So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の日の釣り師-2329

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -First State National Monument -1(ストリートビュー)イタリア -エロイ・デル・マーレ通り(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2329

神のみが知る偶然の”魔のタイミング”の不意打ちで、『……ヌッ!』、『……ンッ!』とセットする。  幾度かプゼンテーションと”空あわせ”を繰り返していると、ロッドを煽った途端に手首に”グッ!…”と抵抗があり、期待の中の不意のこととて、”ハッ!”とする。  見えないものがだしぬけに力強くラインをひったくる、グングン曳く。  白い飛沫からヤマメが顔を見せる。  結果は、この方法が一番であり、よく釣れる。   ……!、んで、いろいろ考えさせられてしまう。  激しく動くアクアマリンの水泡を破り流下した、ニンフ?!が突然去ろうとする。

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Pearson 1 2 3 4/ The Right Touch/ CDP 7243 8 28269 2 7  :     ジャケットは、白熱灯に照らされたピアノの前に座った姿、澄明な光の宿るつぶらな瞳、キリリと結んだ口元はナマズ髭、飄々として落ちついた表情。  可笑しさは紙一重で食い止められたようだ。  Duke Pearsonの卓抜な作曲・編曲・パフォーマンスの魅力、8人編成の分厚いリッチなサウンドを楽しめる。  多くの新しい試みがあり、洒脱・洗練に包まれた知的な印象・余韻が残るアルバム。  常に新鮮な感動・心地良いカタルシスを侵出させる秘密に曳かれる。  F.Hubbard(Tp)やS.Turrentine(Ts)、D. Pearson(P)などのキラリと光るソロも折り込まれており、いつしかエキゾチックな渺々とした充足の気分がに包まれる。  Chili Peppers(6:52)、ラテン風のリズム、ホーンのユニゾンによる南方風エキゾチズムに包まれたメロディーの絢爛たる開始。  S.Turrentine(Ts)の天を仰ぐ野獣の雄叫び風の咆吼、しゃくり上げるような甘いブローイングがとても印象的。  知的でリッチな分厚いサウンドは魅惑に満ちている。  Make It Good(6:41)、D.Pearson(P)で颯爽と明快にテーマが提出される。  とても知的で洒脱、不思議な洗練されたゆったり寛いだ気分に包まれる。  ピアノの存在をワスレさせ、その向こうにエッセンスが躍動している、稀なスタイルは甘美な知能を直撃するエモーションを醸し出す。  F.Hubbard(Tp)は何処か吹っ切れた黄昏色のトーン、とてもストレートで好感を持つ。  合奏は渋くて黄昏れており、よく響き合い妙なるサウンド、すこぶるすばらしい!。  My Love Waits (O Meu Amor Espera)(5:56)、語りかけるような・凭れ掛かるようなメロディー、柔らかいトーンのホーンで提出される。  惜別の情念を吐露するようにも聞こえる。  D.Pearson(P)はとてもすばらしい!、息を飲むような演奏はピアノの存在すら忘れさせる。  ホーンのオブリガートはいつしか深い睡りに誘っておる。  Los Malos Hombres(6:36)、やる気満々のシャキッとしたS.Turrentine(Ts)のテーマの提出は圧倒される。  素朴とも言える荒削りなサウンド、ホク!ホク!と嬉しくなる。  F.Hubbard(Tp)は、颯爽とした卓抜な放射を行い、見事なテクニックを感じさせる。  J.Spaulding(As)はとても甘いトントーンでサラリとブローイング。  D.Pearson(P)は渋くて外連味の全くない、申し分ない表出。  G.Tate(Ds)のソロに続き圧倒的な合奏で完。  Scrap Iron(5:24)、ゆっくりしたテンポ、夢見るような柔らかい合奏による魅惑の開始。  S.Turrentine(Ts)のハッとするような目瞠るブローイング、あのぶ太い野獣の天を仰ぐ雄叫び風の咆吼、しゃくり上げ嘆いておるようでもある甘いブローイング。  Rotary(6:19)、しっぽが揺れ動くような楽しいテーマ。  F.Hubbard(Tp)は切れ味鋭利な放射、自在に展開しているようだ。  J.Spaulding(As)に続きG.Brown(Tb)のユーモラスなホッとするなごみの放射は嬉しいかぎり。  入れ替わり立ち替わりソロを取り、S.Turrentine(Ts)のぶ太い野獣の天を仰ぐ雄叫びも。  ここでも、D.Pearson(P)の知的・静謐なタッチは傑出した演奏を展開する。  Los Malos Hombres*(5:00)、2度目の登場のテーマ。  S.Turrentine(Ts)は卓抜な冴え、F.Hubbard(Tp)もすこぶる快調。  J.Spaulding(As)は目眩く速さでブローイング、したたかさを披露。  G.Tate(Ds)の羽根の生えたような軽やかな生き生きしたプレイは、実に心地良い。  合奏となり一気に昂揚し、焦燥感なぞ一切の案件を捨棄してから、すばらしい余韻を止めつつ完。  D. Pearson(P)、F. Hubbard(Tp)、Garnett Brown(Tb)、Jerry Dodgion(Flt)、J. Spaulding(As)、S. Turrentine(Ts)、Gene Taylor(B)、Grady Tate(Ds)、Release Date: Sep 13, 1967。

