So-net無料ブログ作成
検索選択

1999年9月12日日曜日



Java JavaScript DHTML XML CSS フレームサンプル・応用方法など

1999年9月12日日曜日 

ねめねめした光沢を放つ薄いピンクがかった白い身、シンメトリーを保って開かれている。  アマダイである。  焙ると皮がパリパリになり、偏って黒く焼け焦げる。  こんがりとした色には、なかなかならない。  柔らかい白身は懐かしい魚らしい香り、うま味がムッチリと侵出し、歓びに浸ることができた。  スダチを摘んでキリリ!とした発作を拡散する。  『チュッ!、…*!!』  あえかな青臭さを確かめる。  =(・。・)= の発表に一抹の怨みが籠もっている。  窓を放つと宇宙線の合唱やソロ、カデンツァが、放った窓の全面から一斉に押し寄せてくる。  それが羽音であり、摩擦から発するものであると解っている。  が、沸き立つような、連鎖を伴う、多彩な響音の色彩に感心してしまう。  『リーン…*、リーン…*、……』  混然と混ざり融け合い、ユニゾンの波となり、弛まず地から湧き起こり、天空に響き渡る。  ”CHATEAU Ch, Lyonnat 1995  LUSSAC-SAINT-EMILION”の、渋みを楽しむ。    (*^.^*) ♯♭♪ : Clifford Thornton 1 2/ Freedom and Unity    現代音楽風の和声・アンサンブルが際だつ、新しい息吹の芽生えの現場に立ち会うことになる。  サウンドもホールの余韻を含むオフ・マイク、ノンクリップ、ノンリミッターのクラシック音楽風録音。  Free Huey*(13:04)、ベースのボーイングで静かに始まる、C・ソーントンのフリー・フォーム放射は鋭意はち切れ気分爽快、ベースの4ビート推進。  ベースのソロ、ボーイングが暫くあり、ホーン、リードのフリー・フォーム絶叫。  ドラムソロからベースの速いボーイング。  フリー・フォームのコーダで終わる。  15th Floor*(8:44)、フリー・フォームの前奏があり、C・ソーントンのヴァルブ・トロンボーンが滔々と歓喜を放射、K・ベルガーのビブラフォンの雄弁な展開、リードの速いフレーズのブローイング。  Miss Oula(4:39)、現代音楽風の和声・アンサンブルで始まり、メロディーも現代音楽を想わせる、リズム部門は退いている。  Kevin (The Theme)*(0:18)、ごく短いユニゾン。  Exosphere(10:01)、シンプルなテーマがアンサンブルで提示される。  速いテンポで疾走する、K・ベルガーのビブラフォンの展開、C・ソーントンのヴァルブ・トロンボーンの軽快な放射、リードのフリー・フォーム風ブローイング。  Uhuru(8:24)、重苦しいテーマのゆっくりしたユニゾンで始まり展開に入る。  C・ソーントンのヴァルブ・トロンボーンの展開は、Jazz的でない新しい魅力を感じてしまう。  Jazz特有の鬱屈感・押し込める力・思惟、それを弾く・退ける激情・エモーションの輝きが無い、そっくり別物に置き換えられている。  "O.C.T."**(4:26)、明快なメロディーの提示、スリリングなユニゾンそして卓抜なベースソロに驚く。  The Wake (complete version)(14:10)、フリー・フォーム放射・ブローイングのユニゾンでテーマが提示される、打ち下ろされるドラムの一撃での流れの転換は、現代音楽そのもの。    Babe's Dilemma(5:05)、。  "O.C.T." (alternate take)**(6:23)、。  Clifford Thornton(Tb,Tp,VTb)、Don Moore(B)、Jimmy Garrison**(B)、Tyrone Crabb*(B)、Joe McPhee**(Tp)、Karl Berger(Vbp)、Sonny King(As)、Harold Avent(Ds)、Release Date:Jul 22, 1967。    (*^.^*) ♯♭♪ : Clifford Thornton 1 2/ Ketchaoua   C・ソーントンの最も優れたアルバムと評されておる。  ホールの良い響きは、気持がいい。  C・ソーントンの思惟が創意と情熱・エモーションにより見事に開花した、交響詩風であり、全編に溢れる新しい美から、稀な極上のカタルシスが提供される。  Ketchaoua(12:35)、魅力的なリツルインスツルメント・鐘、余韻たっぷりの数々が打ち鳴らされ、ベースの心地良い弾き、木管の妙なる響き。  管の絶妙の響き合いから、トランペットの放射、A・シェップ(Ss)のブローイングへと少しず極めてスムーズに変化を遂げていきます。  ベースはゆっくりしたテンポで全体を推進します。  Pan-African Festival(7:50)、コーラス、『オマラチペメ……』。  リズム部門が起き出し、ホーンやリードが互いに絶妙の感知・反射・呼応・対抗を行い、集団的美の絵巻を編んでいく。  極めて緻密な、テクスチュアーを瞬く間に完成させ、発表する。  A・シェップの萌え立ち・沸き立ち・炎上する・目眩く歓喜がくっきりとたなびき、S・マレーのフリー・フォームドラムの伸び伸びしたさざ波パルスにより、鮮鋭なアンサンブルは活気づく。  Brotherhood(10:40)、C・ソーントンのコルネットは火の出るような激しいフリー・フォームの放射、渾身の情熱で吹き上げる、2人のベーシストによる部厚い底流。  A・ジョーンズ(As)が集団的美の絵巻を存分に描く。  Speak With Your Echo (And Call This a Dialogue)(9:15)、ベースのボーイングとピチッカートで幽玄に始まる、ホーンがゆっくりしたテーマを伸び伸び放射。  C・ソーントンは点描的に、またたっぷりと描写。  2人のベースは絶妙のボーイングで妙なる響きを奏でる。  Clifford Thornton(Tp,Prc,Tb,Cng,Crnt)、Archie Shepp(Ss)、Grachan Moncur III(Tb)、Dave Burrell(P)、Sunny Murray(Ds)、Earl Freeman(B,Prc,Cng)、Beb Guérin(B)、Date:an 1, 1969。    (*^.^*) ♯♭♪ : John Lee Hooker 1/ ☆□You Tube Search : John lee hooker 1 & Van Morrison  Gloria BAD LIKE JESSE JAMES The Healer Rain I'll Never Get Out of These Blues Alive Boogie Chillin 1  Chill Out Tupelo Blues drums。    (*^.^*) ♯♭♪ : Archie Shepp 1 2 3 4 5 / ☆□You Tube Search : Archie Shepp's Born Free Band - Sibiu Jazz Festival 2007 -#1 -#2 -#3 -#4 -#5 -#6 -#7  Mama Rose-0 -1   Free Jazz Imagine the sound Archie Shepp Cecil Taylor Things Ain't What They Used to Be -01 -02。    (*^.^*) ♯♭♪ : Eric Clapton 1/ ☆□You Tube Search : Blue Eyes Blue Pilgrim Pretending Old Love 1 Jingo It's probably me I Ain't Gonna Stand For It Cocain Layla 0 1 2 3 4 5 Wonderful Tonight 1 2 3 I Shot The Sheriff Tears in Heaven 1 Bell Bottom Blues Change The World White Room Beware Of Darkness Crossroads 1 2 3 4 5 Sultans of Swing Live My Favorite Mistake Reptile I Shot The Sheriff My Father's Eyes River Of Tears。    ※: 古いハイパーリンクは行方知れず。

 クリック → このページの先頭行へ

 


nice!(300) 
共通テーマ:音楽

nice! 300