(Whstl)を中心に展開される。  トロンボーンと木管が対位法的にアンサンブルを構築する、ビブラホンがたっぷりと展開する。  Bloodline(15:24)、J・Brandon(Whstl)とM・R・エイブラムス(P)の呼応で開始、ホーン部門が引き継ぎきっちり展開、ラグタイム風のワク~*ワク~*・愉快なリズムでホーンアンサンブルが躍動、ついでピアノが歌い、アンサンブルが歓喜に満ちたユニゾンを披露、リードのソロがあり、賑やかな饗宴が繰り広げられる。  トランペットの抑制と発散の発表があり、ホーンがとてもヒューマンなサウンド、ソノリティーを発揮、心地良いカタルシスを溢れさせてくれる。  P・Higgins(Bs)に続き、E・Ghee(Ts)のストレートなブローイング、再びP・Higgins(Bs)の卓抜なソロ、J・Brandon(Whstl)のソロと受け継がれる、T・Barker(Ds)の短いソロを経てコーダで終わる。  このアルバムの第一の聴き所。  Septone(6:32)、めまぐるしい・難解なメロディーがユニゾンで提示される、ベースとW・Smith(Timpn)でダイナミックに構築される宮殿、現代音楽を思わせる重厚なアンサンブルでたっぷり演奏される。  Blu Blu Blu(9:17)、ブルース、D・Fiuczynski(G)がメロディーを提出、E・Ghee(Ts)が圧倒的なブローイング、M・R・エイブラムス(P)のパワフルな打弦はすばらしい!、リードのたっぷりのブローイング、ホーンの咆哮・放射は海馬の野生・歓喜・雄叫び。  Petsrof(6:29)、ベルとトロンボーンで始まる、勇壮なサバンナの夕暮れである。  M・R・エイブラムス(P)の躍動するメロディー展開、フリー・フォームによる集団的美の絵巻が姿を表す、M・R・エイブラムス(Syth)による叙情的な締めくくり。  One for the Whistler(6:51)、E・Ghee(Ts)のストレートなブローイングによるたゆたい賛歌・感謝の心のありようがJ・コルトレーン風に発表される。  J・Brandon(Whstl)で渺々と流される、高層の白き刷毛跡・燦たる筋雲の気持ちが歌われる。  E・Ghee(Ts)が気持ちたっぷりに、カデンツアを歌い上げる。  Stretch Time(13:24)、J・Walrath(Tp)とP・Higgins(Bs)がメロディーを提出。  J・Brandon(Whstl)が歌い、M・R・エイブラムス(P)、Jack Walrath(Tp)と引き継がれる。  バスクラリネットで展開され、再びJ・Brandon(Whstl)が存分に展開する、J・Walrath(Tp)が存分にたっぷりと放射、M・R・エイブラムス(P)が流麗・洒脱なソロを聴かせる。  L・Horner(B)の明快な気持ちのいいソロがあり、T・Barker(Ds)の短いソロを経て、アンサンブルの絢爛たるフリー・フォームの饗宴、コーダで終わる。  Muhal Richard Abrams(P,Tyth,Bell、Cndct)、Jack Walrath(Tp)、Alfred Patterson(Tb)、Mark Taylor(Frhrn)、Robert De Bellis(As,Clnt,Bcl)、Eugene Ghee(Ts,Clnt,Bcl)、Patience Higgins(Bs,Flt,Clt)、Joel Brandon(Whstl)、Joseph Daley(Tuba)、Brad Jones(B)、John Purcell(Cl,Flt)、David Fiuczynski(G)、Lindsey Horner(B)、WarrenSmith(Vib,Timpn)、Release Date:Nov 9, 1990。

♯♭♪ (*^.^*) : Anne Akiko Meyers 1/ ☆□You Tube Search :     Autumn in NY   Debbusy/' Clair de Lune 1 2 3 sonate pour violon sol min Smile Summer Time 1 Somewhere Over The Rainbow Anne Meyers -1 -2 Meet the Artist -2012 REWIND Trailer 赤トンボ 荒城の月 春の海 Variations on Sakura Sakura   Somei Satoh/ Violin Concerto-f Birds In Warped Time   Barber/ ISAO TOMITA Live at Sydney Violin Concerto -2   Bruch/ Violin Concerto -1 -2 -3 Scottish Fantasy   Fritz Kreisler/ Liebeslied Love's Sorrow   Lalo/ Symphonie Espagnole-f -1 -2 -3 -4 -5   Saint-Saens/ Rondo Capriccioso 1   Ravel/ Sonata no.2 in G   Mendelssohn/ Violin Concerto -1 -2 -3   Mozart/ Violin Concerto no.3 in G Major   Schubert/ Fantasy in C, op.159   Astor Piazzolla/ Milonga en Re, Tango Introduccion al angel Milonga del Angel   Gade/ Jalousie Tango Seasons... dreams   David Baker/ Blues Summertime 1   Arvo Pärt/ Spiegel im Spiegel   John Corigliano/ Lullaby for Natalie   Bach/ Largo Ave Maria Air 1 2 3   Sibelius/ Violin Concerto -1 -2 -3   Prokofiev/ Violin Concerto no.1 -1 -2 -3   David Baker/ Blues

♯♭♪ (*^.^*) : Kenny Garrett 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Kenny Garrett * 0 1 Delta Bali Blues G.T.D.S. Lonnie's Lament Back Where You Started Equinox Blue Moon Xyz What Is This Thing Called Love? Giant Steps Intro to Africa Jazz Baltica -f Wayne's Thang(1997) 1 Bergen Jazzforum Live at Porgy & Bess 2012 03 04 at Yoshi's Realization Worlds Apart  Kiss To The Skies Wiggins Welcome Earth Song & Roy Ayers URBAN JUNGLE Cold Snap Seeds From The Underground J. Mac 1 Seeds From The Underground Two Down And One Across Detroit 1 Qing Wen Warren Saire Wayne's Thang -1 -2 Festival de Jazz Sa Pobla 2011 Quartet feat Kenny Kirkland -f Happy people -1 -2 Kenny Garrett Quartet Kenny Garrett Quartet (USA) -1 -2 Jean Pierre for You Diverse -1 -2  Inner City Blues JazzBaltica '97 Sing a song of song -1 -2 -1 -2 Run For Cover 1 Giant Steps Giant Steps 1995 Left Alone Ja-hed Sonhos Do Brasil -1 -2 Lover Man -1 Two Down One Across -1 -2 4 tet in montreux 1997 1 Jazz à Vienne 1991 Dig Watermelon Man Tomaas Tutu Human Nature 1 Like sonny Maputo FREEDOM BAND ALWAYS THERE 。

♯♭♪ (*^.^*) : Cat Power 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Cat Power * 1 Speak For Me My Blueberry Nights Metal Heart Don't Explain Moonshiner Wild is the Wind Rockets nude as the news Make Me Feel So Bad Maybe Not Sea of Love The Coat Is Always On Lived In Bars He War 1 Evolution The Greatest 1 Wonderwall Werewolf Fool Ice Water Maybe Not Yesterday Is Here Naked If I Want To Werewolf He War I don't blame you The Moon Remember Me 。


nice!(178) 
共通テーマ:音楽