♯♭♪ (*^.^*) : Rostropovich 1/ ☆□You Tube Search :      boccherini,vivaldi/ cello concertos   Jolivet/ Cello Concerto No 2 -f   Shchedrin/ Sotto voce concerto -f   Aram Khachaturian/ Concerto-Rhapsody in D minor  -f -f   Halffter/ Cello Concerto No 2 -f   Alfred Schnittke/ Cello Concerto No 2 -f    Rachmaninov/ Cello sonata op. 19 Never Sing To Me Again, op. 4 Spring Waters, op. 14 Night is Mournful, op. 26 Music op. 34   Edouard Lalo/ Cello Concerto in d minor   Glinka/ How Sweet It Is To Be With You Doubt   Chopin/ Polonaise brillante op. 3 for Piano and Cello Cello Sonata op.64-2 op.64-3 op.64-4 op.65-1 -2   CPE Bach/ Cello Concerto no.2-f   Bach/ Conpleto-f 6 Cello Suites-f Cello Suites no.1 -1 -2 -1 -2  no.2 -f no.6 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7   Haydn/ Concerto no.1-f -f -f -f -f -1 -2 -3 no.2 -f  -1 -2 -3   Beethoven/ Concerto for Violin, Cello, and Piano in C Major, op. 56 "Triple"-f Bach, Mozart, Brahms - 3 double concertos-f Piano Trio op.97-f 12 Variations for Cello and Piano Cello Sonata -1   Schumann/ Cello Concerto -f -f -1 -2 Piano Trio   Brahms/ Double Concerto -f Sonata no.1 -1 -2 -3 -4 no.2 -1 -2 -3 -4 -5   Tchaikovsky/ Piano Trio-f Rococo Theme   Dvorak/ Cello Concerto-f -f -f -f -f -1 -2 -3 -4 -5 -6    Saint Saens/ Cello Concerto no.1 -f -1 -2 -3 Concierto para Violonchelo   Bloch/ Schelomo   Prokofiev/ Symphony Concerto -f -f -1 -2 -3 -4   Shostakovich/ Symphony no.5-f no.8 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 no.12-f Cello Concerto no.1-f -f -f no.2-f -f -1 -2 -3 Cello Sonata op. 40 Allegro Galina Vishnevskaya sings -1 -2 -3 -4 -5   Britten/ War Requiem-aeternam -Dies Irae opening Terfel -Sanctus -Lacrymosa   R.Strauss/ Don Quixote-f

♯♭♪ (*^.^*) : Irene Schweizer 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Irene Schweizer * 1 Schaffhauser Jazzfestival 2011 Solo at Jazzfestival Schaffhausen 2008 INTAKT at THE STONE -4 Circle Irene Schweizer Brigach And Ganges -1 -2 Hamid Drake  Pierre Favre duo -1 -2 -3 Mra Sun Love Vision Festival 1985 Solo @ Mulhouse '07 Violets for Pia Blues for New Chicago  Vision Festival 1985 Documentary LES DIABOLIQUES -1 -2 -3 -4 Scratching At The Tonhalle Three Little Songs -1 -2 Yaad Unlimited #29, Schlachthof, Wels, Austria, 2015-11-06 lle Leandre / Annick Nozati / Irene Schweizer Irene Schweizer, Maggie Nicols, Joëlle Léandre, 7 October 2015, Moscow Brigach And Ganges To Whom It May Concern  Rüdiger Carl Quartet in Zürich 1981 Unexpected Demand  Chicago piano solo  Free Mandela! Slatko Caucic Live at Tarcento Jazz 2013 INTAKT at THE STONE-4 Afric Steals The Show Irene Schweizer/Fred Anderson/Hamid Drake  Irène Schweizer Solo at Jazzfestival Schaffhausen 2008

♯♭♪ (*^.^*) : Amanda Miguel 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Amanda Miguel * 1 ♫ amanda miguel y mas ♫ mis mejores musia de amanda miguel      Eso Se Llama Amor letra e imagenes 1 Media Hora Algo Tonto Simplemente amor 1 El pecado No Te Vayas a Morir Lo Vi La Escalera A MI AMIGA Pideme Asi Como Hoy Calia Castillos EL ME MINTIO DESIERTO Éxitos románticos Cenizas LAS PEQUEÑAS COSAS COSASmi buen corazon Ámame una vez más Castillos 5 Dias Las Pequeñas Cosas las pequeñas cosas EL GATO Y YO No Me Vas A Olvidar Perdón La carcajada No me vas a olvidar Dudas astillo VETE YA Pídeme Igual que un avion Esclavo y Amo mi rey era un monstruo de piedra Así No Te Amará Jamás Quiero un amor total CASTILLOS EN EL AIRE COMO UN TITERE


nice!(154) 

nice! 154