So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の日の釣り師-2186

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Sleeping Bear Dunes(ストリートビュー)メキシコ-Paraje Almoloya Chinampa Tradicional(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-2186

ザク!ザク!心地良く体に浸透し、心身を浄化、キックを与えてくれる。  目指すものが定まったようで、まっしぐらに突き進んでいった。  西洋古典音楽に親しんでいた者が、ジャズそれも前衛・フリージャズの魅力を感じるまでには、きっと常人以上の紆余曲折があるような気がしてならない。  無駄・不毛だったと想う、手垢を弄した混沌とした日々は、もっと少なくできたに違いないと悔やむ。  例えばフリージャズとストラビンスキー、いずれも発明の持つ・放つ興奮がある。 

♯♭♪ (*^.^*) : Sonny Rollins 1 2 3 4/ The Bridge  -f :     ジャケットは、ツイードのスーツ姿、坊主頭の精悍なやや神経質な表情で前を射る、サックスのキーを軽く押さえ斜に持っている、モノトーン。  いわば、永いこと壁面の棚で眠っていたのを、やっと認識できたで嬉しい。  涼しい風に頬を撫でられ手が伸びたん。  天上的な安堵、解放、緊張捨棄、自由奔放をくれる。  屈託なく飄々とさっぱりした奔放、燦々と陽を浴びたある感覚は、目眩く発想でもあり、高揚であり、歓びが迸る。  遠大澄明な宇宙空間や、飄々と闊歩する様子は、時々フォーレやドビュッシーを想わせる、色価が浸み出す。  時として、『ΣГЧΔΘ、ブハァ~…*』とリードの解放咆吼は、明晰であり嬉しい挨拶でもあり、(゚ o゚ ) 驚きそして関心する。  抑制のある、通奏律の草原をザクザクと開く。  爽快を越えた絶頂が連綿と連なる。  鬱屈や、殺戮、暗鬱、閉塞、偽善、虚飾、独尊の片鱗が皆無で、すばらしいぃのだぁ~*。  ゆったりと、悠々とほとんど静止した深閑の瞬間があり、澄み切った気配が満ちている。  繊細な危うい気質が透けて見えるのに、豪放、無垢、洒脱がちりばめられている。  撓めのある電気弦は、高僧のようなしぶとくて淡々とした表情吐息を吐きかける。  こんな深閑、明晰な気分は初めてだ。  Jazzはある日突然、霧が吹き飛ばされるように明快に感じられることがあり、不思議な魅力がある。  この素晴らしさが解らなかったのはなぜだろう!?などと。  気が付かなかった音楽感性の変遷を、鏡のように魅せてくれるようだ。  そこで変わった己の内面を深く感じ入り、あれやこれや考えつつ過ごす楽しみがある。  よろこんだり臍を咬んだり、新たなる目標・希望を見いだしたり。  第一印象がハラハラと払い除けられ、別世界の甘美を感じられる瞬間、あるいは土地勘を得た如く、全容と深淵を見たと感じられる瞬間、何ものにも変えられぬ、ふつふつと込み上げるヨロコビに包まれる。  これは情緒反応に過ぎない、刹那のはかない感傷に過ぎないと打ち消してみても、更なる野望と展開が拡がりワク!~*、ワク!~*。  Without A Song(7:27)、のっそりと起きあがるようなテーマが提示される。  S. Rollins(Ts)のソロにJ. Hall(G)のオブリガートが被さり見事な調和。  迷いのないグングン新天地が拓ける想いがするブローイングは、実に好ましい。  Bob Cranshaw(B)のソロからJ. Hall(G)のソロへ。  耽美的な爪弾きは爛熟・退廃的に至る前に止められており、とてもニクイ!。  Where Are You(5:08)、S. Rollins(Ts)はゆったりしたテンポでさり気なく・力強くブローイング、いい感じに乾いたサウンドは、一切の凹みを救済するように感じられる。  J. Hall(G)の訥々とした自信に満ちたプレイは、情緒過多・テクニックのひけらかしが見あたらず好ましい。  John S(7:43)、極くシンプルなテーマの提示、拍子抜けするような意表を突いたユニゾンで開始、シンプルなテーマが次第に自由奔放なインプロヴィゼーションでエモーションを放ち始める辺りは、何度聴いても感心してしまう。  オブリガートをつま弾いておったJ. Hall(G)のソロも自由奔放でありますますよろしい。  リードと電気弦のバトルとなり、白熱した盛り上がりは心地良いカタルシスを侵出させる。  オープニングとそっくりのコーダがなんとも痛快でうれしい。  The Bridge(5:58)、シンプルな短いテーマが繰りかえし提示される、ドラムの推進に導かれ意気揚々と快走を始める。  苦悩するような内省が剥き出しになるが、気持ち晴々に疾走するテンポが一切を払拭してしまう。  Bob Cranshaw(B)のソロをJ. Hall(G)が助奏、Ben Riley(Ds)のソロを経て、悩み多い集団的美の構築は一気に完了する。  God Bless The Child(7:26)、呟きのようなブローイング、ゆったりしたテンポ。  J. Hall(G)のソロにS. Rollins(Ts)のソロが被さり見事な調和。  再びJ. Hall(G)のソロ、耽美的な演奏をたっぷりと聴かせる。  S. Rollins(Ts)のソロ、音色がとても甘く感じられる慈愛に覆われた演奏。  電気弦とリードのゆったりしたテンポでのバトルというか、対位法的な演奏になる。  You Do Something To Me 1(6:49)、リラックスしたリズム部門の推進で、のびのびとプレイするリードと電気弦。  新境地を見いだした瞬間はこうかも知れぬ、といったような大胆な展開があり、きっと本人も得心おえたに違いないと想わせる、少し入れ込んだカデンツアで締めくくる。  S. Rollins(Ts)、J. Hall(G)、Bob Cranshaw(B)、Ben Riley(Ds)、Release Date:Jan 30, 1962。

♯♭♪ (*^.^*) : Erika Miklosa 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Erika Miklosa  Ajtó Mozart/ Mozart: Don Giovanni : La ci darem la mano 1 Die Zauberflote  : -f Der Hölle Rache 0 1 2 3 Queen of Night, 1st Aria O zittre nicht...Zum Lieden A Dama da Noite Varazsfuvola 3 Bajadér-duett 1 Az ég szabad Fogolydal Mennyből az angyal A Bajadér Time to say goodbye Táncolnék a boldogságtól A csitári hegyek alatt Sylvia The Czardas Queen   Kodály/ Esti dal   Delibes/ Lakmé : Viens, Mallika, les lianes en fleurs Ou va la jeune Hin The Flower Duet 1   Bellini/ I Puritani : Qui la voce   Donizetti/ Lucia di Lammermoor : Regnava nel silenzio 1 2 Ou va la jeune Hindoue Se tradirmi tu potrai The Sweet Sound Duet Ardon gl'incensi Il pallor funesto orrendo L'elisir d'amore : Or or si spiega Della crudele Isotta Io son ricco, e tu sei bella Duetto e terzetto 1   Rossini/ Il barbiere di Siviglia : Una voce poco fa Le Comte Ory : Tercett Le Comte Ory   Thomas/ Mignon : Je suis Titania   Giacomo Meyerbeer/ Dinorah : Ombre legere   Verdi/ La Traviata : E stra no... Sempre libera 1 Duo Rigoletto : Caro Nome Final Duet   J. Strauss/ Die Fledermaus : A denevér

♯♭♪ (*^.^*) : Stacey Kent 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Stacey Kent * 0 1 2 3 Jardin d'hiver stacey So Nice All I Do Is Dream Of You You ' ve got a friend never let me go they can't take that away from me wee small hours of the morning It Might As Well Be Spring Que feras tu de ta vie? What a wonderful world 1 They All Laughed  My February Morning Niente non è ZERO Isn't This A Lovely Day? Polish actress Katarzyna Herman Ces Petits Riens C'est le printemps The Gentle Rain Breakfast on the Morning Tram -1 -2 -3 -4 The Best Is Yet To Come Samba Saravah Dreamsville 1 What a wonderful world They Say It's Wonderful Katarzyna Herman Come live with me I've got a crush on you The Boy Next Door. You've got a Friend EPK-1 -2 The ice Hotel 1 They Say It's Wonderful concert Ma generation et Keren Ann La saison des pluies The Best Is Yet To Come The ice Hotel | Calvin Russel manu..

♯♭♪ (*^.^*) : Tracy Chapman 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Tracy Chapman * Give Me One Reason The Thrill Is Gone For My Lover Stand by me Another Sun The Rape of the World America Three Little Birds Fast Car 1 Almost Mountains O'Things 1 All that you have is your soul  Thinking of you never yours Nothing Yet I'm Ready Bang bang bang The Love That You Had I Used To Be A Sailor If these are the things Tell It Like It Is Open Arms The Promise 1 So Telling Stories Say Hallelujah Sing for you Matters of the Heart First Try At this point in my life The Promise Broken Baby Can I hold you 1 For My Lover Why this time Crossroads


nice!(164) 
共通テーマ:音楽

nice! 164